フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 佛隆寺千年桜へ、R6にて朝駆け | トップページ | YZF-R6ラストラン--丹後半島ツーリング »

2015年5月14日 (木)

糸井の大カツラ&糸井渓谷ツーリング

4月18日(土)、R6にて、糸井の大カツラを訪ねるツーリングへ

舞鶴若狭自動車道(丹南篠山口~春日IC)~北近畿豊岡自動車道と進み、青垣インターで出て、遠阪峠のワインディングを走り抜ける。

その後、和田山八鹿道へ入り、すぐ和田山インターで出ようと思っていたのだが、和田山で出るには、播但道方面へ進む必要があることがわからず、養父インターで出て、少し引き返すことに。。。

で、引き返していると、寺の境内にミツバツツジっぽい花が見え、寄ってみる。

▼養父市の長福寺にて(11:45~12:15)

1148_7742 1208_7785

雰囲気のある石仏が並ぶ

1211_7791

訪問者は自分一人だけ

1214_7798

のんびり30分ほど過ごした後、糸井渓谷へ向かって再出発。

R9~兵庫県道10号線と進む。で、そのまま県道10号を進んでしまい、出石方面へと向かってしまう。かなり行ってから、間違いに気づき引き返す。

引き返す際、糸井小学校朝日分校前で停車。

▼糸井小学校朝日分校(13:20ごろ)

1323_7845

まだ桜が咲いていた。

1326_7852

ネット情報では、休校もしくは廃校となっている模様。

さらに引き返し、本来の糸井渓谷へと向かう道へ進む。

道路脇にヤマブキが咲いていた。

1339_7862s

ほどなく、糸井の大カツラ入り口の駐車スペースに到着。
バイクを停めて、散策モードに切り替え、600mほど歩く。

▼糸井の大カツラ(13:50~14:30)

1433_7935t

巨大なカツラの木

1400_7876

圧倒される存在感。親木である、中の木は、すでに朽ちているらしい。

1403_7881

(↓)奥側からの眺め

1404_7883

近くの山への登山口ともなっていて、少し人の行き来はある。

(↓)周辺の景色

1446_7939t

(↓)駐車スペースにて

1500_7959

車数台分の駐車スペースがあり、端の方にバイクを停める。

このあと、先へ綺麗な舗装道が続いていたので、行ってみることに。。。

少々落石はあるが、綺麗な舗装道はしばらく続く。

1532_7969

(↑)ここを抜けると、駐車場があり、その先の道路は未舗装となっていた(地図によると、但東町へ続いているもよう)。

駐車場に入り、山々を眺める。

1524_7964

ここは短い滞在で、すぐに引き返す。

この道路、けっこう眺め良し

1538_7974s

糸井の大カツラ駐車場辺りまで戻ってきて、そこから、何度か停車し、道路沿いの糸井渓谷を眺める。

▼糸井渓谷(15:40~16:20)

1602_7999


1604_8004

この辺りで、写真を撮っているとき、対岸の上の方でゴゴーと音が。。。

見上げるとけっこう大きな岩が降ちてくるところ。
対岸といっても、1mほどの川幅なので、安全圏ではない(^^;)
慌てて、道路側へ寄ると、岩は、木々に阻まれ止まり、渓谷まで落ちてくることはなかった。

1608_8013

1620_8034t

1621_8038

(↓)不動滝

1625_8040t

このあと県道10号~104号~R9~R427(遠阪峠越え)~北近畿豊岡自動車道
~舞鶴若狭自動車道(春日IC~丹南篠山口)~R372を経て帰宅。

------------------------------------------------
走行距離:307km.燃費19.2km/l.積算距離63297km
------------------------------------------------

« 佛隆寺千年桜へ、R6にて朝駆け | トップページ | YZF-R6ラストラン--丹後半島ツーリング »

ツーリング2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佛隆寺千年桜へ、R6にて朝駆け | トップページ | YZF-R6ラストラン--丹後半島ツーリング »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □