フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 祇園祭--綾傘鉾と船鉾と入道雲とギャラリーと | トップページ | 夕焼け--桂川にて »

2013年7月16日 (火)

R6で嵐山高雄パークウェイ走行

7月12日(金)、時間調整のため、午後からの出勤ということで、午前中にまた嵐山高雄パークウェイに行ってきました。

前回5月31日はSV1000(史上最低の燃費、11.46km/l(嵐山高雄パークウェイ))、今回はもちろんR6にて。

今回もほぼ貸し切り状態(^^)

いつまでも走り飽きることはなく、計5往復(^^;) 2輪の通行料金は800円だが、路面状態、ワインディング度合い、交通量を考えると、コストパフォーマンスは最高レベル。

最初3速で流しながら、その後ほぼ2速で回転数を上げ気味にワインディング走行。3速固定なら、ツアラー的な走り方をすることができるし、2速メインなら、ほぼ5000回転以上キープで、本来の(といっても自分の運転だとほんの片鱗レベルだが。。。)SS車の走行を味わえる。

高回転を確かめるために、12000まで回してみたが、不快な振動などなく、スムースに回転を上げていく。前のオーナーはほぼツーリングユースということで、たぶん1万以上回すことはなかったと思われるのだが、10年3万km経過のエンジンはきちんと応えてくれた。12000からでもまだそのまま上がって行きそうな気配だが、公道で常識的レベルを超えてしまうので、それ以上は控える。

走りを楽しみながらも、前回とほぼ同じ場所、そして前回気になりながら停めなかった場所でも、バイクを停めて道路とR6を撮る。

3929

3934

3938

3940

今ダリアが見頃となっているフラワーパークにも寄ったのはレポート済み(→こちら

3910

前回寄った水天宮も再訪

3945

今回も1台バイクを見かける。駐車場を点々と移動されておられました。

なお走行中に道路に出てこようとする鹿を見かける。こちらがバイクで近づくと、奥へ引っ込んでいった。それから道路上に体長70cmくらいのヘビも一匹。交通量は少ないとはいえ、こういう危険要素もあるので、路面だけでなく、道路脇の様子も視野に入れておく必要あり

(↓)後輪タイヤの走行前、走行後比較はこんな感じ

0412

0414 

タイヤがツーリング指向のタイヤ、あるいは前輪タイヤの偏平率違いによりフロントが2cm上がっている、という要素もあるが、SV1000と比べて、特にSSだから、寝かせやすいとは今のところ感じていない。

経験上、特に寝かせる意識を持たなくても、暑い時期に、旋回速度60km以上の高速コーナーで、トラクションをかけながら(コーナー途中からアクセルを開けていきながら)走れば、自然とタイヤは端の方まで使う(摩擦熱で溶ける)ことになる。低中速コーナーではあんまり端っこは減らない。

このあと、六丁峠~保津峡越え走行もしたのだが(これは別途レポート予定)、その区間も含めて燃費は、14.9km/lと、走り方の割りには上々。SV1000と比べて、高速でもワインディングでも、おおむね燃費はリッター3kmくらい良い感じ。

« 祇園祭--綾傘鉾と船鉾と入道雲とギャラリーと | トップページ | 夕焼け--桂川にて »

R6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園祭--綾傘鉾と船鉾と入道雲とギャラリーと | トップページ | 夕焼け--桂川にて »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □