フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

バイク装備品

バイク・ツーリング装備品

2014年12月14日 (日)

パイロットパワー2ct後輪、6200kmで終わる

すでにパイロットパワー2ct後輪の溝が少なくなっており、前輪1:後輪2のペースで行こうかと、早めに後輪を換えることにして、ショップに注文していた。

で、今日(12月13日)午後、R6で月ヶ瀬方面へ出かけ200kmほど走って、交換のためにショップへ。後輪タイヤ見ると完全にスリップサインが現れていた。。。 交換から6200km。前の前に履いていたメッツラーM5とほぼ同じ距離で、終わってしまった。早めにと思っていたが、結局スリップサインが出てちょうどのタイミングとなった。

なお、メッツラーM5は前輪も同じくらいの溝の減りで、同時交換したのだが、パイロットパワー2ctは前輪もう少し持ちそう。といっても今日新品の後輪タイヤの溝の深さと比べたら、前輪もけっこう少なくなっていて、次のオイル交換あたりには、前輪も終わってしまうかも。。。

前輪あと、5000kmくらいもってくれて、次は前後同時交換が希望なのだが。。。

なお、併せて、後輪ブレーキパッドも交換。こちらは前回交換から2万kmほど。軽量のためか、けっこう長持ち。

▼月ヶ瀬へ向かう途中1(南大津大橋にて)

1312_3961_2

細長い雲が、ちょうど宇治川の流れに沿って、上空に続いていたので、気になって停車

▼月ヶ瀬へ向かう途中2(高麗寺跡にて)

1427_3966

ここへは、ゼファー(2011年4月)でもSV1000(2013年1月)でも訪ねたので、R6でも記念撮影(^^)

なお、タイトルからさらにはずれますが、月ヶ瀬向かう途中で食事をした、うどん屋の「たなか家」さん、スマホで、たなか家さんのHPにある割引クーポンを提示すれば、10%割引になるそうです。
最初ここのきつねうどんを食べたときは、それほどの感動はなかったのですが、その後、ぶっかけうどんを食べたところ、けっこうはまっています。
日曜休みなので、訪ねる機会はあまり多くはないのですが。。。

2014年8月10日 (日)

ヘルメット装着式バイクレーダーZ120Bインプレ

赤切符切られたあと、こりゃいかん、ということで、バイク用レーダーを調べて、購入した、Z120B(→メーカーHP)。福島2泊3日ツーリングのときから使用しております。

すでに2ヶ月以上使用してのインプレを少々。。。

20140809_6672

ヘルメットへの装着はこんな感じで、けっこう厚みあり

20140809_6670

▼音量

購入前に検討中、「音が小さく聞こえない」、というインプレを少なからず見かけたが、通常走行ではその心配はなし。一般道での常識的な速度域であれば、取り締まりスポットの音声案内などクリアに聞き取れます。
高速で、赤切符切られるくらいの速度では確かに音声は聞き取れなくなるが、高速で気をつけなければならないのは、バイクの場合、追尾での取り締まりなので、オービス等の設置場所の案内が聞き取れなくても自分的には問題にはならない。
音楽などを楽しみたいなら、話は別だが、自分の場合、バイク乗りながら音楽聞こうなんて思わないので、関係なし。音楽再生のような、不要な機能ははずして、その分価格を抑えてほしいといいたいところ。
それと音声は聞き取れなくても、音声とは別にアラームオンでの警告もあり、こちらが聞き取れなくなることはない。

▼落下防止用のストラップ

本体と取り付けベースをつなぐ、落下防止用のストラップも付属していて初めのころは装着していたが、走行中、風で音を発するので、今は使わなくなった。本当は、風に吹かれても気にならないよう、取り付け方を工夫すべきところだったかも。。。 
まぁ取り付けベースにキチット本体を装着すれば、しっかり収まっているので、問題ないかと。。。

▼GPS測位

電源オンして、走り出してから、GPS情報の取得に時間がかかる、というのは、事前に調べたインプレどおり。忘れたころに、「GPSを探しています」「GPS情報を取得しました」というメッセージを耳にすることになる。ただし、一旦取得すると、その後は、電源オフ→電源オンして、走行再開すると、わりとすぐにGPS情報を再取得する。

▼バッテリー連続使用

Z120Bの長所は、バッテリーが長持ちすること。音楽再生なしであれば、連続使用約30時間とのことで、実際使用していてもそのくらい持っているのを実感。1泊2日程度なら、充電なしでもまず大丈夫。無振動状態、約3分間で、自動パワーオフになるのだが、バッテリー長持ちにはありがたい機能なのだが、振動を感じて自動オンになることはないようなので、休憩後、オンにするのを忘れないようにしないといけない。。。(音楽再生機能をONにしておくと、自動パワーオフにならないようなので、通勤等で毎日使用するのではなく、ツーリングでの利用なら、自動パワーオフ機能は使わないほうがよいかも)

▼バッテリー切れ

バッテリーが少なくなったとき(警告アラーム)及びバッテリー切れで電源オフ(音声案内)になるとき、教えてくれる。電源切れたことを知らないまま走ってしまうことがない、安心機能

▼実際の効果

実際の効果はまだ発揮されてはいない。これ取り付けてから、ネズミ捕り現場に出くわしていないため。ただ、オービスの設置場所や、取り締まり重点地域は、教えてくれるので、それだけでも、速度を抑えるきっかけになるので、効果ありといえるかも。。。

▼誤動作

ダンプやトラックの近くでは、車両搭載の無線機を、レーダーと間違えて反応することはよくある。まぁこれはある程度仕方ないかと。

▼取り付け、取り外し

最初の取り付けも、説明書を軽く見て、それほど苦労せず。
一旦ベースを取り付けると、あとは、ワンタッチで取り外し、再取り付け可能。ただしイヤホンプラグをあわせて付け外ししなければならないが。。。

▼便利機能1(時報)

1時間ごとに時間を教えてくれる。R6には、小さいデジタル時計を取り付けているが、時間を気にして走っているとき以外、いちいち見ないので、音声で教えてくれると、あぁもうそんな時間かと気づかせてくれる

▼便利機能2(ドライブルート ログ機能)

ログ機能をオンにしておけば、その日の走行ルートを後から、パソコンを使って、確認できる。自分はその辺、記憶に残っている範囲で満足してしまうので、たぶん利用することはないが。。。

▼データ更新

PCとつないで、最新の取締りデータを取得することができる。が、今これ書くために調べるまで有料とはしらなかった(^^;) 年1回の更新なら約1000円なので、それほど高くはないかな。。。 同額のポイントがもらえるようだが、利用範囲は限られている模様。限られた範囲で利用する機会が多ければ、実質無料で更新可能となる感じ。

以上、思いつくまま書きましたが、とりあえず、特に不満は感じず、使っております。気を引き締めて、あと11ヶ月無事故無違反を貫かなければ。。。

2013年11月 6日 (水)

ヘルメット(XR1100)内装&シールド交換

2011年3月に購入し、2年半着用している、SHOEIのXR1100。
ゼファー、SV、R6とかぶり続け、さらに通勤時、アドレス125でも着用しているので、距離にしておよそ6万km。

交換用の内装&シールドは1年前に購入していたのだが、つい面倒くさくて、そのまま保管していた。

が、ここのところ内装がへたって、コーナリング時など、少々ぐらついてきて、気になり始めたので、ようやく交換に着手。シールドも傷だらけになっていた(^^;)

交換して、購入時の締め付け感がよみがえった。全然違うヘルメットを着用している感じ。転倒時に受ける衝撃も相当変わるだろう。内装がフィットし、いかにも守られている、といった感じ。ヘルメットの中の眼鏡もぐらつかなくなり、コーナリング時の不安定要素も一つ消えた。

新しいシールドも視界クリアそのもの。

安い買い物ではないが、最重要の装備品なのだから、次は1年後をめどに交換しよう。で、その1年後はヘルメットそのものの交換タイミングになるだろうか。。。

通勤用は、このヘルメットを使い続け、ツーリング用は早めに新調というのがベストな選択かも。。。

▽過去の関連記事

2013年11月 3日 (日)

気温3℃。。。

11月2日(土)早朝(午前6時30分~7時の間)、中国道か米子道で、岡山県の山間部を走っている際、道路の温度計の表示は3度。

10月13日に、御嶽山に行ったとき、途中の国道で10度を切っていたので、ちょっと驚いたが、3度はこの秋、走った中で、ダントツで最低気温(^^;)

ただし、10月31日の福井・刈込池ツーリングから、ジャケットは冬用にし(パンツは10月以降は革パンツ)、グラブも出発時は冬用着用(昼は春~秋用に交換)、ネックウォーマーも身につけ、真冬と同じ装備なので、ちょっと冷えるな、と感じたくらいで、寒さに震えることはなかった。3度という表示を見て、ビックリしただけで実害はナシ(^^)

秋の昼間は、ツーリングに最適な季節だが、装備を誤ると、寒さに震えることになるので、要注意。特に日の出前、日没後、山間部の走行時は、思っていた以上に冷え込みが厳しくなるのはよくあること。
グラブを2種類用意したりすると、けっこう荷物がかさばるのが、痛いところ。いつもシートバッグはほぼ満杯なもので。。。

▼深い霧に覆われる、勝央SAにて(6:30ごろ)

0633_0914

2013年9月29日 (日)

バイク用グラブ購入

こちらは3週間ほど前の話となるが、前使っていたグラブは、指先に穴が空いてしまったので、バイク用グラブ購入。

RS TAICHI アームドレザーグローブRST390

20130928_7815

春夏秋の3シーズンは、このグラブを使う予定。革製でやわらかくしっとりした感じで手のひらと指先に馴染んでいい感じ。

バイク用ブーツは試着が必要だったので、ショップで購入したが、手袋は、おおざっぱにXLで大丈夫なので、オークションで購入。ちょっとよじれた癖がついていたが、実用に問題なく、定価よりもかなり安く手に入れることが出来たので、満足。

初ライディングブーツ購入

先日初めて、ライディングブーツを購入

20130928_7808

SIMPSON ライディングブーツ SPB-201

これまでは(ゼファーのときからずっと)、バイクに乗るときには、ワークブーツを履いていた
これが、先週の上高地で、長く歩いたため、かかとの部分がこわれてしまった(下の写真)

20130928_7809

バイク用ではないので、ペダル操作の部分が、擦り切れてしまっている

で、今回どうしようか迷ったのだが、バイク用のブーツを買ってみることにした。本格派ブーツは高かったので、手頃な値段のSIMPSON SPB-201を選択。

ツーリング先でそれほど歩き回らないときはこのブーツを履いて、1~2時間以上歩くようなときは、別途トレッキングシューズを買って、それを履いて出かけるようにしようかと。

なお、今日早速ライディングブーツを履いて丹後半島ツーリングに出たのだが、最初は馴染まず、シフトチェンジしづらかったのだが、すぐ慣れた。
それと、丹後半島の立岩で、岩場を2mほど登ったのだが、意外と靴底は柔軟性があり、前のワークブーツよりもいい感じで、岩場で踏んばることができた。

ファスナーがついているので、ツーリング先のお寺とかで、いちいち靴紐をほどいたり結んだりしないでよいのは、かなり助かる。これが億劫で、本堂に上がるのを避けたり、靴を脱がないといけないお店には入らなかったりすることもあったので。。。

2013年1月 5日 (土)

格安の指先防寒グッズ

昨日、八幡の流れ橋にSVで出かけたときの京都の最高気温は、5度とかなり低め。いつもならバイクで出るのは控える気温だが、この日は、ナックルバイザーのテストも兼ねて出かけて見た。

で、先日装着したナックルバイザーの効果は、劇的とは言えないが、インナー手袋なしでも耐えられる冷えにとどまったので、まずまず。これはまぁ想定していたこと。

この日は試しに、さらに左手にポリエチレンの薄くて透明な手袋(調理や掃除などが本来の用途)をインナー手袋としてつけてみた。左右比較のため、右手はウィンターグローブのみ。ナックルバイザーと違って、こちらは劇的な効果。右手はやや冷えを感じてきたころでも、左手は全く寒さを感じない。

ポリエチレン手袋は、通気性がなく、熱を逃がさないので、防寒性が優れているのではと思われる。ただ、ホントに寒いときはよいが、それほどでもないときは、むれてしまうだろう。そのときは、はずしてウィンターグローブだけにすればよいだけのこと。
あと、通気性がないものを長時間身につけていてよいのか、という疑問が残る。適度に休憩を取り、そのときに手袋をはずせば、たぶん大丈夫かと。。。

上からウィンターグローブをつけているので、すべることもなく、バイクの操作への影響はほとんどなかった。これまで使っていた薄手のインナー手袋の方が、ごわごわした感じになり、操作の感触が鈍くなっていた。

家にあったもの(50枚入り)を使ったので、値段はわからないが、たぶん1枚辺り3円~5円程度。高くてもせいぜい10円くらいかと。むれてしまったときは使い捨てになるかと思うが、そうでなければ何回使ってもよいのでは。

バイク掃除などのメンテナンスにも使え、手に油がついて、石けんでもなかなか落ちない、ということもなくなる。

今回使用したのは→こちら。フリーサイズで自分の手にはぴったりだったが、手の小さい人には使いづらいかも。

指先の冷えに困っているという方は一度試してみる価値ありです。

2012年12月23日 (日)

汎用ナックルバイザー取り付け

12月22日に出かけて、虹を見かけることになったのは、取り付けたナックルバイザーの効果を確かめるため。

購入したのは、「汎用ナックルガード WS-07N」。ディトナ社からも汎用ナックルバイザーが販売されているようだが、シンプルなデザインのWS-07N(ワールドウォーク)を選択。

▼取り付け写真

15111

15112

SV1000の場合、付属のステーを用いて、長さと角度を調節する必要があった。付属ステーは2本あり、各々の長さが異なっており、最初とまどったが、左右でうまく調節できる方を使い分けるように、ということだった。

で、その効果は。。。

30分ほど走って雲行きが怪しくなってきたので帰宅してしまったので、まだ不明。。。(^^;)
高速で1時間走行してみないことにはホントのところはわからない。
あと、ネジをしっかり締めないと、高速走行の風圧に耐えられないかも。。。 しっかり締めるには、スパナで固定して六角レンチで締める必要がある。今回は指で固定してスパナで締めただけなので、いわば仮止め状態。たぶん、高速の風圧には耐えられないだろう(^^;)

自分の場合、つらいのは親指。しびれて感覚がなくなってしまう。他の4本は甲側で風を受けるが、親指は腹側で風を受けるためと思われる(もちろん冬用のグラブごしに)。
で、このナックルバイザー、スリムなスタイルなので、その親指側まではカバーしてくれないかも、という一抹の不安(^^;)

次ツーリングに出かけたとき、またこのナックルバイザーの効果について、レポートします。

2012年9月20日 (木)

SV1000に宿泊ツー用シートバッグ装着

9月15日~17日、山口か信州に今年初&SV初の宿泊ツーリングに出かけようと考えて、普段の日帰りツーリング用より大きめのシートバッグを購入。

結局、台風が接近していることもあり、天候に不安があったので、宿泊ツーリングは控えたのだが、前もって、リアシートの装着ベルトを交換していたため、15日(能登半島)&16日(竹野海岸)の日帰りツーリングには、大きめシートバッグ(TANAX MFK-139)でお出かけ。

1150

SV1000のスタイリングをそんなに崩してはいないかなと。トップケースはたいていずんぐりむっくりしていて、SV1000には装着する気にならない。。。

サイズは大きめといっても、上下のカッパと一眼レフカメラ&望遠レンズ、ツーリングマップル、500mlペットボトル1本を入れるとあとはそんなに余裕がない。まぁ一眼レフがネックなのだが。。。

宿泊ツーの帰りにお土産買って、というのは厳しいかも。。。 高さはもう1段上げられるので、そうすれば少しは入るか。

上下が分かれているので荷物の整理はしやすい。カッパや着替えなどは下、タオルや地図、飲み物などツーリング中によく出し入れするものは上。

ただ、ふだんのシートバッグ(MFK-063)だと、バッグの上部にファスナーがあり、そこにツーリングマップルを入れられるようになっていて、取り出しが便利だが、こちらにはそれがない。

日帰り用(MFK-063)と宿泊用(MFK-139)で、留め具(バックル)の大きさが違うため、リアシートに取り付けておく装着ベルトを共有できないのが難点。工夫して、どちらでも使えるようにならないか調査中。 

まぁ1~2分で付け替えできるので、そんなに手間ではないのだが。。。

SVに乗ってそろそろ1年になるので、近々宿泊ツーリングにでかけたい。

2012年3月27日 (火)

胸部プロテクター購入&装着

フォースフィールドのチェストプロテクターを購入して、この2回ほどのツーリングでは装着しています。177cmの身長で、サイズLでぴったしフィット。

Protector

ライディングのじゃまになるような感じは一切なし。車でシートベルトを装着したときのように、ちょっと締まった感じがよい。

Web!keで送料込みで7千円ちょっと。

購入のきっかけは、「テストライダーという仕事」というブログの記事を読んだこと。このブログはタイヤの情報とかが詳しくて、いろいろと参考にさせていただいている。

それと、目立った外傷がないのに、バイク事故で死亡というニュースを目にしたこと。

実際に、バイクでの死亡事故の原因の1位が頭部損傷で、2位が胸部損傷。頭部は、ちゃんとしたヘルメットをきちっとつけていれば防げる可能性大。が、胸部は、多くのライダー無防備。 ということで、購入に至った次第。

難点は、夏はかなり暑くなるだろうなということと、ツーリングしながらバイクを停めて歩き回るのには動きづらいということ。バイクに乗って運転する分には問題ないが、歩いて動き回るには重装備(^^;)。かといって、いちいち脱いだり着たりというのはたいへん。脱いだとして、それをどこにおいとくか、という問題もある(日帰り用の小さなツーリングバックにはとても入らない)。

でもとにかく夏は、脱がなきゃ暑くてとても耐えられないだろうから、このへんの解決策を考えねば。日帰りでも大きめのバッグを装備するしかないかな。。。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-