フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 清滝不動院と水天宮 | トップページ | 今日の夕焼け(桂川にて) »

2013年7月10日 (水)

R6のフォーク突き出し調整されておらず

前にもふれましたが、YZF-R6の2003年型では、フロントタイヤの標準サイズは、120-60/17。自分が中古で購入したR6には、120-70/17(ブリヂストンのツーリング向きタイヤ)がついております。

扁平率が、60→70に上がり、外径が2cm程度大きくなる。ネットを見ていると、このようにタイヤの扁平率を上げた場合、フロントフォークの突き出し調整をするとのこと。メカオンチの自分には???

それはどこで見たらよいのか。で、またネットで調べないといけない。

3326

ちょっとわかりづらいですが、赤線で囲んだ部分。突き出し調整をしていると、この部分(フロントフォークの上端)が、上に突き出てくることになるところが、きっちり収まっているので、どうやら、扁平率は変えたものの、突き出し調整はされていないということが判明。

ということは、標準タイヤに比べて、かなり乗り味(特にコーナリング時)は変わっているものと思われる。おそらく曲がりづらい方向に。。。(^^;)

まだ先になりますが、次は、標準サイズにもどして確かめることになるでしょう。タイヤの銘柄もたぶん変えるので、同じ条件での比較にはならないけれど。

« 清滝不動院と水天宮 | トップページ | 今日の夕焼け(桂川にて) »

R6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 清滝不動院と水天宮 | トップページ | 今日の夕焼け(桂川にて) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □