フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« SV1000との別れ | トップページ | YZF-R6(2003)ファーストインプレッション »

2013年6月23日 (日)

新しい相棒

6月22日(土)、SV1000を引き渡した後、新しい相棒を引き取りに電車で出かけました。

別れた後の、愁いの気持ちを抱いたまま。。。 それゆえ、新しい相棒を引き取るワクワク感はありません。駅を降りて、ショップへ向かうとき、それまでの相棒の引き渡しと新しい相棒の納車が同じ日というのは、よくないなぁと思って、歩いておりました。このときはまだ、これまでの相棒を思う気持ちの方が強いので。

で、ショップへ到着、一通り説明を受け、精算をすまし、新しい相棒にまたがり、通りに出る。試乗はせず、購入を決める前、またがっただけのときには、前傾にそれほど違和感はなかったはず。でも、またがるのと、実際に運転するのとでは大違い。

すぐに大きな交差点に出て、右折を待つ間、あちゃー、これからこのポジションで乗らなきゃ行けないのかー、と思っておりました。この現実を前に、SV1000を思う気持ちは、すーっと心の奥の方へ。

電車移動ということもあり、カメラを背負っていたり、ジーンズだったりしたので、とりあえず、一旦帰宅。ライディングパンツに履き替え、シートバッグを取り付けカメラなどの荷物はそちらへ、背中には何も背負わないようにして、再出発。重い物を背負っていなければ、ちょっとマシ。

で、そのバイクというのは、

1648_3185

(↑)亀岡にて

バイクに詳しい人はこれだけでも識別できるのでしょうか?

自分なら無理(^^;)

前から見ると、

1810_3224

(↑)美山町の大原神社にて

特徴的な、ちょっと悪そうな面構え

そう、次の相棒はYAMAHAのR6(2003年型)です

1820_3238

(↑)大原神社への参道口の大きなケヤキ

リッターバイクへのこだわりなどはないので、今回は600cc。

1.SV1000に負けない運動性能がいいかな
2.ドゥカティのストリートファイターは高くて手が出ないな
3.一度はカウル付にも乗っておこうかな
4.一度はSS車なるものに乗ってみるのもいいかな
5.CBR600RRは、腰から下があまりに窮屈だった
6.2年前またがったディトナに今回念のためまたがってみたが、やはり前傾ポジションがきつい印象は変わらなかった
7.6RとGSX-R600は、手頃な中古車が見あたらず、またがる機会を作れなかった
8.一応R1にもまたがってみたが、ちょっとごついな、違うなという印象だった

ということで、このR6(2003年型.走行距離28,000km)を新しい相棒とすることにしました。

ファーストインプレッションなどはまた別にアップします。

1836_3255

(↑)京丹波町にて

カウル付バイクというのも、けっこう写真映りが良さそうな気配(^^)

« SV1000との別れ | トップページ | YZF-R6(2003)ファーストインプレッション »

R6」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

なんか、えらくスポーティーな方向に行っちゃいましたね~。

SVも短い時間に距離を結構走られたので、このバイクでも距離を走られるのかな?

前傾はきつくないですか~?

新しい相棒、
よい感じですね

いつも素敵な写真
ツーリング情報
楽しみにしています。

新相棒で
これからも
お願いします。

1日違いの日曜日に、僕も美山へ行ってました。
カッコイイバイクですね。

日曜日の美山町は、ライダーのたまり場ですね(笑)
デッカイバイクがいっぱいでした。

でも・・・KSR110で美山まで行きますと「来た!!」と言
う実感は、とてつもなく体感出来ましたよ(^_^;)

ヤマハとスズキ・・・やはり違いみたいなのは感じますか!?
僕が乗っていた1990~1995年は、各メーカー共、
いろいろ味付けが違ってましたが・・・

バイクを乗り換えるのかな・・・と思っていたら、同日に一気に変更になったのですね。
ヤマハR1・R6はかっこいいですね。僕の感性ではバイクで一番かっこいい。
知り合いがR1に乗っていますが、前傾がきついのでCB750も持っています。
これとCBR1000や600は、レーシングバイクだものね。
僕には到底乗れそうにないバイクですが、インプレッションを待ってます。

みなさん、コメントありがとうございます!

R6は2006年にモデルチェンジして、さらにレーシーな方向へと進むのですが、2003年型はそ・れ・ほ・ど前傾はきつくない方です。

リッターVツインとミドル4気筒SSという大きな違いがありますので、メーカーの違いを感じることはできません(^^;)

実は私、ライダーのたまり場風景を見ると違和感感じるタイプなのです。。。 なんでたまっているんだろう、今そこに晴れた天候とドライな道があるのに、なんで走りに出ないんだろうって。自分があまりに貧乏性ライダーなんでしょうね(^^;)

自分が一番かっこいいと思うのは、ドゥカティの848、1098ですね。日帰り中距離用と宿泊長距離用の2台持てる余裕があるなら、ぜひ乗りたいところです(^^;)

しばらくはこのR6で、素敵な風景を求めて、ツーリングに出て、レポートをお届けしますので、今後もよろしくお願いします。

今年は東北方面へ出かけたいと思っているのですが、はたしてこのR6で実現できるか。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SV1000との別れ | トップページ | YZF-R6(2003)ファーストインプレッション »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □