フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 松尾大社のヤマブキ、見頃 | トップページ | 次期バイク。。。 »

2015年4月20日 (月)

R6、ツーリング先で後輪パンク

4月10日(金)、岐阜県の根尾谷淡墨桜ツーリングの帰り、琵琶湖の海津大崎でも桜と夕日を眺めていた。

1826_7275s

1817_7261

さて帰ろうかと、R6に近寄ると、後輪が見た目でもわかるほど、変形し、空気が抜けている。

チューブレスタイヤで空気圧がここまで低下するとは尋常ではない。パンク修理材は持っていないので、とりあえずGSへ直行することに。

ほんの少しだが、前下がりの傾斜地だったので、とりあえず、押して移動、方向転換を試みる(ふだんならまたがったまま向き換えするが、この後輪の抜け方では、それは無理と判断)。200kg超えの車体ならやばかったかもしれないが、さすがR6、軽量車体なので、苦もなく、方向転換できた。

見た目にわかるほど低下した空気圧だが、法定速度程度で慎重走行している分には、運転にさほど支障はなかった。R161に出て、北上し、何度か利用したことのある、R303との交差点にあるGS(ENEOS)へ向かう(最寄りのGSは、R161を少し南へ行ったところにあったのは、その後の帰る途中に知った)。

GSにつくと、すぐ、空気入れの場所へ向かい、とりあえず、空気補充。通常の空気圧低下なら数秒で入るが、2.5kgに達するのに、数十秒費やす。その後、どこから抜けているか目視でチェックしていると、店員さんも異常に気づいたようで、心配して、声をかけてくれた。抜け場所を特定したいと告げると、親切にもスプレーを貸してくださった。

ただ、薄暗くなっていたこともあり、目視で見当をつけることができず、見当つけられないまま全体にスプレーを吹き付けてもパンク箇所を特定できなかった。ただ時間をかけてチェックしている間に、実感できる空気圧の低下はなかったので、これなら、途中のGSで空気圧を補充しながらで、帰宅可能と判断。そのGSで数リットル程度だが、ガソリンを満タンにし、再度、念のため空気圧を補充。少し高めの2.7kgまで上げておく。さっきとは違い、一瞬で補充完了し、やはり短時間での空気の抜けがない確証を得て、帰路へ。

京都まで帰る途中、何度か降車し、空気圧をチェックしたが、体感できるほどの抜けはなく、結局、空気の補充なしでもどり、自宅近くのGSでガソリン満タンにするとともに、再度空気補充。ここでも一瞬で補充完了し、無事帰宅することができた。

朝起きたら空気が抜けて、動かせないとなっていたら、困るので、深夜にも一度空気圧をチェックしに行ったが、問題なし。安心して床につく。

翌朝、またチェック。指で押すと若干やわらかいかな。。。安物の空気圧チェッカー(以前はツーリング時携帯していたが、この数年持ち出さず、使ってもいなかったもの)でチェックすると1.8kgまで落ちていた。

ここで、どうしようか検討。すぐ近くに、主にミニバイクを扱っているバイク屋があることを思い出し、600ccのバイクでも対応可能か、とりあえず相談してみることに。すると、見てみますよ、ということで、R6で乗り付け、見ていただく。

自分は見つけられなかった、パンク箇所を数秒で特定(自分の場合は、サイドスタンドしかないので、すこしずつバイクを動かしながらチェックというハンディがあるにはあったが)。2ミリあるかないかといったくらいの点。スプレーを吹き付けると、確かにそこから空気漏れしていた。小さいので、それを抜くのにちょっと苦労されていたが、引っ張り出すとけっこう長く、5cmくらいはある金属片だった。

2000円弱の修理代を払って、R6のパンク修理は無事完了。その後500kmくらい乗っているが、以降の空気圧低下なし。

ただ、後輪は交換から約5500kmとなり、スリップサインが表れはじめていて、そろそろ交換時期となっているのだった(^^;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

振り返って不思議なのは、わずかな空気漏れなのに、どうしてあそこまで、空気圧が低下していたのか。少なくとも出発時~根尾谷までは、目で見てわかるほどの空気圧低下はなかった。考えられるのは、パンクして少しの間、急激にどっと空気が抜け、その後落ち着いて、わずかな空気漏れとなった、ということ。定かではないが、そう推測するのが合理的かと。

最後の保険として、瞬間パンク修理材は常備しておいた方がいいんだろうなと思い至りながら、まだ購入するには至らず、10日経ってしまった。。。

« 松尾大社のヤマブキ、見頃 | トップページ | 次期バイク。。。 »

バイクメンテナンス記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

未だ幸運な事に、バイクでパンクに遭遇した事はありません。
ですが、遠出した時にパンクに気付くと焦りますよね?

無事に帰宅出来ただけ幸運だったのでしょうか。
滅多に無い事ですが、出先でパンクすると困りますよね。(^_^;)

へこんでるタイヤ見て、ホント焦りました(^^;)
ブログネタ用に写真撮っておく余裕もありませんでした。
ただ、何度も訪ねてる場所で、ある程度の距離のところにGSがあることもわかっていたので、その点まだましでした。
これでパンクは3回目です。ゼファー750、SV1000、そしてこのR6でそれぞれ1回ずつ。距離にして12万km近く。SVのときは、遙か遠く大山で、金属片ささったまま下道メインで京都まで帰ってきました。
事なきをえていますので、いい思い出となってはいますが。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松尾大社のヤマブキ、見頃 | トップページ | 次期バイク。。。 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □