フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

バイク関連その他

2014年5月 9日 (金)

細長~いバイク駐輪場

24時間300円という格安情報に惹かれて利用してみた、京都市下京区の、とあるバイク駐輪場

1237_2787

大型バイクも2台可とのことで、奥のスペースがその大型用スペース。。。
左側にR6を停めたのだが、フェンスにぶつかってしまうので、バックミラーをたたまないといけなかった(^^;) まぁR6は走行中でもさっと折りたためるのでその点はノープロブレム。
で、降りようとしても左側にはスペースがないので、右側から降りなくてはならない(^^;;)
このときは右側が空いていたのでよかったが、右側にも大型バイクが停まっていたらけっこう苦労したかも。。。

あと、入るのはよいが、バイクがぎりぎり通れるスペースなので、出るときも、またがったままでないと、後退できない(^^;)
ちょっと左にそれるとフェンスにぶつかり、右にそれると原付バイクにぶつかるので、気を使いながら後退。
最後、バックで見通しの悪い中、歩行者や車が行き来する通りにでないといけないのも難点(^^;;)

安いのには、それなりのワケがあった(^^;;;)

この辺りに停めるなら、大型バイクは、四条烏丸南西の市営駐輪場を利用するのが無難。屋根付きだし管理人もいるし。ただ平日は1日500円だが、土日は30分100円なので、長時間停めるとけっこうな料金になってしまう。。。

2013年9月 7日 (土)

CBR1000RRとロータス(in六甲山)

六甲山上道路(県道16号)にて、前をせき止めていた観光バス2台が、道をゆずった。

その後ろに付いてたのが、バイク2台、ロータスのスポーツカー1台(車種不明。。。エヴォーラという車種だったかも)、最後に自分(R6)。

バスが道を譲ってくれた先の見通しの良い直線で、バイク2台が急加速し、ちょっと遅れてロータス、少し離れてR6で付いていく。ロータスは自分より確実に速いペースで、少しずつ距離が空いていく。

コーナーの多い区間に入ると、2台目のバイクCBR1000RR(たぶん)に、ロータスが追いついた。R6で、少し距離をおいた位置から様子を眺める。しばらくCBRがロータスにピタッと付かれた状態が続く。ロータスはそれまでよりペースダウンし、余裕のある状態。その後、先に進んでいた1台目のバイクを他の車がせき止めていて、それに追いついたところで、また全体がスローペースにもどった。

バイク乗りのブログを見てると、2輪の方が4輪より全般的に運動性能が優れていると思っているような記事をときどき見かけるが、4輪の安定性ゆえ、コーナリングの旋回速度はスポーツカーの方が上。もちろん各々の車種により程度差はあるが。

2輪の方が速いと思い込む原因は、2輪ライダーの多くがワインディングを楽しんで好んで走り、ペース上げ気味になるのに対して、4輪ドライバーのほとんどは、(たとえ運動性能が高い、足回りのしっかりとした車種に乗っていたとしても)ただ移動の手段として運転しており、リスクを負うようなドライビングはせず、ワインディングではペースを落とし気味に走っているから。

2輪の方が速いと思い込んでいて、ワインディングで4輪に後ろにピタッとつかれたりすると、焦って、無理して、ミスってしまう危険が高まるので、要注意。
後ろにピタッと車につかれてしまったら、道を譲ったあと、バイクでついていけるか試してみようと切り替えた方が賢明。もちろんその場合も、普段のペース以上に無理するのは危険だが。。。

(↓)六甲山上道路(県道16号)にて

1452_6332_2

この日、けっこう空気が澄んでいて湾の眺めがよかった

1508_6344   

2013年8月28日 (水)

バイク任意保険料、毎年上がっていく。。。

無事故なので、等級は上がって行っているのに、任意保険料は下がらず、上がって行く。。。

上がると言っても同じ条件で1000円程度なので、それほど痛くはないが、等級が上がるにもかかわらず、保険料が上がるというなら、その合理的根拠をきちんと数字を上げて説明すべきだろう。でなければ不誠実なビジネス、客の無知・無関心につけこむビジネスと言われてしかるべき。

更新の度に、比較検討するのはめんどうなので、できれば同じ保険会社と長くつきあいたいのだが、納得できないまま継続する気にもならない。

ということで、今回は、保険会社を変えることになりそう。めんどうだけれど、ほぼ同条件で比較検討してみたら、いくらか安くなりそうなので。

ある程度のところまで、更新時の流動性(乗り換え)が高まらないと、保険会社の不誠実なビジネススタイルは変わらないだろう。

最初だけ比較検討して、その時は、一番リーズナブルと判断しても、継続時にもそれがあてはまるとは限らないので、ときに見直しすることをオススメします。

▼2010年3月29日早朝、阿蘇大観峰にて(→レポート

20100329_0619_1060110

(記事とは無関係です)

2013年7月 7日 (日)

アプリリアRS4 50国内限定発売

たまたま見かけた情報。

アプリリアの「RS4 50」が30台限定で国内導入されるとのこと。8月下旬より販売開始らしい。

50ccのMT2stバイク。。。自分が高校生の頃が、たぶん全盛期。YAMAHA RD50のお古が最初のバイクでした。その後ビラーゴ250、今のR6とけっこうYAMAHA車に乗っている。

欲しい気もするが、取り締まり(法定時速30km)を考えると、所有するとすれば、4stの125ccが現実的になりますね。

→「RS4 50」については、こちらに記事有り

2013年6月 1日 (土)

史上最低の燃費、11.46km/l(嵐山高雄パークウェイ)

今日(5/31)、時間調整で、午後出勤となったため、午前中、嵐山高雄パークウェイへ。嵐山高雄パークウェイは土日祝は2輪通行禁止なので、こういうときしか走れない。

飽きるまで4往復。

0908_2208

0915_2215 

平日の午前中ということで、4輪もほとんど走っておらず、貸し切り状態(^^)

その結果、行き帰り含めて走行距離122kmで、帰りに給油すると、10.65リットルも入ってしまった(^^;) もしかして10リッター入るかな、とは思っていたが、10.5を越えるとは。。。

計算すると燃費は、11.46km/l(!)

ワインディング区間が多いと、12km/l台となってしまうので、今回のように、ほぼワインディングだと、ここまで落ちるのですね。このペースだと200km行かずにガス欠になってしまう。まぁ、こういう走り方で200km走ることは実際にはないけれど。。。

1107_2268

1121_2278

新緑が綺麗でした。帰りに、清滝にもちょっと寄ったりしたので、また別途レポート書きます。

2013年2月20日 (水)

レッドバロンさんに誠実な対応をお薦めします

菊とカタナと大和の心 ~GSX1100Sの時々日記~』というブログの下記記事を拝見しました。

経営規模が大きくなると、いろいろとミスや不祥事が発生することもあるかと思います。
そうした問題を発生させないよう努めると同時に、発生したときに誠実に対応することが大切ではないかと。。。

記事を読む限りでは、レッドバロンさんは誠実な対応を欠いていると判断せざるをえません。

今からでも態度を改め、

  • お客さんのバイクを壊してしまったこと
  • 壊した経過をごまかし、隠蔽しようとしたこと

について謝罪し、誠実な対応をとることをお薦めします。

2012年9月17日 (月)

ピースツーリングin能登・・・バイク乗りの挨拶

中日新聞WEBで、『能登ツーリング 「道中ご無事で」 輪島のライダー 「ピースサイン」推進』という記事が掲載され、「ピースツーリングin能登」という企画が紹介されています。

自分も、山登りやハイキングですれちがうほとんどの方が互いに挨拶を交わすように、ツーリング中にもっと挨拶を交わすようになればいいなと思っておりました。自分は山登りはしませんが、ツーリング先ではしばしば山道、滝道を散策します。そのときに交わす挨拶が心地よい。

で、9月15日に能登を走ってみて、ですが、当たり前ですがまだ浸透はしていないようですね。。。ツーリング中、会釈してくれる方が一人いらっしゃっただけで、ピースサインはなしでした。

という自分も、大型免許取ってから、ピースサインを出したことはなく、ピースサインにも会釈で返す派なのですが。。。 数十年前、高校生の時は、ピースサインにはピースサインを返してました。が、今は軽く会釈を交わすくらいがいいんじゃないかと。

会釈だとピースサインに比べて小さいアクションなのでわかりずらくはありますが、その分、構えず気軽に挨拶しやすいかと。

ま、この辺りはそれぞれのライディングスタイルがあるので、それぞれの表現でいいんじゃないかと思っております。

たぶん関西では、バイク乗りの挨拶としては会釈が主流で、次にただ左手を上げて挨拶される方がいらっしゃり、ピースサインされる方はマレという感じですね。ともかく、ツーリング中は何らかの形で挨拶を交わすというのが、ふつうのバイク乗りの自然な姿になればよいなと願っております。

2011年6月 7日 (火)

高速って燃費良かったんですね。。。

6月4日の大山ツーリングの帰り。

タイヤにやさしい走行を、ということで、京都縦貫道をほぼ制限速度走行。せいぜいプラス10km/h程度で、走行車線を車の流れで走らせる。

すると、わがゼファー750の燃費が、24.0km/l。

120超えると加速度的に燃費が悪くなる高速走行ですが、ちゃんと制限速度付近で走れば、低燃費走行が可能なんですね。

まぁ、わかっていても、今回のようにパンクしているとか、前をパトカーが走っているとか、バックミラーの死角に入って後ろから白バイがついてきているとか、強いられた状況でなければ、なかなかできないんですけどね。。。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-