フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« しまなみ海道ツーリングその9(因島~帰路編) | トップページ | 智積院。。。桔梗、紫陽花、蓮の花 »

2014年7月 1日 (火)

しまなみ海道ツーリングその10(まとめ編)

6月14~15日、しまなみ海道ツーリングレポートの続きその10、まとめ編

2日かけて、しまなみ海道が結ぶ島々を回ってのまとめ

たいだいの時間の経過は下記の通り

▼1日目

06:30~10:00 京都出発~尾道
10:00~11:00 尾道千光寺
11:00~13:15 向島、周回
(12:00~12:15 岩子島、周回)
13:15~14:50 因島、北部をのぞいて周回
14:50~16:00 生口島、周回
(15:15~15:25 高根島、北部通行止め区間をのぞいて周回)
16:00~17:40 大三島、南半周(大山祇神社)
18:00~19:00 大島、東南岸&亀老山展望台

▼2日目

05:00~06:30 大島、亀老山展望台&南岸
07:00~08:40 四国、今治城&糸山公園展望台
08:40~12:10 大島、西岸~北岸(バラ園&村上水軍博物館)
12:10~13:10 伯方島、周回
13:10~15:00 大三島、北半周(大山祇神社&大三島美術館)
15:00~16:10 生口島(多々羅大橋&瀬戸田PA)
16:10~16:40 因島、東岸(因島水軍スカイライン)
16:40~17:10 向島
17:10~20:50 尾道~京都到着

岩子島と高根島を含めて計8島をめぐって、一番印象深かったのは、大三島。もしどれか一つまわるとしたら、大三島がオススメ。周回中の海岸線は眺めも路面状態もよく、ツーリング道路として自分的にはかなり高評価。周回の途中に、大山祇神社に立ち寄り、ぜひ楠の古木群を訪ねたい

それに続くのが、大島と伯方島。交通量少なく、路面状態のよい快走路の区間が多いので、気持ちよく周回できる(大島は市街地区間のルートがちょっとわかりづらいところはある)。大島の、来島海峡を見下ろす亀老山展望台は絶景ポイント

広島側の三島(向島、因島、生口島)は市街地も多く、島巡りという印象からはちょっとずれる感じ。周回にはこだわらず、展望台その他の観光スポット中心に訪ねる、という感じでよいかな、と思える。生口島の瀬戸田パーキングにバイクを置いて、歩いて多々羅大橋を渡れるので、少なくとも往復で30分はかかってしまうが(橋全体を歩いて渡ってもどるとおそらく1時間)、ぜひ一度、多々羅大橋に立って、ゆっくりと橋を見上げてみてほしい。

今回訪ねられなかったが、因島の白滝山、向島の岩屋山巨石群は、次の機会には訪ねたい。

なお、今回のツーリング前には、「ロングツーリングクラブ」さんの「しまなみ海道ツーリング」のレポートを参考にさせていただきました。こちらのレポートから5年ほど経っていることもあってか、実際に走っての印象はちょっと違うところもありましたが、たいへん参考になりました。こういう地域別によくまとまったツーリングレポートは、お手本にすべきと思いながら、自分は、日々のレポートを書くので精一杯です(^^;)

以上、全10回と長くなってしまいましたが、お読みいただいた方、おつきあいありがとうございました。

« しまなみ海道ツーリングその9(因島~帰路編) | トップページ | 智積院。。。桔梗、紫陽花、蓮の花 »

宿泊ツーリング(2014年)」カテゴリの記事

コメント

楽しく読ませていただきました。
大三島の大山祗神社の甲冑国宝はどうしても見てみたいと思っています。特に日本唯一の女性用胴丸を。
僕はのんびり走り、高速道路もSA毎休憩なので、広島までの距離が微妙です。宿泊ツーリングに行けたらな~。

大山祗神社の宝物館には国宝、重要文化財が多数あるようですね。惹かれながらも、もともと予定に組み込んでなかったもので、今回は、入りませんでした。
日本唯一の女性用胴丸、魅力的ですね(^^)
大三島はまた訪ねる機会があるかと思いますので、そのときは、宝物館にも寄ってみようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しまなみ海道ツーリングその9(因島~帰路編) | トップページ | 智積院。。。桔梗、紫陽花、蓮の花 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □