フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

福島2泊3日2,300kmツーリングその1(出発~志賀草津高原道路編)

5月23日(金)~5月25日(日)、2泊3日で、初の東北・福島ツーリングへ

ツーリングでなくても、東北・福島へ足を踏み入れるのは、人生初。本当は青森まで足を伸ばしたいところだが、地図を見てると、2泊3日ではどうも厳しい感じ。ということで、福島をメインに訪ねることに。何回かに分けてレポートします。

初日の5月23日、深夜割引利用のため、3時40分頃の出発。京都南インターへ向かう。んが、なんと吹田-大津間、工事のため、平日夜間通行止め(^^;)

長距離ツーリングのときは、古いツーリングマップルには掲載されていない高速道路の開通情報など、事前に交通情報を把握しておかないといけないのだが、たいてい終わってからその必要を痛感し、次の機会には、また忘れてしまうもの。。。(^^;;)

知っておれば、名神ではなく、京滋バイパスを利用するところだったのだが。。。
ということで、平日深夜3割引はあきらめ、R1を東進し、大津インターへ向かう。

その後、名神~中央道~長野道~上信越道と進み、信州中野インターで高速を出て、志賀草津高原道路へと向かう。

志賀草津高原道路に進み、高度を上げていくと、濃霧発生中。視界悪し。国道最高地点付近でR6(バイク)を停める。道路の気温計を見ると1度。

▼国道最高地点付近にて(10時ごろ)

0954_3338

まだかなり雪が残っているが、排気ガスで黒ずんでいる。

渋峠ホテルにて、ホットコーヒー&トイレ休憩。ホテルの入り口にインディ君というワンちゃんがいて、しばしたわむれたあと、再出発。

▼白根山にて(10:25ごろ)

1025_3345

白根山付近でまたバイクを停める

1025_3347_2

ここから下って行くと、霧はとれて、視界良好になっていった。   

1035_3351

1036_3356

その後、草津温泉を抜け、R292を東へと進む。

以下、その2へ続く。。。

2014年5月27日 (火)

吾妻小富士から見た一切経山と浄土平

5月24日(土)朝

吾妻小富士に登りぐるりと周り、火口と一切経山、浄土平を眺める

24_0902_3593

絶景を通り越して、凄い。。。の一言

そして、浄土平と磐梯吾妻スカイラインを見下ろす

24_0919_3621

しばらく火山風景を訪ねるツーリングにはまりそう。。。

火山風景に、最も強く、地球の生命を感じるんですよね 

2014年5月26日 (月)

石巻の海岸で彩雲を見た

5月24日(土)13時過ぎ

石巻海岸にバイクを停め、ふと見上げると、彩雲が浮かぶ

彩雲を見るのは初めて。急いでカメラを取り出す

24_1305_3682

24_1306_3686

24_1307_3691

見つけてから消えるまで、10分ほどのできごとでした

福島をメインとした2泊3日のツーリングレポートはまた別途。。。

2014年5月18日 (日)

緑々とした曽爾高原

5月17日(土)、R6にて曽爾高原へ

1516_3217

1522_3227

1541_3260

雲の影が、高原に映って、いい感じ

高原の上の方は、かなり風が強く、しばらく木陰でやり過ごした

やはり秋のススキのシーズンもいいが、緑の高原もかなり素敵です

2014年5月14日 (水)

ツツジと新緑の智積院

5月13日(火)の朝の智積院

雨上がりの晴れ間ということで、出勤前に寄ってみた

1018_3074

1015_3068

1007_3056

0954_3033

1018_3073

次の訪問は、アジサイが咲く頃かな。。。

2014年5月12日 (月)

36km/hオーバー=赤切符!

それは5月10日(土)の昼

城崎で昼ご飯を食べて、さぁ、但馬コースタルロードを駆け抜けに行くぞと、円山川沿いの直線を北上。、歩行者も、自転車も、前をふさぐ車も、対向車もない、見通しのよい2車線道。ネコが飛び出すような住宅地でもない。飛ばすつもりはないが、自然とスピードが出ていた。

おまわりさんが、飛び出してきて、立ちふさがる。直前にちらっと見たメーターでは80km/h超え(^^;)
そこは40km/h制限か50km/h制限か確認していなかった。40km/h制限なら、30kmオーバー=赤切符確実。

で、おまわりさん:「ここ何キロ制限かご存じですか?」

自分:「いえ、確かめてなかったです」

おまわりさん:「平日は通学路になるんで40km制限なんです」

自分:(絶句。なら、取り締まりは平日にやれよ、と思いながらそれは口には出さず、もはやあきらめの境地)

で、計測機器のところへ行き、確認。出て来た紙には、76km/hと印字。。。

その後、本籍確認までしばらく時間がかかったのだが、その間、その見通しのよい直線道でつかまった車はゼロ。おそらく地元の方にとっては、恒例の取り締まりポイントなのでしょう。。。自分も京都ならだいたいはわかっているのだが。。。

これで、この1年で3度目のスピード違反(そのうち一度は原付)。。。こういうのは不思議と続くもの

1度目(3点)のは、前2年間が無事故無違反だったので、消えているはず。2度目は1点で、今回のとあわせて7点。30日の免停で、講習受けたら、実際の免停は講習当日のみ。
もし1度目のが残っていたら、計10点で60日の免停期間。講習受けても30日間は免停となってしまうところ。

裁判所からの呼び出し前に、違反をすれば、それが加算されるので気をつけて、と脅される。とすれば、2点の違反で60日の免停期間となってしまう(ネットで調べたところ、これは、どうも確定的ではないもよう。30日免停処分後の違反点数としてカウントされるという情報や、違反点数として加算されず免除されたとの体験情報もあり)

ともかく、1年間無事故無違反を継続して、前歴を消したいところ。
なので、レーダー導入を検討中。いまのところ有力候補はYUPITERU Z120B。ヘルメットに装着可能で、内蔵バッテリーにより連続使用約30時間というのが魅力的。実際に購入し使用することになったら、またレポートします。

▼取り締まられる前、城崎にて

1303_2922

ツーリングレポートはまた別途。。。

2014年5月 9日 (金)

細長~いバイク駐輪場

24時間300円という格安情報に惹かれて利用してみた、京都市下京区の、とあるバイク駐輪場

1237_2787

大型バイクも2台可とのことで、奥のスペースがその大型用スペース。。。
左側にR6を停めたのだが、フェンスにぶつかってしまうので、バックミラーをたたまないといけなかった(^^;) まぁR6は走行中でもさっと折りたためるのでその点はノープロブレム。
で、降りようとしても左側にはスペースがないので、右側から降りなくてはならない(^^;;)
このときは右側が空いていたのでよかったが、右側にも大型バイクが停まっていたらけっこう苦労したかも。。。

あと、入るのはよいが、バイクがぎりぎり通れるスペースなので、出るときも、またがったままでないと、後退できない(^^;)
ちょっと左にそれるとフェンスにぶつかり、右にそれると原付バイクにぶつかるので、気を使いながら後退。
最後、バックで見通しの悪い中、歩行者や車が行き来する通りにでないといけないのも難点(^^;;)

安いのには、それなりのワケがあった(^^;;;)

この辺りに停めるなら、大型バイクは、四条烏丸南西の市営駐輪場を利用するのが無難。屋根付きだし管理人もいるし。ただ平日は1日500円だが、土日は30分100円なので、長時間停めるとけっこうな料金になってしまう。。。

2014年5月 8日 (木)

新緑のメタセコイア並木

5月6日(火/休)、17時ごろ、滋賀県マキノのメタセコイア並木
1658_2850_2
少し時間が遅めからか、交通量は少なめ。バイクはほとんど見かけず
1702_2854

2014年5月 5日 (月)

白井大町藤公園、五分咲き

5月4日(日)昼、今年も、兵庫県朝来市の白井大町藤公園へ

1210_2694

このピンクのは見頃ですが、全体的には見頃までもう少し

1241_2712

藤の香りは十分に味わえます

1257_2737

今年で5年連続の訪問になりました。。。

▽過去の関連記事

2014年5月 3日 (土)

京都国立博物館とツツジ

今日、「南山城の古寺巡礼」を見に、京都国立博物館へ

1537_2641

ツツジが咲いておりました

1539_2644

特に、寿宝寺の十一面千手観音立像は見応えありでした

1657_2665

噴水に小さな虹が。。。

1657_2668

1702_2684

車は有料、バイク無料(大型バイクも可)の駐車場有り

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □