フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

ユリの花咲く美山ドライブ

8月28日(木)、休日出勤の振り替えで8月2度目の平日の休暇日。

調子の悪いR6(バイク)をバイク屋さんに届けた後、R34(スカイライン)にて美山へドライブ。

1629_6798

特にアテがあったわけでなく、美山へ行けば何か咲いているだろうということでの行き先設定。。。

白いユリが咲いていました

1636_6813

1637_6815

1648_6827

1652_6830

1700_6845

里の風景に溶け込んだ放水銃置き場がいい感じ

1656_6834

1659_6843

1705_6852

平日なのでバイクはあまり見かけず





夏の終わりの雲

8月30日(土)夕暮れ前

夏の入道雲と。。。

1748_7096

秋を感じさせる雲。。。

1749_7102

朝夕は涼しくなってきました

1749_7101


R6で鈴鹿スカイラインを走る

8月21日(木)、休日出勤の振替で休みを取り、YZF-R6(2003)にて、鈴鹿スカイラインへ

この日も、やはり暑いので、高野山方面へと思っていたのだが、行き返りに通過する奈良方面の降水確率が高めだったので、鈴鹿スカイラインへ行き先変更

宇治川ライン~アセボ峠経由で、R477ヘ。が、カクカクと折れ曲がるR477についていけず、直進してしまい、なぜか目の前に名神高速が。。。

その後も、自信なさげにうろうろしながら、なんとかR477へたどり着き、後は真っ直ぐ鈴鹿スカイラインへ。次からは、もっとわかりやすい、日野水口グリーンバイパスからR477へのルートを利用することにしよう。。。

▼蔵王ダムにて

1114_6723

(↓)蔵王ダムの下流方向の眺め

1118_6727

▼鈴鹿スカイラインにて

1221_6737

1222_6738

平日なので、バイクも車も少なめなので、マイペースで行ったり来たり

ただし、3箇所ほど片側規制のところあり

1410_6742

1411_6745

1416_6751

▼滋賀県道9号との交差付近にて

1435_6752

1438_6757

途中、県道9号でR1に出て、道の駅「あいの土山」にて昼休憩

この県道9号も気持ちよく走れる道。田園風景を眺めながら、数年前にも、ゼファーで鈴鹿スカイラインを走った後、この道を利用したのを思い出す(→「鈴鹿スカイラインへ」2010年8月29日)。

昼休憩後、県道507号経由でまた鈴鹿スカイラインへ走りに戻る

しばらく走った後、若宮神社へ。神社近くに神戸ライダーハウスがあり、そこの自販機でかわいたのどを潤す。ライダーが一人休まれていて、「暑いですねー」と会話を交わす。

▼若宮神社にて(土山町大河原)

1622_6766

1623_6768

(↓)参道横の緑の中に、何かの赤い実発見

1624_6771

帰路に着く前にもう一走り、ということで、走りだすと前にファミリーカーっぽい車。直線で追い越そうとすると、思ったよりハイペース。すでに抜きかけているので、とりあえず一気に抜き去るが、その車もペースを上げついてきた。ファミリーカーっぽくみえたが、ダイハツのブーンだったと思われる。

その後、帰路へ

大河原と蔵王ダムの間に小さな集落があり、その辺りで、前が詰まってしまったので、バイクを止める。

▼R477にて

1713_6776

1714_6778

このあと、日野水口グリーンバイパスからR307へ入って、交通量が増えたところで、バイクに異変が。。。 停止直前でクラッチを切るとエンスト。その後、セルを回せばエンジンはかかるが、アクセルを開けてやらないとすぐまたエンスト。

流れて走り出せば問題ないが、信号で止まるとまたエンスト。結局この症状は、帰宅まで続いた(^^;) 暑い中、2速多用で回転上げ気味で、長いこと走って夏バテさせてしまったのか。。。

------------------------------------------------
走行距離:470km.燃費16.0km/l.積算距離51,766km
------------------------------------------------

なお、2日後の土曜も状態確認のため少しだけ走らせたところ、走り始めてしばらくは問題なしだったのが、10分ほどすると、同じ症状が出てしまった。

このためタイヤ交換も合わせて、バイク屋さんに預けることになり、この土曜日気温も落ち着き、せっかく晴れ間も広がっていたのに(京都は通り雨があったが)、バイクに乗れなかった。。。






2014年8月17日 (日)

収穫前の毛原の棚田(京都府福知山市大江町)

8月15日(金)夕方、断続的に雨が降る中、R34スカイラインにて、京都府の北部、大江町にある毛原の棚田を訪ねる。

1659_6689

1710_6709

1715_6716

穂は、すでに頭を垂れるほど稔っていた。

翌16日~17日にかけて、福知山では激しい雨となり、去年に続いて、大規模な浸水被害が発生してしまった。早い復旧を願っております。

2014年8月16日 (土)

滋賀県観音の里、高月町ふるさとまつりドライブ

8月3日(日)、滋賀県の北部、高月町へR34スカイラインにてドライブ。

この日、1年に一度の「観音の里 たかつき ふるさとまつり」が催されるということで、R6でのツーリングを予定していたのだが、昼過ぎから雨予報のため、久しぶりに車で遠出することに。通常は、仏像を拝むのに、電話連絡が必要なお寺が多いのだが、ふるさとまつりの日は、公開されていて、気軽に回ることができる。

高月町へは、名神で木之本インターまで行くのが一番早くて近いルートなのだが、久しぶりのドライブを楽しもうと、湖西道路から奥琵琶湖パークウェイ経由のルートを選択。が、この時期、琵琶湖は海水浴(湖水浴)客で、混雑することを忘れていた。
名神から西大津バイパスに入るところですでに渋滞にはまる(^^;) 湖北へ抜けるのに、思いのほか、時間がかかってしまった。R367で大原方面から山間部を走って、琵琶湖へ出るルートにすべきところだった。。。

奥琵琶湖パークウェイは交通量少なく快走。バイクは1台見かけただけ。やはり昼から天候が悪くなるということで、バイク乗るのは避けた方が多かったのでしょう。

▼奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台にて

1153_6545

奥琵琶湖パークウェイを走り抜けて、R8から県道44号を南下し、赤後寺(しゃくごじ)へ。

▼赤後寺にて

1226_6547

地元の方の好意で、冷えたスイカが用意されていた。帰りに一切れいただいた。感謝。

日吉神社の鳥居をくぐり階段を上がったところに、お堂があり、そこに千手観世音菩薩(通称コロリ観音)と聖観音立像が安置されている。

1240_6554

周辺は、古い町並みが残っていた

1249_6566

十数台程度の駐車場有

このあと、天川命神社へ向かう途中、ひまわり畑を見つけ、少し先に車を止めると、すぐ前に大きな杉の木がそびえたつ。「唐川の一本杉」という名前がつけられていた。

▼唐川の一本杉とひまわり畑

1259_6572_2


1304_6581

このひまわり畑それほど大きくなく、盛りはすぎていたようだが、味わい深く感じた

周辺の風景。この辺りの稲はもう穂をつけていた

1302_6577

紅葉の時期に二度ほど訪ねてお気に入りスポットとなっている天川命神社に到着し、車を止めさせていただく(→「紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその3(「天川命神社と雨森芳洲庵)」)。

1317_6585

ここに車を置いて、歩いて近くの己高山 観音寺を訪ねる。

▼己高山 観音寺にて


1328_6593

上の木が、去年見た紅葉の中で一番印象に残っている(→「己高山 観音寺の一本モミジ」)
こちらにも小さい仏像があり、公開されていた。こちらでは冷たいお茶をいただいた。

辺りを眺めながら、駐車場所へ戻る

1341_6599

水路が巡り、鯉が泳ぐ

1343_6601s

この後、特に行き場所を決めておらず、車を止められそうなところに寄ることに。

▼己高山 円満寺

1406_6612s


1406_6613s


1410_6618s

▼高野大師堂

1427_6626


1430_6630

こちら、境内のもみじが綺麗だった。
今秋、鶏足寺を訪ねた後に、時間があればまた寄ってみようかと思う。

1431_6633


1434_6638

▼己高山 石道寺(ここうざん しゃくどうじ)

1453_6650

こちらは、名の知られた十一面観音立像があり、ふだんでも予約や電話連絡なしで訪ねることができるもよう(月曜日以外)

まだ15時ごろだったが、仏像を見疲れしたこともあり、ここで帰路へ。

長浜インターで名神に入るが、八日市から先は渋滞している模様。このため八日市で下道に降りて、アセボ峠を抜けR307~422を快走。ドライブを楽しむという点では、この選択は大正解だった。その後、大津インターでまた名神に入って、帰宅。

高月町の多くの仏像を味わい、久しぶりにR34スカイラインでのワインディング走行を楽しめた一日となった。

ちなみに高月町では、渡岸寺観音堂(向源寺)の十一面観音像が、国宝指定され、知名度も高い。こちらは、また別の機会に、訪問者の少ない時期を狙って訪ね、じっくり味わいたいと思う。

2014年8月10日 (日)

ヘルメット装着式バイクレーダーZ120Bインプレ

赤切符切られたあと、こりゃいかん、ということで、バイク用レーダーを調べて、購入した、Z120B(→メーカーHP)。福島2泊3日ツーリングのときから使用しております。

すでに2ヶ月以上使用してのインプレを少々。。。

20140809_6672

ヘルメットへの装着はこんな感じで、けっこう厚みあり

20140809_6670

▼音量

購入前に検討中、「音が小さく聞こえない」、というインプレを少なからず見かけたが、通常走行ではその心配はなし。一般道での常識的な速度域であれば、取り締まりスポットの音声案内などクリアに聞き取れます。
高速で、赤切符切られるくらいの速度では確かに音声は聞き取れなくなるが、高速で気をつけなければならないのは、バイクの場合、追尾での取り締まりなので、オービス等の設置場所の案内が聞き取れなくても自分的には問題にはならない。
音楽などを楽しみたいなら、話は別だが、自分の場合、バイク乗りながら音楽聞こうなんて思わないので、関係なし。音楽再生のような、不要な機能ははずして、その分価格を抑えてほしいといいたいところ。
それと音声は聞き取れなくても、音声とは別にアラームオンでの警告もあり、こちらが聞き取れなくなることはない。

▼落下防止用のストラップ

本体と取り付けベースをつなぐ、落下防止用のストラップも付属していて初めのころは装着していたが、走行中、風で音を発するので、今は使わなくなった。本当は、風に吹かれても気にならないよう、取り付け方を工夫すべきところだったかも。。。 
まぁ取り付けベースにキチット本体を装着すれば、しっかり収まっているので、問題ないかと。。。

▼GPS測位

電源オンして、走り出してから、GPS情報の取得に時間がかかる、というのは、事前に調べたインプレどおり。忘れたころに、「GPSを探しています」「GPS情報を取得しました」というメッセージを耳にすることになる。ただし、一旦取得すると、その後は、電源オフ→電源オンして、走行再開すると、わりとすぐにGPS情報を再取得する。

▼バッテリー連続使用

Z120Bの長所は、バッテリーが長持ちすること。音楽再生なしであれば、連続使用約30時間とのことで、実際使用していてもそのくらい持っているのを実感。1泊2日程度なら、充電なしでもまず大丈夫。無振動状態、約3分間で、自動パワーオフになるのだが、バッテリー長持ちにはありがたい機能なのだが、振動を感じて自動オンになることはないようなので、休憩後、オンにするのを忘れないようにしないといけない。。。(音楽再生機能をONにしておくと、自動パワーオフにならないようなので、通勤等で毎日使用するのではなく、ツーリングでの利用なら、自動パワーオフ機能は使わないほうがよいかも)

▼バッテリー切れ

バッテリーが少なくなったとき(警告アラーム)及びバッテリー切れで電源オフ(音声案内)になるとき、教えてくれる。電源切れたことを知らないまま走ってしまうことがない、安心機能

▼実際の効果

実際の効果はまだ発揮されてはいない。これ取り付けてから、ネズミ捕り現場に出くわしていないため。ただ、オービスの設置場所や、取り締まり重点地域は、教えてくれるので、それだけでも、速度を抑えるきっかけになるので、効果ありといえるかも。。。

▼誤動作

ダンプやトラックの近くでは、車両搭載の無線機を、レーダーと間違えて反応することはよくある。まぁこれはある程度仕方ないかと。

▼取り付け、取り外し

最初の取り付けも、説明書を軽く見て、それほど苦労せず。
一旦ベースを取り付けると、あとは、ワンタッチで取り外し、再取り付け可能。ただしイヤホンプラグをあわせて付け外ししなければならないが。。。

▼便利機能1(時報)

1時間ごとに時間を教えてくれる。R6には、小さいデジタル時計を取り付けているが、時間を気にして走っているとき以外、いちいち見ないので、音声で教えてくれると、あぁもうそんな時間かと気づかせてくれる

▼便利機能2(ドライブルート ログ機能)

ログ機能をオンにしておけば、その日の走行ルートを後から、パソコンを使って、確認できる。自分はその辺、記憶に残っている範囲で満足してしまうので、たぶん利用することはないが。。。

▼データ更新

PCとつないで、最新の取締りデータを取得することができる。が、今これ書くために調べるまで有料とはしらなかった(^^;) 年1回の更新なら約1000円なので、それほど高くはないかな。。。 同額のポイントがもらえるようだが、利用範囲は限られている模様。限られた範囲で利用する機会が多ければ、実質無料で更新可能となる感じ。

以上、思いつくまま書きましたが、とりあえず、特に不満は感じず、使っております。気を引き締めて、あと11ヶ月無事故無違反を貫かなければ。。。

2014年8月 6日 (水)

横行渓谷~若杉高原ツーリング

7月26日(土)晴。猛暑の日。

R6にて兵庫県の横行渓谷~若杉高原、鳥取県のつく米棚田をめぐるツーリング。

高野山方面へ涼みに行くつもりをしていたのだが、出発が10時ごろと遅くなり、奈良の市街地を抜けるのがおっくうになり、進路を北の高原へ向ける。

京都縦貫道~府道73号~R372~兵庫県道702号~舞鶴若狭道(丹波篠山口)~北近畿豊岡自動車道(青垣ICまで)~R427(遠阪峠)~北近畿豊岡自動車道(三東IC~養父IC)というよく使っているルート。

途中、北近畿豊岡自動車道のある道の駅「但馬のまほろば」で休憩。道の駅に隣接して、展示場、朝来市埋蔵文化財センター「あさご館」があり、ここで展示物を眺めながら、しばらく涼む。

その後、県道6号~48号と進み、横行渓谷へ。直前までは、若杉高原直行のつもりでいたのだが、横行渓谷への分岐が近づくと、そちらへ引き寄せられていってしまった(^^)

▼横行渓谷にて(13:10~13:40)

1317_6436

R6を止め、以前見つけた、お気に入りスポット「一の渡の滝」へ立ち寄る。100mほど先にオフ車が1台停車中だった。自分と同じように渓谷の写真を取りに来たのどうかは不明。。。

道なきところを、降りていく

1323_6447

1331_6488

1325_6452

1325_6454

1328_6468

この後、もう少し先の平家ヶ城跡まで行って折り返し、県道48号に戻って、若杉高原へ向かう。交通量少なく、信号もない快走路を進み、14時20分ごろ、若杉高原に到着。

▼若杉高原にて(14:20~14:40)

1432_6507

若杉高原大屋スキー場にあるロッジふじなしさんにて、遅めの昼食。食事は14時までとんことだったが、カレーならできますよ、ということで、カレーをいただく。

1435_6512


1436_6513

上の写真手前は夏スキー場となっていて、リフトも動いており、夏スキーを楽しんでいた。

昼食後、R29を西へ進み、鳥取県若桜町にある、不動院岩屋堂を訪ねる。

▼不動院岩屋堂にて(15:10~15:20)


1510_6515

天然の岩窟内に、舞台造りの建物が修験道寺院として建てられている。

残念ながら、階段手前の門は閉ざされ、遠くから眺めるのみ。年に2回だけ、寺院内の不動明王が公開されるとのこと。

1513_6522

もう少し、R29を西へ進み、R482へと入り、氷の山スキー場を通り過ぎ、つく米棚田を見下ろすスポットへ。

▼つく米棚田(15:50ごろ)

1549_6538

1547_6533

R482をもう少し先まで進んだが、前回訪ねたときと同様、すぐに通行止め区間となった。いまだ復旧していない模様。通行止めでなければ、県境を越えて、兵庫県へ入り、R9へと出ることができるのだが。

やむなく来た道を引き返し、帰路へ。

R29~R429~R312~R427(遠阪峠)と国道を進み、あとは、来たのと同じ経路で20時前に帰宅。

この日は、暑いことは暑いが、走っていれば、風はさわやかで、耐えられる程度で、空が青く、気持ちよく走れた1日だった。

------------------------------------------------
走行距離:372km.燃費19.2km/l.積算距離51,129km
------------------------------------------------

▽以前の関連記事

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □