フォト

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

デイトナと雲と田園風景

5月31日(日)、デイトナ675にて、京都・大阪・兵庫の県境を巡り、素敵な雲と田園風景に出会う

▼旧園部町(南丹市)の麦畑

1430_9871

▼長谷の棚田(能勢町)

1532_9889

▼篠山市泉の八幡神社近くにて

1715_9941

またお気に入りスポットを一つ見つけた

1727_9960

▼篠山市京口橋付近で見た夕焼け

1858_0045

2年ぶりのパールロード&安乗埼灯台

5月30日(土)、デイトナ675にて、パールロード&安乗埼灯台へ

R6乗り始めのころ以来、2年ぶり

▼パールロード

1309_9810


1324_9820

パールロードはあいかわらず眺め良し、路面状態は微妙なでこぼこ多い

▼安乗埼灯台

1414_9831

▽過去の関連記事

2015年5月28日 (木)

デイトナ675セカンドランは月ヶ瀬~曽爾高原

デイトナ675の納車翌日の5月17日(日)、ワインディング走行を味わいに府道82号~月ヶ瀬方面へ向かう。

まず10時開店と同時に、デイトナ675の購入店に寄り、右グリップ取り付け&フロントブレーキのエア抜き。その後、R24~宇治川ライン(府道3号)へ。

▼宇治川ラインにて(12時ごろ)

1225_9405

宇治川ラインは、あまり路面状態が良くないので、自分の技量では、走りという点では楽しめないけど、川沿いの眺めは良好。

R422~R307とぐるりと回って、府道70号を南下。府道70号は、ところどころ道幅狭いが、R24の渋滞を避ける快走路。上狛駅横を抜け、R163へのショートカット。途中に高麗寺跡があり、バイク乗り換えたときは、毎度ここでバイクを停める。古寺跡はなんか惹かれるものがある。

▼高麗寺跡にて(13時ごろ)

1321_9406

ここからR163へ出て、しばらく東進。南山城村で右折して、府道82号へ進む。

バイク乗り換えたり、新しいタイヤへ交換したりしたあと、ワインディングでの乗り味を確かめたいときには、この府道82号(南山城村~月ヶ瀬間)へ来ることが多い。

府道82号から月ヶ瀬を通り抜け、県道82号のワインディングは、写真も撮らず、めずらしく走る方に集中してノーストップ走行。

前日感じた、走りに関してのネガティブな面は、払拭される。コーナー切り返しの際のひらひら感は、R6以上で、SV1000の感覚が少しよみがえり、楽しくなってくる。

そのまま香落渓も走り抜け、予定していなかったのだが、一気に曽爾高原へ。「曽爾高原お米の館」でパンを買って、曽爾高原で遅い昼食。

▼曽爾高原にて(15時~16時)

1512_9425

4月25日に来たとき(「山焼きから一ヶ月の曽爾高原」)は、山焼き後の黒っぽいのが目立ったが、この日はすっかり緑。

1510_9423

どこへ行っても蝶々を見かけるようになった。

1517_9431

1535_9435

椅子に腰掛け、のんびりランチ

1554_9452

一時間ほど過ごした後、月ヶ瀬へもどり、府道82号を再び走り、高山ダムにてトイレ休憩。折り返して、県道4号からR369を西進。R369は交通量が多く、停滞気味。

横道に入って、田園風景を眺める。

▼旧大柳生村にて(17:30ごろ)

1754_9458

またR369へもどり、京奈和道経由で帰宅。

▽関連記事

------------------------------------------------------
走行距離:281km.燃費16.9.km/l.積算距離(購入後)474km
------------------------------------------------------

2015年5月26日 (火)

新緑美しい高山寺

デイトナで嵐山高雄パークウェイを走った後、高雄の高山寺へ。

高山寺は「鳥獣戯画」有名なお寺。その「鳥獣戯画」は現在、東京国立博物館で特別展が開催中ですね(6月7日まで)。

自分的には、京都で新緑美しいというと、高山寺が一番先に思い浮かぶ。

1253_9675

1313_9700_2

1315_9707

今回も期待通りの、美しさだった。

この時期(=紅葉期以外)、石水院以外の境内は、入場料必要なし。

▽過去の関連記事

嵐山高雄パークウェイで鹿と衝突寸前!

本日、デイトナ675にて嵐山高雄パークウェイへ

9時半ごろまでは、ほとんど走行車両なし。貸し切り状態でデイトナ675を走らせる。

保津峡展望台の手前(高雄側)で、バイク走行中、50m先を子鹿がさっと横断。

ちょっとスピードを落とし、子鹿の動向に目をやる。

すると、母鹿(推定)が、子鹿を追いかけるように道路を横断。そのときは、バイクも進んでいるので、すぐ目の前に突然現れた感じ。

あわてて急ブレーキ。スローモーションで見ているような感じで、バイクの数十cm先を母鹿がなんとかかわして通過。そのときデイトナの後輪が浮いていて、すーと沈んだ。

バイク乗って、ブレーキングで、後輪が浮いたのはこれが初めての経験。ほとんど衝撃はなく、ストンといった感じだったので、浮いたのは数cm程度だったのかも。。。

急ブレーキといっても、ロックするほどではなかったのだが、それでも後輪が浮いたのは、車体が軽く、重心が高いSS車ゆえだろうか。。。

先に通過した子鹿を見てないで、スピード落としていなかったら、もっと危うい状況になっていただろう。

とにもかくにも、何も誰にも被害がでなくてよかった。

そのあとにももう一組、鹿の親子を見かけたので、嵐山高雄パークウェイその他、山間部の道路を走るときは、くれぐれもご用心を。

ボールが道路にころがった後は、子どもが飛び出す、子鹿が横切った後は、母鹿が道路を横断する、と肝に銘じておかねば(^^;)

▼嵐山高雄パークウェイにて

0955_9632

1023_9649

今、嵐山高雄パークウェイは新緑が綺麗です

2015年5月24日 (日)

デイトナ675インプレッションその後

納車の翌日5月17日(日)に、開店時間に電話を入れ、初期不具合を告げると、すぐ対応してのもらえるということで、ショップへ。

右グリップはボンドで取り付け、フロントブレーキについてもエア抜き対応。ただ、R6は特殊に反応するバイクで、デイトナはこんなもんですよ、と説明を受ける。。。で、実際に感触を確かめると、明らかに違う。握りしめたらロックするであろう感触。昨日と全然違いますよ、と伝え、とりあえず初期不具合対応はしてもらったので、走りに出る。

※ちなみにブレーキレバーは、元から最も遠い位置だった。その状態でのふにゃふにゃ感だったのが、一つ近めに調整しても大丈夫な程度の効き具合となった。

自分的走りを確かめる最良コースは、嵐山高雄パークウェイだが、土日二輪不可なので、次善のコースとして、京都府道82号~月ヶ瀬~奈良県道80号へ。

走り出す前に、フロントプリロードは元の設定より、4分3回転ほど緩めておいた。

ブレーキングと曲がりにくさについて、初日感じた印象はなくなった。コーナリング時、ブレーキリリース後すっと倒れ込む感じは、SV1000の感触が少しよみがえった。

エンジン音と高回転時の振動以外、「走る、曲がる、止まる」という点でのネガティブな印象は払拭された。今後、走り慣れていけば、もっとポジティブな面を引き出せるようになっていくだろう。

ただ、市街地走行時の、「熱」という新たな問題が。。。センターアップマフラーは熱いというのは、やはりネットささやかれている通りで、じんわりとおしり全体が暖められている感じ。そして、デイトナ675特有の問題として、排気管が、太ももの近くに、むき出しで存在し、信号待ちの時とか、パンツが排気熱で熱せられる。右太ももが寄り距離が近く、熱い。
信号待ちで、両足ついて、リラックスモードに入ると、両太ももの内側が熱くなる。メッシュとはいえ、ライディングパンツをはいていても、である。ジーパンだと低温やけどしそうというのも、うなづける感じ。停車時の足つきは、左だけにして、右は、ステップの上をキープするなどして、熱の影響を遠ざける乗り方を身につけないといけない。

▼高山ダム駐車場にて

9457

2015年5月23日 (土)

デイトナ675ファーストインプレッション

5月16日(土)、デイトナ675納車後のファーストランで、2年間乗ったYZF-R6(2003年型)と比べて、正直なところ、いろいろとネガティブな印象を持った。

まずは、低速走行時の、ヒュルヒュルというエンジン音。これは2年前に、ストリートトリプルRに試乗したとき経験済みだったのだが、デイトナ675も同じ特徴をもつのかどうか未確認だった。そして、今回同じヒュルヒュル音を味わってしまった(→次第にこんなもんと慣れてしまう)。

スピード乗っていくとヒュルヒュル音は影を薄めるが、そこから6000回転以上へ回転を上げていくと、不快な振動が現れる(→ある程度慣れるだろうが、長距離走ると確実に疲労を蓄積する →→6速6000回転でそれなりの速度域なので長距離走るときは、そこまでに抑えればよいか)。

そして、高い速度域から急減速しようとすると、フロントブレーキがふにゃふにゃ。完全に握りしめても、絶対ロックすることはないだろうと確信するほどの柔らかさ。。。(^^;)
ただこれは、この中古個体特有というか、整備不良(調整不足)が原因で、エア噛みしていた模様。

もうひとつ、この個体の不具合として、走っているうちに、右ハンドルグリップがゆるんで、ずれてきた(^^;) 前オーナーがグリップヒーターでも付けていて、取り外して、元のグリップをきちんと取り付けしなかったのだろうか。。。

個人間の売買ならともかく、ショップ購入で車検整備後の納車にもかかわらず、エア噛みといいグリップ取り付け不良といい、どうしてこんな状態なのか。。。(大手ショップはあまり信頼してないので、怒りもわかないのだが)

と、マイナス面が目についたのだが、もちろんよいところも。

何といってもスリムでスタイリッシュ。しばらく見飽きることはないだろう(^^)

低速、低回転時は、R6(2003年型)よりも力強く、一旦回転落としてしまってからも、しっかりと再加速していく。

あと、ちょっと曲がりづらく感じたが、これは、サスペンションの調整次第だろう。

初日170kmほど走っての印象は、ざっとこんな感じ(自分は、ほぼ100%ツーリング使用なので、インプレッションも主にその観点からのものになります)。

で、翌日朝、早速ショップに持ち込み、調整後セカンドランに出たのだが、それはまた別途書きます。

▼初日、美山の大原神社にて

9369

2015年5月18日 (月)

Daytona 675 ファーストラン

5月16日(土)、Daytona 675の納車日。

当日の天気予報は、雨のち晴(実際は雨のち曇り)。

朝、雨が完全に上がったのを確かめ、Daytona 675を受け取りに出かける。

近場をちょこっと走った後、一旦自宅へもどって、昼食。
その後、装備を調え、シートバッグを取り付け、走りに出ようとするが、タンデムシートの取り外し方がわからない(^^;)

早速ネット検索。鍵ではなく、六角レンチでネジを回して、取り外すとのこと。適合する六角レンチがなかったので、買いに出て、もどってきて、無事シートバッグ取り付け完了。
宿泊用のシートバッグを取り付けるとき、またちょっと面倒だな。。。&タンデムシート下は絶望的にスペースなし。。。

Daytona 675 ファーストランはR6の初乗りとほぼ同じコース。

まずは京都縦貫道に乗って、高速走行を確かめるべく、ぐいっと加速。6000回転くらいから、けっこう振動が。。。R6では、1万回転回しても、不快な振動は一切なかったので、2年ぶりに、バイクには振動というものがあることを思い出す。

千代川インターで出て、R477を東へ進み、越畑~樒原へ寄ってみる。

▼樒原にて

1614_9331_2

お気に入りのイチョウの木の下にDaytonaを停める。

1618_9338

納車当日というのに、Daytonaをおいといて、樒原の棚田を散策(^^;)

1626_9352

四所神社の小さな境内。新緑が美しい。

1627_9356_2

見上げるとモミジと大木が絡み合う。お気に入りの眺め。

1629_9359


1629_9361

引き返して、日吉ダム沿い~美山九鬼が坂~大野ダム沿いと進み、美山の大原神社を訪ねる。ここも何度も訪ねているお気に入りスポット。

▼美山の大原神社にて

1743_9378

(↓)大原神社参道入り口にあるケヤキの大木

1753_9385

1756_9393

(↑)この角度から眺めるのは初めて。頼もしい背中のように見え、この木への愛着が増す。

大野ダム沿いの府道12号に戻り、西進。R27に出る前に、少し横道に入って、夕暮れの田園風景を眺める。

1815_9398

田んぼの周辺には、シロツメクサの花が多く咲く

1816_9400

その後、R27~京都縦貫道を経て帰宅。

------------------------------------------------
走行距離:173km.燃費17.8.km/l.積算距離34,444km
------------------------------------------------

▽関連記事

2015年5月16日 (土)

新しい相棒はDaytona 675

4年前から、スタイリッシュなデザインと3気筒という個性に惹かれていたトライアンフのDaytona675。

SV1000~R6を経て、新しい相棒として迎えることになった。

9350

2008年登録の初期型で、すでに34000km走っているため、お手頃価格。
あまり距離乗らない方からすると、もう34000kmも走っているのかと感じるだろうが、自分だと2年足らずで到達してしまう距離なので、抵抗感はない。

一度は新車の乗り味を味わってみたいとは思うが。。。

9367

早速シートバックを装着し、カメラを積んで、走りに出た。

これまでは絶望的に感じたポジションも、今は全く違和感なし。

1738_9365

ちょこちょこ気になることはあるが、それはまた後日。

明日は少しフロントサスのセッティングを緩めて走ってみることにしよう。

ツイッターをはじめてみようか

ツーリング中の景色の紹介や、翌日あるいは当日のツーリング先の紹介、ブログの記事にするまでではないちょっとしたことなどなど、ツイッターを利用して、投稿してみようかと。。。

アカウントは、

@zephr2009

です。

すぐに飽きてやめるかもしれませんが(^^;)、とりあえず公開して、試してみようと思います。

YZF-R6ラストラン--丹後半島ツーリング

5月10日(日)、この日がYAMAHA YZF-R6(2003)でのラストランとなった。

と同時に、数年ぶりの、デュアルツーリングでもあり、訪問先である丹後半島への途中となる、R173とR372の交差点角のコンビニで待ち合わせ。

のんびりと10時頃に出発したのだが、それでも待ち合わせまで余裕があったので、待ち合わせ場所少し手前にある、ワインディングコース(ベル・グリーンCCを通り抜ける道)へ。

▼ベル・グリーンCC手前(南側)にて

1102_9269


1103_9271

今年は黄色くなった竹林が目立つ

1118_9274

この現象を竹秋(ちくしゅう)というらしく、今年だけでなく、竹(モウソウチク)は毎年春に、古い葉が黄葉し落ちると同時に青い若葉が伸びるとのこと。
ということで、例年の現象ということなのだが、やはり今年は目に付くような気がする。一気に暑くなり、時期が重なったからだろうか。。。

ここを2往復し、R6での走りを楽しんだ後、待ち合わせのコンビニへ。ここのコンビニはよくライダーの待ち合わせで使われるところで、この時も、大人数はなかったが、少人数の待ち合わせが数組あり、駐車場には、バイク10台ほど停まっていた。

待っている間、辺りを見回すと、大きな木が立っていた。安田の大杉というらしい。

1125_1

何度も通っている交差点なのに、今回初めて目に留まった。

その後、待ち合わせ相手が到着し、コースを確認後、R173を北上し、丹後半島へ向かう。時間に余裕があれば、府道9号で大江山越えをしたいところだが、時間節約のため、京都縦貫道を利用。

綾部安国寺インターで京都縦貫道に入り、由良川パーキングで小休憩。

▼由良川パーキングにて(12:50ごろ)

1256_9279

この日は空が青く澄んで綺麗だった。
京都縦貫道は山間部を走るので、走りながら見る眺めは上々。

終点の与謝天橋立インターで出て、R178へ進み、天橋立が見えるカフェでランチ。

▼「お菓子の館 はしだて」にて(13:10~13:50)

1357_9280

今回のお相手バイクはYZF-R25。250ccのバイクでも、高速の登り坂や、直線の登り以外ではペースに違いはなく、ツーリングのパートナーとして問題なし。ただし、またがらせてもらったが、自分には窮屈なので、自分が乗っての長距離走行は無理。。。

ここから、丹後半島を時計の反対回りで周回。途中、多くのツーリングバイクとすれ違った。

▼道の駅「舟屋の里」にて(14:20ごろ)

1424_9281

▼甲崎を少し過ぎた展望所にて(14:40)

1450_9286

▼碇高原にて(15:10~15:20)

1518_9294s

この碇高原へ向かう途中、ワインディングロードを駆け上がっていると、トンビが前を飛び立った。スピードを落とし、目をやると、なんと足でヘビをつかまえていた。バイクを停止し、跳び去っていくのをしばし眺めた。ツーリング中、こんなワイルドな現場に遭遇したのは記憶にない。。。

パートナーとも顔を見合わせ、驚きを共有しながら、再出発し、のどかな、牧場へと到着した。前回3月28日に訪ねたとき(「丹後半島、時計回り周回ツーリング」)は牛は見られなかったが、この日は放牧中。

1528_9297

ここも短い滞在にとどめ、周回道にもどり、立岩へ。

▼立岩にて(15:40ごろ)

1549_9300

ここでR6にまたがった写真を撮ってもらった。
残念ながらR6はあまり写ってないけれど。。。

1554_9307s

このあと、R482~府道53号で、丹後半島の付け根を横断し、与謝天橋立インターを過ぎたところのGSで給油。少しもどって、与謝天橋立インターから京都縦貫道に入り、来た道をもどって、流れ解散。

自分は18時頃、自宅にもどり、相手が無事帰宅したこともメールで確認し、久しぶりのデュアルツーリング、そしてR6でのラストランを終えた。

------------------------------------------------
走行距離:378km.燃費19.9.km/l.積算距離65,912km
------------------------------------------------

帰宅後、次期バイクへの買い換えのための下取り&ETC付け替えのため、バイクショップにR6をとどけ、約2年間、3万8000kmの旅路を共にした、YZF-R6とお別れとなった。

YZF-R6でのツーリングレポートはいくつか残っているので、それは引き続き掲載していきます。次期バイクについては、明日以降の記事で紹介します。

2015年5月14日 (木)

糸井の大カツラ&糸井渓谷ツーリング

4月18日(土)、R6にて、糸井の大カツラを訪ねるツーリングへ

舞鶴若狭自動車道(丹南篠山口~春日IC)~北近畿豊岡自動車道と進み、青垣インターで出て、遠阪峠のワインディングを走り抜ける。

その後、和田山八鹿道へ入り、すぐ和田山インターで出ようと思っていたのだが、和田山で出るには、播但道方面へ進む必要があることがわからず、養父インターで出て、少し引き返すことに。。。

で、引き返していると、寺の境内にミツバツツジっぽい花が見え、寄ってみる。

▼養父市の長福寺にて(11:45~12:15)

1148_7742 1208_7785

雰囲気のある石仏が並ぶ

1211_7791

訪問者は自分一人だけ

1214_7798

のんびり30分ほど過ごした後、糸井渓谷へ向かって再出発。

R9~兵庫県道10号線と進む。で、そのまま県道10号を進んでしまい、出石方面へと向かってしまう。かなり行ってから、間違いに気づき引き返す。

引き返す際、糸井小学校朝日分校前で停車。

▼糸井小学校朝日分校(13:20ごろ)

1323_7845

まだ桜が咲いていた。

1326_7852

ネット情報では、休校もしくは廃校となっている模様。

さらに引き返し、本来の糸井渓谷へと向かう道へ進む。

道路脇にヤマブキが咲いていた。

1339_7862s

ほどなく、糸井の大カツラ入り口の駐車スペースに到着。
バイクを停めて、散策モードに切り替え、600mほど歩く。

▼糸井の大カツラ(13:50~14:30)

1433_7935t

巨大なカツラの木

1400_7876

圧倒される存在感。親木である、中の木は、すでに朽ちているらしい。

1403_7881

(↓)奥側からの眺め

1404_7883

近くの山への登山口ともなっていて、少し人の行き来はある。

(↓)周辺の景色

1446_7939t

(↓)駐車スペースにて

1500_7959

車数台分の駐車スペースがあり、端の方にバイクを停める。

このあと、先へ綺麗な舗装道が続いていたので、行ってみることに。。。

少々落石はあるが、綺麗な舗装道はしばらく続く。

1532_7969

(↑)ここを抜けると、駐車場があり、その先の道路は未舗装となっていた(地図によると、但東町へ続いているもよう)。

駐車場に入り、山々を眺める。

1524_7964

ここは短い滞在で、すぐに引き返す。

この道路、けっこう眺め良し

1538_7974s

糸井の大カツラ駐車場辺りまで戻ってきて、そこから、何度か停車し、道路沿いの糸井渓谷を眺める。

▼糸井渓谷(15:40~16:20)

1602_7999


1604_8004

この辺りで、写真を撮っているとき、対岸の上の方でゴゴーと音が。。。

見上げるとけっこう大きな岩が降ちてくるところ。
対岸といっても、1mほどの川幅なので、安全圏ではない(^^;)
慌てて、道路側へ寄ると、岩は、木々に阻まれ止まり、渓谷まで落ちてくることはなかった。

1608_8013

1620_8034t

1621_8038

(↓)不動滝

1625_8040t

このあと県道10号~104号~R9~R427(遠阪峠越え)~北近畿豊岡自動車道
~舞鶴若狭自動車道(春日IC~丹南篠山口)~R372を経て帰宅。

------------------------------------------------
走行距離:307km.燃費19.2km/l.積算距離63297km
------------------------------------------------

2015年5月13日 (水)

佛隆寺千年桜へ、R6にて朝駆け

4月16日(木)、朝駆けというほど、早い出発ではなかっだのだが。。。

R6で、7時過ぎに出て、9時過ぎの到着。

それほど広くはない駐車場は、ほぼ満車状態。バイクを、隅に停める。

0939_7740_2

千年桜は散り始め

0926_7722

0922_7717

30分ほど、千年桜を眺めながら、周囲を巡る。

急ぎ、帰宅して、出社。

------------------------------------------------
走行距離:約170km.燃費18.3km/l.
------------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽過去の関連記事

常照皇寺~美山~佐々里峠ツーリング

4月12日(日)、四年ぶりに常照皇寺の九重桜を訪ねるツーリングへ

京都縦貫道千代川インターからR477を東へ進み、寄り道なしで常照皇寺へ向かう。

▼常照皇寺の九重桜

1402_7528


1403_7530_2

▼常照皇寺の左近桜

1415_7550

駐車場には、バイク数台が並ぶ

1444_7586

その後、府道61号のワインディングを走り抜けて、R162に出て、美山かやぶきの里へ向かう

▼美山かやぶきの里にて

1527_7590

1553_7627

さらに佐々里峠を回って、花脊に出る

▼花脊小中学校前の山桜

1704_7658_2

花脊からR477を西進。

▼R477にて

1738_7672

その後、R162(周山街道)を経て帰宅

------------------------------------------------
走行距離:約200km.燃費17.5km/l.
------------------------------------------------

▽この日の関連記事

根尾谷淡墨桜ツーリング(後編-横蔵寺近くの枝垂れ桜並木など)

4月9日(木)、根尾谷淡墨桜ツーリングレポートの続き。。。

淡墨桜、そして、近くで見つけた、田んぼの中の一本桜を眺めた後、R167~県道255号を引き返す。

途中、根尾谷断層の看板を見つけ、寄ってみる。

▼根尾谷断層(14:20ごろ)

1425_7120

最初どれが断層か、わからなかったのだが、どうも、上の写真斜めに盛り上がっているところが、断層でできたズレの模様。
近くに「根尾谷地震断層観察館」という施設があったが、今回は入らず。

その後、R167にもどり走っていると、左手に華やかに咲く花が目に入り、Uターン。

▼R167沿いにて(14:40ごろ)

1448_7131

辺りを見回すと、草花も育てられていた

1453_7141

県道40号に入り、華厳寺の参道にも寄ってみる。参道横の駐車場は、車は有料だが、バイクは無料だった。

▼華厳寺参道にて(15:40ごろ)

1549_7148

けっこうな賑わい。境内には入らず、参道の桜並木を眺めるにとどめる。

ここからさらに県道40号を進むと、横蔵寺方面から流れてくる川沿いに枝垂れ桜並木があった。これはいい眺めだな、ということで、枝垂れ桜並木に沿いをバイク(R6)で進む。

▼横蔵寺近くの枝垂れ桜並木(15:50~16:00)

1553_7169


1557_7170


1605_7177

往復した後、R303に出て、滋賀県方面へ向かい、来るときは眺めるだけだった、道路沿いの残雪が深いところでバイクを停める。

▼R303にて(16:40~16:50ごろ)

1645_7184


1659_7204

その後、R8で奥琵琶湖へ

▼R8沿いから琵琶湖を眺める(17:20ごろ)

1730_7209t_2

空と湖の境界がわかりづらくなっていた。

ここから県道557号に入り、海津大崎の桜並木を眺めながら走る

▼奥琵琶湖--海津大崎の桜並木(17:50~18:20)

1752_7222

平日だが、自転車、バイク、自動車が行き交う。ただし、時間帯も遅めとなっているので停滞するほどの交通量ではなかった。

1753_7224


1757_7231

少し進んでは、バイクを停めて、桜並木を眺める

1806_7249

大崎寺に着いた頃は、ちょうど日が沈むころとなっていた。

1820_7268

夕日を眺めて、さぁ帰路へ、とバイクに近づいて、異変(後輪のパンク)に気づいたのはすでにレポート済み(→「R6、ツーリング先で後輪パンク」)。

冷や汗をかきながらも、なんとか無事に、20時30分ごろ、帰宅できた。

------------------------------------------------
走行距離:417km.燃費18.7km/l.積算距離62,624km
------------------------------------------------

▽この日の関連記事

2015年5月12日 (火)

根尾谷淡墨桜ツーリング(前編)

4月9日(木)、休みを取って、YZF-R6(2003)にて、岐阜県の根尾谷淡墨桜を訪ねるツーリングへ。

出発はのんびり目の7時45分。名神~北陸自動車道を進み、木之元インターで出て、R303を東へ進み、岐阜県入り。滋賀と岐阜の県境付近では、道路脇にけっこうな残雪があった。

その後、県道40号~255号と進み、R167に合流。R167に入るとすぐに渋滞。慎重に渋滞の車列の横を進み、駐車場へ入り、誘導されたバイク駐輪場にて、R6を停める。自分以外にも訪問中のバイク数台有り。

もっと早い時間帯に到着したかったのだが、3時間半ほどかかり、11時20分頃の到着となったため、すでにけっこうなにぎわい。

▼根尾谷淡墨桜(11:20~12:30)

1134_6965


1157_6998

高台の方にカメラを持った方が多くいたので、そちらへ上がってみる。

そこからは、奧の冠雪した山と淡墨桜を眺めることができた。

1202_7011

カメラ撮っていた方が、「白山」だと口にしていたのだが、位置的に、能郷白山になるのかな。。。

1210_7021


1226_7046

(↓)これは駐輪場所からの眺めだったかと。。。おぼろげな記憶(^^;)

1248_7049

のんびりと一時間ちょっと滞在したあと、R167をさらに北へと進んでみる。

と、わりとすぐに通行止めに行き着いてしまい、折り返す。

1311_7050s

来るとき眺めが良かったところで、脇道に入って、バイクを停める

1321_7062

散策すると、つくしが見えた

1330_7074

もう少しもどったところに、一本桜があったので、そちらにも寄ろうとするが、降り道がわからない。なんとか見つけるも、関係車両以外進入禁止の看板が目に入る。なので、バイクを道路脇に停めて、歩いて降りてみることに。

そして素敵な風景に出会う。

1408_7115

雲がとれて、青空だったら最高だったろうに。。。

今回ここを訪ねていたのは、自分だけだったが、かつて多くの写真愛好家が車で立ち寄り、駐車し、迷惑をかけたのだろうか。。。でないと、進入禁止の看板がわざわざ立てられていた理由が見つからない。

1405_7110

ともかくこのときは、自分だけで、この景色を一人占め。

以下、後編(華厳寺&橫蔵寺手前枝垂れ桜&海津大崎)へ続く。。。

丹後半島、時計回り周回ツーリング

3月28日(土)、R6にて、時計回りでの丹後半島周回ツーリングへ

7時過ぎの出発。京都縦貫道~R27を進み、安栖里に寄って、田園風景を眺める

▼安栖里にて(8:30ごろ)

0831_6555s

京都縦貫道~府道9号(大江山越え)で、天橋立を経て、与謝郡与謝野町にある、椎の大木「権現さんの大椎」を訪ねる。

▼権現さんの大椎(10:30ごろ)

1031_6570s

続いて丹後縦貫林道へ進んでみた。

▼丹後縦貫林道(成相線)にて(11時すぎ)

1118_6579

しばらく進むと、残雪で通行不可。ここで引き返す。

府道53号~R482で、丹後半島の付け根を横断し、カニで有名な間人(たいざ)に出て、城島へ。

▼間人の城嶋にて(12:00~12:50)

1213_6599s

城嶋の岩場をぐるっと歩いて一回り

1235_6617s

1251_6625s

のんびり回って、小一時間ここで費やした後、立岩へ

▼立岩にて(13時ごろ)

1306_6642

ウミネコの群れを眺める

1306_6641

ここは短い滞在にとどめ、R178にて、丹後半島の海岸線を時計回りにめぐる

▼犬ヶ岬にて(13:20ごろ)

1332_6648

ここで丹後松島を見下ろしたあと、いつもはスルーしてきた丹後松島の浜へ降りてみた

▼丹後松島の浜にて(13:40~14:30)

1425_6719

浜を歩き、砂州でつながった島まで往復し、ここでもウミネコを眺め、小一時間過ごす。

R178の周回道を進み、碇高原牧場へ寄り道。R178から碇高原牧場へ至る、ワインディングロードを駆け上がる。ここは交通量少なく、路面状態も良い2車線道で、走りがいのある道。

▼碇高原牧場にて(14:50~15:30)

1502_6765

この日は、碇山頂上展望台に登ったので、40分ほど滞在。

その後、ワインディングを駆け下り、R178に出て、周回コースへもどる。

▼甲崎展望台にて(16時ごろ)

1601_6779s

ここからは寄り道なしで、宮津まで進み、その後R178~府道74号~R27~京都縦貫道を経て19時過ぎ帰宅。

------------------------------------------------
走行距離:376km.燃費18.2km/l.積算距離62,035km
------------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽過去の関連記事

2015年5月 9日 (土)

上賀茂、大田神社のカキツバタ

5月9日(土)午後、R6にて、初めての大田神社訪問。

カキツバタが咲いているということで。

1511_9171

1507_9165


1514_9180

今年は、鹿に食べられて、どうも花が少なめらしい。。。

自分的には、緑が鮮やかで、これはこれで綺麗だった。

廃校レストラン、秋津野ガルテン内みかん畑

5月5日(休)、R6にて、和歌山県田辺市にある、旧上秋津小学校跡を利用した、秋津野ガルテン(→HP)を訪ねた。

12時ごろの到着となったため、広い駐車場には、すでに多くの車が停車中。バイクは見かけず。

1250_8889

味わい深い2階建ての木造校舎が残っている。

この向かいにて、農家レストラン みかん畑が営業中。

1317_8913

あまり中は広くなく、バイキングなので、料理を取る客で、ごった返し状態。料金は950円。

食べるのは、外に持ち出してもよいので、利用者は多いが、中にはポツポツ空席もあった。

また、木造校舎内の一室に、持ち込んで食べてもOKとのこと。

1319_8918s

ただちょっと離れているので、食べ物や飲み物のお代わりはしづらくなるな。。。

特に、地元産のみかんを絞ったみかんジュースが濃厚で、おいしく、食後2杯いただいた。

食後、木造校舎内を見て回る。

1253_8891

食事を楽しむのは、ツーリングにとって大切な要素なのかもしれない、と思う今日この頃です。充実感が増す感じがするんですよね。。。

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

2015年5月 8日 (金)

白井大町藤公園の藤、見頃

5月6日(休)午後、白井大町藤公園へ。この数年、毎年訪ねてます。

今年はちょうど見頃の時期。

1534_9107

1535_9108_2

先に寄った才の神の藤で、藤の葉に惹かれ、ここでもやはり黄緑色の葉っぱが気になりながら、写真撮っておりました。

1539_9112

15時過ぎでも、次から次へと車がやってきてましたが、その頃は帰る車も多いので、それほど待ち時間なく、駐車場に入れました(この日はバイクでなく車で移動)。

バイクは10台くらい駐車中でした。

普門寺(大江町)の白藤とツツジ

府道55号から、才の神の藤への入り口付近にある、普門寺では、白い藤が見られる。

1356_9074

そしてツツジも見頃となっていた

1342_9066

1347_9073

このお寺は、枝垂れ桜も綺麗で、けっこうお気に入りスポットです。

2015年5月 7日 (木)

樹齢2000年の才の神の藤とケヤキ--大江町

5月6日(休)、午後

京都府福知山市大江町の才の神の藤。

1318_9041_2

1320_9044

1319_9043_2

1322_9049

藤が絡まるケヤキの古木は一昨年、枯れてしまったため、一部撤去されることになっているらしい。今年で、この姿は見納めかも。。。

1333_9063

今回、藤の葉の良さに気づきました。淡い黄緑色の優しい感じが素敵です。

2015年5月 6日 (水)

田植え前の丸山千枚田

5月5日(休)の午後の丸山千枚田

ごく一部田植えされているところもありましたが、全体としては、田植え前。

1618_8993

1642_9024

駐車の車、多かったです。

バイクも数台。少なくとも、こういうところを訪ねるときは、騒音マフラーやめません?

2015年5月 4日 (月)

R6と御嶽山と乗鞍岳と

4月23日(木)、高山の桜巡りをしたあと、御岳パノラマラインのチャオ御岳付近にて

▼御嶽山

1445_8312

1515_8343

▼乗鞍岳

1450_8313

1514_8342

視界良好、冠雪した山頂がくっきりと。

この日、休みを取って大正解だった。。。

ただ、御嶽山にはまだ取り残された方々がいらっしゃると思うと心が傷む


▽この日の関連記事

2015年5月 3日 (日)

新緑美しい、奥琵琶湖パークウェイとメタセコイア並木ツーリング

今日5月3日(日)、R6にて、奥琵琶湖パークウェイ~メタセコイア並木を巡るツーリングへ

天候おおむね曇り。

書けてないツーリングレポートがたまっていくばかりなので、時系列で書いていくのはあきらめ、記憶の新しいものを先にレポートして、これ以上たまらないように。。。(^^;)

もっと遠出したかったのだけど、上から2番目のネコの調子が悪く、朝、病院に連れて行ったので、出発は11時。しかも天気の崩れが早まったようで、夕方には雨が降り出しそうということで、15~16時には戻ってくれる範囲ということで、行き先は、奥琵琶湖パークウェイへ。

名神京都東から湖西道路へ抜けようとしたら、京都東インターが渋滞。ならば大津インターから湖西道路へと変更するも、ここでも渋滞。結局、瀬田西インターで出て、湖岸道路~琵琶湖大橋経由で、湖西道路入り。
ただ、大津インターの渋滞については、通過しながら確認したところ、SA入りのためで、インターへ出る方は渋滞してなかった。。。バイクなら、すり抜けて、インター出ることができたのだが、渋滞後尾では確認できないのが痛いところ。

先日パンクした記憶がまだ新しい(^^;)、海津大崎を経て、奥琵琶湖パークウェイへ。

けっこう交通量が多く、前が車でつかえたので、景色の良いところで、バイクを停める。

▼奥琵琶湖パークウェイにて(14時すぎ)

1416_8821

1418_8825

菅浦から先の、峠区間は、路面状態がよくないが、こちらの湖岸区間は、路面状態良く、走って楽しい。

1419_8826s

つづら尾展望台には、バイク20台くらい停まっていたかな。休日のいつもの感じで、GW期間だからといって、特に多いわけではなかった。自分はここで停車せず、時間も予定より遅れており、雨の降り出しも気になるので、月出ゲート方面へ進むこともせず、ここで折り返す。

次のメタセコイア並木に向かう。期待通りの新緑。

▼メタセコイア並木にて(15時ごろ)

1510_8828

1511_8832

こちらもふだんの休日と同じくらいの交通量で、ことさら多いことはなかった。

ここで写真を撮っただけで、すぐに走り抜けて、帰りは、鯖街道ルートを通って17時半ごろ帰宅。雨に降られることなく、無事帰ってくることができた。

------------------------------------------------
走行距離:255km.燃費18.8km/l.積算距離64,874km
------------------------------------------------

▽過去の関連記事

2015年5月 2日 (土)

智積院--新緑とツツジと

5月1日(金)朝

三室戸寺のツツジが見頃になったということで、智積院でもツツジが咲いているかと、訪ねてみた。

1029_8797

一部見頃となっていたが、全体としては三分~五分咲き程度

1023_8789

新緑が美しい

1009_8764


0954_8742

新緑の中でも、梅の緑がけっこうお気に入り

1031_8802

近づいてみると、梅の実が生っていた

1032_8803

▽過去の関連記事

2015年5月 1日 (金)

廃校cafeでランチ

4月29日(水)、舞鶴へ行く途中、廃校cafeに寄ってみた。

1130_8654

京丹波町にある旧質美小学校

この中にあるPandozo Cafe(ぱんどーぞカフェ)

1229_8666

黒板にメニューが書かれている

Sp_cafe01

ピザとパスタがメイン。きのこと帆立貝のクリームソースパスタ(ガーリックトースト付き)をいただく。トーストがついてくるから、「パンどーぞカフェ」という名なのかな。。。

量は少なめで、値段も安くはないが、生パスタということで、もっちりして、ソースも濃厚でおいしくいただく。付いてきたガーリックトーストもまたおいしかった。ガーリックトーストを追加注文もできるとのこと。

これまではツーリングに出ると、食べるのも忘れて走り回っていることが多く、ホントにパラペコになってから、コンビニですませる、ということが多かったのだが、しばらく廃校cafeめぐりにはまってしまうかも。。。 はまるほど、まだ数が多くはないようだが。。。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □