フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

色づき始める真如堂(京都市左京区)

10月30日(水)昼の真如堂

0466

0485

0487

0478

0496

全体的にはまだ緑ですが、一部色づいている木もあり、秋の気配を漂わせています 

紅葉の刈込池(福井県)

今日10月31日(木)、刈込池へ

▼福井県道173号にて

0938_0564_2

0944_0575

1331_0855

▼刈込池にて 

1149_0739

1152_0745

刈込池に到着した頃、曇り空になってしまっていたのだが、時おり、薄光が差し込み、紅葉した木々を照らしていた。

R6ででかけたの、ツーリングレポートは別途。。。

2013年10月30日 (水)

御嶽山ツーリング&トレッキング4(御嶽スカイライン)

10月13日御嶽山ツーリング&トレッキングレポートの続き、その4。。。最終回

15時ごろ、ロープウェイ乗り場駐車場を離れ、御嶽スカイラインへ向かう。

8.5合目から御嶽山を下りてくるとき、少々膝に疲れをおぼえるようになっていたが、ロープウェイに乗っている間に回復。その後のライディングにはそれほど影響はなかった。

来た道(御嶽ブルーライン~県道20号)を引き返した後、右折して県道256号に入り、御嶽スカイラインへ進む。スカイライン沿いの紅葉はこのときはまだまだだったが、交通量やや多し。

16時過ぎに、御嶽スカイラインの終点、七合目の田ノ原駐車場に到着

▼田ノ原駐車場にて

1606_9208

御嶽山の裾の向こうに、乗鞍、槍ヶ岳、穂高がくっきり見える

1611_9215

望遠でズームアップ。この日、ホントに見通しが良かった

1611_9214

いつもは駐車場から山へ少し歩いて、入るところだが、この日は、駐車場にて眺めるのみ。駐車場にはバイク計10台くらい停車中だった

短い滞在で、帰路へ

途中、登りの時にチェックしていた、色づきが進んでいたところ、御嶽スカイラインの真ん中辺りで、バイクを停める

1638_9224

自分以外にも車が1台、2台とここで停車していた

1639_9226

ここから山へ入っていく道がある模様

県道265号~20号~R19と引き返す。で、R19が途中から渋滞がひどくなる。道路幅はそれほど広くないので、路肩すり抜けもスムースにはいかず、やや疲れ気味の体にはこたえる(^^;) たまらず、道の駅「賤母」に寄って小休憩。

これまでR19で渋滞にはまった経験がないので、売店のオジさんに、「いつもこんなに渋滞するんですか」と尋ねると、「めずらしい」とのこと。ただおそらく、R256との交差点(下呂方面との分岐)まで辺りではないですか、という話だった。

その後、ソロライダーの方に渋滞について尋ねられ、売店の方の話を伝えておいたのだが、確かに、渋滞は2kmほど先のR256との分岐の信号までで、そこからは車は流れ出した。

で、中津川インターで中央道に入り、あとは名神京都南インターまで高速。だが、中央道でも、名神に入ってからもまた、けっこうな渋滞。

帰宅したのは22時過ぎとなっていた。御嶽山の田ノ原駐車場から6時間もかかったことに。。。(^^;)

走行距離650km。燃費18.7km/l。積算距離37,164km。

少々風は強かったが、山の景色には最高にめぐまれたツーリングとなった
これからも軽登山を組み込んだツーリングというパターンが増えていくことになりそう
来年には穂高、乗鞍へも行かねば。。。

▽関連記事

▽過去の関連記事

2013年10月29日 (火)

御嶽山ツーリング&トレッキング3(8.5合目から下り)

10月13日御嶽山ツーリング&トレッキングレポートの続き、その3。。。

強風が吹く、8.5合目辺りにしばらく滞在した後、12時過ぎ、引き返すことに。

▼8.5合目~8合目(12:05~12:50)

1217_9060

遠くに見えた女人堂だが20分ほど下りてくると、かなり近づいていた

1227_9076

30分ほどで、8合目からちょっと上がったところ、この時紅葉見頃となっていた辺りにもどってきて、腰を下ろし小休憩

1237_9109

▼八合目付近にて(12:50~13:20)

八合目にもどり、ちょっとだけ、三の池方面に進んでみた 

1253_9133

1256_9142

1258_9150

御嶽山は頂上付近の五つの池が大きな魅力のようなので、機会を作って、ぜひ訪ねたい。

10分ほどでもどってきて、女人堂にて昼食。

1308_9156s

ラーメンを頼むが時間がかかる。時間がかかっている間に次々と客が増え、ほとんどの注文がラーメン(^^;) しばらくして、ラーメンが出来上がってくるが、「ラーメンお先の方」と店員が言っても、「お先の方」が多くいるので、「ハイ」と声を先にあげたものが勝ち状態(^^;;) 周りの反応を見てから、声を上げるといった遠慮はここではしてはならない模様。後からの客に先を越されながら、「自分の方が先ですわ」と声を上げて、ようやく昼食にありつく。

待ちくたびれ感があったので、ささっと食べて、女人堂を出て、さらに七合目へと下って行く

▼八合目~七合目(13:30~14:30)

八合目~七合目までは渋滞。。。

この時間帯、下りるものが多い一方、登ってくる方がまだけっこうおり、ぬかるんで滑りやすくなっているところもあったのだが、かなりペースが遅い年配の方が数名、下りの先頭におられたのが一番の原因だった模様(^^;) 適当に横にそれてゆっくり休憩を入れてもらえればありがたいのだが。。。下りをゆっくりのペースで降りて行くとあまり疲れないので、休憩の必要もない模様。。。

1354_9170

混み合っている中、流れの妨げにならないよう、写真を撮るタイミングも難しかった。。。

1411_9177

しばらく渋滞ペースで下りてきたあと、渋滞の先頭の状況がようやく把握できたので、「右側通ります」と後ろから声をかけながら、ようやく先頭の、ペースの遅い方々をパス。そこからは順調にマイペース。好きなところで足を止めて、写真を撮ることができる(^^)

1412_9179

1422_9181

14時20分過ぎ、七合目にある行場山荘まで下りてきた。
行きに写真を取り損ねたので、ここで1枚。

1423_9182

ここからロープウェイ乗り場までは、ほんの数分

1427_9187

結局、8.5合目から7合目まで下りてくるのに2時間20分もかかってしまった。登りは2時間10分だったのに(^^;) ラーメンを待ったのと、八合目からの渋滞が長かったのがひびいた。。。

ロープウェイ待ちは50人ほどくらいだったか。6人乗り(実際はほぼ5人ずつだった)ロープウェイは次々やってくるので、時間的には数分。

▼下りのロープウェイにて(14:30~14:45) 

1440_9195

下に車道が見える。おそらくロープウェイ乗り場から六合目中ノ湯経由で県道20号へと続く、霊峰ライン。

1443_9199

ロープウェイで下りてくると、ホルンの演奏会が行われていた。写真は撮らず

行きと同様、お花畑の先の御嶽山を眺める

1448_9202

この後、駐輪場所に戻り、ライダーモードに切り替えて、御嶽スカイライン方面へと向かうことに。

以下、その4へ続く。。。

2013年10月27日 (日)

紅葉の見頃迎える高野山

本日、R6にて高野山へ

Yahoo紅葉情報では、「色づき始め」となっていますが、しっかりと紅葉している木も多くなっていて、見頃を迎えつつある状態と感じました。

▼霊宝館前

0908_9971

▼金剛峯寺と壇上伽藍の間

0951_0024

1056_0161

▼壇上伽藍

1051_0149

▼準別格本山 恵光院にて(→HP

1150_0231

こちらのお庭の紅葉が、素敵でした

高野龍神スカイラインも、いい感じに紅葉していました

またまた、ツーリングレポートは後日、ということで。。。

2013年10月26日 (土)

初めての長谷寺。紅葉前。。。

Yahoo紅葉情報で、色づき始め、となっていたこともあり、本日、R6にて奈良県の長谷寺へ。

御嶽山ツーレポの途中ですが、紅葉速報ということで。。。

1403_9797

1421_9821

1503_9871

1527_9905_2

1544_9926

「色づき始め」の「始め」、という感じで、まだ紅葉を味わうというところまではいってないかと。。。 参拝者もまだ少ない

それでも十分に、長谷寺は訪ねて良かったと思わせるものはあった

1419_9819 

今度は紅葉の見頃の時期に、訪ねる予定

ツーリングレポートはまた別途。。。

御嶽山ツーリング&トレッキング2(8.5合目まで)

御嶽山ツーリング&トレッキングレポートの続き、その2。。。

八合目から先を眺めると、素敵な光景が広がる

1051_8905

ということで、もう少し先までと、登っていく。時刻は10時50分

ロープウェイの駅周辺は、一般の観光客風の方が多いが、この辺りはほとんどがきちんと山登りの装備をした方々。運動靴に普通の服装という方はごく少数。ライダー風は自分のみ(^^;)

八合目にある山荘(女人堂)から2~3分進んだ辺りが、この日一番の紅葉スポットだった。三脚構えた方も一人見かけた。

1052_8909

1241_9120 

1053_8912

1054_8914

さらに先へ。

信仰の山、ということで、ところどころ、像が置かれている(11:10)

1109_8948

平らになったところで小休憩

望遠レンズに換えて、乗鞍岳に寄ってみる
左に笠ヶ岳。右に槍ヶ岳、穂高連峰

1116_8956

御嶽山山頂方面。山小屋が見える。

1120_8968

少し上がると大きな石碑が立つ(11:25)

1125_8971

さらに先へ

1130_8978

今度は鳥居(11:35)
御嶽山の山岳信仰は神仏混交

1213_9055

振り返ると、女人堂の周りがいい感じ 

1138_8987

1140_8995

継子岳(たぶん)のなだらかな裾野と乗鞍方面

1152_9011

8.5合目辺りに到着(11:50)
八合目から1時間経過。ちょっと休憩が多かったか。。。

1153_9013

仏像と鐘と。。。

1153_9014

火山を感じさせる黒い岩。この辺りが森林限界の模様。
ここからが本格登山という雰囲気

1155_9020

肉眼で見ても、頂上付近がはっきりと見えてくる
ただ近くに見えても、おそらく先はまだ長い。。。

1159_9030

この辺りの紅葉は、9月下旬か10月初めごろだった模様
来年は、ぜひそのころに訪ねたい

1202_9038

素敵な稜線。この稜線を歩いたら、気持ちよさそう
ただこの日は、風が強かったので、その風をまともに受けることになるのだろうけど。。。

1202_9041

1203_9044

15分ほどこの付近で、景色を眺めた後、引き返すことに(12時5分頃)

以下、その3へ続く。。。   

2013年10月25日 (金)

御嶽山ツーリング&トレッキング1(八合目まで)

10月13日(日)晴。やや風強し。

駒ヶ岳の千畳敷へ行って見たいと思っていたのだが、かなり混雑するようで、週末でも待ち時間がほとんどない、御嶽山へ出かけることに。

5時前に起きて、出発は夜明け前の5時20分。

京都南で名神高速に入り、中央道中津川インターで出て、R19~長野県道20号~御嶽ブルーラインと進む。トイレ休憩のみで、R6でひた走る。

9時15分ごろ、御嶽ロープウェイ駐車場に到着。いいペースで、走って来たのだが、それでも出発からほぼ4時間。すでに駐車場には車は多く、バイクは10台ほどのハーレ軍団が停車中。

荷物を整理して、ロープウェイ乗り場へ。

▼御嶽ロープウェイ鹿ノ瀬駅にて(09:20)

0922_8807

事前調査通り、ロープウェイはほぼ待ち時間なし。

▼御嶽ロープウェイにて(09:25~09:40)

0927_8812

0939_8818

15分ほどで、山頂駅(飯森高原駅)に到着。乗り場が五合目で、降り場は七合目。

すぐに展望台へ。

▼飯森高原駅展望台にて(09:40~09:45)

0941_8821

いつも雲に覆われているという印象の乗鞍岳だが、この日は、真っ青な空にドーンと見える。右隣にうっすら槍ヶ岳が見え、さらに穂高連峰が連なる。

0942_8823

(↑)ロープウェイ方面。左奥がたぶん八ヶ岳

(↓)正面に御嶽山(右隣は摩利支天山)。ずいぶん近くに見える

0944_8824

(↓)右側はたぶん、継子岳。右へ伸びる裾野が美しい

0944_8825

しばらく展望を楽しんだ後、八合目へトレッキング開始

▼七合目~八合目(09:50~10:45)

1005_8833

1010_8840

八合目に近づくにつれ、紅葉の見所が増えていく

1029_8855

1030_8862

1031_8866

1033_8874

1037_8882

(↓)八合目の手前、少し開けたところにて

1043_8892

(↓)左下に山荘の屋根。頂上がずいぶん近づいてきた

1044_8893

ロープウェイのHPでは登り所要時間70分となっているところ、1時間弱で八合目到着
紅葉を眺めながら、写真を撮りながら、所々足を止めているので、それほど疲れは感じない

▼八合目にて(10:45~10:50) 

1046_8896

(↓)継子岳(たぶん)~乗鞍岳~穂高の眺め

1050_8902

1050_8904

もうしばらく上へと登っていったのだが、以下続く、ということで。。。 

2013年10月24日 (木)

緑々とした清滝

10月22日(火)朝の清滝

去年、その紅葉の美しさにひきつけられ、今年も紅葉期に必ず訪れようと思っていて、ちょっと様子伺いに。。。

まだ緑々としておりました

9590

9591_2

去年は11月15日には紅葉真っ盛りでした

▽2012年の清滝の紅葉記事

赤に包まれた嵐山オルゴール博物館

10月22日(火)朝の嵐山オルゴール博物館

9578

すっかり赤く色づいていました

9581

▽関連記事

2013年10月23日 (水)

丹後半島周回ツーリング(後編~甲崎展望台など)

9月29日丹後半島周回ツーリングレポートの後編。。。

新井の棚田から、海岸線の道を進む。眺め良し。

1301_8100

▼本庄浜にて(13:20ごろ)

1318_8102

本庄浜からは府道623号経由で、R178にもどり、経ヶ岬方面へ

1334_8107

工事中の規制があったため、一旦、甲崎(さるざき)の展望台を通り過ぎたところで停車。Uターンして甲崎展望台まで引き返す。

▼甲崎展望台にて(13:45ごろ)

1344_8116

この日は自転車の方が多く走っておられ、片側通行規制のため、ここで10台近く、停車中だった

ここはかなりのお気に入りスポットで、特にこの日の眺めはよかった

1343_8113

また経ヶ岬方面へ進むが、経ヶ岬へは寄らず、スルーして、袖志の棚田で停車

▼袖志の棚田にて(14:00~14:20)

1357_8124

棚田に入る前に、海岸線を眺める。青い海と空に白い断崖が美しい。

1409_8128

稲はすでに収穫済み

1417_8137

経ヶ岬に計画されている米軍のXバンドレーダー基地は、どうもこの袖志の集落の近くらしい。このレーダーが発する電磁波は、超強力らしく、それが集落の近くに建設予定ということで、人体への影響も懸念されている。。。

ここからさらに海岸線の風景を眺めながら、R178を進み、立岩で停車

▼立岩にて(14:40~15:20)

1442_8147

(↓)立岩の東に広がる海岸線

1452_8159

(↓)立岩の岩を少しよじ登って、すきまをのぞく

1457_8168

1509_8182

このあと、道の駅「てんきてんき丹後」に寄って小休憩後、帰路へ

田んぼの中の細い道を進んでいると、竹野川沿いに彼岸花とススキが見えて停車

▼竹野川沿いにて(15:40ごろ)

1542_8189

1543_8192

ここから府道75号~R482~府道53号~R178~宮津与謝道路と進み、帰りも府道9号で大江山越え。帰りは、遅い車1台にしばらくつかまったが、少し見通しがよくなったところで、パスして、その後は快走。

さらに府道9号を綾部に入った辺りで、停車。

夕景と西日を浴びた彼岸花を眺める(17:00~17:10)

1700_8203

1710_8220

さらに綾部市内を進んでいるとコスモスが見え、またバイクを停める(17:20ごろ)

1721_8224

秋の雲もいい感じだった

1724_8237 

このあと、R27に出て、京都縦貫道を経て、19時前に帰宅。まさにツーリング日和という天候にめぐまれた、丹後半島周回ツーリング(何度目かの。。。R6では初)であった。

走行距離361km。燃費19.1km/l。積算距離36,266km。

▽関連記事

2013年10月22日 (火)

丹後半島周回ツーリング(前編~新井の棚田まで)

9月29日(日)晴。のんびりと8時30分の出発。

京都縦貫道からR27へ進み、京丹波町の安栖里地区に立ち寄る。

名前がわからない神社

0917_8028_2

彼岸花が咲いていた

0919_8032

田園風景の中へ

0945_8042

この辺りの景色は、かなりお気に入り

0952_8050

しばらくこの田園風景を味わった後、R27にもどり、府道1号~481号~485号~9号と交通量の少ない府道を進む。一旦R175に出たあと、また府道9号を走り、大江山越え。

途中、青鬼さんとR6でツーショット(11時前)

1056_8057

続いて、毛原の棚田へ寄ってみる

▼毛原の棚田にて(11:00~11:20)

棚田へ入るところ、赤土が目に留まる

1100_8059

小さな水車の辺りにコスモスが咲く

1102_8061

1104_8064

さらに周辺に蕎麦の花

1110_8068

そして彼岸花も

1116_8074_2

蕎麦の花の白と彼岸花の赤がいい感じ

1117_8076

府道9号のワインディングを走り上がり、大江山スキー場をすぎた辺りで停車

この辺り、宮津湾への展望が少し開ける

▼府道9号にて(11:35ごろ)

1136_8091

この日は空気が澄んで見通し良し。通り過ぎるつもりだったのだが、Uターンして写真を1枚2枚。

ここからは下りのワインディングロード。相変わらず交通量少なく、快走。

R178に出て、宮津湾(阿蘇海)をぐるっと回って、「お菓子の館 はしだて」内のベーカリーで昼食

▼「お菓子の館 はしだて」にて(12:00~12:15)

1217_8093

天橋立をながめながら、コーヒーとパンの昼食

1217_8092

食べ終えて出てきたら、R6の隣に、真っ赤なドゥカティが停められていたので、記念に1枚

この後、R178を北上し、伊根の舟屋を過ぎた辺りで、海岸線にそれて、新井の棚田へ寄ってみる。

▼新井(にい)の棚田にて(13時前)

1254_8098

毛原の棚田同様、こちらもすでに稲刈りを終えていた

1254_8099


大きな地図で見る

この後、本庄浜から袖志の棚田へと向かうのだが、以下、後編へ続く、ということで。。。

2013年10月20日 (日)

R6でぶらり京都(岩倉実相院編)

10月19日(土)、R6にて嵐山から岩倉へと向かう

ネットで、岩倉にNONベクレル食堂というのがある、というのを見かけて、ちょっとここでランチをいただこうかと。ふだん食べ物にそれほど気をつけているわけではないが、こういう食堂の存在を通して、「食」への意識が高まるのはよいことかなと。

。。。が、プリントアウトした地図を持って出るのを忘れて、うろ覚えの場所ではたどり着けない(^^;)
帰ってからもう一度確かめると、すぐ横を通過していたのだが気づかなかった(^^;;)

定食のラストオーダーが14時か14時半まで、という記憶もあったので(実際には14時半)、14時前にはあきらめて、近くにある実相院へ寄ってみることに(携帯でも確かめられるわけだが、基本、携帯でwebを見る習慣がないもので。。。)

岩倉実相院は初めての訪問。紅葉シーズン前なので、観光客はちらほら。普通車10台くらいの無料駐車スペースあり。拝観料は500円。

▼岩倉実相院にて

1417_9511

門をまたぐとすぐそこに、低くいい感じのモミジ

堂内に入ると、床に映ったもみじ(床モミジ)に目が引き寄せられる。屋内では撮影禁止なので残念ながら紹介できない(数年前までは撮影禁止ではなかったらしく、古いブログでは少なからず紹介されている)

縁側から庭園側は撮影OK

1422_9516

1425_9524

苔むしたウサギ

1425_9526

このとき光が射し込んで、濡れた苔の美しさが際立った

1426_9528

1440_9547

結局この日の昼食は、このあと、コンビニに寄って、あんパン一つのみ(^^;)

そういえば最近、パンにも、臭素酸カリウムという発がん性物質(多くの国で食品への使用禁止)を使用しているメーカーがあることを知り、少し気をつけるようにしている

夕方から降水確率が高くなっていたので、この後、夕暮れ前には帰宅

2013年10月19日 (土)

R6でぶらり京都(色づく嵐山編)

今日は、バイクでのお出かけはあきらめていたのだが、昼前には雨が上がり、少し晴れ間も見えていたので、ぶらっとR6でお出かけ ~~~ 嵐山へ

表面上、台風の被害の影響はほとんど見られなくなり、普段の観光地の姿を取り戻し、渡月橋周辺は観光客でにぎわっていた

ところどころ、色づいている木々も見られた

▼京都吉兆

1244_9496

▼嵐月

1245_9497

▼小督庵

1246_9498

1247_9499

▼宝厳院

1253_9502

▼天龍寺

1257_9504

明日は、野宮神社の斎宮行列が行われるようです

中央の白色実線について

今日は雨。。。

そこで、以前、整理できていたつもりだったが(→「トンネルと追い越し(規則の整理)」)、どうも不安になってきた中央の白色実線について、再調査。

中央線としては、白色実線は、本来、片側6m以上(おおむね片側2車線以上)の広い道路に引かれるものとのこと。
片側内で、追い越しその他、車線変更できる幅が十分に確保されているので、中央線からのはみ出し走行は一切禁止となる。

だが、実際には、あきらかに片側6mもない、通常の片側1車線の道路で、中央線として広い実線が引かれていることがある。
どうもこの場合の白色実線は、追い越しさせない心理的効果を期待して引かれているもので、片側6m以上の白実線とは法的効力が異なっているものと思われる。

次のように見方を変えるとわかりやすく整理できるかと。。。

  • 片側6m以上の道では、道路中央からのはみだし禁止
     →視覚的にわかりやすいように、白線は実線で引かれる
  • 片側6m未満の道では、道路中央からはみだしての追い越し可
     →中央線について、特に規定はないが、白い破線が引かれることが多い
  • 片側6m未満の道で、道路中央からはみだし禁止する場合
     →黄色線

つまり、交通規則としての効力を持つのは、片側6m以上か未満であって、中央の白線が実線か破線か自体が問題なのではない、ということ。

あくまでネット上の情報をざっと見ての自分なりのまとめでしかありませんので、上記、間違いに気づいた方がいらっしゃれば、ご指摘いただければさいわいです。

丹後半島の立岩

9月29日(日)午後

京丹後市丹後町にある立岩

近くまで来たときは必ず立ち寄るお気に入りの場所

1507_8180

この日は空の青と海の青が素晴らしく綺麗だった

1443_8149

ぐるっと回り込んで、立岩を少し登る

1458_8171

立岩からの眺め

1505_8178

海はとても穏やか

荒れた冬の日本海に浮かぶ立岩はこちら→「冬の立岩ドライブ」(2012年1月2日)

2013年10月17日 (木)

高速でも軽くリーンイン

当たり前のことをなぜわざわざ、と思われた方もいるかもしれないが、自分は、バイクで高速を走るようになって数年間、高速のカーブはリーンウイズで走るものと思い込んでいた。

で、少しカーブがきつくなって、ふくらみそうになると軽くブレーキをかけテールランプを点灯させ、少しアクセルをゆるめて速度調整をしていた。そういう走り方も間違いではないのかもしれないのだが、速度との兼ね合いでコーナーがちょっときついかなと感じたら、心持ちリーンインの体勢をとれば、スピードをおとすことなく、元の速度を維持しながらスムースにカーブを走り抜けられることに去年ようやく気づいた(^^;)

一般道でワインディングを走るときはふつうにやっていることなのだが、高速のカーブはゆるいので、ほとんどリーンウイズで問題なく走れてしまうので、高速でリーンインの体勢をとるという発想がなかった、というわけ。

で、その固定観念をとっぱらってからは、高速道のコーナー途中でテールランプを点灯させ、スピードを落とすようなことはなくなった。

もし、あぁそういえば自分もそうかも、高速道のカーブ途中でちょくちょくスピードを落とすことがあるな、と思われた方がいらっしゃったら、高速道でも一度リーンインしてみて、走りやすいかどうか試してみてはいかがかでしょう。

ただし、くれぐれも、あえてそのために、オーバースピードで突っ込んだりはしないように(^^;;)

1124_8801

(2013年4月27日長崎自動車道、金立SAにて)

三鈷寺から--京都盆地を見渡す

京都西山に位置する、三鈷寺(さんこじ)

善峰寺の隣(奥)にあり、京都盆地を見渡すには最高のスポット

0903_8553s

(↑)山門前

0904_8556s

(↑)左下には、善峰さんのあじさい園が広がる

0905_8558

(↑)善峰寺北門

0906_8561

(↑)三鈷寺山門

0911_8567s

(↑)三鈷寺境内

(↓)三鈷寺から京都盆地を見渡す

0908_8564

0952_8570

0956_8580

北山から京田辺方面まで見渡すことができる、素敵な眺望

0909_8566s

0908_8565s

(↑)この銀杏が色づいた頃、また訪ねたい

(↓)参道にて

1011_8600_2

善峰寺の駐車場入り口の奥に、府道208号は続いており、一応車道だが、かなりの急坂峡路。三鈷寺の方は、この道を車で行き来していると思われるが、車で行こうとして万一対向車が来たら、かなりピンチ。急坂峡路ヘアピンをバックで下がっていくしかない。

原付バイクかオフロードバイクが最適な交通手段。自分はこの日は原付スクーターで出かけたが、それでも、長い下りで、エンジンブレーキが効かないので、心地よくはない。

徒歩だと、善峰寺の手前に参道があり、そこから上がっていけるらしい。ただし坂道なので、けっこうきついかも。。。 紅葉の時期は、もみじを眺めながら歩いて上がるのがよいかも。。。 それか時間があれば善峰寺とセットで、まず善峰寺をぐるっと回ってから、善峰寺北門から出入りして、帰りは三鈷寺の参道を下っていく、というのがベストな選択かな。。。 ただ、そうすると、下りて来た後、また善峰寺の駐車場まで、少し登らないと行けなくなるのか。。。(^^;)

今週末19日(土)に観月会があるとのこと。要予約と書かれていた。この日だけは、参道の階段を灯りで照らすらしい。月とともに、夜景も楽しめるだろう。

お寺のHPは→こちら


大きな地図で見る

2013年泉州・貝塚のだんじり祭

去年に続いて今年も撮ってみた

1641_8642

17時前なので、西日を浴びて、木の色が美しい

1648_8666

1654_8686

引き手の躍動感をもっと映し出せれば。。。

1657_8698

2013年10月16日 (水)

初秋の智積院にて

10月9日昼過ぎの智積院

1421_8521

1408_8516_2

1405_8510

1409_8518

1423_8525 

少しずつ、色づいてきています

2013年10月14日 (月)

紅葉進む大台ヶ原ドライブウェイ

今日10月14日(月/体育の日)の大台ヶ原

思っていた以上に紅葉が進んでいた

1138_9256_2

1139_9258

1140_9259

1140_9260

1151_9272

1311_9328

1317_9339 

残念ながら頂上付近は低い雲の中に入ってしまっていた

1216_9285

日出ヶ岳か大蛇嵓(だいじゃぐら)方面へ歩くつもりで、ライディングブーツではなく、トレッキングシューズで出かけたのだが。。。 駐車場から先へは進まず。。。

車は駐車場からあふれていた。車が手前で待機させられていても、バイク用の駐輪場所はたいてい余裕があるので、すり抜けて、駐車場へ進んでも大丈夫。

御嶽山の紅葉(八合目周辺)

今日(13日)、R6で紅葉を見に御嶽山へ

ロープウェイ七合目~八合目の登山道にて

1009_8839_2

1030_8863_2

八合目女人堂を少し上がった辺り

1052_8906

1052_8908

八合目と九合目の間にて

1203_9045

1224_9072

八合目女人堂から、三の池方面に進んですぐのところ

1257_9146 

ロープウェイ駅周辺を散策するだけのつもりが、八合目半まで、行ってしまった

ツーリングレポートはまた別途。。。 

2013年10月12日 (土)

紅葉前の上高地ツーリング(後編)

9月23日、紅葉前の上高地ツーリングレポート続き。。。

上高地を離れ、またバスに乗って、14時40分頃、アカンダナ駐車場にもどってきた。自分の1台前のバスに乗っていたのか、バスが到着する頃、バイクとすれちがった。

そのためか、バイク置き場には、またR6、1台のみ。ちなみに平湯の駐車場辺りでは、バイクは少なからず見かけた。

▼アカンダナ駐車場にて

1448_7638

このあと、今回のもう一つの目的地、R158安房峠へ。去年、信州高見石ツーリングの帰りに通ったときは、通行止めで、やむなく、有料の自動車道を利用せざるをえなかった。

▼R158安房峠(15時~16時)

1502_7641

路面状態はあまりよくないので、走って楽しい道ではなかったが、ところどころ眺望良く、山の眺めを楽しむには良い道だった。

1509_7648

(↓)岐阜と長野の県境、安房峠の茶屋にて(15:10)

1510_7652s

茶屋は閉まっていたが、ここからの眺めはよく、バイクの集団一組と、ここでシートをひいて、座り込んでゴハンを食べる方々がいらっしゃった。

ここからはほぼ下りで、有料道路出入口の少し先へと出たところで、Uターン。また来た道をもどる。下りて来ながら、チェックしていた、景色の良いところで、バイクを停める。

1538_7663

(↓)ここは2車線だが、中央線のない1.5車線程度の道幅のところが多かった

1538_7665

平湯までもどってきて、平湯神社前にバイクを停める

▼平湯神社にて(16時)

1558_7673s

すぐ近くにかやぶき屋根。高山市指定文化財となっている民俗館で、手前に足湯があり、奥の建物では、食事もできるようだった。

1559_7675

ここから帰路につき、R158を西へともどる。しばらく快走していたのだが、何やら渋滞中。車の横をすり抜け前へ出ると、煙が上がり、車が燃えていた。

燃えた車の運転手が、この先は危ないと制止。確かに調理用のガスボンベを数本積んでいたらしく、ボンボンと破裂音が響いた。

▼車両火災現場(16:10~16:50)

1623_7690s

しばらくして消防車が到着。消火活動に入る。徐々におさまってきたが、エンジンルームがなかなか開かず、完全には鎮火できない。そのうち、水の勢いが弱まってきた。ホースを伸ばすが、取水口には届かない模様。

1624_7694s

その後、2台目が到着し、消火活動に入り、エンジンルームをこじ開けて、なんとか鎮火。長く感じたが40分程度の足止めで、ここを通過。

しばらく行くと雨が降り出してきた。通行止め解除後、まずバイクが十数台先行したのだが、路面がウェットになると、全体ペースダウン。

すぐに雨は止み、高山市の市街地へ。丹生川町の高山市役所支所前に綺麗な花がたくさん咲いていたので、バイクを停める。

▼高山市役所支所にて(17:15ごろ)

1716_7716

西の空は夕焼け

1717_7719

このあと、高山清見道路~東海北陸道~名神を経て21時半ごろ帰宅。三連休の最終日ということで、高速はかなり渋滞していた。おかげで帰りの高速の燃費は21.8km/lまで伸びたが。。。 

走行距離649km。燃費19.3km/l。積算距離35,761km。

▼関連記事

2013年10月11日 (金)

紅葉前の上高地ツーリング(前編)

9月23日(月/秋分の日)三連休の最終日、上高地へ。3時起きの3時半出発。

服装は、メッシュジャケットとメッシュパンツ。メッシュジャケットの下には、防風インナー。

京都南で名神に入り、まだ暗い中、交通量も少なく、名神高速を快走。が、一宮JCT辺りでポツポツしはじめ、東海北陸道に入ると本降りに。予想外の早朝にわか雨。降水確率ほぼ0%だったはずなのに。。。 カッパ類は持ってきていない。ネイキッドバイクならびしょびしょになるところだったが、体をふせ、なるべくカウルの範囲に体を入れて、濡れを最小限にとどめながら、川島パーキングに入って雨宿り。

駐輪場には、先客の雨宿りライダーが一組(トライクに乗る女性二人)。雨に濡れた車体をふいておられた。神奈川を訪ねていて、富山へ帰る途中とのことだった。
トイレに行ったり、暖かいコーヒーを飲んだりして過ごすがなかなか雨は止まない。

ただしトイレ内で流れているアナウンスに耳を傾けていると、一宮から美濃区間が雨で走行注意とのこと。ということは、美濃を抜けると雨は降っていないと推測され、少し小降りになったところで、再出発。しばらくは雨が続いたが、期待していたとおり、美濃辺りで雨は上がり始め、その先は、路面もドライで、降った形跡もなし。

ペースを上げて、ひるがの高原SAにて給油。すでにこのとき給油ランプが点灯して、しばらく経過していた(^^;) ホントは長良川SAで給油しようと寄ったのだが、GSの営業は6時からということで、まだ営業前だった。早朝・深夜の長距離走行では早めの給油を心がけねば。。。

▼ひるがの高原SAにて(06:15ごろ)

0617_7225

その後、飛騨清見インターから高山清見道路(無料の自動車道)に入り、高山インターで降りてR41からR158へと向かう。が、進路がよくわからなくなったところで、お腹もへってきていたのでコンビニ休憩(ファミリーマート高山桐生町店)。時間は7時前。レジで女の子に上高地方面への道を訪ねると、的確に教えてくれた。

おかげでスムースにR158へ出て、あとは、そのままR158を進むのみ。時間は7時を過ぎ、交通量も増えてきており、車の流れで走行。

平湯温泉を過ぎ、7時50分にアカンダナ駐車場に到着し、バイクを停める。紅葉シーズン前なので、車はまだそれほど多くない。建物の裏側の軒下が駐輪場となっており、そこに停車。

▼アカンダナ駐車場にて(8時前)

0754_7228

バイクは自分のR6のみ。長時間放置することになるので、念のためヘルメットに盗難防止用のワイヤーを通しておいた。

持って行くものを準備して、表へ回ると、ちょうどバスが出るところで、往復チケット(2000円)を購入して、待ち時間なしで、上高地行きのバスに乗車。乗車率は7~8割程度でまだ余裕があった。

バスは安房峠道路を走り抜け、一般車両通行禁止の県道24号へと進み、8時20分ごろ大正池のバス停に到着。登山組は終点まで行くのだろうが、今回は自分は上高地散策なので、ここでバスを降りる。半分くらいはここで降りただろうか。そのうち、涸沢辺りまでは足を伸ばしたいと思っているが。。。とりあえず今回は平地のみ。

▼上高地にて(08:20~14:00)

0835_7249 0928_7308

0937_7317 1023_7349

1028_7359 1037_7377

1157_7482 1232_7521

(↓)河童橋付近にて

1330_7577

(↓)穂高岳。望遠にて

1344_7598

1350_7610

上高地で5時間40分もの時間を過ごしたことになるのだが、上高地での時間の経過については、こちらの先行レポートを参照ください

このあと駐車場にもどり、R6で安房峠(一般道の方)を往復するのだが、それは後編にて。。。

2013年10月10日 (木)

越前海岸&丸岡城ツーリング

9月21日(土)5時50分出発。天候晴。

越前海岸から丸岡城へ向け、名神高速を北上するも、八日市-彦根インター間が、通行止め。やむなくこの間、渋滞気味のR307を走る。数十分のロス。

彦根インターで再び名神に入り、北陸道敦賀インターで降りて、R8を北上。その後、河野しおかぜラインへ進もうとするが、こちらも台風18号の影響で通行止め。

しばらくR8で北上を続けたあと、左折してR305へ進み、海岸線に出る。そこからは車の流れの良い、素敵な海岸道路。ゼファーでもSVでも走った道。R34スカイラインでは海が荒れて、波が高く、行く手を阻まれた道。

今回は初めて、越前岬手前にある、玉川洞窟観音に寄ってみた。

▼玉川洞窟観音(09:10ごろ)

0910_6827

洞窟は近代的に整備されていて、ちょっとイメージとは違った(^^;)

このあと、水仙ランドへと上がって、上から見下ろすことが多かったが、今回はそのまま海岸線を走って、呼鳥門に立ち寄る。

▼呼鳥門(09:20~09:30)

0921_6831

0926_6836

観光客ナシ。釣り人とだけすれ違った。

続いて、弁慶の洗濯岩。

▼弁慶の洗濯岩(0950~10:00)

0951_6847

0955_6853

源頼朝に追われた、義経と弁慶がここに立ち寄り、旅衣を洗い旅の疲れを癒したという言い伝えがあるらしい。

ふと案内板に目をやると「神の足跡」という興味深い文字が。。。

駐車場にバイクを残し、北へ少し歩くと、そこには巨大な足跡のような模様。

▼神の足跡

0957_6856

駐車場にもどり、また少し海岸線を進み、10分もしないうちにバイクを停める。

▼鉾島とその周辺(10:20~11:00)

1022_6881

1058_6923

(↓)鉾島の上からの眺め

1036_6897

こちらけっこう観光客が訪れていて、駐車場には車数台、バイクも2台ほど駐車されていた。

また海岸線を少し進むと亀島があり、その先で右折して、二枚田幹線林道へ進む。

▼二枚田幹線林道(11:10~11:40)

1119_6928

海岸線から入ったのは初めて。
ちょうどヘリコプターが編隊飛行で東から西へと向かっていった

1139_6939

交通量は激少。ただ、今回は、路面に落ち葉が多く、あまり気持ちよく走れなかった。

(↓)二枚田幹線林道入り口


大きな地図で見る

二枚田幹線林道を走り抜けた後、県道3号に出て、北西へと進む

農村の道端にコスモスが咲いているのを見つけて停車

1200_6952_2

県道155号~102号と進み、広大な蕎麦畑でバイクを停める

▼坂井市の蕎麦畑(12:15ごろ)

1217_6959

この後、地図をよく確かめないまま、適当に走ってしまい、丸岡城を目指しながらも、辺りをふらふらと。。。(^^;)

(↓)黄金色の稲と蕎麦の白い花の風景

1301_6963

この辺りで、ツーリングマップルを取り出し、丸岡城の位置を確認。南側へずれたところに来てしまっていた(^^;) 方向修正して、丸岡城へ到着。

▼丸岡城(13:20~14:40)

1409_7003_2

お腹がすいていたので、先に食堂で蕎麦をいただいてから、お城見学。現存する天守閣では最も古いらしい。規模は大きくはない

最上階へ上がるには、階段というよりもハシゴを登る。つかまるロープが用意されている

1353_6982

その後、石垣の周りをぐるっと回ると、彼岸花が咲いていた

1426_7033

丸岡城見学を終えた後、R8を北上し、加佐ノ岬へと向かう

近くに北前船主屋敷蔵六園というのがあったが、今回はスルー

手前に駐車場があり、バイクを停め、5分ほど歩く

▼加佐ノ岬(15:40~16:00)

1553_7061

小さな灯台もあり、こじんまりといい感じ

1546_7056

多くはないが、絶えることなく、観光客が訪れていた


大きな地図で見る

ここからR305へ出て、南下し、東尋坊へと少し寄ってみる

▼西日を浴びる東尋坊(17時ごろ)

1701_7069

この時間帯に訪ねるのは初めて。
日が沈む時間までここで過ごしたいところだが、そうすると帰路の海岸線を楽しめなくなるので、ほんの10分ほどの滞在にとどめ、またR305にもどって南下

沈みゆく夕日を眺めながら海岸線を走り、日が落ちる手前でバイクを停める

▼越前海岸で見た夕日(17:50~18:00)

1754_7082

水平線に日が沈んだのを見届けたあと再出発

今度は、イカ釣り漁船の灯りを見ながら、引き続きR305を南下

R8へと進み、敦賀インターさらには木之本インターでも、高速(北陸道)に入りそこね、ようやく長浜インターで高速に入る。そのため京都南インターで降りて帰宅したのは21時過ぎとちょっと遅めになってしまった。

走行距離561km。燃費19.3km/l。積算距離35,112km。

▽関連記事

▽過去の関連記事

2013年10月 9日 (水)

今日の朝焼け

今日(8日)、たまたま早く目がさめ、外を見ると、空が焼けていたので、カメラを持って散歩に出ました

20131007_8481

20131007_8496

これからは晴れの日は、5時半起きで散歩しようかな。。。

2013年10月 7日 (月)

鉾島(福井県越前海岸)

「神の足跡」同様、ここも何度も横を通っているのに、これまで、整備された駐車場に止まらず、通り過ぎていたところ。

越前海岸道路は見所がたくさんあるので、すべて停車していると、東尋坊までたどり着けない、という事情もある(^^;)

規模は中規模だが、見事な柱状節理

1014_6870

遊歩道が整備されていて歩いて渡って登れるのがいいところ

1044_6909

海に向かって右隣にも、三角形の柱状節理。左奥が鉾島

1053_6918

自分にとって、柱状節理というと何といっても、三重県の楯ケ崎になるのだが、ここ鉾島は駐車場から歩いてすぐなので、ツーリング途中に気軽に寄れるのがよいところ。

▽関連記事

▽過去の関連記事

2013年10月 6日 (日)

神の足跡(福井県)

福井県越前海岸R305沿い

これまで何度もすぐ横を通り過ぎているのに、見逃していた「神の足跡」

0958_6857

いかにも巨大な足跡に見える

0959_6858

海からの水を田んぼにまいたら、塩害で作物がダメになるのではと、突っ込みをいれながら読んでしまった。。。(^^;) でもきっと神様は、ちゃんと海水から塩分を抜いた真水をまいてくださったのでしょう(^^)


大きな地図で見る

弁慶の洗濯岩の駐車場にバイクを停めて、R305を北へ徒歩2分ほど

弁慶の洗濯岩とセットで訪問することをオススメします

演劇鑑賞込みの飛鳥ショートツーリング

9月14日(土)、昼からツーリングということで、天理経由で飛鳥へ

いつものように京奈和~R369~県道47号と進む

▼R369から県道47号へのショートカット農道にて(14時)

1359_6378

今回は、ここから、県道80号~R369にでた後、県道47号~R25(名阪国道ではない旧道の方)と進み、天理ダム沿いのルートを進む。逆からのルートは一度通ったことがあるが、こちらから入るのは初めて。ワインディングだが、路面状態はあまりよくない。

その後R169を南下して、前からそのうち訪ねてみようと思っていた、長岳寺に寄る。

▼長岳寺(奈良県天理市)にて(14:45~16:10)

1509_6387

ちょうど団体さんも到着し、本堂で、一緒にお坊さんのお話を聞くことができた

1500_6384

白い彼岸花が少し

このお寺へは春(4月末~5月)、つつじ・かきつばたが咲く頃訪れたい
またたくさんのネコたちが出迎えてくれることだろう(→「長岳寺(奈良県天理市)のネコたち」)

1時間以上も滞在したあと、R169を南下。R169は市街地を走るので、交通量が多く流れが悪い。県道37号に入ってようやくマイペース走行。県道155号で談山神社横のワインディングを走り抜けて、飛鳥へ。

▼明日香、稲渕の棚田にて(17:00~17:50)

1659_6425

彼岸花はまだだろうと思っていたのだが、思っていた以上に咲き始めていた

1726_6459

バイクを停め、案山子ロードを歩いて行くと奥の方に、黄色い彼岸花が咲いていた

1727_6461

1725_6457

大きな天狗の面や、表が女の子、裏がキツネの案山子などが楽しませてくれる

1737_6482

見上げると秋の空

1739_6485

この後、R369をもどって、あまり混雑しないということで、黒塚古墳の柳灯会(山辺の灯り)を見に行くつもりをしていたのだが、せっかく近くまで来ているということで、石舞台古墳周辺で行われている光の回廊をのぞいてみることに。

通り抜けるだけのつもりだったが、すでに夕暮れの時間帯になり夕焼け空になっていたので、駐車場にバイクを停める。

▼石舞台駐車場で見た夕焼け(18:20ごろ)

1819_6515

1818_6509

いったんバイクを降りると、「光の回廊」の灯りに誘われ、足が勝手に動き出してしまう(^^;) するともうすぐ、翌日の公演に向けた劇団の最終リハーサル(最初から最後まで通し)が始まるということで、そのまま座り込んで、演劇鑑賞(^^;;) 

▼「月下の誓い」最終リハーサル(18:30~20:10)

1842_6538

あすか劇団時空の 「月下の誓い」 という演劇で、飛鳥寺の建設にかかわった百済からの渡来人が登場する物語

1947_6566

なお、翌日の本公演は、台風接近で中止かな、と思っていたら、劇団のブログをのぞいてみると、雨が降り続く中で決行され、150名ほどが集まったとのこと。

最終リハーサル鑑賞後、石舞台へ

▼石舞台周辺の「光の回廊」(20:10~20:25)

2023_6621

石舞台周辺をぐるっと回った後、帰路へ

で、暗い中、帰りを急いでいると、後ろで赤いランプが光って御用となってしまったのは、すでにレポート済み(→「夜間のスピード出し過ぎに注意!」)

というアクシデントもあったため帰宅は22時過ぎと遅くなってしまった。。。

走行距離193km。燃費17.7km/l。積算距離34,551km。

▽関連記事

2013年10月 5日 (土)

色づき始める嵐山高雄パークウェイ

10月4日(金)、土日は、天気が悪そうということで、本日昼から出勤とし、嵐山高雄パークウェイへ

嵐山から入り、高雄の駐車場に到着すると、キンモクセイの甘い香りが漂う

0844_8341

ドッグランの第2駐車場辺り、けっこう色づき始めていた

0914_8352

0911_8346_2

0911_8347

いつにも増して貸し切り状態でワインディングを数往復

0949_8375

フラワーパークでは今はコスモスが開花中 

0946_8373

その後、水尾~越畑~亀岡と回る

越畑の四所神社のイチョウの色づきはまだまだ

1115_8409

走行距離約150km

▼関連記事

季節外れのひまわり畑--西京区大原野

10月4日(金)昼

西京区大原野北春日町のひまわり畑

1157_8418

先客バイク(ドラッグスター)が1台おられた


大きな地図で見る

嵯峨・水尾のフジバカマ

10月4日(金)午前

嵐山高雄パークウェイを走ったあと、越畑の四所神社のイチョウの様子を見に行こうと、R6で峠越えルートを進んでいたところ、フジバカマ開花中の看板が目に留まり、寄ってみた。

1051_8386

アサギマダラという蝶が乱舞
数百羽、もしくは千羽以上いたのでは。。。

1053_8392

奥にコスモスも咲いていた

1054_8395

1055_8399

写真を撮りに来ていた人、数名

1058_8403

数台分の駐車・駐輪スペースも用意されていた

1100_8407

望遠レンズを持って出ていなかったのが残念。。。


大きな地図で見る

2013年10月 4日 (金)

収穫終えた袖志の棚田

9月29日(日)、丹後半島にある袖志の棚田

毛原の棚田同様、ここもしばらく前に収穫を終えた模様

1410_8129

干されているワラも、すでに見あたらず

1413_8133

焼け跡が残る田

1419_8141

藁を焼くのは収穫後の農村の日常の光景だと思っていたのだが、条例で禁止している地域もあるらしい。。。

2013年10月 3日 (木)

アサヒビール大山崎山荘美術館

京都府大山崎にあるアサヒビール大山崎山荘美術館(→HP

9月22日(日)に初訪問。とくに、紅葉の時期の素敵さが伺える庭園が好印象

7143

7147

7157

7163

本館2階テラスからの眺め

7173

喫茶室があり、テラスで、コーヒーとケーキをいただく
『クレーの天使』というホワイトチョコクリーム入りのケーキが美味でした
期間限定とのこと

7176

紅葉のとき、また来よう。桜と紅葉のシーズンはかなり混雑するそうですが。
美術館には駐車場もバイク用駐輪場もないので、大山崎駅近辺に停めて坂道を歩かなくてはならないのも少々つらいところ。ただし送迎バス有り

長岳寺(奈良県天理市)のネコたち

9月14日(土)、飛鳥を訪ねる前に寄った長岳寺。

境内にたくさんのネコがおりました

山門付近にて

1452_6380

受付にて

1456_6382

本堂近くにて

1545_6389

山門前にて

1604_6415 

2013年10月 2日 (水)

大江町毛原の棚田の蕎麦の花

9月29日(日)、京都北部、大江町の毛原の棚田

稲刈りは、ほぼ終わっていた

1111_8071

棚田の一角、蕎麦の花が咲き、その周りに彼岸花が見られた

1124_8088

2013年10月 1日 (火)

ススキの季節

9月29日(日)午後

すっかりススキの季節となりました

1546_8197

1547_8200

京丹後市、竹野川河岸にて


大きな地図で見る

R6で出かけたので、ツーリングレポートはまた別途。。。

そろそろまた曽爾高原にも行かねば

夕暮れ時の西本願寺唐門

9月28日夕刻

唐門前、西本願寺と興正寺の間の北小路通

1722_7906

1725_7918

西日を浴びる唐門

1730_7938

1728_7925

龍谷大大宮キャンパスのイチョウも少し色づき始めていた

1735_7953

夕暮れ時の東寺五重塔

28日、ちょうど夕暮れ時に東寺を通りかかったので

1751_7957

九条大宮交差点にて

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □