フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 初夏の曽爾高原 | トップページ | SV1000ラストラン »

2013年6月30日 (日)

SV1000最終日に、低速右折ゴケ(^^;)

SV1000ネタ、まだ書いてない物がありまして。。。

6月22日(土)、引き取りが正午ごろの予定。SV1000でラストランに出ていたところ、渋滞でちょっと遅くなると連絡あり。少し余裕ができたので、帰りに嵐山~嵯峨野に寄ることにした。

平野屋さんのある鳥居本に抜ける峡路で、この先工事中との案内板があり、左折して横道に入ってUターン後、三叉路を右折してもどろうとした小さな交差点で、右側にころんと転がってしまった(^^;)

バイクを道路に寝かせてしまったのは、これで3回目だが、これまでは、バランスを崩し、右足で支えきれないと判断し、ゆっくりと車体を寝かせた形。このためバイク(ゼファーで1回、SVで1回)も、本人もほぼ無傷。被害はゼファーのミラーが緩んで高速の風圧に耐えられなくなった程度。

今回はなぜ転んだのか不明。転んだ状況からすると、下り側への右折中に前ブレーキをかけてしまい、急速に右方向への力が働き、立て直す間もなく、転がってしまった感じ。ブレーキをかけなければならない状況でもなく、かけた覚えもないのだが、やや下りということで、勢いを感じて、ふと無意識に前ブレーキを握ってしまったということか。。。 それ以外に説明がつかない。

▼SVの負傷状況

1154_3170

右サイレンサーを傷物にしてしまった。あと、右ハンドルとブレーキレバーの先に擦り傷。ということで、その後の引き取りの際、出品の際と状況の違うところを正直に説明し、落札額から2000円だけ差し引いての取り引きとなった。想定以上の高値落札だったので、1万円くらい引いても平気だったのだが、2000円引くとちょうど、切りの良い数字になるので、それで落ちついたという次第。

 □  □  □

教訓としては、とりあえず、低速走行時は、右ブレーキレバーに手をかけないようにすることか。 低速時の微妙な速度調整は、クラッチ操作と後ろブレーキの役割。右折時は、バランスを崩した際、右足をつこうと準備しているところがあって、後ろブレーキの意識・備えが弱くなり、前ブレーキを咄嗟に使ってしまうと、今回のようなケースになる。

 □  □  □

なお、転倒時、右に転倒したのに、なぜか左足を打撲。たぶん、転倒時に、左足が浮き上がった後、バイクの車体(出っ張ったステップあたり)に打ち付けたのでは、と推測される。

そのとき、狭い路地には誰もおらず、誰にも心配かけることなく、すぐにバイクを起こし、そそくさとその場を離れました(^^;) 前にSVを寝かしたときは、異様に重く感じたのだが、それは下が土だったからか。今回はやや下り傾斜にもかからず、バイクは簡単に起き上がってくれた。

最後の最後に、忘れられない思い出ができたラストランとなりました。

« 初夏の曽爾高原 | トップページ | SV1000ラストラン »

SV1000」カテゴリの記事

コメント

転かしちゃうと、精神的ダメージが有りますよね。

僕も一度だけ、キャンプ装備満載で旋回中に前走者が予測外の場所で止まっちゃって
斜面+荷物満載で支え切れず転かしちゃった~。(ーー;)

荷物をいっぱい載せてあったから、重心が植上に有ったため
タイヤの方が高くなってました。(爆)
1人では起こせず、同走者3人で起こしました。 (大恥)

3回目となると、自分の場合、特に精神的ダメージはないです(^^;) 打撲の痛みがけっこう長引いていて、肉体的ダメージがまだ残っています。。。
仲間がいると、かっこわるいけど、心強いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の曽爾高原 | トップページ | SV1000ラストラン »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □