フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

ツーリング2013年

2014年2月 2日 (日)

紅葉の伊賀上野城ツーリングその3(二つの古い校舎&月ヶ瀬編)

11月30日、紅葉の伊賀上野城ツーリングレポートその3、伊賀上野城近くの二つの古い校舎&月ヶ瀬編

伊賀上野城の駐車場にバイクを置いたまま、歩いて2分ほどの、三重県立上野高校を訪ねてみた。いい感じの古い校舎が目に留まったので。

現役の高校で、実際に使用されている校舎なので、観光用に公開されたりはしていないようなのだが、高校の先生らしき方に、写真撮らせてもらっていいですかと、尋ねてみた。すると、事務室で聞いてほしいとのことで、事務室のおじさんに、校舎の外からならいいですよと、許可をいただく。

※事務室は部外者にはわかりずらいが、門を入って左手にあり

▼三重県立上野高校--明治校舎(13:20ごろ)

1320_6420

1900年(明治33年)建設。美しい白亜の校舎

この校舎を一回りした後、駐車場にもどって、旧小田小学校へ向かう。こちらは観光用に公開され、駐車場も整備されている。

▼旧小田小学校にて(13:45~14:30)

1427_6506

入館料100円

2Fにあるステンドグラスがいい感じ

1401_6473

1Fでは、給食の変遷など、
2Fでは、戦争直後の黒塗り教科書を含め、昔の教科書などが展示されていた

1411_6489s

のんびり45分ほど滞在した後、名阪国道を利用し、月ヶ瀬へ向かう。

名阪国道の五月橋インターで降りるとわかりやすいのだが、手前のインターでも「月ヶ瀬」という案内が出ており、そちらで降りてしまい、ちょっとだけ寄るつもりが、ぐるっと大回りして、高山ダム方面から、月ヶ瀬湖岸道をがっつり走ることになってしまった(^^;)

▼月ヶ瀬湖岸--府道82号にて(15:15)

1515_6512s

月ヶ瀬を通り抜け、曽爾高原へ向かおうと、県道80号を走り、イチョウの黄葉が見えたところでバイクを停める

▼奈良県道80号にて(15:30ごろ)

1531_6520

左下に落葉した枝垂れ桜があった

1531_6519

ちょっと曽爾高原へ行くには、時間的に遅くなってしまったなぁ、ということで、ここですっぱりあきらめ、Uターンして、月ヶ瀬にもどり、紅葉を味わうことにした。

▼月ヶ瀬にて(16時ごろ)

1555_6523

(↑)奈良県道4号線沿い

(↓)月ヶ瀬梅の資料館から西へ上がったところ

1602_6530

1602_6533

散り紅葉に、西日が当たりいい感じ

1603_6534

この後、また月ヶ瀬湖岸の府道82号のワインディングを走り、R163~R24を経て、18時30分頃帰宅

------------------------------------------------
走行距離:227km.燃費16.4km/l.積算距離40,538km
------------------------------------------------

これで、ようやく2013年のツーリングレポートが終わったと思ったら、今年1月分が全然アップできていないので、まるまるたまってしまった(^^;;)

なお、三重県立上野高校の明治校舎と旧小田小学校は、後日、もう少し写真紹介の予定

▽この日の関連記事

2014年2月 1日 (土)

紅葉の伊賀上野城ツーリングその2(伊賀上野城編)

11月30日、紅葉の伊賀上野城ツーリングレポートその2、今回のツーリングの訪問先のメインとなる伊賀上野城編

11時30分頃、有料の駐車場にバイクを停め、伊賀上野城散策。

歩いて行くと、変わった形の建物が目にとまる

▼俳聖殿

1142_6294s

1942年に芭蕉生誕300年を記念して建設されたらしい

一旦堀の外に出て、外から石垣を眺める

1154_6308s

(↓)幹が曲がりくねって、石垣の方に伸びた木がいい感じ

1155_6311

続いて石垣の上から、石垣を見下ろす

1210_6319

右上に人がいるので、石垣の高さがわかるかと

紅葉は多くないが、この一本モミジは、いい感じに色づいていた

1218_6332

(↓)あまり目立たない一角(上野市民会館の駐車場付近)に、紅葉スポット発見

1228_6356_2

1235_6379

その後、天守へ

1243_6387s

1935年に作られた模擬天守
元の天守は、1612年、完成前に倒壊し、その後、豊臣氏の滅亡により、天守が作られることはなかったとのこと。

(↓)天守内の展示物

1249_6391

1250_6392

1300_6411s

(↓)天守からの眺め

1256_6402 

1時間半ほど、歩き回った後、近くにある、三重県立上野高校の古い校舎--明治校舎(三重県指定有形文化財)--や、明治14年(1881年)に建てられた旧小田小学校を訪ねるのだが、以下、その3へ続きます。。。

2014年1月31日 (金)

紅葉の伊賀上野城ツーリングその1(案山子畑編)

11月30日(土)、R6にて伊賀上野城へ。近くは何度か通過したことはあるが、伊賀上野城は初めて。石垣と紅葉の組合せを期待して、訪ねてみることに。。。

朝8時半ごろの出発。

ふと、開館前の大山崎山荘に寄ってみることに。

▼大山崎山荘にて(9時ごろ)

0903_6260s

美術館の開館は10時からで、ここで門が閉じられている

0904_6262s

車もバイクも駐車禁止(自転車は駐輪可)だが、開館前で誰もいないので、ちょっとだけバイクを停めさせていただいた

続いて、京滋バイパス側道(R478)~府道241号~3号で、宇治の縣神社に立ち寄る。

▼縣神社にて(09:40~09:50)

0945_6276

イチョウは見頃

0941_6269s

出迎えてくれて、境内でくつろぐワンちゃん

0948_6279

この後、宇治川ライン~R307~R422と進む。

R422は三重県に入って少し行くと、1.3車線ほどの峡路となり、三叉路に突き当たると、どちらが国道なのか、見分けがつかなくなり、右折するところを左折してしまった。

で、少し行くと、案山子畑があった。

▼案山子畑にて(11時前)

1057_6281

(↑)写真中央のおばあさんが、かなりリアル(^^)

1058_6282

(↓)こちらのおじいさんもけっこうリアル

1059_6284

近くに三重交通バスの「案山子畑」停留所がある


大きな地図で見る

ここで引き返し、R422へもどり南下。その後、見通しのよい田園地帯を真っ直ぐ走る。

いい感じの雲の風景だったのでバイクを停める

1117_6288

1116_6287s

このあと、何となく良さそうな道を走って、ルートはよくわからなくなるのだが、適当に走っていると、伊賀上野城の案内が現れ、11時30分頃、伊賀上野城駐車場に到着した。

以下、その2、伊賀上野城編に続きます。。。

▽この日の関連記事

2014年1月30日 (木)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその3(篠山編)

11月27日、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリングその3、篠山編

11時前に龍穏寺を離れ、少しバイクを走らせようと、府道453号~702号と篠山方面へ向かう。

▼府道453号にて(10:55)

1054_5842

山々が紅葉していて、Uターンして、紅葉している山を背景に1枚

兵庫県篠山市に入って、県道303号を南下し、ゴルフ場横を走り抜ける。しばらく前に見つけたワインディングコース。

▼ベルグリーンCC横の道にて(11:10~11:40)

1124_5854

この辺りの道路沿いの紅葉も楽しめた

1135_5860s

1135_5861s

1137_5864_2

走り抜けて、平地に降りてきたところにある小さな神社でバイクを停める

1118_5851

このCC横の道を一往復半した後、R372へ。R372に出る手前にある禅昌禅寺さんでも紅葉が目に入りバイクを停める

▼禅昌禅寺にて(11:40ごろ)

1141_5868

1142_5870

R372に出て、府道73号で、千代川インターに入る手前で、ちょっと横に入った道に紅葉が覆いかぶさるのを見かけ、またバイクを停める。

▼岩城(いわしろ)神社横にて(12時すぎ)

1206_5879

その後、京都縦貫道を経て、帰宅

----------------------------------------------
走行距離:135km.燃費15.8km/l.積算距離40,311km
----------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

2014年1月29日 (水)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその2(龍穏寺編)

11月27日、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリングその2、龍穏寺編

10時前に、摩氣神社を離れ、10分弱で、南丹市園部の龍穏寺(りょうおんじ)に到着。坂を上がって、駐車場にバイクを止める。お寺のワンちゃんが、吠える声が聞こえる。。。

▼龍穏寺にて(10:05~10:50)

1011_5765

ひっそりとした参道の散り紅葉を独り占め

1023_5800

1026_5810

参道脇に、存在感のあるモミジ

1027_5813

竹と柿の木も見え、いい感じ

1033_5825

境内に、さきほど吠えていたワンちゃん

1037_5832s

ゆっくりと近づくと、吠えることなく、スキンシップ

ちゃんと番犬の役目をはたしながら、怪しい者でないとわかってくれたのか、訪問者を受け入れてくれました(^^)

このお寺は、 ブログ村 の 京都風景写真 に登録されているブログで紹介されていて、いいところだなと感じて今回寄ってみた次第。紹介されているとおり、素敵な紅葉に出会えました。

最近は、 ツーリングブログ よりも、風景写真ブログで、素敵なツーリングスポットを見つけることのほうが多くなってきたかも。。。

この後、兵庫県の篠山方面へぐるっとバイクを走らせる。以下、その3(最終回)へ続きます。。。

▽この日の関連記事

2014年1月28日 (火)

紅葉の南丹市~篠山市ショートツーその1(摩気神社)

11月27日(水)、午前中のみ、紅葉の南丹市~篠山市をめぐるショートツーリング

8時半ごろ出発し、まずは摩気神社に寄ってみる

▼摩気橋にて(09:20ごろ)

0923_5706s

イチョウは見頃で、川岸は黄葉の絨毯となっていた

0925_5710

▼摩気神社(09:30~09:55)

0954_5746

紅葉で有名ということではないが、訪ねてみた

0949_5735s

山門横と本堂裏などに数本、紅葉したモミジが見られた

0951_5739

0953_5745

0936_5721s

この後、南丹市の紅葉の名所、龍穏寺へ向かう。

以下その2に続きます。。。今回も細切れレポートになります(^^;)

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

2014年1月26日 (日)

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその5(奥琵琶湖パークウェイ)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その5(最終回)、奥琵琶湖パークウェイ編。

長浜市高月町にある、己高山 観音寺の一本モミジを堪能した後、少しはR6での走りも楽しもうと、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。

R365~R8へ進む。R8に出ると、バイクを多く見かけるようになる。さらにR303を経て大浦地区に周り、県道557号を南下して、奥琵琶湖パークウェイへ進む。

今これを書くまで、奥琵琶湖パークウェイの起点は、国民宿舎つづらお荘のあるところ、つづら尾崎展望台へ上がる道と、管浦集落へ入る道の分岐点、冬季閉鎖となる区間と思っていたのだが、どうも、大浦地区を起点とする県道513号と、つづら尾崎展望台から先の県道512号全体を合わせて奥琵琶湖パークウェイと呼んでいる模様。

管浦集落までの湖岸のワインディングを快走後、つづら尾崎展望台へと上がって行く。こちらは、工事区間があり、路面状態もあまりよくない状態が続く。

つづら尾崎展望台の手前側の駐車場にバイクを止める。

▼つづら尾崎展望台にて(14:50~15:25)

1508_5294s

1501_5270s

道路沿いに素敵な紅葉が広がっていた

1456_5257s

駐車場には、マスツーのバイクが多く止まり、紅葉眺めていると、何台もバイクが通り過ぎて行った

1459_5265s

1504_5283s

1508_5295

その後、奥の広い駐車場に移動。琵琶湖~伊吹山方面を眺める。この日は、視界良好(^^)

1520_5307

で、さらに奥琵琶湖パークウェイを先へ進もうとすると、この先通行止め(その後冬季通行止め期間に入ったため、通行再開は4月予定)。

県道513号を引き返し、管浦地区へ寄ってみた。

▼管浦集落にて(15:40ごろ)

1537_5313

1540_5316s

鳥居の見える、須賀神社には一度寄ってみようと思っているのだが、この日はもう16時前となっているので、イチョウの木を眺めるのみ。

また地図を見ていて気づいたのだが、この管浦集落は西浅井町になるのだが、つづら尾崎展望台のある辺りは、高月町片山。で、その先は、西浅井町月出。この辺り、琵琶湖北部の対岸の高月町の飛び地となっているもよう

▼県道513号の湖岸にて(15:55ごろ)

1555_5318

この後、海津大崎~R161を経て、メタセコイア並木の様子をうかがいに行く。少し色づいた木もあったが、この辺り、すでに太陽も山に隠れてしまった時間帯でもあり、写真は前に紹介した1枚のみ(→「メタセコイア並木(滋賀県マキノ町)の今」)

▼夕暮れのマキノ町にて(16:30ごろ)

1628_5320

雲の様子が印象的だった

16時半マキノ町を離れ、R161(バイパス)~名神を経て、18時過ぎ帰宅

----------------------------------------------------
走行距離262km。燃費18.5km/l。積算距離40,176km
----------------------------------------------------

▽この日の関連記事

▽その他の関連記事

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその4(己高山 観音寺)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その4、己高山(こだかみやま/ここうざん)観音寺編

13時に天川命神社を離れ、奥琵琶湖パークウェイへ向かう途中、走り始めてほんの数分行ったところに、桜の紅葉があり、Uターンして、バイク(R6)を停める。

1307_5110

1310_5117s

そしてまたバイクを走らせ、ほんの2分。吸いよせられるように、誰もいない、ひっそりとしたお寺へ。

▼己高山 観音寺にて(13:10~14:10)

1312_5118s

境内に入って、最初は特に目にとまらなかったのだが、本堂に向かって右手にそれほど大きくはないモミジが一本あり、その裏手から眺めると、光の加減で、赤が映える。

1323_5141

2013年に見た中で、一番美しいと感じた紅葉で、上の写真がお気に入りの一枚となった

1325_5146

1339_5189

裏手に道が通り、田園風景広がる

1327_5152s

裏手の道を行く方が、自分がいる間だけでも、数名、足を止め、このモミジを眺めていた。

1333_5166

1338_5182

正面から見るとこんな感じ。綺麗に色づいているなと思う程度で、裏手に回らなければ、見過ごしてしまうところ。

1345_5204

観音寺の近くに、白壁の古い建物があった

1349_5210s

傍らに、綺麗なお花を供えられたお地蔵さん

1401_5233s

1402_5236s

去り際に、裏手の道にバイクを停め、記念撮影

1407_5246

ふと引き寄せられて、ほぼ1時間も滞在、気ままなソロツーリングならではの、素敵な一時だった。

この己高山 観音寺の本尊の観音さまは、別名「袋かけ観音」と云われる千手観音で、一組の手を頭上で重ね阿弥陀如来をのせているとのこと。
通常は予約が必要だが、毎年開催されている「観音の里 たかつきふるさとまつり」の際は、この辺りの仏像めぐりができるらしい。2014年8月3日(日)開催されるもよう(→「
長浜・米原・奥びわ湖観光サイト」)

またR6にまたがり、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。以下その5(最終回)、奥琵琶湖パークウェイ編に続く。。。

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその3(天川命神社と雨森芳洲庵)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その3天川命神社と雨森芳洲庵編。

鶏足寺の臨時駐車場から、天川命神社までは、直線距離で2km程度。12時ごろ駐車場を出て、数分で到着。バイク(R6)を停める。

▼天川命神社にて(12:05ごろ)

1207_4981s

イチョウの木は、ちょうど黄葉のピーク

1207_4983

境内を通り抜けて、徒歩圏内にある雨森芳洲庵を訪ねてみた

(↓)地図中の(A)が天川命神社.右上に鶏足寺


大きな地図で見る

近くに、十一面観音立像で有名な渡岸寺観音堂(向源寺)もあり、機会を見つけて訪ねたいと思っているのだが、紅葉シーズンは見て回りたいところがたくさんあるので、なかなか寄れない.^^;)

(↓)周辺散策地図

1248_5076

▼雨森芳洲庵とその周辺(12:15~12:20)

1214_4998s

高月町雨森地区には水路がはりめぐらされており、水車が回る

(↓)水路に、雨森芳洲が乗る生涯学習丸(^^)

1222_5019s

1224_5023s

1223_5021s

雨森芳洲庵の敷地の中に、小さな祠があった

1217_5006s

1217_5008

雨森芳洲庵(東アジア交流ハウス)の庵内には入らず(入館料300円)、また天川命神社へもどってくる

▼再び天川命神社にて(12:30~13:00)

1230_5035

イチョウの落ち葉についた水滴の表面張力が目を引く

1232_5044

イチョウの木を見上げる

1236_5053s

1236_5055s

また境内から少し離れ周囲を散策

1241_5065s

離れたところからも、天川命神社のイチョウの存在感十分

1244_5069s

1246_5072s

(↓)イチイの木の生け垣(写真右下)

1247_5074

またもどってきて、鳥居を見上げる

1257_5097s

鳥居前でも水車が回る

1300_5106s

トータル1時間ほど、天川命神社~雨森芳洲庵周辺を散策した後、奥琵琶湖パークウェイへ向かう。が、すぐ行ったところの、己高山 観音寺へ立ち寄ることになる。。。 以下その4へ続きます。。。

2014年1月25日 (土)

紅葉の鶏足寺・湖北ツーリングその2(興志漏神社編)

2013年11月23日、葉の鶏足寺・湖北ツーリングレポート続き、その2興志漏神社編。

鶏足寺から帰る途中、腹ごしらえした後、通り道となっている興志漏(よしろ)神社でも紅葉を楽しむ。

▼興志漏神社にて(11:30~11:50)

1137_4944

1134_4938

1141_4956s

1135_4941

1143_4961

神社は小高いところにあるので、周りの山々の眺めもよい

1146_4974s

この後、また道路に引かれた矢印を逆にたどって、駐車場へ戻る。駐車場には到着時はバイクは自分のR6だけだったが、もどると、隣にもう1台バイクがあった。車は完全に一杯で、待たないと入れないようだった。

駐車場は基本無料なのだが、協力金を入れる箱があったので、少しばかりのお金を入れる。交通整理の方など多く出ていて、費用もかかっているようだったので。

この後、天川命神社へと向かう。以下、その3へ続きます。。。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-