フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 夕暮れ前の美山かやぶきの里ショートツーリング | トップページ | ヘルメット装着式バイクレーダーZ120Bインプレ »

2014年8月 6日 (水)

横行渓谷~若杉高原ツーリング

7月26日(土)晴。猛暑の日。

R6にて兵庫県の横行渓谷~若杉高原、鳥取県のつく米棚田をめぐるツーリング。

高野山方面へ涼みに行くつもりをしていたのだが、出発が10時ごろと遅くなり、奈良の市街地を抜けるのがおっくうになり、進路を北の高原へ向ける。

京都縦貫道~府道73号~R372~兵庫県道702号~舞鶴若狭道(丹波篠山口)~北近畿豊岡自動車道(青垣ICまで)~R427(遠阪峠)~北近畿豊岡自動車道(三東IC~養父IC)というよく使っているルート。

途中、北近畿豊岡自動車道のある道の駅「但馬のまほろば」で休憩。道の駅に隣接して、展示場、朝来市埋蔵文化財センター「あさご館」があり、ここで展示物を眺めながら、しばらく涼む。

その後、県道6号~48号と進み、横行渓谷へ。直前までは、若杉高原直行のつもりでいたのだが、横行渓谷への分岐が近づくと、そちらへ引き寄せられていってしまった(^^)

▼横行渓谷にて(13:10~13:40)

1317_6436

R6を止め、以前見つけた、お気に入りスポット「一の渡の滝」へ立ち寄る。100mほど先にオフ車が1台停車中だった。自分と同じように渓谷の写真を取りに来たのどうかは不明。。。

道なきところを、降りていく

1323_6447

1331_6488

1325_6452

1325_6454

1328_6468

この後、もう少し先の平家ヶ城跡まで行って折り返し、県道48号に戻って、若杉高原へ向かう。交通量少なく、信号もない快走路を進み、14時20分ごろ、若杉高原に到着。

▼若杉高原にて(14:20~14:40)

1432_6507

若杉高原大屋スキー場にあるロッジふじなしさんにて、遅めの昼食。食事は14時までとんことだったが、カレーならできますよ、ということで、カレーをいただく。

1435_6512


1436_6513

上の写真手前は夏スキー場となっていて、リフトも動いており、夏スキーを楽しんでいた。

昼食後、R29を西へ進み、鳥取県若桜町にある、不動院岩屋堂を訪ねる。

▼不動院岩屋堂にて(15:10~15:20)


1510_6515

天然の岩窟内に、舞台造りの建物が修験道寺院として建てられている。

残念ながら、階段手前の門は閉ざされ、遠くから眺めるのみ。年に2回だけ、寺院内の不動明王が公開されるとのこと。

1513_6522

もう少し、R29を西へ進み、R482へと入り、氷の山スキー場を通り過ぎ、つく米棚田を見下ろすスポットへ。

▼つく米棚田(15:50ごろ)

1549_6538

1547_6533

R482をもう少し先まで進んだが、前回訪ねたときと同様、すぐに通行止め区間となった。いまだ復旧していない模様。通行止めでなければ、県境を越えて、兵庫県へ入り、R9へと出ることができるのだが。

やむなく来た道を引き返し、帰路へ。

R29~R429~R312~R427(遠阪峠)と国道を進み、あとは、来たのと同じ経路で20時前に帰宅。

この日は、暑いことは暑いが、走っていれば、風はさわやかで、耐えられる程度で、空が青く、気持ちよく走れた1日だった。

------------------------------------------------
走行距離:372km.燃費19.2km/l.積算距離51,129km
------------------------------------------------

▽以前の関連記事

« 夕暮れ前の美山かやぶきの里ショートツーリング | トップページ | ヘルメット装着式バイクレーダーZ120Bインプレ »

ツーリング2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れ前の美山かやぶきの里ショートツーリング | トップページ | ヘルメット装着式バイクレーダーZ120Bインプレ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □