フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« センターラインに横たわるバイク。。。 | トップページ | しまなみ海道ツーリングその4(大三島&大島編) »

2014年6月22日 (日)

しまなみ海道ツーリングその3(因島&生口島編)

6月14~15日、しまなみ海道ツーリングレポートの続きその3

向島南インター~因島大橋を渡り、向島から因島へ移動。因島に入ってすぐ大浜パーキングがあり、そこで昼食。尾道ラーメンをいただく。

▼大浜パーキングにて(13:20~13:45ごろ)

1317_4722

昼食休憩後、因島北インターで降りる。因島には、白滝山、因島公園というオススメの展望台があるのだが、この日は空が霞んで、あまり展望は期待できないので、展望台はあきらめ、因島水軍スカイラインへ向かう。

▼因島の海岸線にて(13:55ごろ)

1354_4727

バイクを停め、因島大橋をながめる

因島水軍スカイラインは、「スカイライン」とあるが、どちらかというとシーサイドロード。海岸線の眺めは楽しめるが、走りを楽しめる道路ではなかった。

因島水軍スカイラインを走り抜けると、市街地となり、交通量が多くなった。

▼県道366号、生口橋南側にて(14:30ごろ)

1427_4733

しまなみ海道、生口橋が近づいてくる辺りは、市街地を抜け、快走路。

生口橋下を過ぎてしばらく進んでから引き返し、因島南インター~生口橋(いくちばし)を渡り、生口島へ移動。

因島では展望所には寄らず、滞在時間を短縮したつもりだったが、それでも、弓削島へのフェリー乗り場へ迷い込んだりしたこともあり、大浜パーキング停車時間をのぞいて、1時間強走っていたことになる。

▼生口島北インター出口にて(14:55ごろ)

1455_4738

インターを出るとすぐ、斜張橋の生口橋の姿に、思わず停車。
料金所出てすぐのところなので、交通量が多いときは、バイクでもここに停めるのはよくないところ。。。 このときは、交通量皆無だったということで(^^;)

生口島でも、時計回りに周遊開始。生口島南側のR317は走りやすい快走路。交通量も少なめで、すぐに、大三島とつなぐ、多々羅大橋手前に到着。

▼生口島から多々羅大橋の眺め(15:10ごろ)

1509_4742

多々良大橋下を過ぎ、さらに海岸線を進み、高根大橋を渡り、高根島(こうねしま)へ。海岸線からはすぐに橋には入れず、案内も見あたらなかったので、なんとなく、こっちかなと行き来して、高根大橋へたどり着いた。

▼高根大橋(15:20ごろ)

1522_4744

高根島へ入ると、すぐにサイクリスト向けの通行止めの案内が目に入る。来年3月まで、北側のトンネル工事で通行止めとのこと。案内では、南が上となっていて、南北を取り違え、通行止め区間をきちんと把握できていないまま(ちなみに、今これを書いていて通行止め期間を確かめて、初めてこのときの地図の取り違えに気づいた.^^;;)、通行止め区間で折り返そうと、ここでもとりあえず時計回りに進む。

海岸線をしばらく進んだあと、走りにくそうな峡路へ入って行くところで、そろそろ通行止め区間かなと思いUターン(実際には、1km以上先だった模様)。前方通行止め区間なので、前から来る車はないだろうと思っていたら、バイク2台がやってきて、こちらがUターンする間、待たせることになってしまった。このため、Uターン後、道をゆずり先に行ってもらい、2台の後に続いたが、その後また道をゆずられ、先に行かせていただいた。

このあと、また高根大橋を渡って、生口島へもどり、県道372号で、生口島を横断し、生口島南インター~瀬戸田パーキング小休憩~多々羅大橋を経て、愛媛県大三島へ。

生口島と高根島あわせて、1時間ほどの時間経過だった。

以下、その4、大三島編へ続く。。。

« センターラインに横たわるバイク。。。 | トップページ | しまなみ海道ツーリングその4(大三島&大島編) »

宿泊ツーリング(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« センターラインに横たわるバイク。。。 | トップページ | しまなみ海道ツーリングその4(大三島&大島編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □