フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 紅葉の高野山ツーリング前編(2013年10月) | トップページ | 紅葉の刈込池ツーリング(前編) »

2014年1月 5日 (日)

紅葉の高野山ツーリング後編(2013年10月)

2013年10月27日(日)、高野山ツーリングレポート後編

高野山の紅葉を味わった後、高野龍神スカイラインへ

高野龍神スカイラインは、紅葉シーズンには、バイクだけでなく、乗用車も多くなるが、渋滞するほどではない。

▼高野龍神スカイラインにて

1301_0283

1316_0297s

1344_0308s

(↑)あじさい園駐車場にて (↓)

1345_0309s 

1421_0334

(↓)護摩壇山にて

1453_0361s

高野龍神スカイラインを一往復。ところどころ休憩入れながらで、約3時間(12:50~15:50)。中の橋駐車場で小休憩後、帰路へ。

R370は渋滞が予想されるので、帰りはR371を利用。こちらR370に比べて道が狭い分、交通量はかなり少ない。

▼R371にて(16:40ごろ)

1638_0401

日が傾き始め、道路沿いの山がいい感じ

紀ノ川まで下りてきて、給油。ちょうど、紀ノ川に太陽が沈もうとしているところだった。

▼紀ノ川の河岸にて(17時ごろ)

1702_0403

2分ほどで、太陽は沈んでいった

1704_0406

橋本インターで京奈和(橋本道路)に入り、R24~京奈和~R24を経て、19時15分ごろ帰宅。

(教訓メモ)

この日、高野龍神スカイラインを走行中、事故後の現場に遭遇した。反対車線に車が停車中で、こんなところに停めたら危ないなぁと思いスピードをゆるめながら走っていたら、自分の走行車線側で事故があり、それを心配した方が、車を停めて、事故後の対応にあたっていたと思われる。

この時、自分は、いったん通り過ぎてしまった後、「停車中の車の手前で、交通整理などで協力することがあるな」と思って引き返す。が、その時は、もう停車している車はなくなっていた。

ということで教訓。。。

事故現場に遭遇したときの優先順位

1.負傷者の救助
2.救急車の手配
3.事故現場付近の交通整理

なお、その後の情報として、このときの事故は、大事にはいたらなかった模様

--------------------------------------------
走行距離316km。燃費約17km/l。積算距離38,132km。

▽今回の関連記事

▽過去の関連記事

« 紅葉の高野山ツーリング前編(2013年10月) | トップページ | 紅葉の刈込池ツーリング(前編) »

ツーリング2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の高野山ツーリング前編(2013年10月) | トップページ | 紅葉の刈込池ツーリング(前編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □