フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

Daytona675

2015年7月 5日 (日)

デイトナ675、1ヶ月3000km走行して。。。

R6からデイトナ675に乗り換えて、1ヶ月で走行距離3000kmを走った。

あくまでツーリングメインのライダーとして、主にR6(2003年式)と比較して、感じたことを書き出しておきます。

走る、曲がる、止まる、という点では、自分には十分すぎる性能。不満などはない、というか、R6にしても、自分が評価できる範囲を超えている。ただ一つ感じたことは、コーナー連続のワインディングロードでのヒラヒラ感はデイトナ675は、R6以上、ということ。

また低速走行は、R6より扱いやすく、狭路坂道ヘアピンもそれほど苦にならない。

ポジションは、R6(2003)とそれほど変わらない感じ。2年前、R6にまたがってこれなら乗れると感じ、デイトナ675はこれは無理と感じたのがまるでウソのよう。初日から全く違和感を感じることなく、乗ることができた。

意外と燃費がいいのはうれしい誤算。実質の航続距離が250km前後。実質200kmだと長距離ツーリングには不向きと感じ、この点ちょっと心配していたが、問題なし。

シフトインジケーターは意外と便利。とくに停車時、ローに入っているかセカンドか、確認するためにカチャカチャすることが、これまではよくあったが、その必要がなくなった。

▼納車日5月16日、美山大原神社入り口にて

1753_9386

R6と比べてちょっとこれは。。。と思うところは。。。

1.熱いこと。まずお尻がむずむずと熱い。そして、気温30度越える中での市街地での、信号停車中は、太ももが焼けるように熱い。さらにエンジンからは熱風が。メッシュとはいえ、ツーリングパンツでも感じるので、Gパンのような軽装では夏場は耐えられないだろう。停車時は、極力、股を開けて、太ももを車体から遠ざけるようにしている。自分は足つきに余裕があるから、そういうことがきできるが、余裕がなければ、ひたすら耐えるしかないだろう。。。

2.低速時のヒュルヒュル音。ストリートトリプル(85除く)でもそうなのだが、どうしてこの欠点がインプレに上がってこないのだろう。。。ただ、乗り始めの頃はとても気になっていたが、徐々に慣れて、それほど気にならなくなった。でもやはりふと気になることはある。

3.6000回転以上の振動。低速時のヒュルヒュル音は時速4~50kmくらいで気にならなくなるが、さらに速度に乗ると、今度は振動が気になり始める。それを避けるため早めにシフトアップすることになる。6速6000回転で時速約120kmに達するので、振動を避ける乗り方をすればできるのだが、R6では、不快な振動は一切なかったので、やはりマイナスポイント。ただこれはあくまでR6(2003)=4気筒車と比べて、ということで、2気筒車からの乗り換えであれば、むしろ振動少なめに感じるのかもしれない。

4.リアシート下には何も入らない。ETC本体を納めることもできず、別体式にもかかわらず、カードの取り外しが必要になってしまった。またリアシートをはずすのに、六角レンチが必要で、日帰り用←→宿泊用のシートバッグの載せ替えも面倒になってしまった。

あと、「音がいい」、というインプレをよく見かけるが、これは好みの問題かな。自分的には今のところ、高回転時のR6の突き抜ける音の方が好き。

▼5月31日篠山にて

1727_9959

思いつくまま書き連ねるとマイナス評価が目立つインプレになってしまったが、これはあくまでツーリングユースという観点から、R6(2003年型)と比べてのもの。

デイトナ675には、それらのマイナスポイントを打ち消す、スタイルの良さがある。ツーリング先でバイクのある風景写真を撮るのが好きな自分にとって、これは大きなポイント。

保証期間が1ヶ月で、とりあえずこの期間走らせられるだけ、走らせておこうと、3000km越えの距離を走ってきた。ブレーキ調整など、整備不良と感じるところはあったが。とりあえずこの間、トラブルなく走ってこれた。
今は梅雨でもあり、その後真夏の暑い時期となることもあり、しばらくデイトナでの走行も落ち着くことになるだろうが、機会を見つけて、信州や九州へ宿泊ツーリングにも出かけたいところ。

▼6月4日高野龍神スカイライン近くにて

1355_0122

▽関連記事

2015年5月24日 (日)

デイトナ675インプレッションその後

納車の翌日5月17日(日)に、開店時間に電話を入れ、初期不具合を告げると、すぐ対応してのもらえるということで、ショップへ。

右グリップはボンドで取り付け、フロントブレーキについてもエア抜き対応。ただ、R6は特殊に反応するバイクで、デイトナはこんなもんですよ、と説明を受ける。。。で、実際に感触を確かめると、明らかに違う。握りしめたらロックするであろう感触。昨日と全然違いますよ、と伝え、とりあえず初期不具合対応はしてもらったので、走りに出る。

※ちなみにブレーキレバーは、元から最も遠い位置だった。その状態でのふにゃふにゃ感だったのが、一つ近めに調整しても大丈夫な程度の効き具合となった。

自分的走りを確かめる最良コースは、嵐山高雄パークウェイだが、土日二輪不可なので、次善のコースとして、京都府道82号~月ヶ瀬~奈良県道80号へ。

走り出す前に、フロントプリロードは元の設定より、4分3回転ほど緩めておいた。

ブレーキングと曲がりにくさについて、初日感じた印象はなくなった。コーナリング時、ブレーキリリース後すっと倒れ込む感じは、SV1000の感触が少しよみがえった。

エンジン音と高回転時の振動以外、「走る、曲がる、止まる」という点でのネガティブな印象は払拭された。今後、走り慣れていけば、もっとポジティブな面を引き出せるようになっていくだろう。

ただ、市街地走行時の、「熱」という新たな問題が。。。センターアップマフラーは熱いというのは、やはりネットささやかれている通りで、じんわりとおしり全体が暖められている感じ。そして、デイトナ675特有の問題として、排気管が、太ももの近くに、むき出しで存在し、信号待ちの時とか、パンツが排気熱で熱せられる。右太ももが寄り距離が近く、熱い。
信号待ちで、両足ついて、リラックスモードに入ると、両太ももの内側が熱くなる。メッシュとはいえ、ライディングパンツをはいていても、である。ジーパンだと低温やけどしそうというのも、うなづける感じ。停車時の足つきは、左だけにして、右は、ステップの上をキープするなどして、熱の影響を遠ざける乗り方を身につけないといけない。

▼高山ダム駐車場にて

9457

2015年5月23日 (土)

デイトナ675ファーストインプレッション

5月16日(土)、デイトナ675納車後のファーストランで、2年間乗ったYZF-R6(2003年型)と比べて、正直なところ、いろいろとネガティブな印象を持った。

まずは、低速走行時の、ヒュルヒュルというエンジン音。これは2年前に、ストリートトリプルRに試乗したとき経験済みだったのだが、デイトナ675も同じ特徴をもつのかどうか未確認だった。そして、今回同じヒュルヒュル音を味わってしまった(→次第にこんなもんと慣れてしまう)。

スピード乗っていくとヒュルヒュル音は影を薄めるが、そこから6000回転以上へ回転を上げていくと、不快な振動が現れる(→ある程度慣れるだろうが、長距離走ると確実に疲労を蓄積する →→6速6000回転でそれなりの速度域なので長距離走るときは、そこまでに抑えればよいか)。

そして、高い速度域から急減速しようとすると、フロントブレーキがふにゃふにゃ。完全に握りしめても、絶対ロックすることはないだろうと確信するほどの柔らかさ。。。(^^;)
ただこれは、この中古個体特有というか、整備不良(調整不足)が原因で、エア噛みしていた模様。

もうひとつ、この個体の不具合として、走っているうちに、右ハンドルグリップがゆるんで、ずれてきた(^^;) 前オーナーがグリップヒーターでも付けていて、取り外して、元のグリップをきちんと取り付けしなかったのだろうか。。。

個人間の売買ならともかく、ショップ購入で車検整備後の納車にもかかわらず、エア噛みといいグリップ取り付け不良といい、どうしてこんな状態なのか。。。(大手ショップはあまり信頼してないので、怒りもわかないのだが)

と、マイナス面が目についたのだが、もちろんよいところも。

何といってもスリムでスタイリッシュ。しばらく見飽きることはないだろう(^^)

低速、低回転時は、R6(2003年型)よりも力強く、一旦回転落としてしまってからも、しっかりと再加速していく。

あと、ちょっと曲がりづらく感じたが、これは、サスペンションの調整次第だろう。

初日170kmほど走っての印象は、ざっとこんな感じ(自分は、ほぼ100%ツーリング使用なので、インプレッションも主にその観点からのものになります)。

で、翌日朝、早速ショップに持ち込み、調整後セカンドランに出たのだが、それはまた別途書きます。

▼初日、美山の大原神社にて

9369

2015年5月18日 (月)

Daytona 675 ファーストラン

5月16日(土)、Daytona 675の納車日。

当日の天気予報は、雨のち晴(実際は雨のち曇り)。

朝、雨が完全に上がったのを確かめ、Daytona 675を受け取りに出かける。

近場をちょこっと走った後、一旦自宅へもどって、昼食。
その後、装備を調え、シートバッグを取り付け、走りに出ようとするが、タンデムシートの取り外し方がわからない(^^;)

早速ネット検索。鍵ではなく、六角レンチでネジを回して、取り外すとのこと。適合する六角レンチがなかったので、買いに出て、もどってきて、無事シートバッグ取り付け完了。
宿泊用のシートバッグを取り付けるとき、またちょっと面倒だな。。。&タンデムシート下は絶望的にスペースなし。。。

Daytona 675 ファーストランはR6の初乗りとほぼ同じコース。

まずは京都縦貫道に乗って、高速走行を確かめるべく、ぐいっと加速。6000回転くらいから、けっこう振動が。。。R6では、1万回転回しても、不快な振動は一切なかったので、2年ぶりに、バイクには振動というものがあることを思い出す。

千代川インターで出て、R477を東へ進み、越畑~樒原へ寄ってみる。

▼樒原にて

1614_9331_2

お気に入りのイチョウの木の下にDaytonaを停める。

1618_9338

納車当日というのに、Daytonaをおいといて、樒原の棚田を散策(^^;)

1626_9352

四所神社の小さな境内。新緑が美しい。

1627_9356_2

見上げるとモミジと大木が絡み合う。お気に入りの眺め。

1629_9359


1629_9361

引き返して、日吉ダム沿い~美山九鬼が坂~大野ダム沿いと進み、美山の大原神社を訪ねる。ここも何度も訪ねているお気に入りスポット。

▼美山の大原神社にて

1743_9378

(↓)大原神社参道入り口にあるケヤキの大木

1753_9385

1756_9393

(↑)この角度から眺めるのは初めて。頼もしい背中のように見え、この木への愛着が増す。

大野ダム沿いの府道12号に戻り、西進。R27に出る前に、少し横道に入って、夕暮れの田園風景を眺める。

1815_9398

田んぼの周辺には、シロツメクサの花が多く咲く

1816_9400

その後、R27~京都縦貫道を経て帰宅。

------------------------------------------------
走行距離:173km.燃費17.8.km/l.積算距離34,444km
------------------------------------------------

▽関連記事

2015年5月16日 (土)

新しい相棒はDaytona 675

4年前から、スタイリッシュなデザインと3気筒という個性に惹かれていたトライアンフのDaytona675。

SV1000~R6を経て、新しい相棒として迎えることになった。

9350

2008年登録の初期型で、すでに34000km走っているため、お手頃価格。
あまり距離乗らない方からすると、もう34000kmも走っているのかと感じるだろうが、自分だと2年足らずで到達してしまう距離なので、抵抗感はない。

一度は新車の乗り味を味わってみたいとは思うが。。。

9367

早速シートバックを装着し、カメラを積んで、走りに出た。

これまでは絶望的に感じたポジションも、今は全く違和感なし。

1738_9365

ちょこちょこ気になることはあるが、それはまた後日。

明日は少しフロントサスのセッティングを緩めて走ってみることにしよう。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-