フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

紅葉の伊賀上野城ツーリングその1(案山子畑編)

11月30日(土)、R6にて伊賀上野城へ。近くは何度か通過したことはあるが、伊賀上野城は初めて。石垣と紅葉の組合せを期待して、訪ねてみることに。。。

朝8時半ごろの出発。

ふと、開館前の大山崎山荘に寄ってみることに。

▼大山崎山荘にて(9時ごろ)

0903_6260s

美術館の開館は10時からで、ここで門が閉じられている

0904_6262s

車もバイクも駐車禁止(自転車は駐輪可)だが、開館前で誰もいないので、ちょっとだけバイクを停めさせていただいた

続いて、京滋バイパス側道(R478)~府道241号~3号で、宇治の縣神社に立ち寄る。

▼縣神社にて(09:40~09:50)

0945_6276

イチョウは見頃

0941_6269s

出迎えてくれて、境内でくつろぐワンちゃん

0948_6279

この後、宇治川ライン~R307~R422と進む。

R422は三重県に入って少し行くと、1.3車線ほどの峡路となり、三叉路に突き当たると、どちらが国道なのか、見分けがつかなくなり、右折するところを左折してしまった。

で、少し行くと、案山子畑があった。

▼案山子畑にて(11時前)

1057_6281

(↑)写真中央のおばあさんが、かなりリアル(^^)

1058_6282

(↓)こちらのおじいさんもけっこうリアル

1059_6284

近くに三重交通バスの「案山子畑」停留所がある


大きな地図で見る

ここで引き返し、R422へもどり南下。その後、見通しのよい田園地帯を真っ直ぐ走る。

いい感じの雲の風景だったのでバイクを停める

1117_6288

1116_6287s

このあと、何となく良さそうな道を走って、ルートはよくわからなくなるのだが、適当に走っていると、伊賀上野城の案内が現れ、11時30分頃、伊賀上野城駐車場に到着した。

以下、その2、伊賀上野城編に続きます。。。

▽この日の関連記事

2014年1月30日 (木)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその3(篠山編)

11月27日、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリングその3、篠山編

11時前に龍穏寺を離れ、少しバイクを走らせようと、府道453号~702号と篠山方面へ向かう。

▼府道453号にて(10:55)

1054_5842

山々が紅葉していて、Uターンして、紅葉している山を背景に1枚

兵庫県篠山市に入って、県道303号を南下し、ゴルフ場横を走り抜ける。しばらく前に見つけたワインディングコース。

▼ベルグリーンCC横の道にて(11:10~11:40)

1124_5854

この辺りの道路沿いの紅葉も楽しめた

1135_5860s

1135_5861s

1137_5864_2

走り抜けて、平地に降りてきたところにある小さな神社でバイクを停める

1118_5851

このCC横の道を一往復半した後、R372へ。R372に出る手前にある禅昌禅寺さんでも紅葉が目に入りバイクを停める

▼禅昌禅寺にて(11:40ごろ)

1141_5868

1142_5870

R372に出て、府道73号で、千代川インターに入る手前で、ちょっと横に入った道に紅葉が覆いかぶさるのを見かけ、またバイクを停める。

▼岩城(いわしろ)神社横にて(12時すぎ)

1206_5879

その後、京都縦貫道を経て、帰宅

----------------------------------------------
走行距離:135km.燃費15.8km/l.積算距離40,311km
----------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

2014年1月29日 (水)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその2(龍穏寺編)

11月27日、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリングその2、龍穏寺編

10時前に、摩氣神社を離れ、10分弱で、南丹市園部の龍穏寺(りょうおんじ)に到着。坂を上がって、駐車場にバイクを止める。お寺のワンちゃんが、吠える声が聞こえる。。。

▼龍穏寺にて(10:05~10:50)

1011_5765

ひっそりとした参道の散り紅葉を独り占め

1023_5800

1026_5810

参道脇に、存在感のあるモミジ

1027_5813

竹と柿の木も見え、いい感じ

1033_5825

境内に、さきほど吠えていたワンちゃん

1037_5832s

ゆっくりと近づくと、吠えることなく、スキンシップ

ちゃんと番犬の役目をはたしながら、怪しい者でないとわかってくれたのか、訪問者を受け入れてくれました(^^)

このお寺は、 ブログ村 の 京都風景写真 に登録されているブログで紹介されていて、いいところだなと感じて今回寄ってみた次第。紹介されているとおり、素敵な紅葉に出会えました。

最近は、 ツーリングブログ よりも、風景写真ブログで、素敵なツーリングスポットを見つけることのほうが多くなってきたかも。。。

この後、兵庫県の篠山方面へぐるっとバイクを走らせる。以下、その3(最終回)へ続きます。。。

▽この日の関連記事

2014年1月28日 (火)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその1(摩気神社)

11月27日(水)、午前中のみ、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリング

8時半ごろ出発し、まずは摩気神社に寄ってみる

▼摩気橋にて(09:20ごろ)

0923_5706s

イチョウは見頃で、川岸は黄葉の絨毯となっていた

0925_5710

▼摩気神社(09:30~09:55)

0954_5746

紅葉で有名ということではないが、訪ねてみた

0949_5735s

山門横と本堂裏などに数本、紅葉したモミジが見られた

0951_5739

0953_5745

0936_5721s

この後、南丹市の紅葉の名所、龍穏寺へ向かう。

以下その2に続きます。。。今回も細切れレポートになります(^^;)

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

素敵な雲

1月15日(水)朝の雲

0758_9761

記事のカテゴリーに、「風景自然--雲」を追加しました

なぎさ公園(守山市)の菜の花、五分咲き

1月25日(土)11時頃のなぎさ公園(滋賀県守山市)

1056_9855

もう満開に近づいているかな、と思いましたが、まだ5~6分咲きといった感じでした

1059_9860

年末12月30日は自分だけでしたが(^^;)、訪問者は、多くなっておりました。

YZF-R6で、近江八幡の町並みを見に行く途中に寄りました。ということで、ツーリングレポートはまた別途。。。

▽関連記事

2014年1月26日 (日)

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその5(奥琵琶湖パークウェイ)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その5(最終回)、奥琵琶湖パークウェイ編。

長浜市高月町にある、己高山 観音寺の一本モミジを堪能した後、少しはR6での走りも楽しもうと、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。

R365~R8へ進む。R8に出ると、バイクを多く見かけるようになる。さらにR303を経て大浦地区に周り、県道557号を南下して、奥琵琶湖パークウェイへ進む。

今これを書くまで、奥琵琶湖パークウェイの起点は、国民宿舎つづらお荘のあるところ、つづら尾崎展望台へ上がる道と、管浦集落へ入る道の分岐点、冬季閉鎖となる区間と思っていたのだが、どうも、大浦地区を起点とする県道513号と、つづら尾崎展望台から先の県道512号全体を合わせて奥琵琶湖パークウェイと呼んでいる模様。

管浦集落までの湖岸のワインディングを快走後、つづら尾崎展望台へと上がって行く。こちらは、工事区間があり、路面状態もあまりよくない状態が続く。

つづら尾崎展望台の手前側の駐車場にバイクを止める。

▼つづら尾崎展望台にて(14:50~15:25)

1508_5294s

1501_5270s

道路沿いに素敵な紅葉が広がっていた

1456_5257s

駐車場には、マスツーのバイクが多く止まり、紅葉眺めていると、何台もバイクが通り過ぎて行った

1459_5265s

1504_5283s

1508_5295

その後、奥の広い駐車場に移動。琵琶湖~伊吹山方面を眺める。この日は、視界良好(^^)

1520_5307

で、さらに奥琵琶湖パークウェイを先へ進もうとすると、この先通行止め(その後冬季通行止め期間に入ったため、通行再開は4月予定)。

県道513号を引き返し、管浦地区へ寄ってみた。

▼管浦集落にて(15:40ごろ)

1537_5313

1540_5316s

鳥居の見える、須賀神社には一度寄ってみようと思っているのだが、この日はもう16時前となっているので、イチョウの木を眺めるのみ。

また地図を見ていて気づいたのだが、この管浦集落は西浅井町になるのだが、つづら尾崎展望台のある辺りは、高月町片山。で、その先は、西浅井町月出。この辺り、琵琶湖北部の対岸の高月町の飛び地となっているもよう

▼県道513号の湖岸にて(15:55ごろ)

1555_5318

この後、海津大崎~R161を経て、メタセコイア並木の様子をうかがいに行く。少し色づいた木もあったが、この辺り、すでに太陽も山に隠れてしまった時間帯でもあり、写真は前に紹介した1枚のみ(→「メタセコイア並木(滋賀県マキノ町)の今」)

▼夕暮れのマキノ町にて(16:30ごろ)

1628_5320

雲の様子が印象的だった

16時半マキノ町を離れ、R161(バイパス)~名神を経て、18時過ぎ帰宅

----------------------------------------------------
走行距離262km。燃費18.5km/l。積算距離40,176km
----------------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその4(己高山 観音寺)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その4、己高山(こだかみやま/ここうざん)観音寺編

13時に天川命神社を離れ、奥琵琶湖パークウェイへ向かう途中、走り始めてほんの数分行ったところに、桜の紅葉があり、Uターンして、バイク(R6)を停める。

1307_5110

1310_5117s

そしてまたバイクを走らせ、ほんの2分。吸いよせられるように、誰もいない、ひっそりとしたお寺へ。

▼己高山 観音寺にて(13:10~14:10)

1312_5118s

境内に入って、最初は特に目にとまらなかったのだが、本堂に向かって右手にそれほど大きくはないモミジが一本あり、その裏手から眺めると、光の加減で、赤が映える。

1323_5141

2013年に見た中で、一番美しいと感じた紅葉で、上の写真がお気に入りの一枚となった

1325_5146

1339_5189

裏手に道が通り、田園風景広がる

1327_5152s

裏手の道を行く方が、自分がいる間だけでも、数名、足を止め、このモミジを眺めていた。

1333_5166

1338_5182

正面から見るとこんな感じ。綺麗に色づいているなと思う程度で、裏手に回らなければ、見過ごしてしまうところ。

1345_5204

観音寺の近くに、白壁の古い建物があった

1349_5210s

傍らに、綺麗なお花を供えられたお地蔵さん

1401_5233s

1402_5236s

去り際に、裏手の道にバイクを停め、記念撮影

1407_5246

ふと引き寄せられて、ほぼ1時間も滞在、気ままなソロツーリングならではの、素敵な一時だった。

この己高山 観音寺の本尊の観音さまは、別名「袋かけ観音」と云われる千手観音で、一組の手を頭上で重ね阿弥陀如来をのせているとのこと。
通常は予約が必要だが、毎年開催されている「観音の里 たかつきふるさとまつり」の際は、この辺りの仏像めぐりができるらしい。2014年8月3日(日)開催されるもよう(→「
長浜・米原・奥びわ湖観光サイト」)

またR6にまたがり、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。以下その5(最終回)、奥琵琶湖パークウェイ編に続く。。。

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその3(天川命神社と雨森芳洲庵)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その3天川命神社と雨森芳洲庵編。

鶏足寺の臨時駐車場から、天川命神社までは、直線距離で2km程度。12時ごろ駐車場を出て、数分で到着。バイク(R6)を停める。

▼天川命神社にて(12:05ごろ)

1207_4981s

イチョウの木は、ちょうど黄葉のピーク

1207_4983

境内を通り抜けて、徒歩圏内にある雨森芳洲庵を訪ねてみた

(↓)地図中の(A)が天川命神社.右上に鶏足寺


大きな地図で見る

近くに、十一面観音立像で有名な渡岸寺観音堂(向源寺)もあり、機会を見つけて訪ねたいと思っているのだが、紅葉シーズンは見て回りたいところがたくさんあるので、なかなか寄れない.^^;)

(↓)周辺散策地図

1248_5076

▼雨森芳洲庵とその周辺(12:15~12:20)

1214_4998s

高月町雨森地区には水路がはりめぐらされており、水車が回る

(↓)水路に、雨森芳洲が乗る生涯学習丸(^^)

1222_5019s

1224_5023s

1223_5021s

雨森芳洲庵の敷地の中に、小さな祠があった

1217_5006s

1217_5008

雨森芳洲庵(東アジア交流ハウス)の庵内には入らず(入館料300円)、また天川命神社へもどってくる

▼再び天川命神社にて(12:30~13:00)

1230_5035

イチョウの落ち葉についた水滴の表面張力が目を引く

1232_5044

イチョウの木を見上げる

1236_5053s

1236_5055s

また境内から少し離れ周囲を散策

1241_5065s

離れたところからも、天川命神社のイチョウの存在感十分

1244_5069s

1246_5072s

(↓)イチイの木の生け垣(写真右下)

1247_5074

またもどってきて、鳥居を見上げる

1257_5097s

鳥居前でも水車が回る

1300_5106s

トータル1時間ほど、天川命神社~雨森芳洲庵周辺を散策した後、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。が、すぐ行ったところの、己高山 観音寺へ立ち寄ることになる。。。 以下その4へ続きます。。。

2014年1月25日 (土)

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその2(興志漏神社編)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その2興志漏神社編。

鶏足寺から帰る途中、腹ごしらえした後、通り道となっている興志漏(よしろ)神社でも紅葉を楽しむ。

▼興志漏神社にて(11:30~11:50)

1137_4944

1134_4938

1141_4956s

1135_4941

1143_4961

神社は小高いところにあるので、周りの山々の眺めもよい

1146_4974s

この後、また道路に引かれた矢印を逆にたどって、駐車場へ戻る。駐車場には到着時はバイクは自分のR6だけだったが、もどると、隣にもう1台バイクがあった。車は完全に一杯で、待たないと入れないようだった。

駐車場は基本無料なのだが、協力金を入れる箱があったので、少しばかりのお金を入れる。交通整理の方など多く出ていて、費用もかかっているようだったので。

この後、天川命神社へと向かう。以下、その3へ続きます。。。

2014年1月24日 (金)

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその1(鶏足寺編)

2013年11月23日(土)、R6にて、滋賀県長浜市(旧伊香郡木之本町)にある鶏足寺へ。

2ヶ月も前なので、出発時間は忘れてしまった(^^;) ので、ETCの記録を確認すると、7時前に京都南インターから名神高速に入っていた。ということで出発は6時半ごろと判明(^^;;)

北陸道木之本インターまで高速で移動。R365~滋賀県道281号で、鶏足寺へ向かう。

▼滋賀県道281号にて(08:15頃)

0817_4499s

8時半ごろ、鶏足寺の臨時駐車場に到着。すでにけっこう車で一杯だった。バイクは隅におけるので待ち時間はナシ。荷物を整理して、鶏足寺へ向かう。

鶏足寺からちょっと離れていて、数分歩かなくてはならない。道路に、矢印が直書きされているので、迷うことはない。

鶏足寺までの途中に、興志漏(よしろ)神社があり、車道を通ってもいけるのだが、ここを通り抜けていくよう、 指定されている(^^;) 安全のためその方が確かによいし、またここでも紅葉が味わえるので、素直に従って進んで問題なし。

▼興志漏神社にて(08:35~08:40)

1148_4976

0836_4502

0839_4508

0839_4511

興志漏神社をのんびり通り抜けて、さらに畑の中を山--己高山(こだかみやま)--へ向かって進んで行く。

1127_4929

地元の方の、お店が並んでいた

0842_4513

山へ入って行くと、茶畑が広がっていた

0846_4517

この先に鶏足寺

到着するやいなや、すげぇと唸らせる光景がそこにあった

▼鶏足寺にて(08:45~11:00)

0848_4519

北近江随一の紅葉の名所、という紹介をされていたりするが、この手の紅葉(整った庭園の紅葉ではなく、自然に近い紅葉)が好きな人には、関西随一といってもよいのでは。

0848_4522

0857_4563

0906_4600

0906_4601

1013_4785

1025_4817

(↓)ここ鶏足寺の、黄色と紅色の入り交じった奥行きのある紅葉を、写真にうまく撮せていないなぁと思っていたが、いい感じに撮れてると思えるのが1枚あった。自己満足かもしれませんが。。。

1050_4888

2時間以上、鶏足寺の紅葉を堪能し、来た道をまた歩いて戻る

1100_4912s

帰り道の傍でも、目を楽しませてくれる

1105_4924s

朝食からかなり時間が経って、お腹がすいたので、帰り道に並んだ店2軒に立ち寄って、空腹を満たす。

帰りに興志漏神社でも少し滞在して紅葉を味わったのだが、以下、その2に続きます。。。

▽この日のツーリング関連記事

2014年1月23日 (木)

亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりプチツー4(河原家住宅編)

11月21日、亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりツーリングレポートの続き、その4。。。 宕陰地区越原の河原家住宅編

樒原のイチョウからバイクで数分、12時前に到着。見頃前の平日ということもあり、訪問者は自分だけ。

▼河原家住宅にて(12:00~12:20)

1159_4359

1217_4403

写真左手、赤い花を咲かせているのは山茶花(サザンカ)。天然記念物指定。

1210_4385

1214_4395

20分ほどの滞在後、帰路へ。R477を引き返す。

途中、平の沢池近くで、横道にちょっと入って停車(12:40)

1239_4423s

府道73号を経て、千代川インターで京都縦貫道に入り、沓掛インターで出て、洛西ニュータウン内の新林本通にて、またバイクを停める

▼新林本通にて(13:10ごろ)

1307_4429

京都市内で好きな街路樹の一つ

1310_4435

この後、帰宅して、急ぎ、午後の勤務に向かったのでありました

--------------------------------------------
走行距離95km。積算距離39,914km。
--------------------------------------------

プチツーながら、盛りだくさんで、訪問地それぞれに味わい深く、充実の半日だった

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

2014年1月22日 (水)

亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりプチツー3(四所神社編)

11月21日、亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりツーリングレポートの続き、その3。。。 宕陰地区樒原の四所神社(原神社)編

R477を経て、11時30分に、樒原の四所神社に到着

1138_4321

1144_4334

1138_4324

真ん中辺りが、このとき黄葉のピークで、それより上は、かなり落葉が進んで、下の方はまだ青葉も見られた。この秋は、上方がピークのときに訪ねようと狙っていたのだが、少し遅くなってしまった(^^;)

1144_4336

1140_4327_2 

1136_4315

境内もいい感じに紅葉

1134_4310

イチョウの前に広がる、美しい曲線美の棚田

1133_4308s

1149_4347

次の場所へ向かおうとする頃、風が強く吹き、黄色い葉が舞った

1149_4354 

20分ほどの滞在後、この近くの河原家住宅へ移動。

以下、細切れになりますが、続きます。。。

▽樒原(四所神社)のイチョウ関連記事

2014年1月21日 (火)

亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりプチツー2(丹波国分寺編)

11月21日、亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりツーリングレポートの続き、その2。。。

※当初「亀岡~右京区の紅葉&黄葉めぐりプチツーリング」としていましたが、どうも単に右京区というと、ずれてしまいそうな気がして、タイトル変えました。宕陰とは、右京区の越畑と樒原地区を指す地名です

R372をもどり、府道405号から25号へ回って、砂利道をゆっくり進み、11時前に丹波国分寺跡へ到着。

▼丹波国分寺跡にて(10:55~11:05)

1057_4275s

予想通り、ここのイチョウはまだ青かった。
が、周囲の木は、赤や黄に色づいていた。

1058_4279

イチョウの向かいのモミジ並木は、傷んでいる葉が多く、かなり散り進んでいた。周囲に風をさえぎるものがないので、台風などのときの強風の影響を強く受けたものと思われる。

1101_4284

短い滞在にとどめ、府道25号~R477を進み、右京区宕陰地区に向かう

▼R477にて(11:15~11:20ごろ)

1116_4289s

周囲の山の紅葉の眺めよし

1119_4290

この区間、R477は1.5車線ほどの道幅だが、ダンプなどの大型車両もけっこう走っているので、要注意

1120_4293 

以下、続きます。。。

2014年1月19日 (日)

亀岡~右京区宕陰の紅葉&銀杏めぐりプチツーリング1(神蔵寺編)

11月21日(木)、半日休みを取って、R6で亀岡~右京区宕陰地区の紅葉&銀杏めぐりプチツーリング。

まずは神蔵寺編

8時半ごろ家を出て、今回は京都縦貫道は使わず、R9で亀岡入り。交通量の多いR9を避けて、京都府道402号経由で、亀岡の市街地を抜けて、R423~R372と進む。

案内が出ているのだが、その前で、左折して、住宅地の狭い袋小路に入り込んでしまい、住民の方に奇異な目で見られながら、少々苦労しながらUターン(^^;) 

こういうときR6の軽さは本当に助かる。この軽さが、ゼファー750>SV1000>R6と乗り換えた一つの理由。ただR6は切れ角がないので、切り返し回数が多くはなるのだが。。。

来た道をもどって、またR372に出て、少し行くと案内があり、そこで左折。進んで行くと、華やかに紅葉したところが目にとまり、あそこかな、と思っていたのだが、違うようで、さらに案内通りに進んで行き、9時15分頃、お寺の駐車場に到着。先客はおらず、広い駐車場に、R6が1台だけ。

お寺の入り口に料金ポストがあり、そこに拝観料を入れて、境内へ

▼神蔵寺にて(09:15~10:05)

0921_4120

0954_4182

門を入った正面に大きなモミジがあるのだが、こちらは見頃を過ぎ、葉が少々縮れぎみとなっていた。

0952_4179

お寺の石垣との組合せが好印象。次はぜひこのモミジが見頃のころ訪ねたい。

帰り際、境内へ入る橋の近くにバイクを停めて

1005_4204

(↓)神蔵寺の位置


大きな地図で見る

小一時間ほどの滞在後、神蔵寺を離れ、来るとき目にとまった紅葉を訪ねてみる。

このとき初めて知ったお寺の名前は苗秀寺

▼苗秀寺にて(10:10~10:40)

1013_4212

奈良時代創建の古刹。紅葉好きの人にはちょっと知られたところのよう。

1013_4213

この日このとき、紅葉を見に来ているには自分だけだった。

1028_4252

この鮮やかな赤が強烈に印象に残っている

1030_4258

1034_4271s

1036_4274

拝観料を徴収したりするなどの観光化されたところではなく、墓地もある静かなところなので、訪問する際はその辺、わきまえておくことが必要かと。

亀岡市の観光協会のHPで簡単に紹介されている(→紹介ページ

30分ほどの滞在後、丹波国分寺跡、樒原-四所神社、旧河原家住宅の銀杏めぐりへと向かうのだが、以下その2へ続きます

▽この日の関連記事

2014年1月18日 (土)

湖東湖北の紅葉めぐりツーリング(番外編-秋に咲く紫陽花)

2013年11月16日、湖東湖北の紅葉めぐりツーリングレポート、番外編

三島池で見かけた、紫陽花。11月半ばというのに、まだ花を咲かせていた

1609_3536

1610_3539

紅葉を背景に、紫陽花の花が見られるとは。。。

▽秋~冬のアジサイ関連記事

湖東湖北の紅葉めぐりツーリング4(三島池編)

2013年11月16日、湖東湖北の紅葉めぐりツーリングレポートの続きその4。。。三島池編

今回が最終回。

15時30分過ぎ、道の駅「伊吹の里」を離れ、三島池へと向かう。

三島池へ入る交差点で、車が事故を起こしていて警察車両もきていたりしたため、三島池への入り口とは気づかず一旦通り過ぎ、Uターン。

道の駅「伊吹の里」から、10分もかからず、三島池の駐車場へ到着。池を含めた一帯を「グリーンパーク山東」というようで、案内は、三島池と出ていたり、グリーンパーク山東と出ていたりするので、グリーンパーク山東の中に三島池があるということを知らないと、とまどうところ。

▼三島池にて(15:50~16:50)

1550_3504_2

紅葉自体は期待したほどではなかったが、日が傾き始めた時間帯で、伊吹山も見え、いい雰囲気

1556_3514

1558_3515

辺りを散策すると、草地の上に散り紅葉

1612_3543

夕刻の景色

1616_3549

鴨たちは人を見るととりあえず寄ってくるが、餌をもらえないとわかると、遠ざかって行く(^^;)

1620_3561

(↓)三島池の駐車場にて

1632_3578

見上げると雲がいい感じ

1638_3587

人も少なくなっていたので、バイクにまたがって、もう一度三島池へ

1648_3617 

1645_3609

一時間ほどの滞在後、三島池を離れ、帰路へ。

県道19号~R21~名神を経て、ちょうど19時に帰宅。

走行距離283km。燃費18.4km/l。積算距離39,819km

▽今回の関連記事

▽過去の関連記事

湖東湖北の紅葉めぐりツーリング3(奥伊吹編)

2013年11月16日、湖東湖北の紅葉めぐりツーリングレポートの続きその3。。。奥伊吹編

13時20分頃、醒井養鱒場を離れ、醒井渓谷沿いを走り抜け、奥伊吹へ向かう。

前年に続いて2度目の奥伊吹。前回訪ねたときのレポートでは、『「ドライブウェイ」的県道40号、奥伊吹ツーリング』とタイトルをつけたが、期待していくと、ちょっと物足りない感じ(^^;) 交通量少なく、信号もほとんどなく、ツーリング先として、良い所なのは間違いないのだが。。。。

醒井からは、R21を少し東へ進んだ後、県道19号を経由して、10分ほどで、奥伊吹行きの県道40号に入る。

▼県道40号にて

1437_3459

1418_3432

14時ごろに県道40号の終点、奥伊吹スキー場に到着。前年ほどの紅葉の鮮やかさはなく、 すぐに、降り返すことに。
奥伊吹スキー場の駐車場の一つでは、前年同様、四輪の練習会が行われていた。ちょっと調べて見たところ、18万円で1日貸し切り使用している模様。

行きはほぼノーストップだったが、帰り道は、寄り道しながらもどる。

途中、茅葺き屋根の建物があり、そこで停車。

▼奥伊吹ふるさと伝承館(14:20~14:30→米原市のHP

1431_3452

この辺りは甲津原(こうづはら)地区で、ここは「奥伊吹ふるさと伝承館」。もとは、江戸時代初期に建てられた民家だったとのこと。

1429_3444

中へはいらず、周囲からの眺めを楽しむのみ。

続いて、イチョウの木を見に、白山神社へ

▼白山神社の乳イチョウ(14:50~15:00)

1449_3463s

1450_3466s

1450_3465s

イチョウは境内表にあるのだが、境内奥には別の存在感のある大木があった

1456_3479_2

(↓)乳銀杏のある、白山神社の場所 


大きな地図で見る

この少し南側にも白山神社があり、そこにも目立つ銀杏の木があるのだが、そちらは前回訪問済み

この後、道の駅「伊吹の里」で小休憩

▼道の駅「伊吹の里」からの伊吹山(15:30ごろ)

1531_3498

バイクは数台停車中。そういえば県道40号では、前回は全くバイクを見かけなかったが、今回は2~3台見かけた。

以下、その4三島池編へ続きます。。。

2014年1月17日 (金)

湖東湖北の紅葉めぐりツーリング2(醒井編)

2013年11月16日、湖東湖北の紅葉めぐりツーリングレポートの続きその2。。。醒井(さめがい)編

11時過ぎ、百済寺を離れ、来た道をもどって、湖東三山スマートIC~米原IC間は高速利用、米原ICで出て、R21を東へ進み、JR醒ヶ井駅の交差点で右折し、滋賀県道17号を南下、11時45分頃に醒井峡谷へ到着。

いったん醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)横を通り過ぎ、林道方面へ進むと、光が射し込みいい感じ。バイク(R6)を停める。

▼県道17号、醒井養鱒場先にて

1153_3282

1159_3287

まだ道は続いていたが、折り返して、醒井養鱒場へもどる。

交通量も少ないし、その辺に停めても良さそうな感じだったが、念のため駐車場(有料)にバイクを停める。

1316_3417

入場料450円を払って、醒井養鱒場へ入る。

▼醒井養鱒場にて(12:00~13:00)

1205_3293s

のんびり1時間ほど、養鱒場内を散策

1211_3297s

訪問者はあまり多くなくゆったりとした感じ

1223_3317_2

1223_3320

1225_3326

屋根に生えた草がいい感じ

1227_3332

1252_3389

1256_3396

駐車場にもどると、先に紅葉とお堂が見えたので、歩いて寄ってみた

1306_3405s

お堂は、霊仙三蔵記念堂

1314_3414

お堂の近くにワンちゃんが2頭

1311_3409s 1312_3410s

さらに先に、醒井楼という虹鱒料理屋さんと、飛行観音 松尾寺があったが、このあと奥伊吹も訪ねたかったので、松尾寺は眺めるのみ 

1308_3407s

以下、その3(奥伊吹編)へ続きます。。。

2014年1月16日 (木)

湖東湖北の紅葉めぐりツーリング1(百済寺編)

2013年11月16日(土)、百済寺をメインに、湖東湖北(滋賀県)の紅葉をめぐるツーリングへ。今回は百済寺(→お寺のHP)編。

このツーリングまでは「くだらでら」と読むと思っていたのだが、調べると「ひゃくさいじ」だった(^^;)。お寺のHPによると、朝鮮半島にあった百済(くだら)と同じ緯度(北緯35.1度)上に位置している、とのこと

R6にて、朝7時過ぎの出発。京都南インターから名神利用

▼大津SAにて(07:45~07:55)

0755_3027s

写真後方は京都方面

湖東三山スマートインター(2013年10月21日開通)で名神を出て、R307で少しもどり、県道508号を経て、9時前に百済寺に到着。この時間、駐車場はまだ余裕あり。バイクは自分だけ。

▼百済寺にて(08:50~10:50)

0851_3028s

バイク置き場にR6を停め、庭園へ向かう

(↓)池の周りの庭園

0854_3032

庭園を上へあがっていく

1023_3213

1029_3227

1024_3215

坂を上がって行き、仁王門へ(9:15)

0915_3078_2

仁王門には大きなわらじ

0917_3088s

面長な仁王さん

1003_3180

仁王門をくぐり、階段を上がっていく

0918_3091

この辺りは高い木の日陰になるためか、まだ青々としていた
次は時期をずらして、この辺りが紅葉している頃、訪ねてみたい
10日後の11月下旬には、この階段付近も紅葉が進んでいた模様

1000_3170

木陰に日が射し込んでいい感じ

0956_3160_2

階段をゆっくり上がり、本堂へ(09:20)

0951_3151

本堂周辺も紅葉はまだまだ

0933_3109

0936_3117

階段を下り、また参道の雰囲気を味わいながら、庭園へもどってくると、大型の観光バスも続々と到着しているようで、参拝者はかなり増えていた

1032_3233s

1044_3249s

2時間近く、百済寺の境内をめぐって、駐車場にもどってくると隣にBMWが停められていた。

1049_3259   

駐輪場所の隣に、あんこ入りのよもぎ餅が売られていた。小腹がすいていたが、店頭には4個入りだけが並べられていて、食べきれず荷物になるなぁと思いながら、ちら見していると、「2個入りもありますよ」、と声をかけられ、それなら、ということで、買って、美味しくいただいた。

この後、醒ヶ井~奥伊吹へと向かうのだが、以下、続きます。。。

▽この日の関連記事

▽他の関連記事

2014年1月13日 (月)

紅葉と霧の高源寺(兵庫県丹波市)

2013年11月14日(木)、雲海の竹田城を見た帰り、兵庫県丹波市の高源寺に寄った

0901_2781

紅葉は見頃を終えかけているようで、あまり印象に残っていなかったのだが、撮った写真を見返すと、境内の味わい深さが伺えた
よかったと思って、帰って写真を見ると、自分の写真の拙さにがっかりすることが多いのだが、これは珍しいパターン

0905_2788

境内は霧でかすんでいた

0920_2814

0932_2837

降りてきたところから、上を眺めると、多宝塔の上、深い霧の中に太陽が見えた

0935_2845

0940_2858

0936_2847

0947_2878

近くの青垣インターで下りての遠阪峠越えは、お気に入りのツーリングコースなので、新緑の頃にでも、バイクでまた訪ねてみよう

▽この日の関連記事

白崎海岸で見つけた猿顔の岩

白崎海洋公園の展望台に立ち、ふと足下の岩を見ると、どうも顔のように見える

1302_9589

かなり猿顔。。。(^^)

白崎海岸の水仙

そろそろ水仙の時期かな、ということで、また淡路島にでも、と考えていたら、白崎海岸~番所山(由良町)にも水仙の群生地がある、ということで、今日(1月12日)バイクで訪ねてみた。

白崎海洋公園の手前、現在片側交互通行となっており、ちょうどその両端が水仙の群生地となっていた。

1443_9632

1454_9651

1456_9655

「県立白崎青少年の家」の方にも上がったが、見頃となるのはもう少し先のもよう。。。

規模という点では、淡路島の水仙郷(黒岩、立川)がやはり群を抜いているが、海岸の急斜面に咲く水仙は印象的。

ツーリングレポートはまた別途。。。

▽関連記事

振り返ると、本当の水仙の見頃の時期には訪れていないことが判明。。。(^^;)

2014年1月12日 (日)

池に映る若草山

1月11日(土)、車(R34スカイライン)にてお出かけ

曇り空背景に西日を浴びて、池に映る若草山がなかなかいい感じでした

1539_9506

1542_9512

金剛力士像も西日を浴びて、素敵でした

1550_9520

今年は、若草山の山焼き見に行こうかな。。。

日程は2週間後の2014年1月25日(土)

2014年1月11日 (土)

R6で紅葉の大山ツーリング(後編--船上山&帰路)

2013年11月2日、大山ツーリングレポートの後編。。。

12時前に昼食を終えた後、また大山環状道路を、時計回りで進み、12時20分頃、船上山の東坂登山口駐車場に到着。

▼東坂登山口

1411_1374s

車は3台ほどでそれほど多くなかった。バイクは自分だけ。

荷物&持ち物を整理して、船上山へ

▼船上山散策(12:20~14:10)

1230_1195s

駐車場から歩き始めるとすぐ、雰囲気のあるお地蔵さんに出会う。文政6年(1823年)建立の「船上山の一丁地蔵」と書かれていた。

1234_1202s

ススキの斜面を見ながら登っていく

15分ほどで、屏風岩のすぐ下に到着し、屏風岩をながめながら、屏風岩沿いの道(横手道)を進む。

1242_1217

見下ろすと、船上山ダムが見える

1243_1220

長さ600mの屏風岩が続く

1253_1242

ちょうど中間辺りに、大きな岩があった

1255_1249s

船上山は紅葉の名所とのこだが、今回歩いたコースでは、それほど紅葉は味わえなかった。今回は屏風岩を間近に見るのが目的だったので、問題ナシ(^^;)

1300_1256s

歩き始めて50分ほどで、千丈滝(雌滝)に到着

(↓)千丈滝の雌滝(13時10分~20分)

1314_1279

水量は少なめだった

1315_1285s

1320_1298s

雌滝の先に雄滝があるのだが、散策路は雌滝の下で途絶えていて、この先の行き方がわからず、ここで引き返すことに。

※雌滝の下の沢を越えて進んで行かないといけない模様。水量は少なくので、普通の靴でも沢を越えられそうな感じだったので、たぶんそうかなと思っていたのだが、やはりそうだった。

帰り道振り返ると、雄滝の上部が見えた

1325_1310

(↓)屏風岩の紅葉

1328_1315

(↓)雄滝

1329_1319

この辺り、木はまばらで、一本立っていた木が印象的

1347_1344

かすんでいて写真ではわからないが、遠く日本海まで見渡すことができる

見下ろすと、ハーレーが環状道路を走っていた

1406_1368s

(↓)駐車場まで下りてきて、屏風岩を見上げる

1410_1370s

荷物をまた整理して、ライダーモードに切り替えて、大山環状道路をまた時計回りに進む。

地蔵峠の先で、右折して、大山環状道路を離れ、県道45号(大山道)を東へ進む。

R313から倉吉を経て、R179(津山街道)~R482と進んでいく。
倉吉で、「白壁土蔵群」という案内看板が目に入り、寄ってみようかと迷ったが、今回はスルー。そのうち、倉吉の蔵めぐりメインでツーリングに出かけてもよさそうな感じ。

▼人形峠付近にて(15:25ごろ)

1524_1378

人形峠の峠道は、残念ながら通行止めで、やむなく、人形トンネルを進む

▼人形峠を東へ越えた辺り(15:30ごろ)

1531_1380s

交通量少なく、快走

▼恩原高原手前(15:35~45)

1535_1382s

道路沿いに渓流が流れており、バイクを停めて10分ほど、渓流と紅葉を眺めた

1539_1389

1542_1393s

その後また快走を続けると、恩原高原が現れた、恩原湖沿いの道もいい感じだったので寄ってみた

▼恩原高原にて(15:50~16:15)

1555_1397

奥へ進んでいくと綺麗な紅葉が見えた。確か恩原高原オートキャンプ場だったかと。。。利用者以外立ち入り禁止ということで、入り口から眺めるのみ(^^;)

(↓)高原スキー場にて

1559_1400s

恩原湖周辺(↓)

1604_1403s

白樺林も見られ、いい雰囲気

1611_1413

1614_1415s

16時15分頃、恩原湖を離れ、またR482にもどり快走。引き続き交通量少なし

(↓)R482沿いにて(16:20ごろ)

1621_1423s

1646_1427

(↑)鳥取自動車道をくぐり抜けたところで、この先のルート確認もあり、バイクを停め、振り返って眺めた(16:45ごろ)

なるべくした道利用で帰ろうと思っていたが、ぼちぼち日も傾いてきていたので、この後、R53を南下し、鳥取自動車道に入り、中国道~名神を経て、20時前に帰宅

------------------------------------------------
走行距離:約600km 燃費:18.6km/l 積算距離:39,336km
------------------------------------------------

2014年1月10日 (金)

R6で紅葉の大山ツーリング(前編)

2013年11月2日(土)、紅葉の見頃を迎えた鳥取県の大山へ。

まだ暗い4時40分の出発。名神(大山崎)~中国道と進む。朝早いので、さすがに宝塚トンネルの渋滞はなく、快調に進む。が、山間部はけっこう霧が出ていた。

▼勝央SAにて(6:30ごろ)

0634_0915s

この勝央SA~蒜山SAまでの区間、かなり冷え込んでいた。

▼蒜山SAにて(7:15ごろ)

0717_0918

視界良好。くっきりと大山が見える

蒜山インターで米子自動車道を出て、蒜山大山スカイラインへ

▼鬼女台にて(7:35~7:45)

0739_0928s

0742_0938

ここから、大山環状道路を時計回りで進む

▼奥大山スキー場にて(8時ごろ)

0800_0946

0801_0948

▼鍵掛峠付近にて(8:15~8:30)

0816_0962s

駐車場はほぼ満車。バイクは奥のスペースに停めることができた

0825_0980

すばらしき眺め

0829_0985s

望遠で寄ってみた

0829_0986s

▼三の沢にて(8:35~8:45ごろ)

0838_0990

三の沢手前の道路沿いの紅葉が特に印象に残っている

0839_0992s

三の沢にバイクを停めて、歩いてもどって、この紅葉を楽しんだ

0841_0998s

0844_1008s

▼二の沢にて(9時前)

0857_1030

0858_1033

二の沢を見下ろす 

0855_1022s

▼桝水高原にて(9:10~9:40)

0928_1066

高原にススキが広がり、しばらく高原を歩いて、眺めていた

さらに、大山環状道路を進む

0953_1090s

いったん大山環状道路から離れ、県道158号へ進み、大野池へ寄ってみた

▼大野池(10時ごろ)

1004_1094s

県道314号を経て、大山環状道路(この辺りは県道30号)を反時計回り

1026_1101s

国際エリアスキー場辺りまでの区間の道路沿いの紅葉も良かった

1046_1119

1051_1129s

1058_1149

1108_1166s

もどって、お蕎麦屋さん--遊登里庵(ゆとりあん) さん--で昼食にしようとするが、11時半からの営業ということで、まだ準備中だった。

1114_1167s

すでに車の女性連れが一組、待ってられたが、自分はまだ15分あるということで、さっきの道をもう一度走りに向かうことにする

1132_1183s

11時40分頃に、お蕎麦屋さんにもどって、昼食。
ここは、前年の2012年にSV1000で12時ごろに訪ねたときは満員で、断念したお店。ほんとは暑い時期に冷蕎麦を味わいたいのだが、お腹にやさしいよう、温蕎麦をいただいた。

以下、後編に続く。。。

▽今回の関連記事

▽過去の大山ツーリングレポート

2014年1月 8日 (水)

紅葉の刈込池ツーリング(後編)

2013年10月31日、紅葉の刈込池ツーリングレポートの後編。。。

11時前、刈込池に到着し、池周辺を散策

▼苅込池にて(11時前~12:20ごろ)

1055_0659

(↑)池周辺の紅葉よりもまず倒木の苔が気になる(^^;)

近くでは、NHK福井のスタッフが、撮影準備をしていた。この日の夕方の地方ニュースで取り上げる予定とのこと

1131_0709

朝は晴れていたのに、この頃、曇り空に。。。
県道173号であまり時間をかけなければ、青空背景の紅葉が見られたと思われるのだが。。。

1132_0712

1152_0744

1156_0754

1201_0765

1208_0782

1118_0686

1125_0701

1時間半ほど池周辺の紅葉を楽しんだ後、今回は、来た道と同じ急坂ルートでもどることに(前回は、ゆるやかな別ルートを利用)。

▼苅込池~駐車場(12:20~13:10)

1239_0821

この木が気になって10分ぐらい眺めていた

1241_0825s

▼帰りの県道173号にて(13:30ごろ)

1327_0851

R158に出て、東へ進む。帰りは、東海北陸道を利用。

まだ時間的に余裕があるため、R158から県道127号経由のルートを選択。

▼県道127号にて(14時半ごろ)

1428_0868s

1434_0874s

交通量のほどんとない県道127号を快走するが、やがて、この先通行止めの看板が。。。(^^;)
やむなく引き返して、R158までもどって東進。バイパスではなく、旧道の峠道を進む。

▼油坂峠にて(15時半ごろ)

1525_0886s

R156に出たあと、高鷲まで北上してから、県道45~316~317号と、ツーリングマップルお薦めの高原道を走り、南下。

途中、焼けはじめた空を眺める(17時前)

1656_0893

この後、東海北陸自動車道に入り、帰路へ。

▼川島PAにて(18:15ごろ)

1814_0907s

トイレ休憩後、観覧車のイルミネーションをしばし眺めて、再出発

20時半ごろ帰宅

--------------------------------------------
走行距離606km 燃費18.9km/l 積算距離38,738km
--------------------------------------------

▽今回の関連記事

▽過去(2012年10月28日)の関連記事

 

2014年1月 7日 (火)

紅葉の刈込池ツーリング(前編)

2013年10月31日(木)、休みを取って、紅葉の見頃を迎えた福井県の刈込池へ。

去年SV1000での訪問(→「舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング中編(刈込池トレッキング)」)に続いて2度目。今回はもちろんR6にて。

出発は5時10分。名神~北陸道へ。

▼南条SAにて(7時ごろ)

0701_0499s

雲の上に顔を出しているのは越前富士。給油時に、GSのオジさんに尋ねて、教えてもらった(あとから調べると時間かかるので.^^;)

途中、けっこう深い霧が出ていた

0703_0504

福井インターで下りて、R158を東へ進む。左折して県道173号へ入るところを通り過ぎ、仏原ダムまで来てしまったところで、Uターン。少しもどって県道173号を北上。

▼県道173号にて(08:40~10:00ごろ)

0846_0515s

(↓)北陸電力の設備と思われる

0858_0518s

(↓)鳩ヶ湯は廃業となっていた

0908_0527

前回はここでお蕎麦をおいしくいただいたのだが。残念。

(↓)サコサガ滝

0928_0551

0936_0557s

0943_0572

0946_0579s

写真を撮りながらなので、県道173号だけで1時間20分もかかって、ようやく駐車場に到着。たぶん距離は15kmほど。前回は休日で時間も遅めだったので、車のすれちがいで、一部停滞していたり、脱輪している車を見かけたりしたが、今回は、スムース。その分、好きなところでバイクを停められるので、時間は多く費やしてしまった(^^;)

▼駐車場にて(10時ごろ)

1001_0580s

一番奥の駐車場へ。車はほぼ満車。車は停められないスペースがあるので、バイクは停車OK。
こういうところで、車の駐車スペースに停めるバイクをけっこう見かけるが、がらがらでなければ、バイク向きの空きスペースを優先活用するよう心がけたい。

荷物・服装を整理して、トレッキングモードへ

▼駐車場から苅込池まで(10:00~10:55)

今回も急坂、短距離コースで向かう

1003_0583s

(↑)今年も大きな栗の木は健在

1024_0600s

(↑)透けて見える向こうの山の紅葉が素敵だった

1035_0616s

(↑)急坂の階段が続く。前年より落葉が多かったような気がする。2013年はどこも、風の影響を強く受けるところでは、 落葉が早かったり、傷んでいる葉が多かったのでは。。。

1040_0632s

黄色基調の紅葉の中を進む

1051_0652s

11時前、苅込池に到着。人気の紅葉スポットなので、平日でもにぎわっていた。

1054_0658s

以下、後編に続く。。。

2014年1月 5日 (日)

紅葉の高野山ツーリング後編(2013年10月)

2013年10月27日(日)、高野山ツーリングレポート後編

高野山の紅葉を味わった後、高野龍神スカイラインへ

高野龍神スカイラインは、紅葉シーズンには、バイクだけでなく、乗用車も多くなるが、渋滞するほどではない。

▼高野龍神スカイラインにて

1301_0283

1316_0297s

1344_0308s

(↑)あじさい園駐車場にて (↓)

1345_0309s 

1421_0334

(↓)護摩壇山にて

1453_0361s

高野龍神スカイラインを一往復。ところどころ休憩入れながらで、約3時間(12:50~15:50)。中の橋駐車場で小休憩後、帰路へ。

R370は渋滞が予想されるので、帰りはR371を利用。こちらR370に比べて道が狭い分、交通量はかなり少ない。

▼R371にて(16:40ごろ)

1638_0401

日が傾き始め、道路沿いの山がいい感じ

紀ノ川まで下りてきて、給油。ちょうど、紀ノ川に太陽が沈もうとしているところだった。

▼紀ノ川の河岸にて(17時ごろ)

1702_0403

2分ほどで、太陽は沈んでいった

1704_0406

橋本インターで京奈和(橋本道路)に入り、R24~京奈和~R24を経て、19時15分ごろ帰宅。

(教訓メモ)

この日、高野龍神スカイラインを走行中、事故後の現場に遭遇した。反対車線に車が停車中で、こんなところに停めたら危ないなぁと思いスピードをゆるめながら走っていたら、自分の走行車線側で事故があり、それを心配した方が、車を停めて、事故後の対応にあたっていたと思われる。

この時、自分は、いったん通り過ぎてしまった後、「停車中の車の手前で、交通整理などで協力することがあるな」と思って引き返す。が、その時は、もう停車している車はなくなっていた。

ということで教訓。。。

事故現場に遭遇したときの優先順位

1.負傷者の救助
2.救急車の手配
3.事故現場付近の交通整理

なお、その後の情報として、このときの事故は、大事にはいたらなかった模様

--------------------------------------------
走行距離316km。燃費約17km/l。積算距離38,132km。

▽今回の関連記事

▽過去の関連記事

紅葉の高野山ツーリング前編(2013年10月)

昨秋10月27日(日)、高野山ツーリングのレポート

天候晴。出発6時40分。

京奈和~R24で、橋本インターを出て、R370~R480と最短コースで、高野山へ。R370は途中から車がつまり始めたが、渋滞まではいかず、順調に進んで、9時ごろ到着。

まずは霊宝館前にバイク(R6)を停める。

▼霊宝館周辺にて

0910_9975

0913_9981

0914_9983

続いて金剛峯寺の正面駐車場に移動。この時間はまだ満車ではなかったが、車は駐車できない隅っこにバイクを停める。

▼金剛峯寺東門にて

0936_0001

▼金剛峯寺の西側付近にて

0946_0015

0947_0017

▼壇場伽藍(だんじょうがらん) にて

1009_0070

(↑)東塔

1014_0076

(↑)大塔

1016_0079

(↑)西塔

1048_0141

▼蓮池の中島にて

1038_0122

祠の裏側に美しい苔が広がっていて、お気に入りスポット

1041_0130 

▼蛇腹路(じゃばらみち)にて

1057_0166

続いて、金剛峯寺の東側へ歩いて行く

1131_0185

南側へ上がって行く階段があり、行ってみると清高稲荷大明神があった

1135_0192

もどってさらに東へ進むと恵光院(えこういん)があり、門の中に紅葉した庭が見えたので、訪ねてみた

▼恵光院にて

1207_0253

(↓)門の彫りもの

1145_0212 1145_0213

(↓)中庭の紅葉

1147_0220

1150_0230

1150_0232

▼赤松院・東根院

1203_0251

恵光院の向かいの仁王門を眺める

ここで引き返すことに。

途中、お腹が減ってきたので、かさ國というお菓子屋さんで、くるみ餅を買う。店内に休憩処があり、そこでいただく(お茶はセルフサービス)。美味であった。

金剛峯寺の手前、存在感のある門に引き寄せられ、普厳院に寄ってみる

▼普賢院にて

1228_0256

1231_0261

1232_0262

12時40分頃、金剛峯寺にもどってきた。約3時間と長い散策であった。

1239_0270

1242_0273

いつもは、高野龍神スカイラインがメインで、高野山は通り抜けるだけとなりがちだが、今回は、高野山メインで、高野山の紅葉を堪能した。といっても高野山の中央部分を回るにとどまったので、次は、奥の院方面も訪ねてみたい。

このあと、高野龍神スカイラインへ向かったのだが、それは後編にて。。。 

▽今回の関連記事

▽過去の関連記事

2014年1月 4日 (土)

広隆寺の寒桜

1月4日(土)のお昼

去年に続いて2度目の広隆寺

楼門入った左手、寒桜が少し咲いていました

1252_9254

1253_9258

去年は、特に気にとめなかったのですが、この松の樹形、いい感じですね

1256_9264

柿の実がまだ残っておりました

1257_9266s

弥勒菩薩(半跏思惟像)はやはり素敵でした

▽過去の関連記事

2014年1月 3日 (金)

R6で初乗り--ハート型のかさらぎ池へ

南伊勢町にハートの形をした池があるということで、2014年初乗りの訪問先は、三重県の南伊勢町、鵜倉園地。

鵜倉園地にはいくつか展望台があるが、そのうちの見江島(みえしま)展望台から見下ろすと、かさらぎ池がハート型に見えるとのこと。

1418_9194

ハート型かどうか以前に、14時過ぎの時間帯は、逆光で、うまく撮れなかった。。。(^^;)

1417_9190

引いて撮ると、 こんな感じ

次は、夕暮れの時間帯に訪れたいところ。ただ池は山影になって、綺麗に夕焼けに染まらないかも。。。

車数台停車可。R260から展望台までは1車線道。路面状態は悪くなかった。

南伊勢町のHPは→こちら

ツーリングレポートはまた別途。。。

2014年1月 2日 (木)

天橋立神社

1月1日(水)午後

▼天橋立の中にある天橋立神社にて

1557_9077

▼天橋立神社周辺にて

1552_9070

1605_9082

1544_9060

智恩寺は、長い行列ができていた。

対岸の籠神社~成相寺方面のR178は、おそらく駐車場までの1.5kmほど渋滞していたので、引き返した。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □