フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

千光寺--小倉山より遠望

11月29日(金)朝

小倉山の展望台の奥から眺めた、大悲閣 千光寺

0934_6063

望遠にて。イチョウが見頃です

0925_6051

展望台からの眺め

0936_6066

小倉山の紅葉。この木は、周りの木々によって、雨風から守られたのでしょうか。。。
他の木が色褪せ、落葉している中、目立ってました

0945_6081

今日の嵐山

今日、11月29日(金)の嵐山

0908_6032

今日は、青空と雲がいい感じでした

1001_6117

営業を再開されたようです

0948_6088

渡月橋から、保津川左岸を上流にずっと奥まで進んだ辺り

嵐山の紅葉は、今週末が一番の見頃でしょうね。

ただ小倉山は、散り進んで、いい感じに見えた紅葉は一本だけでした。 

イチョウ見頃の仏光寺

11月28日(木)昼過ぎの佛光寺

1412_5913

1407_5903

▽過去の仏光寺関連記事

2013年11月29日 (金)

京都御苑の紅葉

11月28日(木)、昼過ぎ

京都御苑、北西エリアにて

1447_5954

1516_6003

1511_5998

1525_6026 

京都国際マンガミュージアムの桜の紅葉

11月28日(木)、昼過ぎ

烏丸通りを通っていて、オレンジ色の建物にオレンジ色の桜の紅葉が目にとまり、寄ってみた

1432_5931

1434_5935

京都国際マンガミュージアムの館内へは入らず
今年夏、諸星大二郎原画展の開催中に、訪れたかったのだが。。。

北側に駐輪場有り

桂川と天神川の間、桜並木の紅葉

11月28日(木)朝

今年の春、桜の季節に写真を撮ったところ、桂大橋の南、桂川と天神川の間の桜並木を訪ねてみた

0902_5891

曇りがち。もう少し、光を浴びていれば。。。

春の桜の咲く頃の記事はこちら→「桂大橋の南、桂川と天神川の間にて

2013年11月28日 (木)

龍穏寺--散り紅葉

11月27日(水)朝

南丹市園部町にある龍穏寺(りゅうおんじ)

今、散り紅葉が素敵です

1015_5775

1010_5762

1014_5771

1014_5773

1022_5795

1011_5766

自分が到着してしばらくは、一人だけでしたが、帰ろうとするころ、カメラ教室的な集団のみなさんがどっと押し寄せて来られました。

存在感のあるモミジもありましたが、こちらはまた別途紹介します

参拝者用の駐車場有り

▼龍穏寺の地図


大きな地図で見る

2013年11月27日 (水)

地蔵院(竹の寺)の紅葉

11月26日(火)朝。地蔵院(竹の寺)の紅葉

京都市西京区にひっそりとあるお寺

1035_5638

1032_5626

1034_5636

1027_5614

1020_5597

1017_5589

1013_5580

1030_5620

今回初めての訪問。落ちついていい感じ。境内でも、この近くでもネコを見かけました。

駐車場5台分ほど有り。入り口はわかりづらく峡路。自分は、バイクを鈴虫寺の駐車場付近に停め、そこから歩きました。

真紅の紅葉--奥嵯峨にて

11月26日(火)朝。奥嵯峨にある、小さな神社。

先日他の方のブログを見て初めて知って、出かけてみた。素敵な場所だった。
まだまだ知らない京都がたくさんある。

まず竹林と黄色のモミジが出迎えてくれる

0927_5517

0932_5530

そして鳥居

0926_5514

境内は色鮮やかな世界

0903_5463

0921_5502

鶏足寺にも引けを取らない鮮やかさ

0922_5507

境内は広くはない。が、飽きることはない

0924_5510

0906_5469

0910_5477

0917_5494

散り紅葉をあじわいに、また来ます

※追記・・・また別の方のブログで、この神社の方は、この場所が広く知られ渡ることをお望みでない、という記事を見かけたので、神社の名前と場所は、非掲載としました
どうしても訪ねてみたいという方がいらっしゃれば、そうした事情を承知の上で、お問い合わせください

2013年11月26日 (火)

嵐山の紅葉、見頃突入

今日11月26日(火)朝の嵐山

0848_5447

0848_5449

0850_5451

いよいよ紅葉の見頃に入りました

中国自動車道で陸橋から自転車投げ込み(10月)

事件の概要は、下記の通り

  • 10月14日午前2時ごろ、兵庫県川西市の中国自動車道で、陸橋から自転車2台が約11メートル下の道路に投げ込まれた
  • 乗用車など計7台が接触し、車両は損傷したが、けが人はなかった
  • 11月24日兵庫県警は、殺人未遂容疑を視野に、現場検証を行った

現場検証の報道が、ちょろっと耳に入っていて、さきほどネットで調べて、事件を知った。

もしこのときバイクが通りかかっていたら。。。 深夜に自転車2台が横たわっていれば、避けるのは難しい。また、避けようとしても、あるいは緊急停止しようとしても、それはそれで、他の車両との接触というリスクが存在する。接触~転倒~死亡(orよくて重傷)は避けがたい事件。きわめて悪質な犯行といわざるをえない。

これからは、こうしたことも危険予測に入れて、高速走行しなければならないということか。

山間部での、鹿など動物の進入は、一定の確率で起こりうることとして、危険予測に入れるべきと常々思っておりますが。。。

今回のような悪質な投げ込みは、そう多くないとしても、落下物はちょくちょくあることなので、それは危険予測に入れなくてはならないこと。

あれこれ考えると、バイクの場合、車以上に、夜の視認性が落ちるので、夜間走行はなるべく避けるというのが、賢い選択となるのでしょうね。
といっても、早朝に長距離移動して、昼間はツーリング先で長く過ごし、日暮れ前に帰路へついて、夜間に帰宅、というのが長距離ツーリングライダーの一つのスタイルとなっているでしょうから、全く夜間走らないというわけにもいかないけれど。。。

とにかく、夜間に走るときは、周囲の状況と制動距離を常に考慮して、スピード控えめがよいでしょう。夜間は覆面さんの識別も難しくなりますし。。。(^^;)

2013年11月25日 (月)

メッツラーM5、7000kmもたず。。。

メッツラーM5、前後とも7000kmもたず。。。

SV1000のときのダンロップD205も後輪は短いライフ(7000kmで交換)だったが、R6のメッツラーM5は後輪だけでなく、前輪も7000kmもたず、スリップサインがでてしまった。。。

まぁスポーツ寄りタイヤなので、こんなものでしょうか。このタイヤで嵐山高雄パークウェイも3度走ったし。

これまでのタイヤと比較しての特徴2点

1.前輪後輪がほぼ同じペースで消耗。これは、初めての経験。これまでおおむね前輪2:後輪3のペースであった

2.端まで使わず(特に後輪)。前のタイヤ(BT-020)では、嵐山高雄パークウェイを走ると、端までそれなりに使っていたが、メッツラーM5では5mmほどまだ端が残った。たぶん、より深いバンクを想定しているのでしょう。バンクさせても不安感などないが、自分が走る公道での旋回速度では、それ以上バンクさせる必要がなかった、ということ

7000km=オイル交換2回に1回でのタイヤ交換では財布に厳しいので、今回は、ゼファー、SV1000でも履いていたミシュランのパイロットロード2を選択。これなら、自分の走りだと、1万kmはもってくれるでしょう。

これからは寒い時期になるので、ツーリング寄りタイヤでよいかと。どっちみち、スポーツ寄りのタイヤの性能を引き出せるわけでもないし(^^;)

▼嵐山高雄パークウェイにて(11月6日)

1137_1877

1225_1952

▼嵐山オルゴール博物館にて(11月6日)

0916_1835

金蔵寺の紅、健在

本日11月24日(日)の朝

金蔵寺は8時からにぎわっていました

遠方からのナンバーもちらほら

0841_5379

0845_5391

レンズが汚れていることに今ごろ、気づいてしまった(^^;)
が、そのままアップします(^^;;)

0846_5392

例年に比べると少し見劣りするような気がしますが、それでも、ここの紅は健在でした

0837_5368

車はすれ違いできるところは限られているので要注意
バイクも、砂が浮いているところがあるので、安全運転で。。。

2013年11月24日 (日)

メタセコイア並木(滋賀県マキノ町)の今

11月23日(土)日暮れ前のメタセコイア並木

たぶん今が、一番見頃でない時期です(^^;)

1628_5319

緑に少し茶色が混じり始め、くすんだ感じになっています

綺麗な茶色に染まるには、もうしばらくかかりそう

※追記・・・1週間経った11月30日現在は、かなり紅葉が進んで、特に朝夕はかなり美しくなっているようです

天川命神社--黄色の世界

11月23日(土)昼

去年に続けて2度目の訪問。長浜市高月町雨森地区にある天川命神社

1256_5093

1211_4993

1210_4990

ここから歩いて行ける距離にある芳洲庵でも、紅葉が味わえました。次は芳洲庵もゆっくり訪ねるようにしたい

奥琵琶湖パークウェイの紅葉&通行止め情報

11月23日(土)、昼過ぎ

奥琵琶湖パークウェイの紅葉がこんなに素敵だったとは。。。

1456_5256

1510_5301

1501_5272

1506_5288

1522_5310

来年からは、毎年この時期、走りに来よう

なお、台風18号の影響により、2013年9月17日からつづら尾崎展望台~つづら尾崎ゲート区間は通行止めになっていました。知らなかった。。。開通予定は来春とのこと。

2013年11月23日 (土)

己高山 観音寺の一本モミジ

11月23日(土)、鶏足寺~天川命神社を訪ねた後、ふと立ち寄った、己高山 観音寺(長浜市高月町雨森)

本堂向かって右にある、一本のモミジの赤がとても綺麗でした

1324_5143

1335_5171

風が強く吹き、境内で落葉が舞った

1340_5192

1408_5247

こちらのHPに情報有り(http://butsuzoworld.com/siga/siga_area/pg328.html

鶏足寺、ここは極楽浄土か。。。

11月23日(土)朝、初めての鶏足寺(滋賀県長浜市)

9時前に到着したときはもうけっこうな人

0848_4523

0851_4533

0907_4604

0927_4662

0930_4672

0942_4703

1016_4793

1042_4866

1046_4876

次は、もう1時間早めか、平日時間を作って来るようにしなければ。。。

駐車場から、鶏足寺までの間にある興志漏(よしろ)神社でも紅葉を楽しめました

帰るころには車は駐車待ち状態。たぶんバイクなら待ちなしで、空きスペースに停められるかと。でもここはなるべく早めの時間帯に訪ねて、静かに味わいたい

なお、鶏足寺のあとは、ぜひ天川命神社や己高山観音寺にも立ち寄ってみることをオススメします。それぞれ別記事(「天川命神社--黄色の世界」「己高山 観音寺の一本モミジ」)で紹介します

ツーリングレポートはまた別途。。。

2013年11月22日 (金)

今日の嵐山

11月22日(金)朝の嵐山

ずいぶんと色づいてきました

0916_4452

丹波の国の三本の大イチョウ

11月21日(木)

▼樒原(四所神社)のイチョウは見頃終盤

1143_4333

1131_4300

今年こそは見頃突入の頃にと思っていたのに。。。

▼河原家住宅のイチョウは、もうすぐ見頃

1206_4372

1217_4401

▼丹波国分寺跡のイチョウはまだ青葉

1058_4278

1058_4276   

まさに三者三様の大イチョウ。。。

▽関連記事

亀岡の古刹--神蔵寺

11月21日(木)朝

亀岡の古刹--神蔵寺(じんぞうじ)。平安京遷都の頃の建立

山門入って正面のヤマモミジは見頃を過ぎていました

お寺の方によると一週間前が一番の見頃だったとのこと

0959_4196

0957_4189

0921_4122

それでもなお、存在感がありました

周囲には今が見頃の木も少なくありません

0940_4157

山門近くの梅が咲く頃、また訪ねたいと思います

▽関連記事

鮮烈な赤の世界--今年一番の紅葉

亀岡にあった赤の世界

神蔵寺を訪ねる手前でたまたま見かけたお寺

今年見た紅葉の中で、最も美しいという印象

1032_4264

1033_4267

1030_4261

赤以外に、黄と緑もありましたが、後日ツーリングレポートの中で紹介予定。。。(=下記関連記事)

▽関連記事

2013年11月21日 (木)

ドウダンツツジが彩る、大徳寺総見院

11月20日(水)朝、大徳寺塔頭の一つ、総見院

織田信長の菩提寺でもある

ドウダンツツジが美しいということで訪ねてみました

1029_4065

華やかということではないが、松との組み合わせ、味わい深く配置されていました

1042_4073

1051_4090

1052_4094

1053_4096

織田信長の木造が安置されている本堂内に、かつて天井画であったという龍の衝立。存在感がありました

1100_4111

大徳寺塔頭、高桐院、見頃まであと少し

11月20日(水)朝、大徳寺塔頭、高桐院

見頃まであと少しといった感じでした

0914_3959

ここも、苔が美しいところですが、直指庵同様、今ひとつ苔に元気がなさそうに感じました

0932_3998

黄色は美しかったです

0924_3977

外国人の訪問者が目立ちました。日本人よりも多かったかもしれません

2013年11月20日 (水)

紅葉見頃の勝持寺(洛西の花の寺)

11月19日(火)朝の勝持寺

拝観は9時からで、早めに着いたので、霊園の方へ歩く

0857_3817

0857_3815

9時になって門が開き、一番乗り。。。
しばらくは、見頃となった紅葉を独り占め

1004_3942

1002_3939

0924_3851

0931_3864

0957_3920

0957_3919

0958_3924

0949_3903

苔むした石垣と真っ赤な紅葉

0943_3884

魚籃観音、ここはまだ青葉

0933_3869

ピークを過ぎた頃に、もう一度訪ねてみようか。。。
その頃、この魚籃観音の周りは紅葉しているだろう

2013年11月19日 (火)

鮮やかな桜の紅葉--向日市

11月18日(月)朝。向日市ふれあい広場にて

0850_3677

0858_3698

0900_3705

去年ここの桜の紅葉を見て以来、他の桜の紅葉具合も見るようにしているが、やはり、ここの桜の紅葉の鮮やかさは目をひく

しだれ桜も、葉を落とさずに紅葉している

0851_3679

まだ若い木が多いからでしょうか。。。

桜以外の紅葉も味わえる

0846_3671

0855_3692

▽過去の関連記事

今熊野観音寺、紅葉見頃

11月18日(月)夕刻

今熊野観音の境内は、見頃となっていました

1613_3714

1616_3725

1627_3754

1624_3745

1624_3746

1632_3769

参道の橋の周辺はまだ青葉。境内が見頃を終えた頃、こちらの紅葉が楽しめるようになるのでしょう

2013年11月17日 (日)

亀岡、宝林寺の銀杏ともみじ

11月14日(木)、京都府道73号線沿いの宝林寺

綺麗な黄葉の銀杏の木が目立っている

1115_2921

門前には真っ赤なモミジ

1111_2908

境内の中は黄色の世界

1117_2927_2

1123_2948

これまでノーマークで、たまたま目について寄ったのだが、いい感じだった。

▼宝林寺の場所   

大きな地図で見る

滋賀の紅葉--百済寺、醒井養鱒場、奥伊吹、三島池

11月16日(土)、R6で滋賀の紅葉めぐり

▼百済寺

0855_3039

0857_3043

1027_3222

8時半に到着したときは、まだ多くなかったのだが、10時過ぎにはどっと増えて、混雑するようになっていた

池の周りの庭園は今が見頃。本堂へ至る参道はまだ青葉。

▼醒井養鱒場

1215_3300

1305_3403_4

1242_3364 

▼奥伊吹(滋賀県道40号線沿い)

1413_3428

1511_3493

▼三島池

1559_3519

1653_3633

1643_3600

三島池は、伊吹山が綺麗に映り込むとともに、素敵な夕焼けスポットでもあった

鶏足寺も訪ねたかったのだが、今回は行けず。。

詳細ツーリングレポートはまた別途。。。

2013年11月15日 (金)

色とりどりの智積院

今日11月15日の昼過ぎ

1355_3004

ここ智積院では、色とりどりの紅葉を味わえる

1350_2993

1349_2990

1356_3008

▽過去の関連記事

東本願寺前の銀杏

今日11月15日の昼過ぎ

東本願寺前の銀杏、見頃を迎えていた

1410_3018

1410_3019

直指庵(北嵯峨)、色づく

11月13日(水)朝、北嵯峨の奥にひっそりとある、直指庵に寄ってみた

色づき始めていた

1052_2550

1040_2533_2   

1054_2554

1037_2522

雨上がりのわりに、苔がちょっと物足りなく感じたのが、気になるところ

▽過去の関連記事

2013年11月14日 (木)

四年ぶり、雲海の竹田城へ

5時半に到着したが、もう上の駐車場は満杯。平日だというのに。。。4時にはもう満杯になったとのこと

そのため、下の山城の郷に駐車し、そこからはまだ暗い中、徒歩。うっすら路肩の白線が見える程度。懐中電灯はあったほうがよい

バイクだったら上まで行けたのだが。。。 濃霧走行は楽しくないのと、1日休みは取れず、昼にはもどらなければならないこともあって、バイクではなく、車を選択したもので。。。 上の山腹駐車場には、到着時に1台、帰りには数台、バイクが停車中だった。

早足で歩けば、プラス15分程度なので、それほどたいしたことはない。ただ途中、汗をかき、その後、城跡では、急激に冷え込むので、要注意。

到着時は、すっぽりと霧の中。少し明るくなった6時20分頃、さぁーと霧がとれ、雲海が姿を現した

0635_2598

0636_2600

0637_2602

0656_2627

0731_2695

0736_2702 

0738_2710

0759_2757

地面は、ぬかるみ、足元は泥でよごれてしまった

▽4年前のレポートはこちら→「雲海の竹田城~但馬コースタルロード(前編)

2013年11月13日 (水)

嵯峨鳥居本、色づく

今日11月13日朝

▼化野念仏寺の正面

0902_2425

0901_2421

0859_2414

▼平野屋さん

0907_2433

0906_2431

雨に濡れたしっとり感がよかった

京都も、いよいよ紅葉の季節

夕暮れの京都駅ビルにて

10月29日(火)夕方、京都駅ビルにて

1654_0416

窓越しで、少し照明が映り込んでしまった

コンデジなら隙間から、直接、夕日の撮影可

1703_0432

1715_0445

大階段はけっこうな人だかりだった

2013年11月12日 (火)

紅葉前の長谷寺ツーリング(後編)

10月26日(土)、紅葉前の長谷寺ツーリングレポートの続き。。。

14時に初訪問となる長谷寺境内へ

仁王門をくぐると、長い登廊(のぼりろう)。上中下の三廊からなり、あわせて、三九九段あるとのこと。

1403_9794

外から先を眺めると、奥に本堂が見える

1404_9799

1425_9828

(↑)本堂内。写真右に本尊十一面観世音菩薩立像が置かれている。
木造の仏像としては日本最大らしい。暖かみを感じる仏像だった(撮影は禁止)。
左手には、清水寺のように断崖に突き出た舞台がある

1452_9854

(↑)舞台側から本堂内を眺めると、蝋燭の炎と、床に映った炎が綺麗な円を描いていた。左手の一本は自分が立てたもの

(↓)本堂東側にある小さなお地蔵さん

1426_9829

本堂西側をぐるっと巡る

1521_9895

(↓)本坊前に横に枝を伸ばした松の木があった

1540_9919

時間を全然気にせずにいたら、長谷寺境内で2時間も過ごしてしまっていた

16時に長谷寺を離れ帰路へ

しばらく県道38号を北上したのだが、その後、なんとなく走り覚えのある道を、適当に走っていたので、ルートは定かではない(^^;)

長谷寺辺りは、雲が広がっていたのだが、北へ進んでいくと、また曇りと晴れの境界辺りに出て、そこでバイクを停める

1624_9944

しばらく進むと、雲間から光が射し込み、またバイクを停める

1631_9948

別の方向に目を向けると、こちらも雲の風景がいい感じ

1634_9955

刻々と雲は変化していく

1637_9958

暗くなったR369~京奈和を経て帰宅 

走行距離179km。燃費17.4km/l。

2013年11月10日 (日)

紅葉前の長谷寺ツーリング(前編~円成寺など)

10月26日(土)、紅葉前の長谷寺へ

この日雨予報だったのが、早めに雨が上がり晴れ間も出て来たので、急遽、Yahoo紅葉情報で「色づき始めた」となっていた長谷寺へ。のんびり11時ごろの出発。

いつものように京奈和からR369へ進む。R369沿い、奈良市忍辱山町にある円成寺(えんじょうじ)へちょっと寄ってみた(→去年の関連記事「前から気になっていた寺社をめぐるツーリング(後編--円成寺)」)。

▼円成寺にて(12:10~12:20ごろ)

1211_9753

色づき始め、といった感じ

1213_9759

10分ほどの滞在で、ふたたびR369を走る

針インターを通り過ぎ、前にトラックでつまったところで、周りを見渡すと、少し色づいたイチョウの木を見つけ、そちらへ寄り道。

▼下部(おりべ)神社(奈良市都祁吐山町)にて(13:15~13:30)

1317_9771

R369からちょっと入ると田園風景が広がる

1314_9767s

田んぼの曲線にあわせて、わら干しも曲線(半円)を描いていたのが印象的

1330_9784

近くに水をはったところがあり、そちらから眺める

実はこの手前で右折して、広域農道へ入る予定をしていたのだが、交差点を見逃し、少し行き過ぎていた。下部神社へ寄ったことで、ちょうど回り込んで、本来右折予定だった吐山交差点にまた出てくることができた。右折して、広域農道へ入り、さらに県道38号へと進む。

奈良に入ると雲が多かったのだが、県道38号を走っていて、初瀬ダム手前で、晴れ間が広がり、ちょうど晴と曇りの境界線に位置することに

▼初瀬ダムにて(13:50ごろ)

1349_9788

県道38号は、交通量少ないワインディングロードで、長谷寺が近づく辺りは1車線になてしまうのだが、広域農道から初瀬ダムすぎ辺りまでは快走2車線道。

14時ごろ、長谷寺駐車場に到着。バイクは200円。紅葉シーズン前なので、まだ駐車中の車も多くない。バイクは屋根のあるところに停めるように誘導された。バイクに優しい印象で、長谷寺の好感度アップ(^^)

駐車場で、荷物を整理して境内散策モードに切り替えて、長谷寺境内へと向かう。

以下、続く。。。

2013年11月 9日 (土)

大江山の紅葉

本日11月9日(土)、大江山(京都府福知山市)登山。一人でないので、バイクではなく、車でお出かけ。

登山といっても、鬼嶽稲荷神社までは車で、そこから1.1km、30分ほどのお手軽登山。

紅葉は、登山道よりも、鬼嶽稲荷神社までの車道からの眺めの方がいい感じでした。

▼鬼嶽稲荷神社までの車道にて

1415_2287

1409_2281

▼鬼嶽稲荷神社にて

1125_2135

この日、雲海が出ていて、11時半ごろになっても、まだうっすらと残っておりました

1125_2134

▼登山道にて

1136_2141

登山道では、落葉が進み、紅葉はところどころ見られる、という感じ

1355_2263

1244_2191

▼大江山山頂にて

1218_2166

青空でなかったのは残念でしたが、けっこういい眺めでした

1230_2182

雲海を見るのは、鬼嶽稲荷神社からが手軽でいいけど、山頂からだとより壮大な雲海が見られるかも。。。ただし、その場合は、薄暗い中の早朝登山になるので、熊に遭遇する可能性が高まるかも。。。

帰りに、府道9号沿いの二瀬川渓谷にも寄りました

▼二瀬川渓谷にて

1634_2349

1615_2320

2013年11月 8日 (金)

金蔵寺、深紅には出会えず。。。

今日11月8日午前の金蔵寺(京都市西京区)

2120

階段を上がった正面左手

深紅のもみじを期待したが、今年はすでに盛りをすぎたのか。。。
残念ながら感動的な深紅には出会えなかった

2058

背の高いモミジは、まだ色づき始めたところで、全体的には紅葉の見頃はこれから

1975

2018

2065

竹の青と、少し色づき始めたイチョウ

2096

境内には一人きりだった

▽後日の関連記事

▽過去の関連記事

紅葉する嵐山高雄パークウェイ

11月6日(水)午前

嵐山高雄パークウェイの紅葉はけっこう進んでいました

その分、これまでのように貸し切り状態とはいかず、観光の車がちらほら

でも、たまに詰まる程度で、十分ライディングを楽しめます

1111_1867

1136_1875_2

1104_1856

▼せせらぎガーデンにて

1142_1881

▼菖蒲ヶ丘展望台の駐車場付近にて

1159_1902

この辺りがいちばん紅葉が進んでいて、すでに見頃

1159_1903

1203_1913

▼小倉山展望台にて

1223_1939

1226_1953

走りにきているバイクもこれまでになく多かったですね

トータル10台ほど見かけたかも

高雄口の駐車場にバイクをおいて、高雄にちょっと寄ってみましたが、こちらの紅葉はまだまだでした。。。

タイヤ交換して6000km。そろそろヤバイかも。。。せいぜいあと1000km程度か(^^;) 

2013年11月 7日 (木)

西本願寺の菊の花

11月5日(火)午後、西本願寺にて

1788

イチョウの黄葉は、まだ

1804 

雨上がり後の宝厳院にて

11月4日午前、四年ぶりに、雨上がり後、少し色づき始めた宝厳院(京都嵐山)へ

1208_1666

1039_1503

1037_1498

1038_1500

1115_1568 

1046_1522

1134_1605

1136_1608

1130_1597

1112_1561

紅葉前で、まだごったがえすほどではない

四年前、紅葉の時期の宝厳院(コンデジで写真撮り始めたころ)の記事はこちら→「京都嵐山・宝厳院の紅葉」(2009年11月29日)

2013年11月 6日 (水)

ヘルメット(XR1100)内装&シールド交換

2011年3月に購入し、2年半着用している、SHOEIのXR1100。
ゼファー、SV、R6とかぶり続け、さらに通勤時、アドレス125でも着用しているので、距離にしておよそ6万km。

交換用の内装&シールドは1年前に購入していたのだが、つい面倒くさくて、そのまま保管していた。

が、ここのところ内装がへたって、コーナリング時など、少々ぐらついてきて、気になり始めたので、ようやく交換に着手。シールドも傷だらけになっていた(^^;)

交換して、購入時の締め付け感がよみがえった。全然違うヘルメットを着用している感じ。転倒時に受ける衝撃も相当変わるだろう。内装がフィットし、いかにも守られている、といった感じ。ヘルメットの中の眼鏡もぐらつかなくなり、コーナリング時の不安定要素も一つ消えた。

新しいシールドも視界クリアそのもの。

安い買い物ではないが、最重要の装備品なのだから、次は1年後をめどに交換しよう。で、その1年後はヘルメットそのものの交換タイミングになるだろうか。。。

通勤用は、このヘルメットを使い続け、ツーリング用は早めに新調というのがベストな選択かも。。。

▽過去の関連記事

樒原のイチョウ、色づき始める

11月4日、昼

樒原、原(四所)神社のイチョウ

今年は黄葉のピーク直前辺りに伺おうと、現状調査へ(^^)

1300_1681

1300_1682

色づき始めたところ、といった感じでした

▽過去の関連記事

2013年11月 4日 (月)

洛西ニュータウン内街路樹の紅葉

京都縦貫道への行き帰り、いつも通る新林本通り。洛西高校横の通り。

今年も綺麗に紅葉しはじめておりました。ここは京都の道百選というのがあれば、入れてもいいんじゃないかと思える道。この時期、色とりどりの紅葉が、道路におおいかぶさる。

1353_1705

1401_1717

1400_1715

通りの一番外側の銀杏並木が黄色に色づく頃、またバイクを停めて写真を撮ることにしよう 

1400_1713

大台ヶ原~吉野ツーリング

10月14日(月/休)晴時々曇り。

そろそろ紅葉の見頃を迎えているということで、大台ヶ原へ。

出発は、前日御嶽山へ行ったこともあり、のんびりと8時ごろ。いつものように京奈和~R369へ。針テラスの手前で、数台のSS系軍団、おそらく100km/h越えで迫ってきたので、道を譲る。暴走気味だが、礼儀正しく、きちんと挨拶して追い抜いていった。

こちらは引き続きR369を南下し、県道218号~R166と進み、よく間違えるところで、またも右折してしまった(^^;)

いつもはそのまま行ってしまうのだが、今回は停車して写真を1枚

▼県道219号にて

1011_9228

ここでUターンして、もう少しR166を南下した後、トンネル手前で右折して、県道16号~262号へ進む

▼県道262号にて

1026_9233

県道262号を走っていると、林の中に光が斜めに射し込みいい感じだったので、通り過ぎた後ちょっと先でバイクを停車し、カメラを取り出して、歩いて少しもどる

この後、R169に出て南下。道の駅「杉の湯 川上」さんでバイクを停め、早めの昼食(うどん)。大台ヶ原で食べようと、柿の葉寿司も買っておいた。

11時すぎに大台ケ原ドライブウェイ 入り口に到着。通行止め期間が長く、その間、迂回路を使っていたので、本来の入り口から上がって行くのは久しぶり。

▼大台ケ原ドライブウェイ にて

1133_9253

紅葉を見るために、何度かバイクを停めながら、上がって行く

1150_9270

駐車場に近づくと、霧が出てきて、駐車場に到着すると、そこはすっかり深い霧の中。視界かなり悪し。

▼大台ヶ原ドライブウェイ終点駐車場(12:15ごろ)

1214_9283

この霧深い中でも、駐車場は満杯になっていた。バイク用スペースはまだ余裕有りで、一旦バイクを停める。が、この天候では、大台ヶ原を歩いても、景色は何も見えないだろうから、すぐに降りることにした。

せっかくこの日は、歩く気満々で、トレッキングシューズを履いてきたのに。。。(^^;)
天気予報では近畿は晴一色だったのだが、近畿南部は、台風が接近してくる影響が早めに出て来た模様。

1322_9342s

下って行くとしだいに、霧も晴れて、降りながらまたドライブウェイ沿いの紅葉を味わう

▼下りの大台ケ原ドライブウェイにて

1238_9298

見えている低い雲が、大台ヶ原の頂上付近を覆っていたものと思われる

1254_9311

1256_9317

1312_9330

1314_9334

遅い車で前が詰まったので、以前の迂回路を利用。しばらく進むと、道路脇から音が聞こえたので、減速し、目を向けると、若い鹿が駆け下りてきて、前を通り過ぎて行った。交通量の少ない山道では、常に鹿には注意が必要。このときも、もしもう少しスピード出していて、なおかつ音に反応して減速していなければ、最悪衝突していた可能性もある。

R169に出たあと、北上。来た道を引き返す。この日、帰りの夕刻に曽爾高原に寄る予定をしていたのだが、頂上トレッキングできず、時間に余裕ができたので、ちょっと吉野に寄ってみることにした。

県道39号~15号と進み、14時半ごろ下千本に到着。七曲坂を降りようかと思っていたのだが、通行止め。
そのまま県道15号を進むが、如意輪寺方面へ抜けるトンネルのところでまたもや通行停め。

▼吉野にて(14時半~15時)

1438_9345_2

ここでバイクを停めて少し歩く

1446_9349

引き返し、下千本駐車場にバイクを停める

1457_9354

さらに引き返す途中、吉野神宮に寄ってみる

▼吉野神宮にて(15:00~15:15)

1506_9360

1514_9370

この後、県道39号~R370~県道16号~R166~県道218号と進み、R369を東へ進む。進んで行くに連れ、晴れ間が減り雲が多くなってきた。 いよいよ曽爾高原近辺にやってきたときはほぼ曇り空。

このため、曽爾高原入り口前の駐車場には入らず、直進し、みつえ高原牧場へ抜ける道へ少し進んだところでバイクを停める。

▼曽爾高原~みつえ高原牧場へ抜ける道にて(16:25ごろ)

1625_9374

西の空に少し晴れ間が見られるが、曽爾高原に光が当たっているようには見えない。
西の空の低い位置に厚い雲があり太陽の光をさえぎっていたのは来るとき確認済み。

1627_9379 

曽爾高原入りはあきらめて、ここから帰路へ。

県道81号を北上し、香落渓を抜けて行く。さらに県道80号~府道4号~R369とワインディング三昧なルートを経て、京奈和経由で19時前に帰宅。

走行距離383km。燃費17.9km/l。積算距離37,547km。

▽関連記事

2013年11月 3日 (日)

気温3℃。。。

11月2日(土)早朝(午前6時30分~7時の間)、中国道か米子道で、岡山県の山間部を走っている際、道路の温度計の表示は3度。

10月13日に、御嶽山に行ったとき、途中の国道で10度を切っていたので、ちょっと驚いたが、3度はこの秋、走った中で、ダントツで最低気温(^^;)

ただし、10月31日の福井・刈込池ツーリングから、ジャケットは冬用にし(パンツは10月以降は革パンツ)、グラブも出発時は冬用着用(昼は春~秋用に交換)、ネックウォーマーも身につけ、真冬と同じ装備なので、ちょっと冷えるな、と感じたくらいで、寒さに震えることはなかった。3度という表示を見て、ビックリしただけで実害はナシ(^^)

秋の昼間は、ツーリングに最適な季節だが、装備を誤ると、寒さに震えることになるので、要注意。特に日の出前、日没後、山間部の走行時は、思っていた以上に冷え込みが厳しくなるのはよくあること。
グラブを2種類用意したりすると、けっこう荷物がかさばるのが、痛いところ。いつもシートバッグはほぼ満杯なもので。。。

▼深い霧に覆われる、勝央SAにて(6:30ごろ)

0633_0914

紅葉見頃の大山を巡る

11月2日(土)の大山

▼鬼女台にて

0741_0937

反対方向に広がる雲海

0738_0927

▼鍵掛峠

0824_0978

8時過ぎには車は溢れていた
バイクは隙間に停車可

▼大山環状道(三の沢手前)

0841_0996

▼三の沢にて

0847_1017

▼一の沢にて

0858_1032

▼桝水高原にて

0925_1060

▼大山環状道(川床近辺)

1028_1106

1128_1180

▼川床からちょっと入った辺り

1051_1131

1052_1134

▼船上山にて

1328_1315

1345_1340

1328_1318

1350_1349

(↓)雌滝

1314_1278

ツーリングレポートはまた別途アップ予定。。。

2013年11月 1日 (金)

紅葉する高野龍神スカイライン

10月27日(日)午後の高野龍神スカイライン

1347_0313

1359_0327

1359_0326

1423_0339

1539_0384

湿った落ち葉が多く積もったままの区間があった。今週末はいくらかマシになっているかもしれないが。。。

この時期、のんびりマイカーも多いし、道路沿いで写真を撮っている人もいるので(自分もその一人ですが。。。^^;)、要注意

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □