フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« ゴールデンウィーク中の交通事故死者数 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) »

2013年5月13日 (月)

平戸~生月島ツーリング(初日フェリー編)

4月26日(金)夜のフェリーで出て、4月29日(月)朝のフェリーでもどってきた、平戸~生月島ツーリングレポート。まず初日フェリー編。

4月26日、早めに仕事を上がり、帰宅して、急ぎツーリングに出る準備(一通りは前日夜に済ませていたが)。大阪南港発、新門司港着の名門大洋フェリーの第二便で、南港発が19時50分。一応1時間前までに乗船手続きを済ませることになっているので、18時50分には南港に着くよう、17時過ぎに自宅を出る。

で、いきなりトラブル(^^;) バイクの鍵がない。前日ナックルバイザーをはずすしたり、宿泊用の少し大きめのシートバッグのベースを取り付けるなどしていたので、バイクに付けっぱなしだろうと思い、とりあえず駐輪場に向かう。

メインのところにはついておらず、焦ったが、後部シートの開閉のところにキーが突き刺さったままだったので一安心。

さぁ出発ということで、エンジンをかけようとするが、うんともすんとも(^^;) やばい、バイクショップに寄ってたら、フェリーに間に合わない、などと考えたりする(そもそも、エンジンがかからないので、バイクショップにすら寄れないのだが。。。冷静さ失い気味)。

この、FIの動作音すらしない、この感覚は前にもあったな、ということで、立ちゴケしたときの 奈良広橋梅林ツーリング のことを思い出す。そう、キルスイッチが切れていたのだ。。。

これは前日ナックルバイザーをはずすとき、少々固くなっていて、力を入れたときに、どうもキルスイッチに触れて、キル状態にしていた模様。

ようやく、エンジンをかけて南港に向け出発。トラブルはまだ終わらない。大山崎インターに向けて走っていると、どうもカタカタと音がする。ETCのオン・オフ確認の小さなライトの部分がはずれていた。今回の宿泊ツーリングに向けてフロントフォークのオイル交換を依頼したのだが、そのとき取り外したりして、両面テープの粘着力が弱くなっていた模様。

これでは、高速走行が不安なので、大山崎インター手前にコンビニに寄る。コンビニってホンマに便利。ちゃんと両面テープも置いてある。これで取り付け直し、再出発。

京滋バイパス~第2京阪~近畿道~阪神高速経由で、18時40分到着。すでにバイクは十数台。その後ろにつける。
西へと進んでいるとき、夕日が綺麗だったので、とりあえず、海へ。太陽はちょうど沈むところ。

1839_8647

その後、乗船手続き(ネット予約済みなのでスムース)をして、バイクにもどり、乗船開始を待ち、18時50分ごろにフェリーへと乗り込む。

1854_8651

バイクは、この後、乗船開始時間後も続々と到着したようで、翌日朝にはさらに20台ほど増えていた。ハーレとBMWのオフ車のでかいやつを多く見かけた。

2日前に予約しようとしたとき、2等洋室がすでに満杯だったので、「特別2等洋室A」を利用。2010年に宮崎カーフェリーを利用したとき、2等室の大部屋でいびきがうるさかったので2等室は避けることにした。
でもよくかんがえると宮崎カーフェリーの2等は大広間のようなところだったのに対し、名門大洋フェリーやサンフラワーは10数人で1室と区分けされているので、それほど気にする必要はなかったかも。。。
なお、、「特別2等洋室A」は、ゴールデンウィーク突入前夜便にもかかわらず、いくつか空席があった。

(↓)特別2等洋室A(テレビ付)

1909_8653

荷物を置いて早速デッキに。お隣(写真左手)は、四国オレンジフェリー。

1917_8660

この日、月が綺麗だった。写真は出発後で、南港から出て行くところ。

2022_8669

このあと、レストランで食事にしようかと思うが、混雑気味なので、とりあえず売店でパンを一つ買って食べる。
で、レストラン終了前の空いた時間に、レストランに入って、塩焼きぞばを食べるが、作り置きなので、もうすっかり冷えておりました(^^;)

出発から1時間半後の21:20ごろ、明石海峡大橋を通過。

2121_8686

2122_8690

月明かりが海面をかすかに照らす。満月の明るさを実感。

2129_8704

あとは、ベッドにもどり、缶ビールを飲んで就寝。

2日目に続く。。。

« ゴールデンウィーク中の交通事故死者数 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) »

宿泊ツーリング(2013年)」カテゴリの記事

コメント

フェリーでの旅、いいですね!!
昔、片岡義男の「彼のオートバイ、彼女の島」を読んで、憧れたのを思い出しました。

通勤にバイクを使うので、昨日近所のバイク屋(レ●タ○モト洛西店)に行きました。
小排気量でも、逆輸入がゴロゴロあるんですね。
完全に浦島太郎状態でした(苦笑)

フェリーの旅は格別ですね。
とくに乗船するとき、下船するときのワクワク感。

自分は通勤バイクはアドレス125です。コンパクトサイズで、50ccとほとんど変わらない大きさで、馬力は125ですので、出足の加速では250クラスのバイクに負けず、街中通勤(&街中の寺社めぐり)にはおススメです。スピードが出るわりには、ブレーキが弱いので気をつける必要がありますが。。。

今は日本ブランドでも中国はじめ海外製造が増えていますね。

大手のショップもよいですが、その後のメンテナンスのことも考えると(工賃や作業の迅速さなど)、小さなショップにも利点があったりしますので(ショップによりますが)、機会があれば回られるとよいかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンウィーク中の交通事故死者数 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □