フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

今が見頃、車折神社の溪仙桜(嵯峨嵐山)

3月28日(金)朝、車折神社にて(京都市右京区)

すでに早咲きの溪仙桜(けいせんざくら)が満開

0932_1816

0930_1808

▽関連記事

2014年3月24日 (月)

2万本の梅満開、賀名生梅林(奈良県)

3月23日(日)、満開の賀名生梅林へ、去年に続いて2度目の訪問。ちょうど1年ぶり。去年SV1000、今年はYZF-R6にて

大げさではなく、ここの梅林は吉野の桜にも負けないくらいの絶景
ただ桜ではなく、梅というだけで、訪問者は少なめ。。。
おかげで、見頃一番の日曜日の午後でも、バイクで周遊できる

1316_1754

1319_1759

1203_1674

1227_1697

1234_1709

1246_1726

1258_1739

ツーリングレポートはまた後日。。。

▽関連記事

2014年3月21日 (金)

京都御苑の梅

3月19日(水)午後の京都御苑

梅林は華やかに

1621_1620

1621_1619

こちらは、桜でしょうか。。。 苗木を数本見かけた

1615_1609

2014年3月17日 (月)

YZF-R6(2003年型)、15000km走行インプレ

去年2013年の6月末から乗り始めたYZF-R6(2003年式)。購入時の走行距離が28,160km。3月17日現在の走行距離が43,866kmとなった。約8ヶ月で15,000km超え。これはかつてないハイペース。

▼2013年9月29日丹後半島立岩にて

1516_8184

で、インプレ少々

【前傾姿勢】
前傾姿勢は慣れたが、長時間乗ると左腕がつらくなるのは変わらず。ときどき体を起こして、右手だけで運転して、左腕を休めることで、対処。もちろん周りの状況を見て、安全が確保されているときだけだが。この手抜き運転はかなり有効
ふだんすれ違いライダーへの挨拶は、うなずき派だが、この手抜き運転時に、手を上げて挨拶されたときが1度あって、そのときだけは、こちらも手を上げて返した(^^)

【高速走行】
ネイキッドでは、120から先は気合いが必要だったが、カウルのおかげで、高速走行はずいぶん楽。車で前がつかえなければ、いくらでも出せてしまいそう。。。

【座り心地】
見かけの印象と違って、シートはけっこう厚みがあり、座り心地は良好。適度の広さもあり、良好度合いはSV1000以上。前傾姿勢とあいまって、長時間乗っても、お尻の痛みを感じることは少なくなった

【雨風】
横風は、停車時は影響を受け、強風時には注意が必要だが、走り出せば、カウルの整風効果の方が大きいようで、今のところ走行時に横風が気になったことはない。この点、軽量フルカウルということで心配していたが、風が強い日も、走行時は重たいネイキッドの方が、影響は大きく感じた

ちょっとした雨なら気にならないのもカウルの魅力。ネイキッドのときは、わずかな雨でも降り出すとすぐに気になったが、今は、降り出してちょっとしてから、あれっ、雨かなと遅れて気づくようになった。次、ネイキッドに乗ることになったとしても、おそらくビキニカウルを装着することになるだろう

【燃費】
燃費はおおむねリッター18km前後で、SV1000から乗り換えた身としては、満足な数字

【エンジン熱】
SSは熱がすごい、という記事を見かけるが、R6はセンターアップマフラーではないこともあり、ライディングパンツとブーツを身につけていれば、さほど気になることはない。そもそもジーパンとスニーカーで乗るようなバイクではない

【ワインディング走行】
ワインディングでは、5000回転以下では、きびきびと走れなくなる。低速コーナーでも速く走ろうとすれば、ローギアを駆使する必要があるが、自分の技量では、難しい(^^;) なので、低速コーナーでは、なるべく2速で回転を落とさないようにしてはいるが、速く走れなくても気にしないようにしている(^^;;)

【高回転】
12,000回転以上回しことがないので、ホントの高回転走行は未経験。2速だと、だいたい1000回転×10km/hとなるので、1速で無理矢理引っ張るか、サーキットに行かない限り、それ以上の回転を体験することはできない。とりあえず、12,000回転までは、力強さを増しながら、スムースに吹け上がっていくことは確認済み

【サスの設定】
しばらくは標準設定で乗っていたが、フロントサスのプリロードを一つ緩めたら、コーナリング時によりしっくりとした感じになったので、以後、その設定を維持している。道路の荒れで後輪が跳ねることが多いので、後ろも少し緩めた方がよいかもしれないが、試さないまま、今日に至る(^^;)

【タイヤ】
前後輪とも6000~7000kmほどしかもたなかったので、現在3セット目。自分のライディングスタイルでは、ハイグリップタイヤは必要ないので、背伸びをせず、今は、ミシュランパイロットロード2をはかせている。前回のメッツラーM5よりは、溝の減りは少ないようだが、まだ交換から3500kmほどなので、詳細は不明

【急坂ヘアピン】
苦手なのは、峡路急坂ヘアピン(^^;) これはまだ慣れない。とにかく、こかしたくないと思うので、体がこわばってしまい、ぎくしゃくするもので。。。 こかさずに通過できれば、よしということで

【積載性】
後部シート下に、ETCや工具類、軍手その他必需品を納める程度のスペース有り。SV1000よりも広い。日帰り用と1~2泊用のシートバッグを使い分けして、ツーリングに不便は感じない。後部シートにベルトを装着していれば、脱着は数秒でできる。
ただ3泊以上となると、あらたにサイドバッグを購入して併用するか、より大きなシートバッグを購入するかが必要となり、どちらが適しているかは、未確認。
今年こそは、東北か、北海道へ行きたいと思っているので、そろそろ検討しなくては。。。

▼2013年12月8日阿蘇にて

1234_7728

▼2013年12月8日由布岳にて

1616_7916

【総評】
実は、乗り始めてしばらくは、このバイクはひとつの経験ということで、1年くらい乗ればいいかな、と思っていたのだが、軽さと速さと高速快適性ゆえ、もしかしたら、10万kmまで乗り続けるバイクになるかも。。。まぁ10万kmといっても、自分の今のペースなら、次の車検通して、その車検が切れる頃、あと3年ちょっとで到達してしまうことになるのだが(^^;)

2006年以降のR6はどうだかわからないが、少なくとも2003年式のR6は、高速道路を素早く移動してその先の景色のよい海岸線や山間部でワインディング走行を楽しむという感じのツーリングユースにけっこう向いているバイクだと思う。
下道メインで400km超え走行となると確かにつらいが、高速片道200km、移動先200km、往復計600kmっていう感じのツーリングには、自分的には、ぴったりはまる感じ

2014年3月15日 (土)

五分咲きの広橋梅林(奈良県)

3月15日(土)午後の広橋梅林(奈良県)

1521_1574

五分咲きといった感じ

1516_1567

見頃の木もちらほら

1514_1563

(↓)R309沿いにて

1542_1586


大きな地図で見る

月ヶ瀬の梅、咲き始める

3月15日(土)正午ごろ、月ヶ瀬にて

八幡橋を渡った辺りは、けっこう咲いていた

1200_1527

1159_1525

資料館近くの枝垂れ梅

1214_1538

満開近いものから、チラホラ咲きまでいろいろ。。。

1222_1544_2


大きな地図で見る

ツーリングレポートはまた別途。。。

祐正寺の枝垂れ梅(京都市上京区)

3月14日(金)午後の祐正寺

見頃終盤でしょうか。。。

1414_1474

1419_1486

水仙も咲いていた

1419_1485

1427_1510 

1425_1502

ちょうど1年ぶりの訪問

▽過去の関連記事

2014年3月13日 (木)

雲龍院の梅(京都市東山区)

3月12日(水)午後、泉涌寺の別院、雲龍院

1411_1456

手前の梅は満開

1414_1461

奥の紅梅(はねずの梅)は、遅咲きで、まだつぼみだった。。。

雲龍院の駐車スペースは小さいが、手前の泉涌寺には広めの駐車場有り。大型バイクも駐車可

▽雲龍院の関連記事

 

今熊野観音寺の梅は、まだつぼみ(京都市東山区)

3月12日(水)午後の今熊野観音寺にて

1420_1463

枝垂れ梅は、まだつびみだった。。。

▽今熊野観音寺の関連記事

2014年3月12日 (水)

梅満開の北野天満宮

3月11日(火)午後の北野天満宮

快晴の好天の下、北野天満宮の梅は満開となっていた

1443_1422

1441_1417

1459_1440

1445_1426

 

1446_1429

1457_1436

1507_1450

▽2014年の梅、関連記事

2014年3月11日 (火)

興正寺の紅梅&白梅(京都市下京区)

3月10日(月)午後の興正寺

白梅も5~7分咲きくらいとなりました

1459_1399

紅梅は今も、木の上の方は花を咲かせず、ちょっと寂しい感じ
つぼみも見えず、このまま咲きそろうことがないような気配。。。

1455_1390

1501_1402

お寺の南側入り口に駐車場、及び、大型バイクも駐輪可能な駐輪場あり

▽興正寺の関連記事

2014年3月 9日 (日)

建仁寺にて(京都市東山区)

3月8日(土)、建仁寺にて

勅使門を入った左手のロウバイ

1134_1315_2

(↓)両足院

1139_1318

見上げると、ちょうど雲が割れたようになって、いい感じ

両足院は3月18日まで、毘沙門天像などの特別公開中

(↓)法堂(はっとう)

1613_1374

天井画「双龍図」で有名ですね。まだ見たことないけど。。。この日も外から眺めるのみ

(↓)本坊

1208_1353_2

建仁寺は無料の駐輪場有り(境内の北東側)。大型バイクも駐輪可と思われる。狭いので、取り回しの重いバイクは、ちょっと苦労しそうな感じだが。。。 

建仁寺塔頭、西来院の庭園、梅少々(京都市東山区)

3月8日(土)昼ごろ、建仁寺境内を歩いていて、ふと惹き寄せられた、建仁寺塔頭の西来院

1206_1349

ふだんは非公開のようだが、同志社大学書道部の展示会が開催されており、入ることができた(3月8日と9日の2日間だけのもよう)

1205_1347

1146_1330

梅が2本、花を咲かせていた

1203_1341

いい感じの鮮やか色の苔

1147_1331

展示会は、入場無料。強制ではないが、展覧会を見ての感想アンケート記入有り

ときどき展示会が開催されているようなので、また別の季節にも訪ねてみたい

▽関連HP

2014年3月 8日 (土)

梅小路公園、梅まつり開催中

3月7日(金)午後、梅まつり開催中の梅小路公園

1512_1298

1515_1302

1519_1308

朝は晴れ間が広がっていたのに、このころ、雲が広がり、しばらくして雪がちらついた

公園東側に駐輪場有り、1時間以内無料。大型バイクも駐輪可。

桂川河川敷の梅の花

3月7日(金)朝、桂川河川敷、阪急京都線の踏み切りの少し北辺り

0945_1289

0940_1282

冠雪した愛宕山も見え、いい感じでした 

0941_1284

見頃を迎えた智積院の梅

3月6日(木)、昼過ぎの智積院

1503_1269

梅見の参拝者もちらほら

1503_1271 

1502_1267

伝法両大会勤修ということで、多くのお坊さんが行き来しておりました

1452_1253

受付裏が駐輪スペースとなっていて、大型バイクも駐輪可

▽智積院の梅、関連記事

2014年3月 5日 (水)

水火天満宮の梅、見頃(京都市上京区)

3月4日(火)午後

水火天満宮の梅も、今が見頃

1320_1228

1324_1238

1321_1231

駐輪場はないが、南隣の公園前道路は、いつもタクシーなどの休憩場所と化している。。。

地福寺の枝垂れ梅(京都市上京区)

3月4日(火)午後

京都十二薬師霊場会 第五番 地福寺

ピンク色の枝垂れ梅がちょうど見頃

1308_1221s

青空のうちにと思っていたが、すでに薄雲が広がってしまっていた。。。

1306_1218

1303_1211s

1308_1222

小さなお寺で、駐輪場などはナシ


大きな地図で見る

2014年3月 4日 (火)

法住寺の白梅・紅梅・つり雛展(京都市東山区)

3月3日ひな祭りの日の午後、京都市東山区、三十三間堂東隣に位置する法住寺にて

1524_1190

1525_1193

1534_1205

門前に三十三間堂

三十三間堂は、元は法住寺内のお堂のひとつとして造営されたとのこと   

1522_1186

つり雛展開催中。2月25日からで、3月3日のこの日が最終日

1517_1179

1514_1173

1508_1162

駐輪場とはとくに書かれていなかったが、門前横に駐輪スペース有り
参拝の間の短い時間なら、バイクを停めても問題なさそうな感じでした

2014年3月 2日 (日)

R6でぶらり京都大原・花尻の森・吉田寮

2月23日(日)、R6でぶらりと京都大原方面へ

賀茂川沿いから、京都産業大キャンパス横を抜けて、府道40号で大原へ。前日の月ヶ瀬方面では、けっこう道路沿いに雪が残っていたので、こちらはどうかな、と思っていたが、府道40号の江文峠で少し雪が見られたくらいで、あとはほとんど見かけず。。。

この日は空気が澄んで、山の眺め良し。交通量少なく、気分よく走っていたため、停車せず写真は撮らず。。。

寂光院にも三千院にも寄らず、川沿いの市道を走り、古知谷阿弥陀寺(こちだに あみだじ)前でR6を停める。

1219_0939

紅葉の時期に一度訪ねたいと思いながらまだ実現せず。。。

1217_0937

冬季は拝観停止と、掲示があった

その後R367に合流するところで、南へ折り返す。

R367を走っていて、左手の風景にふと惹かれて、R6を停める。車2台ほどの駐車スペース有り。そこは「花尻の森」と呼ばれるところで、江文神社の御旅所とのことだった。

▼花尻の森にて

1228_0943s

1238_0956s

存在感のある大木

1229_0944

山椿の名所とのことで、もうしばらくすると、椿の落花で地面が赤く染まるらしい

すぐ南に、土井志ば漬の本店があった

1236_0953s


大きな地図で見る

その後、白川通りを南下して、真如堂へ寄ってみた。
この時期は観光客も少なく、駐輪場所に、大型バイクも気兼ねなく停車できる

▼真如堂にて

1257_0957

梅の花が咲いているかなと期待したのだが、梅の木を見かけなかった(^^;)

1302_0961

このあと、古い木造の建物といえば、京都大学の吉田寮があるじゃないかとふと思い浮かび、ちょっと寄ってみた

▼京大吉田寮

1402_0976

1913年建築で、現存する日本最古の大学寄宿舎
映画「鴨川ホルモー」のロケ地としても使われた

今度、同志社のアーモスト館も撮ってみよう。何度も前を通り過ぎ、視界に入っているはずだが、意識して目を向けたことがなく、全く記憶にない。。。(^^;)

------------------------------------------------
走行距離:78km.燃費16.0km/l.積算距離43,586km
------------------------------------------------

2014年3月 1日 (土)

梅香る北野天満宮

梅の花が咲き進んでいるということで、2月28日昼過ぎ、北野天満宮へ

1444_1028

境内はけっこうにぎわっておりました

1445_1031 

1449_1041

1454_1048

この淡いピンクが満開となる頃、また訪ねたい

1504_1071

花より苔。。。 鮮やかな苔色でした 

1502_1066

大型バイクも駐車可の無料駐輪場所あり。中型バイクが2台ほど停まってました

▽過去の梅関連記事

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □