フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 福島2泊3日2,300kmツーリングその1(出発~志賀草津高原道路編) | トップページ | 福島2泊3日2,300kmツーリングその3(二日目/五色沼編) »

2014年6月 1日 (日)

福島2泊3日2,300kmツーリングその2(初福島入り&磐梯山ゴールドライン編)

5月23日~5月25日、福島ツーリングレポートの続き、その2初福島入り編

草津の温泉街を通り過ぎ、R292を東から南へと進み、県道55号へとつながるショートカット道へ入る橋の手前でバイクを停め、地図を確認。

渓谷と断崖が目に入り、歩いて橋の途中まで行き、景色を眺める

▼R292にて(11:20ごろ)

1123_3358

バイクにもどり、今度はバイクでその橋を渡り、峡路を進んだ後、県道55号(R292から続く日本ロマチック街道)へと出て、さらに東へ進む。交通量少なく、走りやすい快走路。

さらにR353~R145と進み、月夜野インターにて関越自動車道へ入って北上。
「谷川岳」という名前に惹かれて、谷川岳パーキングに寄ってみる。が、パーキングから谷川岳は見えない模様。。。(そのうち谷川岳~尾瀬辺りをメインの訪問地としたツーリングを検討して、谷川岳ロープウェイに乗ってみたいところ)

谷川岳パーキングではトイレ休憩にとどめ、さらに関越道を北上。しばらく進んだ塩沢石打SAに寄って、ここで昼食(うどんかそばを食べたのだが、魚沼産の米を使ったおにぎりがオススメとのことを今これを書いていて初めて知った。。。^^;)

▼塩沢石打SAにて(13:10ごろ)

1316_3364

この日、晴れ予報だったはずが、出発からずっと曇り。
関越道に入ってからは、今にも雨が降り出しそうな感じ。
実際にこの先では、雨が降っていたようで、降雨注意の道路情報が表示されていた。

昼食後、さらに関越道を北へ進むと、ポツポツと降ってきた。早朝出発時からずっと、メッシュジャケットに上に防寒のために、レインコート着ていたので、気にせず進む。

路面はしっかり濡れていたが、雨はポツポツ程度のままで、本降りになることはなかった。

小出インターで関越道を出て、R252を進み、福島方面へ向かう

▼R252にて(14:30ごろ)

1434_3370

国道とローカル線と渓谷の景色が目にとまり、バイクを停める

1432_3369

▼R252、新潟と福島の県境にて(15時ごろ)

1500_3372

(↑)京都を出て11時間、いよいよ福島へ

(↓)こちらは新潟方面

1501_3373

この辺り峠で、標高が高く、霧が出ている中、初めての福島入り

地図を見るとこの県境の手前、かなりのくねくね道なのだが、ワインディング走行を楽しんだ覚えはない。。。 交通量は少なく、いいペースで走ってはこれていたのだが、路面はずっとウェットで、慎重運転していたためと思われる。

福島に入り、長いスノーシェッドを抜けたところで、バイクを停め、景色を眺める

▼R252にて(15時過ぎ)

1506_3376

雪融け水が滝のように流れ落ちていた

1508_3382

眼下に、田子倉湖が見える

1511_3390

雨のためか、雪融け水のためかわからないが、路面は引き続きずっとウェット。このため、わがR6はその後、雨をはねてけっこう汚れたまま、残りのツーリングを続けることになってしまった。。。

高度を下げ、田子倉湖沿いを進む

1529_3393

只見の市街地まで降りてきて少し行くと、妙に尖った山が見えてきた

「会津のマッターホルン」と称される、蒲生岳とのこと

▼蒲生岳(15:50ごろ)

1546_3397

ふもとに登山者用の、広い駐車場があった

1554_3401

引き続き、R252で会津へと進み、道の駅「奥会津かねやま」にてトイレ休憩

▼道の駅「奥会津かねやま」にて(16:30~40ごろ)

1631_3405

道の駅横に、旧五十島家住宅というのがあり、少し中をのぞかせていただく(無料)

1636_3406

このころようやく、晴れ間が見えてきた

小休憩後、引き続きR252を東進。
沼沢湖に寄ってみようかとちらっと思ったが、けっこう遅くなっていたので、そのままR252を直進し、会津坂下インターにて、磐越道へ入り、眺めが良かったので、新鶴パーキングにバイクを停める。

▼磐越道、新鶴パーキングにて(17:30ごろ)

1726_3417

雲がかかっているのはたぶん磐梯山

磐梯河東インターで降りて、磐梯山ゴールドラインへ

▼磐梯山ゴールドラインにて(18時ごろ)

1757_3423

夕暮れ前のためか、交通量は激少

猪苗代湖を見下ろす

1802_3426

紅葉前を感じさせる色づきが見え、バイクを停める

1814_3439

30分ほどで、磐梯山ゴールドラインを走り抜け、桧原湖岸の駐車場にバイクを止める

▼桧原湖にて(18:30ごろ)

1825_3444

1826_3449

少し夕日を眺めた後、暗くなる前に宿の場所を確認しておくため、秋元湖畔へ向かう。

今回利用したのは、ひばり荘さん。ライダーハウス裏磐梯を利用しようとメールその後電話連絡したところ、現在閉鎖中で、ライダーには、ライダー料金(素泊まり2000円)でひばり荘を利用してもらっているとのことで、今回の福島ツーリングの拠点として2泊した。
ホームページの更新もしばらくなく、現在は、震災後の復興事業関連の事業者が宿泊場所として使っているようで、半ば貸し切り状態となっている模様。風呂場でもちょこちょこ会話させていただいた。でも今もときどきライダーが利用しているらしい。

宿の場所を確かめた後、また桧原湖にもどって、夕焼けを眺める

▼再び桧原湖にて(18:45ごろ)

1844_3451

宿へ行き来している間、食事場所を探したのだが、もうほとんど閉まっている。1件洒落たイタリアレストランが営業中のようだったが、あまりにいい雰囲気すぎて自分には入る気にならない(^^;) さいわい1件コンビニが空いていたので、ビールとつまみとおにぎりを買って、それで晩ご飯をすませることにした。

19時ごろ、宿に着き、おにぎり食べて、風呂入って、ビール飲みながら翌日の予定を考えているうちに眠くなったので、22時ごろには就寝。

1日目走行距離推定800km。。。
3日目帰路にて携帯なくしてしまったので、記録がなくなってしまった。。。(^^;;)

以下2日目その3へ続く。。。

« 福島2泊3日2,300kmツーリングその1(出発~志賀草津高原道路編) | トップページ | 福島2泊3日2,300kmツーリングその3(二日目/五色沼編) »

宿泊ツーリング(2014年)」カテゴリの記事

コメント

わーヽ(o⌒▽⌒o)ノ
只見の方って走ったことないんです~。
この雪解けの頃はすばらしい景観ですね!

ワタシも福島でバイクがピカピカな状態だったことって
ありませんwww
だもんで、こないだ、バイクちゃんと磨いてたんだ~!って福島の友人にびっくりされましたよw

携帯なくしてしまったとは災難です・・・。こないだのワタシのようですがwww続き楽しみにしていますー。

当初、北陸道から磐越道での福島入りを考えていたのですが、新潟方面が曇り予報だったので、志賀草津高原道とR252をルートに組み込んで、それより内陸寄りのルートにしました。
結局このルートでもほぼ曇りで、新潟入りしてからは路面もウェットでしたが、変化が多く、景色も良くて、時間はかかりましたが、距離と疲れを感じることなく、宿までたどり着くことができました。

ヒトミンさんの、北海道ツーリング計画、自分も今後の参考にさせていただこうと、興味深く拝見しております!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島2泊3日2,300kmツーリングその1(出発~志賀草津高原道路編) | トップページ | 福島2泊3日2,300kmツーリングその3(二日目/五色沼編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □