フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 越前海岸&丸岡城ツーリング | トップページ | 紅葉前の上高地ツーリング(後編) »

2013年10月11日 (金)

紅葉前の上高地ツーリング(前編)

9月23日(月/秋分の日)三連休の最終日、上高地へ。3時起きの3時半出発。

服装は、メッシュジャケットとメッシュパンツ。メッシュジャケットの下には、防風インナー。

京都南で名神に入り、まだ暗い中、交通量も少なく、名神高速を快走。が、一宮JCT辺りでポツポツしはじめ、東海北陸道に入ると本降りに。予想外の早朝にわか雨。降水確率ほぼ0%だったはずなのに。。。 カッパ類は持ってきていない。ネイキッドバイクならびしょびしょになるところだったが、体をふせ、なるべくカウルの範囲に体を入れて、濡れを最小限にとどめながら、川島パーキングに入って雨宿り。

駐輪場には、先客の雨宿りライダーが一組(トライクに乗る女性二人)。雨に濡れた車体をふいておられた。神奈川を訪ねていて、富山へ帰る途中とのことだった。
トイレに行ったり、暖かいコーヒーを飲んだりして過ごすがなかなか雨は止まない。

ただしトイレ内で流れているアナウンスに耳を傾けていると、一宮から美濃区間が雨で走行注意とのこと。ということは、美濃を抜けると雨は降っていないと推測され、少し小降りになったところで、再出発。しばらくは雨が続いたが、期待していたとおり、美濃辺りで雨は上がり始め、その先は、路面もドライで、降った形跡もなし。

ペースを上げて、ひるがの高原SAにて給油。すでにこのとき給油ランプが点灯して、しばらく経過していた(^^;) ホントは長良川SAで給油しようと寄ったのだが、GSの営業は6時からということで、まだ営業前だった。早朝・深夜の長距離走行では早めの給油を心がけねば。。。

▼ひるがの高原SAにて(06:15ごろ)

0617_7225

その後、飛騨清見インターから高山清見道路(無料の自動車道)に入り、高山インターで降りてR41からR158へと向かう。が、進路がよくわからなくなったところで、お腹もへってきていたのでコンビニ休憩(ファミリーマート高山桐生町店)。時間は7時前。レジで女の子に上高地方面への道を訪ねると、的確に教えてくれた。

おかげでスムースにR158へ出て、あとは、そのままR158を進むのみ。時間は7時を過ぎ、交通量も増えてきており、車の流れで走行。

平湯温泉を過ぎ、7時50分にアカンダナ駐車場に到着し、バイクを停める。紅葉シーズン前なので、車はまだそれほど多くない。建物の裏側の軒下が駐輪場となっており、そこに停車。

▼アカンダナ駐車場にて(8時前)

0754_7228

バイクは自分のR6のみ。長時間放置することになるので、念のためヘルメットに盗難防止用のワイヤーを通しておいた。

持って行くものを準備して、表へ回ると、ちょうどバスが出るところで、往復チケット(2000円)を購入して、待ち時間なしで、上高地行きのバスに乗車。乗車率は7~8割程度でまだ余裕があった。

バスは安房峠道路を走り抜け、一般車両通行禁止の県道24号へと進み、8時20分ごろ大正池のバス停に到着。登山組は終点まで行くのだろうが、今回は自分は上高地散策なので、ここでバスを降りる。半分くらいはここで降りただろうか。そのうち、涸沢辺りまでは足を伸ばしたいと思っているが。。。とりあえず今回は平地のみ。

▼上高地にて(08:20~14:00)

0835_7249 0928_7308

0937_7317 1023_7349

1028_7359 1037_7377

1157_7482 1232_7521

(↓)河童橋付近にて

1330_7577

(↓)穂高岳。望遠にて

1344_7598

1350_7610

上高地で5時間40分もの時間を過ごしたことになるのだが、上高地での時間の経過については、こちらの先行レポートを参照ください

このあと駐車場にもどり、R6で安房峠(一般道の方)を往復するのだが、それは後編にて。。。

« 越前海岸&丸岡城ツーリング | トップページ | 紅葉前の上高地ツーリング(後編) »

ツーリング2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 越前海岸&丸岡城ツーリング | トップページ | 紅葉前の上高地ツーリング(後編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □