フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 琵琶湖-浮御堂ショートツーリング | トップページ | 近江八幡古い町並みツーリング(後編--五個荘の商人屋敷) »

2014年2月10日 (月)

近江八幡古い町並みツーリング(前編)

1月25日(土)、近江八幡の古い町並みを訪ねるツーリングへ
YZF-R6にて、9時20分頃の出発

大津インターまで名神を利用。その後、名神沿いを走り、瀬田唐橋の手前で北上して、湖岸道路を走り、近江大橋を渡って、琵琶湖東岸の湖岸道路をさらに北上。

で、今地図を見てると、近江大橋を利用するなら、大津の市街地を抜けて、県道18号を東進した方が、距離的には断然短い(^^;) これまでは近江大橋利用は想定外だったので、その辺無到着だったが、次は最短コースを試してみよう。

途中、いつもの湖岸緑地公園で、トイレ休憩。

▼湖岸緑地公園にて(10:30ごろ)

1029_9843

おびただしい数の水鳥

1029_9845

時おり群れをなして飛ぶと、都会のスズメのよう

続いて、なぎさ公園の菜の花の様子伺い。

▼なぎさ公園にて(10:50ごろ)

1048_9847

この日は、三脚を構えたカメラマンも数名。
が、工事車両が、土手に停車してしまって、比良山をのぞむ景色を台無しにしていた(^^;)

1051_9851

短い滞在にとどめ、もう少し湖岸道路を進んだ後、県道326号で右折して湖岸を離れ、八幡堀へ向かい、ロープウェイ乗り場を過ぎ、日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)前にバイクを停める。

▼日牟禮八幡宮にて(11:30ごろ)

1135_9866

能の舞台があり、その左手の龍

その後、周辺散策


大きな地図で見る

八幡堀にかかる橋の周辺に、人慣れした猫が数匹

1142_9874

1143_9876s

堀に下りる階段があり、堀沿いを歩く

1147_9883

八幡堀めぐりの舟が通り過ぎてゆく

1152_9893

行き止まりとなるところに、古民家を利用したcafe--Lai cafe (ライカフェ)--があり、ちょうど昼時だったので、ここでランチ。

▼Lai cafe (ライカフェ)にて(11:55~12:25) 

1225_9900

タコライスをいただく。美味しくいただいたのだが、一つ勉強した。
タコライスにはタコが入っていないことを(^^;;;)

1155_9896

ここの店長さん、しばらく乗ってないが、バイク乗りということで、食事しながら、九州ツーリングの話など。

(↓)cafeの2Fからの眺め。秋には紅葉も楽しめるとのこと

1221_9899s

食後、散策再開

(↓)かわらミュージアム(拝観有料)

1227_9903s

(↓)白雲館(無料)

1233_9909

1236_9913s

(↓)近江商人の町並み(新町通り)

1245_9920

1248_9925

1247_9924

有料の資料館(旧商人屋敷)などもあるが、今回は外から眺めるのみ

(↓)旧八幡郵便局

1303_9941

(↓)白と黒のコントラストがいい感じ

1310_9944

催し開催中だったもよう

1312_9948

(↓)旧ヴォーリズ住宅

1320_9953

(↓)近江兄弟社ハイド記念館

1322_9954

(↓)尾賀商店

1335_9963

気になるスポットだが、外から眺めるのみ

その後また八幡堀にもどり、堀沿いを散策

1350_9975

八幡宮前の橋までもどり、またネコ撮り

(↓)水仙とネコ

1352_9978

(↓)このコは首輪をしていた

1356_9985s

(↓)日牟禮八幡宮にて

1401_9992

14時過ぎ、停めたバイクにもどる

1403_9998s

このあと、少し離れたところにある、ヴォーリズ建築群へ移動。

以下、続く。。。

« 琵琶湖-浮御堂ショートツーリング | トップページ | 近江八幡古い町並みツーリング(後編--五個荘の商人屋敷) »

ツーリング2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖-浮御堂ショートツーリング | トップページ | 近江八幡古い町並みツーリング(後編--五個荘の商人屋敷) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □