フォト

■ □ ■ 


PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

紀伊半島周回、一泊ツーリング(2日目その3--虫喰岩など)

2月20日~21日、紀伊半島周回、一泊ツーリングレポートの続き。。。2日目その3(最終回)

滝の拝から牡丹岩へと向かう。古座川一枚岩へ向かうR371走行があまりに爽快だったので、R371を一旦もどって、ぐるっと回ろうかとも考えたのだが、けっこう時間が経過してしまっているので、あきらめて、県道43号から38号へ最短コースを進むことにする。

38号に入ってから、思ったよりもすぐだったので、牡丹岩を通り過ぎてしまう。

▼県道38号沿いの岩(11:50ごろ)

1155_5232

そろそろ牡丹岩かなと、あたりを見ながら走っていると、変わった模様の岩山があり停車。
でも牡丹岩ではなさそうなので、さらに先へ進む。が、全然それらしき岩がないので、停車して、ツーリングマップルを眺める。かなり来すぎてしまった(^^;)

ということで、Uターンして引き返す。
月の瀬温泉の少し西側ということを頭に入れて、注意深く走ってようやく発見。
こじんまりとしていて、見逃してしまうのもやむをえない感じ。

▼牡丹岩にて(12時ごろ)

1206_5235t

1205_5233

ここは2~3分とどまったのみで、次の目的地、虫喰岩へと向かう。

細い県道227号を西進すると、牡丹岩と違ってわかりやすく、奇妙な岩が目に飛び込んでくる。

▼虫喰岩にて(12:10~12:40)

1219_5247t

県道227号をはさんで、道の駅「虫喰岩」があった。
こちらも食堂はないが、少しのパンとコーヒーはあったので、軽く昼食休憩。

1242_5256t

岩の前に梅が数本植えられていて、花を咲かせていた。

1242_5257t

秋には岩を這うツタの紅葉が見られるらしい。道の駅に飾られている写真はいい感じだった。

1243_5260t

このあと、227号を戻り、古座川河口へ向かう

▼古座川の河口近くにて(12:50ごろ)

1258_5267s

ここから海岸線に出ると、あとはひたすらR42で海岸線を進む。

カーブの先に大きな岩が見え、反対車線側にスペースがあったので、そこにバイクを停める。

▼石切岩(13時ごろ)

1309_5286

1308_5283s

1307_5280s

数分歩いて辺りを眺めた後、またR42を進む

まだ訪ねたことのない熊野速玉大社に寄ろうと思っていたが、今回もまたパスして、先へ進む。またの機会に神倉神社と併せてゆっくりと訪ねることにしよう。

七里御浜の海は鮮やかな青で、素敵な海岸道路。ちらちら眺めながらノンストップ走行。

時間短縮のためには、熊野尾鷲道路(無料の自動車道)を走る方がよいのだが、R42の方が、交通量も少なく、ワインディング区間もあって、走りがいがあるので、こちらのルートを選択。

登りは片側2車線となっていて、追い越し車線は空いていたので、気分よくマイペース走行。

ワインディング区間を抜けて、山の眺めがよくなったところで、バイクを止める

▼R42にて(14:30ごろ)

1436_5289

ここから先も、R42を進み、久しぶりに、道の駅「紀伊長島マンボウ」に立ち寄る。

ここまでケーキやパンなど軽い食事をつなぎ、またお腹がすいてきていたので、ここで腹ごしらえ。

小休憩後、さらにR42を北上。ここから先も素敵なワインディング区間があるのだが、遅い車が横並びで併走し、行く手を阻む。。。 後続車のことなどまるで気にしていない。。。(^^;)

紀勢大内山インターで、自動車道に入り、ここから京都までは高速走行。

まだ明るい新名神を走り抜け、18時前に帰宅。

2日とも、予報通り天候に恵まれた。1日目は風が強かったが、2日目は、穏やかな陽気に包まれ、まさに絶好のツーリング日和となった。
串本にて夕日も朝日も眺めることができ、回りたかったところを、たくさんスキップしてしまいはしたが、充実の紀伊半島周回ツーリングとなった。
1日目、もう少し早く出発して、近畿道~阪和道利用で時間を節約すれば、数カ所立ち寄ることができたはずで、そこは悔やまれるところ。

------------------------------------------------
1日目、走行距離:323km.燃費18.8km/l.
2日目、走行距離:385km.燃費18.7km/l.
2日間、総走行距離:708km.積算距離59,981km
------------------------------------------------

このツーリング中に6万kmに達するかと思ったが、19km残すことになった。

▽今回の関連記事

▽過去の関連記事

2015年2月26日 (木)

紀伊半島周回、一泊ツーリング(2日目その2--海金剛、一枚岩)

2月20日~21日、紀伊半島周回、一泊ツーリングレポートの続き。。。

7時45分ごろ橋杭岩前の宿を出発し、紀伊大島へ向かう

2009年ゼファーで初めての一泊ツーリングしたとき(→「2009年4月17日~4月18日 紀伊半島ツーリング記録」)、あいにく曇り空だった海金剛へ

手前の駐車場にバイクを止め、数分歩いて展望台に出る

▼紀伊大島の海金剛にて(8:00~8:20)

0804_5046

(↑)中央上は、樫野崎灯台方面

0806_5049


0808_5055

続いて、すぐ近くの阿野木漁港へ。関係車両以外進入禁止となっていたので、手前にバイクを停め歩いて降りる。

▼阿野木漁港にて(8:30~8:40ごろ)

0839_5071s

けっこう波高し

0842_5078

0845_5089s

1月末には、この小さな漁港に、撮影用のセットが設置されていたようなのだが、すでに撤去され、元の漁港となっていた。
ちょっと調べてみたところ、日本トルコ合作映画「海難1890」(田中光敏監督、内野聖陽主演、製作・配給=東映)のロケが2月3日までの予定で行われたとのこと。今年12月に日本トルコで同時公開予定らしい。

次に向かったのが、古座川の一枚岩。前から気になっていたところなのだが、ようやく訪れる時がやってきた。

R42を少し西へ戻ったあと、R371を北へ進む。このR371が、路面状態の良い素敵なワインディングロード。交通量も少なく快走。串本へツーリングに行くなら、是非このR371を走って古座川の一枚岩を訪ねることをオススメします。

30分ほどで一枚岩へ到着。そこには期待通りの巨大一枚岩があった。

▼古座川の一枚岩にて(9:10~10:10)

0938_5110

(↑)中央下に人の姿あり。岩の巨大さがわかるかと。。。

到着時は、影になっていて、来る時間がまずかった、と思ったのだが、眺めている間に少しずつ光が当たるようになっていった。
結果的には、徐々に光が射し込み、影が移動していく様子を楽しめる、ちょうどいい時間帯に訪ねることができた。

0948_5124t

1021_5148

(↑)少し離れたところに橋が架かっており、移動して橋の上から眺める

のんびり1時間滞在したあと、滝の拝へ向かう。
R371をもどり、県道43号に入ってまた北へ進み、20分ほどで、無料駐車場に到着。

▼滝の拝にて(10:30~11:10)

1047_5157t

落差約8mの滝が流れ落ち、その先が細く深い水路となっている

1054_5183s

まず滝に向かって右手から眺める

続いて、橋を渡って、ぐるっと回って階段を下り対岸へ移動

(↓)なんか特徴的な岩

1107_5206t

滝に向かって左手からの眺め

1107_5208s

(↓)こちらは滝の上流側

1114_5222s

40分ほど、眺めた後、すぐ近くにある道の駅「瀧之拝太郎」へバイクで移動。
朝早く、お腹が減っていたので、昼食を取りたかったのだが、食堂はなく、手作りケーキを買って食べた。

その後、牡丹岩へ向かう。

途中、川辺に梅の花が咲いているのが見え、バイクを止める。

▼県道43号沿い、古座川の支流にて

1143_5231s

以下、2日目その3へ続く。。。

2015年2月25日 (水)

紀伊半島周回、一泊ツーリング(2日目その1--朝焼けの橋杭岩)

2月20日~21日、紀伊半島周回、一泊ツーリングレポートの続き。。。

前日早く寝たので、4時頃には一旦目を覚ます。夏ツーリングなら、すぐに起きて、出発の準備に取りかかるところだが、この時期、外はもちろんまだ真っ暗なので、2度寝、3度寝しているうちに、6時過ぎとなり、窓から外を眺めると、うっすら朝焼けが始まっていた。

買っておいたパンを食べながら、10分ほどで、朝焼けの橋杭岩を眺めに行く、準備を整え、宿を出る。荷物もバイクもおいたまま、カメラだけ持ち出して、国道を歩いて渡ると、もう目の前が橋杭岩。すでに10台以上の車が到着しており、三脚が並ぶ。日が昇ってから、バイクも1台到着していた。

その中に混ざって、朝焼けの橋杭岩を眺め、写真を撮る
天気予報では、串本の最低気温5度ということで、寒さは感じない

0635_4902

宿を出て、20分ほどで、日の出

0656_4944

0658_4954

太陽が完全に水平線から顔を出したところで、辺りを歩き回り、別の位置から眺める。

0702_4968

(↑)眺めているうちに、中央右の岩が、右を向いた猫に見えてくる
口があり、耳があり、背中を丸め、短めの尻尾がピンと上を向いている

一度そう見えると、もう猫にしか見えなくなり、その後、この岩中心に橋杭岩を眺めることになる(^^;)

0706_4990

視線を下に向けると、いい感じの波が打ち寄せていた

0709_5000

0711_5012

(↓)岩肌を朝日が照らす

0714_5021

ときおり、大きめの波が岩にぶつかる

0715_5024

また猫岩に目を向けると、耳に鳥が止まっていた

0716_5028

一時間ほど、朝の橋杭岩を楽しんだ後、宿にもどる。

朝日が部屋に射し込み、窓越しに橋杭岩が見える

0736_5042s

バイクで出発する準備を整え、この後、紀伊大島へと向かう

以下、後編へ続く。。。

2015年2月24日 (火)

紀伊半島周回、一泊ツーリング(1日目)

2月20日(金)休みを取り、21日(土)にかけて、R6にて、紀伊半島周回の一泊ツーリングへ

天気予報の推移を気にしながら、九州(馬ケ背などの東海岸)、高知(龍河洞など)を候補として検討するも、週末、西から天気が崩れ出すということで、最終的に、紀伊半島周回に決定。

紀伊半島周回は、高速網の整備で、日帰りでも可能となったが、橋杭岩での夕暮れと朝焼けを味わうためには、串本で一泊する必要がある。
宿泊場所はこれまでは遅くとも前日に予約していたのだが、前日まで行き先を迷っていたので、今回は当日出発してから橋杭岩すぐ近くの宿に電話して、宿泊先を確保することになった。

出発はのんびりと10時過ぎ。で、10分後、気温が上がるから、冬グローブだけでなく、スリーシーズングローブも持ってきた方がよかったなーと思いいたると、続いて、なんか胸元がスカスカすることに気づく。そう、胸部プロテクターを装着するのを忘れてきてしまった(^^;)
このまま安全運転で行ってしまおうかとも考えたが、グローブの件もあるので、一旦自宅に引き返すことに。
で、胸部プロテクターを装着して再出発。。。 二つのことは頭に入らないようで、グローブはまた忘れてしまった(^^;) まぁ、こちらは致命傷にはならないので。。。

ふだんなら近畿道から阪和道へと進むところ、平日で高速料金節約のため、R24で奈良から和歌山に抜けるコースを選択。京奈和道の無料部分も整備が進んでいるので、それほど時間もかからないかと考えたのだが。。。

実際は、近畿道~阪和道利用なら、海南市あたりまで、1時間強のところ、京奈和道利用コースでは3時間ほどかかってしまった。

このため、紀伊半島周回というならば欠かしてはいけないであろう白崎海岸や日の岬を巡るのはあきらめ(これまで何度か訪ねていることもあり)、海南インターから印南インターまでは阪和道を利用して時間短縮。印南インターからはR42で海岸線を走る。

▼R42沿いにて(14:45ごろ)

1446_4802s

R42沿いに梅の花が咲いているのが見られる。南部梅林もすでに見頃を迎えているようで、寄ってみたかったが、夕暮れ時の橋杭岩に間に合わなくなるので、道路沿いの梅を味わうにとどめ先を急ぐ。

ただ、さすがに白浜だけはちょっと寄っておこうということで、R42から県道33号に入り、三段壁すぐ近くの駐車場にバイクを止める。

▼白浜/三段壁(15:45ごろ)

1549_4806s

1549_4805s

ほんの3分ほどの滞在で、すぐにR42にもどり、また海岸線を走る。

▼R42沿いにて(17時ごろ)

1700_4810s

1700_4813s

さらにR42を進んで、17時20分ごろ、串本市の橋杭岩に到着。

▼橋杭岩(17:20~17:35)

1725_4815

西日の射す橋杭岩になんとか間に合った。
駐車場には車3台ほどで、バイクは自分だけ。
夕暮れ時の橋杭岩はあまり人気がない模様。。。

1726_4818

みるみるうちに、西日が当たる部分が沖へ沖へと移動し、陸地側には日が当たらなくなっていく。

1735_48314835

1737_4841

▼くしもと大橋方面

1736_4840s

このあと、潮岬へ移動。潮岬の付け根の市街地が西日に包まれる光景が目に入り、停車して写真撮ろうかどうしようか迷っていると、後ろから車がやってきてしまったので、あきらめて、潮岬の夕日に向かって、加速。

県道41号沿い、潮岬灯台200mほど手前に、展望所があり、そこにバイクを停める。到着したときは車1台だけだったが、日没が近づくと、次々と車が到着し、人も増え、バイクも1台やってきた。

▼潮岬の夕日(17:45ごろ)

1752_4847

1758_4859

飛行機雲がまっすぐ太陽に向かって伸びていたのが、急にコースを変えていた

1802_4867

水平線上に雲があり、完璧な日没風景とはならなかったが、最後まで日が沈むのを見届ける。すでに多くの人は引き上げ、日没過ぎまで残っていたのは、自分と車1台だけになっていた。

1803_4875

日が沈んだ後、引き返し、給油&コンビニに立ち寄りながら、18時過ぎに橋杭岩すぐ近くの宿に到着。3階の部屋から、橋杭岩を見下ろすことができ、部屋からでも、朝焼けの橋杭岩を眺めることができるという、すばらしいロケーション。

この宿(民宿はし杭)、素泊まりなのだが、1階がうどん&そば屋さんになっていて、そこで夕食を取る。

ここのオーナー(若旦那さん?)もバイクに乗るらしく、道路事情など、少しお話。

その後、コンビニで買った缶ビールとおつまみを飲み食いしながら、22時ごろ就寝。

以下、後編(2日目)へ続く。。。

2015年2月22日 (日)

橋杭岩--夕暮れと朝焼けと

2月20日(金)17時30分頃

1736_4838

2月21日(土)7時頃

0703_4974

20~21日、R6にて紀伊半島周回ツーリング

ツーリングレポートはまた別途。。。

2015年2月16日 (月)

初めての伏見稲荷

2月14日(土)午後、長く京都に住んでいながら、初めて伏見稲荷へ

1435_4742


1451_4766


1514_4780

四ツ辻の少し先、大杉社までで引き返しましたが、それでも1時間ちょっとかかりました

一巡りすれば、1時間半~2時間はかかってしまうんですね

車はほぼ満車状態。駐輪場は広く、バイクなら余裕。
ただ、周辺の道が狭く、歩行者&交通量が多いので要注意。。。

2015年2月 8日 (日)

菜の花&近江八幡ツーリング

2月7日(土)、YAMAHA R6にて、守山市~近江八幡を巡るツーリングへ

去年1月25日「近江八幡古い町並みツーリング」と同じようなツーリングコース

昼に温度が上がる予報だが、朝の冷え込みはきつかったので、ゆっくり10時ごろの出発。高速は使わず、京滋バイパス側道~宇治川ラインを経て、近江大橋を渡って、琵琶湖東岸の湖岸道路へ。

湖岸道路は冬でもツーリングバイクが多く走る。冬も走りたいツーリング好きが、山間部を避けて、湖岸へと集まってくるのだろうか。。。

年末すでに咲き始めていた守山市なぎさ公園の菜の花が、満開。

▼守山市なぎさ公園にて(12:40~13:00)

1246_4676s


1251_4682s_2

バイクも数台、訪問していた。

この日気になったのは、家族連れが、菜の花畑の中に分け入って、写真を撮っていたこと。外からでも菜の花を背景に写真を撮れると思うのだが。。。 出入りの時に、菜の花を傷めてしまうかも、とは考えないのだろうか。。。

20分ほどの滞在で、さらに湖岸道路を北東へ進んで、近江八幡へ向かう。
途中、対向斜線上で、車が逆さまにひっくり返っていた。単独事故の模様。よそ見運転で、歩道に乗り上げたのかな? そのため片側通行規制で、渋滞(^^;)

13時半、八幡堀へ到着。

▼日牟禮八幡宮にて(13:30)

1335_4692s

去年も撮った龍。今年はさらにクローズアップ

▼白雲橋付近にて(13:40)


1340_4697s

去年は数匹の猫を見かけたが、この日は2匹だけ

八幡堀沿いに、水仙が咲く

1340_4698s

1342_4702

ここから堀沿いを少し歩く

1343_4704

堀から上がって、瓦ミュージアムの裏手を歩く

1350_4708s

ここからまた堀へ降りて、対岸へ渡ったのだが、去年昼食に入った、Lai cafe (ライカフェ)は看板が出ていなかった。たまたま休みだったのか、どうかは不明。。。

また堀から上がって、古い町並みを散策。

とくにあてもなく歩き、八幡堀へ戻ってきたところで、コロッケ屋さんがあり、お腹も減ってきていたので、コロッケとメンチカツをひとつずつ買う。ちょうど近くに、堀を見下ろす小さな休憩所があったので、そこで座って食べる。

白雲橋にもどってくると、また白黒の猫ちゃんに出会う。

1441_4716

到着時には、他のバイクを見なかったが、戻ってきたときは、数台見かけた。1台黒いバイクが停車中で、かっこいいなぁと近づいてみたら、スズキのグラディウスだった。前に白いのを見かけたときは、ちょっとかわいらしい感じで、自分で乗ろうという候補からは除外されていたが、黒いのは、引き締まった感じで、好感度アップ。次期候補としてありかも(^^)

1時間20分ほど近江八幡で過ごしたあと、帰路へ。

来たときとほぼ同じルートにて、まだ日が明るいうち、17時頃に帰宅。帰宅途中でも、道路の気温計は8度を示し、前回の楯ヶ崎ツーリングに続いて、ほとんど寒さを感じない冬ツーリングとなった(出発時間を遅らせ、帰宅時間を早めている、というのが大きいのだが。。。)

------------------------------------------------
走行距離:174km.燃費16.8km/l.積算距離59,273km
------------------------------------------------

高速なしのオール下道で、途中短いながらも渋滞もあったので、燃費低め。。。

▽関連記事

守山市なぎさ公園 菜の花

2月7日(土)昼の守山市なぎさ公園

1229_4666

満開で、にぎわっていました。ゆるキャラも出てました。

ツーリングレポートはまた別途。。。

▽関連記事


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

□ ■ □