フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 涸沢トレッキング第一報 | トップページ | 涸沢トレッキングレポート2 »

2015年8月26日 (水)

涸沢トレッキングレポート1

8月23日(日)~24日(月)、穂高のふもと、涸沢へ。

初めての一泊二日のトレッキング、山荘(涸沢ヒュッテ)泊。

台風の接近もあり、天候に不安はあったが、最終的に前夜、行くことに決める。

23日3時起きの3時半出発。西穂高独標に行ったときと同様、バイクはおいて、車(スカイライン)で、出かける。

珍しく名神高速は、流れが良く、マイペースで走ることができて、京都から約3時間半、7時ごろに、アカンダナ駐車場に到着。途中、コンビニで、昼ご飯用のおにぎりを買った以外はノンストップ走行。

登山靴に履き替えて、バス乗り場へ。すでにバスは待機中で、急ぎ往復切符を購入し乗車。上高地へは、7時40分ごろ到着。

▼上高地にて(07:40ごろ)

0743_2756

この時間はまだ人はまばら。

梓川左岸を歩き始める。あまり写真も撮らず、どんどん進んでいく。

▼明神館前(08:15ごろ)


0815_2763s

30分ほどで、明神館に到着。
時間の記録も兼ねて、写真を撮っただけで、すぐに先へ向かう。

左手に梓川を見ながら進んでいく。

0843_2764

▼徳澤園(08:50ごろ)

0849_2769s

明神館から35分ほどで、徳澤園に到着。

ここも、記録も兼ねて、写真を撮っただけ。ほぼ平坦な道なので、疲れもなく、さらに先へ向かう。

▼新村橋(09:00)

0900_2770s

ちょうど9時に、新村橋へ到着。この先を進めば、涸沢への別ルート(パノラマコース)。
ただし現在は、 「残雪による落石、土砂崩落の危険がある為、未開通」で、「開通は9月上旬を予定」とのこと。途中険しい区間があるが、絶景ルートとのことで、今回帰りに寄ってみて、ちょっと様子をうかがおうかとも思ったのだが、断念した。

行きは、もともと、こちらを利用する予定はなく、橋の途中まで行って、上流を眺めるのみ。

(↓)新村橋から上流方向を眺める

0900_2773s

元のルートに戻って、先へ進み、9時30分横尾山荘に到着。

▼横尾山荘&横尾大橋にて(09:30~09:40)

0931_2775s

朝食3時過ぎに取って、お腹が減ってきたので、ここで、コンビニで買ったおにぎりを食べる。

0943_2779

10分ほどの休憩後、横尾大橋を渡って、涸沢へ向かう。

ここまでは、上高地から延長の遊歩道という感じの平坦な道のりだったが、横尾大橋から先は、登山道っぽくなっていく。といっても、まだしばらく道はほぼ平坦で、どんどん進んで行ける。

左手に迫力の屏風岩が見える。

1023_2793s

横尾大橋から50分ほどで、本谷橋に到着

▼本谷橋にて(10:30~10:35)

1032_2798s

1032_2801s

上高地からここまで、標準コースタイム4時間のところを、3時間弱でくることができた。
横尾大橋から本谷橋までも、平坦な道が続いたので、それほど疲労もたまってはおらず、5分ほどの小休憩にとどめ、さらに先へ向かう。

以下、涸沢トレッキングレポートその2へ続きます。。。

« 涸沢トレッキング第一報 | トップページ | 涸沢トレッキングレポート2 »

登山&トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 涸沢トレッキング第一報 | トップページ | 涸沢トレッキングレポート2 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □