フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

ツーリング2009年

2009年12月30日 (水)

鞍馬寺プチツー

12月29日(火)、この日も穏やかな晴天ということで、鞍馬寺へ。ちょっと遅めの10時過ぎ出発。

周山街道から、京見峠と回り道をして、12時過ぎに鞍馬到着。昼時なので、寺前のお店に入ってとりあえず昼食(きつねうどん600円。高い。。。)

京都に住んで、四半世紀以上になるが、初めての鞍馬寺。前の道は何度も通ったことがあるが、ちょっと立ち寄ろうかと思っても、お寺の駐車場がなく、近所の家の有料駐車場にはなぜか駐車する気分にならず、いつも通り過ぎるだけたっだ。

▼鞍馬駅前の天狗

1415

▼鞍馬寺仁王門と仁王さん

1237 1407 1408

門から本堂まで、登り坂を歩く。

▼途中にある、由岐神社(火祭りで有名)

1245

▼本堂から見た景色

1258 

▼本堂と阿吽の虎

1259 1300 1304

▼大杉権現社周辺

1321 1327

さらに奥に、義経堂、魔王殿があるが、帰りが遠くなるのでここで引き返す。魔王殿へは、貴船神社からの方が近いので、次は、貴船神社周りで訪れることにしよう。

帰りは、ケーブルカー(片道100円)を使って下山。のんびりと2時間弱の滞在であった。

▼鞍馬駅にある絵(他にも多数有り)

1416

帰りは、鞍馬川沿いを北上し、花脊峠越え。途中、日陰で凍てついたところがあってびびったが、凍てていたのは、その1カ所だけで、無事峠越えできた(それよりさらに北の佐々里峠は積雪のため通行止めという表示があった)。

途中、顔が冷たくなってきて、道路にあった温度計を見ると気温2度(!) まだ日も高く、3時前なんだけど。この日の京都の最高気温10度のはずなのに。。。 京都の街中とは別世界。ただ、顔以外はたいして寒くは感じなかったので、路面状況さえ気を付けて、走る場所を選べば、真冬でも十分バイクを楽しめそう。

そこからはR477を西へ進み、周山街道を南下して、広沢池~嵐山経由で帰宅。

▼帰りに立ち寄った広沢池とその周辺

1545 1548

広沢池は冬には水抜きされ、干上がる。周辺はいつものようにのどか。

暗くなる前の4時半に帰宅。走行距離約120km。

2009年12月29日 (火)

紫香楽宮~安土へ

12月26日(土)、穏やかな晴天ということもあって、9時安土へ向け出発。ちょっと前まで雨が降っていたようで、路面は濡れていた。

宇治川ライン~R422~R307というルートで、途中、紫香楽宮跡へ立ち寄る。

▼紫香楽宮跡

1118 1110

その後、県道53号で峠道(アセボ峠)を走る。この日も交通量少な目で、マイペースで快適走。

▼53号沿いにある「不動の滝」(湖南市三雲)

1203 1200 1207_2

県道13号~R477~R8を経て、JR安土駅近くの、安土城城郭資料館へ。

城郭資料館

1315 1319

入場料200円。20分の1の安土城の模型がある。コーヒー(入場者は200円)をいただきながら、10分ちょっとの解説ビデオを視聴。

その後、安土城跡へ向かうが、曇ってきて、時間も2時前となっていたので、安土城跡はまたの機会にということで、信長の館へ向かう。

安土城天主 信長の館

1402 1404

1412 1411

入場料500円。ザンネンながら中へは入れず、外から眺めるだけ。写真撮影は、フラッシュ禁止で記念撮影程度はOK。

帰りは、県道559号で、琵琶湖岸を走り、大津~京都南まで名神を使って帰宅。

走行230km程度。

2009年12月26日 (土)

真冬のプチツー(亀岡~茨木~高槻)

先週19日(土)、この冬一番の冷え込み(最高気温6度)の中、ちょろっと走りに出る。

亀岡から茨木(府道46号)~高槻(府道6号)と回って、再び亀岡を通って帰宅。

走り初めの2~3時間は寒さはそれほど気にならない。下の服装は、ユニクロのヒートテックタイツ+革パンツというのを試してみる。これまではジーパン+オーバーパンツで、それに比べるとちょっとスースーするかなっといった程度。そのうち指先、足先が冷えてくる。が、耐えられないほどではない。軽く2時間程度と思っていたが、4~5時間(約100km)走ってしまった。

寒さよりも、道路状況で、路肩の日当たりの悪いところで凍結しているところがあり、冬の峠道はやはり危険。

それよりなにより、府道46号は最悪。土砂運搬のダンプが行き交い、路面に砂がこぼれ、あたりに砂が舞っていて、しばらく息を止めることも。

なお、前週にフロントフォークオイル換えたのでどんな感じか確かめようというのが、一番の目的だったのだが、正直違いはあまりわからなかった(^^;) ただ、ハンドルが元にもどろうとする力が前より大きくなったように感じたくらい。。。

2009年11月27日 (金)

雲海の竹田城~但馬コースタルロード(後編)

9時30分ごろ竹田城跡を離れ、R9を北西へ進む。

092314

10時30分ごろ、ハチ高原へ到着。ハチ高原へは、大学生のとき、一度だけスキーで訪れて以来(ちなみにスキー経験はその一度きり。。。)

104404

R9へもどり、県道4号線を北上し、正午ごろ日本海・香住海岸へ出る。食事しようとかすみ朝市センターへ寄るが、海産物の販売のみで、食事処は見当たらず。県道11号(コースタルロード)を東へ進むと、すぐにカエル岩のある今子浦海水浴場がある。そこから200mほどのところに、大引の鼻展望台がある。

▼カエル岩とその周辺

121310 121526

▼大引の鼻展望台から

122218

さらに県道11号を東へ10kmほど進んだところに、はさかり岩。

130802

標識が見当たらず、東へ進んでいる場合、トンネルを抜けた後方にあるため、最初は見逃してしまう。竹野海岸休暇村まで行って、引き返す。この辺は、風景も走りも楽しめるおすすめ道路。

13時30分ごろ、城崎マリンワールドへ到着し、近くの蒲鉾屋さん(二方蒲鉾)からいいにおいがしていたので、ここで、昼食を調達。

そこから、円山川沿いを南へ進み、玄武洞へ。

▼玄武洞

140746 140844

▼白虎洞

141100_2 

▼北朱雀洞と南朱雀洞

141226 141308

▼青竜洞

141822

▼周囲の紅葉

140556 141358

14時30分ごろ、玄武洞を離れ、帰路につく。R426~R9~府道74号~R173~R9~京都縦貫道という経路で、17時30分帰宅。

走行距離約400km。久しぶりにまとまった距離を走ったな、という感じの一日でした。

2009年11月26日 (木)

雲海の竹田城~但馬コースタルロード(前編)

11月23日(月・休)早朝5時起床、5時半出発で、雲海の竹田城へ。前日雨で、当日朝晴れ予想ということで雲海の期待大。

京都縦貫道(沓掛IC~千代川IC)~府道73号~R372~舞鶴若狭自動車道(丹南篠山口IC~春日IC)~北近畿豊岡道路(和田山IC)というルート。

R372は視界30m程度の深い霧。それが、北近畿豊岡道を走っている間に次第に霧がうすまり、和田山ICを降りたあたりは、すっかり霧が晴れ、「あれ、大丈夫かな」という感じ。竹田城跡に登っていく道も、深い霧を予想していたのが、視界良好。。。今日はダメかなと思いながら、7時20分ごろ到着し、バイクを止めて、頂上へ急ぐ。

▼到着直後、頂上から

072604

雲海は出てるが、もわぁーとした感じ。

▼雲間から光が射し、くっきりとしてくる

073346

▼30分後には、雲が下がり、城跡付近の視界が良好に

075428_2

それから雲海が消えていく、9時20分頃まで、360度広がる雲海を楽しむ。

▼頂上と雲海

080346 083208 083622

▼西方向

080550 080434 081714

▼南方向

081956 082100

▼東方向(左下の写真が自分的には、本日のベストショット)

083240 083430 084638

▼北方向

080712 081144

085530 0915542

北の山々の方は、下山するころもまだ、しっかりとした雲海が残っていた。

その後、ハチ高原を経由して、日本海へ向かうが、そのレポートは日をあらためて。

2009年11月25日 (水)

湖南三山めぐりツー

11月21日(土)湖南三山めぐりツーリングへ。湖東三山へ行こうと考えていたのだが、かなりの混雑が予想されるということで、比較的に観光客が少ない湖南三山へ。

8時15分出発。宇治川ライン経由で滋賀へ。

▼大峰橋にて(宇治川にかかる吊り橋)

092332 092421

滋賀県に入って、県道16号~12号と、交通量少なく、ちょうどこの辺りで50000kmを超えたのにも気づかず、快適走行。10時半ごろ、常楽寺に到着。

常楽寺

104841 104942 105302

110221 104406 104519

このお寺は、紅葉シーズン以外は、参拝は要予約とのこと。本堂と三重の塔が国宝で、三重の塔の周囲には第一番から三十三番までの石仏が。二十九番目は三面が特徴なので紹介。

11時すぎに常楽寺を離れ、5分ほどで、長寿寺へ。

▼長寿寺

120345 111803

111825 120450

ここは、門付近の紅葉が見応えあり。本堂(国宝)では、漫談のような語り口で、長寿寺はじめ湖南三山の紹介を聞くことができた。駐車場と門の間の空き地では、豚汁やつきたてのお餅でのぜんざいなどもあり、軽い昼食として、きな粉餅(3個100円)をいただいた。

12時15分ごろ長寿寺を離れ、20分ほど移動して、善水寺へ。

善水寺

124627 131033

131607 132219

こちらでも本堂(国宝)にて、観光バスの到着に合わせて、ご住職による、お寺の由来や仏像などについての説明を聞くことができた。本堂には金剛力士像や四天王、十二神将などが安置されている。

13時30分、善水寺を離れ、帰途へつくとすぐ、道沿いに紅葉のきれいなところが現れ、見上げると、大きな岩があり、階段を上がっていくと、そこに磨崖仏が。

▼磨崖不動明王

134839 134634 134925

その後、県道53号~R307~R422を経て、行き同様、宇治川ラインを通って、16時30分帰宅。宇治川ラインは交通量が多くすぐにつかえてしまうのだが、滋賀の県道12号や53号は、交通量が少なく、自分のペースで峠道を楽しむことができた。特に県道53号はワインディング区間も長く、走りを楽しむには、おすすめ。

走行距離180km。燃費は19.5kmとやや低めだった。

2009年11月19日 (木)

京北町・常照皇寺プチツー

11月15日(日)昼からは用事があったため、午前中のみのプチツー。

9時ごろ出発。R9から府道402号、25号を経て、R477へ。

▼三俣川沿いにて

095250 095545

▼細野川沿いにて

100623 100931

10時半ごろ常照皇寺に到着。広い駐車場があり、バイクの先客も2台有り。綾部安国寺同様、ここも茅葺き屋根のお寺であった。

110550 110803

103921 105348

お寺の中や庭園に入るには、お布施として300~500円納める。

104912 105257 105210

110400 110425 110006

11時すぎにお寺を離れ、府道61号~78号~19号を経て、昼から用事のある南丹市へ向かう。

▼府道61号にて

113306 113433

▼12時頃府道19号ぞいのうどん屋さんで昼食

120824

カラオケ屋さん併設。天ぷらうどんをいただく。注文してから、天ぷらを揚げていたようで、10分ほど待たされたが、なんと海老天が3匹も入っていた。待たされるだけのことはあったという感じ。この辺、走りに来たときは、また寄ろうと思います。

走行距離100km程度。

2009年11月14日 (土)

兵庫県洞光寺紅葉ツー

11月7日9時前出発。まずは、GSにて給油&空気圧チェック。前輪がやや低くなっていた。

R9で老ノ坂トンネルを抜けるやいなや亀岡盆地は深い霧。

▼深い霧の中の保津川&霧の中に消えてゆく川下りの舟

092210 094059

瑠璃渓を経由して、R173号を通って、洞光寺へ。県道702号線には、「洞光寺」の標識があるが、そこからの細かな道案内がなく、周りをうろうろしながら、ようやく、11時ごろたどり着く。

▼洞光寺の門と苔が美しい階段

113307 113204

▼境内の紅葉

110053 110728 110833

111418 111630 112144

▼池に映る紅葉

111154

その後、県道301号~710号~R9~府道55号という道順で、大江町へ。

帰りは、府道492号~74号~R27~府道80号~50号(日吉ダム)~R477を経て、亀岡盆地の夕焼け・夕暮れを見る。

164113 165506

山のふもとには、もやがかかっている。この季節、翌朝はまた深い霧に覆われているのでしょう。

走行距離242km。燃費20.7km。

2009年11月 6日 (金)

九頭竜~打波地区紅葉ツーリング(詳細)

10月24日(土)8時ごろ出発。

8月に阿弥陀ヶ滝へ行ったときと同様に、京都南インターで名神に入り、東海北陸自動車道ぎふ大和インターで高速を出る。ここで1回目の給油。時間は10時53分。

R156~R158へ。油坂峠道路の第1~第3トンネルは使わず、峠道を走って九頭竜湖岸へ。すでに紅葉が始まっている。

112207 114831

仏御前(ほとけごぜん)の滝へ立ち寄る。駐車場から階段を5分ほど歩いて登る。急ぎ足だとちょっとハード。。。

123524 122836

県道173号へ。九頭竜峡~下打波~上打波へと打波川沿いに北上。北へ進むに連れ、高度も上がり、紅葉度合いが進んでいく感じ。

150416_2  143932

途中、鳩ヶ湯という温泉で、おろしそばをいただく。行き帰りとも、トイレ休憩にも利用させていただく。

143451

さらに北へ進むと、滝が目に入る。帰ってからネットで調べたところ、サコサガ滝というらしい。

142108

この辺りずっとすばらしい風景が続く。

141002 141056

141718 140310

紅葉の名所、苅込池へは、県道の終点の駐車場から、登山道を1kmほど歩かなければならないため今回はあきらめる。駐車場にはあふれるほど車があり、ハイキングしてる方も多く見られた。

県道173号を引き返す。R158を西へ進み、R476へ入る。しばらく1車線強の峠道。交通量が少ないので、自分のペースで気持ちよく走ることができる。峠を抜けると2車線の快走路となる。その後、R417へと入り、交通量の少ないワインディングロードを楽しむ。その後、武生インターで北陸自動車道へ入り、南条SAで2回目の給油(16時32分)。京都南で高速を降り、自宅近くで3度目の給油(18時34分)。18時40分頃帰宅。

走行距離540km。燃費は行きの高速(わりとのんびり走行)が23.0km。岐阜から福井の下道が21.2km。帰りの高速が20.8km(ややハイペース)。全体平均で、21.7km。

2009年10月25日 (日)

九頭竜~打波地区紅葉ツーリング

九頭竜峡から北へ入った打波地区が、紅葉の見頃。関西からも、高速を使えば、日帰りでちょっと早い紅葉が楽しめる。

北陸自動車道~R417~R476~R158~県道173号というルートがおすすめ。

県道173号の途中に鳩ヶ湯という温泉があり、トイレ休憩&昼食(おろしそば)可能。県道173号は途中からほぼ一車線。車の往来はけっこう多い。バイクだとところどころで停車して、写真撮影可能。終点から登山道を歩くと刈込池という紅葉の名所があるので、時間の余裕があればいきたかったが、今回は断念。173号の道路沿いの紅葉で十分楽しめた。

134351 134720

141542 143855

詳しくは、また後日。。。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-