フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 葛城山のツツジ見頃 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(最終日編) »

2013年5月20日 (月)

平戸~生月島ツーリング(九州2日目の後編-平戸島巡り)

4月26日~4月29日、平戸~生月島ツーリングレポート、九州2日目の後編。

▽関連記事

9時40分頃、生月大橋を渡ってもどってきて、続いて平戸島めぐり。

まずは前日夕方にも訪れた、春日の棚田へ。

▼春日の棚田にて(09:50)

0953_9199

▼県道29号-西側海岸沿いの棚田(10時ごろ)

0958_9202

1002_9204

▼人津久の浜(10:05ごろ)

1006_9206

▼人津久の浜と根獅子の浜の間(10:10ごろ)

1015_9211

1012_9207

この浜はひときわ透明度が高かった

1014_9209

▼根獅子の浜(10:20~10:50)

1033_9217

1035_9218

浜の先に小さな漁港があった

1046_9223

浜の近くに、平戸市切支丹資料館があり、その手前に、うしわきさま(おろくにんさま)と呼ばれている場所があった

1025_9213

かつて、根獅子の浜の昇天石にて、この地の一家6人が処刑され、村人たちが遺体をこの場所に埋葬し、この一帯を聖地としたとのこと(昇天石の写真は、「九州1日目の後編」にて紹介済み)

切支丹資料館にも寄ってみたかったが、時間の関係で訪問せず

このあと、県道19号をさらに南へ進む。R383をはさんで、県道19号で島の南西端まで行こうと思っていたのだが、市道へと入り込んでしまった(この辺りの交差点がわかりづらいので要注意→Yahoo地図)。

で、西浜淀姫神社(→Yahoo地図)へたどり着く

▼西浜淀姫神社にて(11:10ごろ)

1112_9228

鳥居まで行ってみて、「淀姫神社」というな名前を確認。まだ先があったが、そこで引き返す

このあと、おそらく市道をぐるっと回ってしまったもよう。この市道はツーリングマップルではオススメの道になっているとおり、海と棚田の素敵な風景を味わえた。

▼堤町の棚田風景(11:30~50)

1136_9231

(↑)見下ろすと海岸線と棚田

(↓)見上げると風車と棚田

1136_9232

1147_9235

12時近くとなってしまったため、南西端行きはあきらめ、紐差(ひもさし)教会へ向かことにし、一旦県道19号にもどる。

県道沿い、根獅子の浜を見下ろす位置に、気になっていた赤い葉の木があり、近づくとそこには根獅子のサンタマリアという像があった。

▼根獅子のサンタマリア(12:00)

1200_9237

右折して県道60号に入り、紐差教会へ

紐差教会にて(12:15~12:25)

1226_9244

1221_9242_2

教会から出てきたおじさんに話しかけられた。京都から来ました、と伝えると、その方も一時京都に住んでいたとのことだった。教会では、平戸の世界遺産登録に向けた会合がもたれていたらしい。

ここからはR383で東の海岸線を北上。千里浜海水浴場では何か催しが開かれているようだったがスルー。

12時45分ごろに平戸の市街地へもどってきた。平戸城の辺りをぐるっと周り、幸橋へ。

▼幸橋にて(13時ごろ)

1258_9249

石でできたアーチ橋

続いて、平戸ザビエル記念教会へ

▼平戸ザビエル記念教会にて(13:10~13:40)

1332_9271

注意深く確認したが、この教会内には撮影禁止の掲示がなかったので、写真を撮らせていただく

1314_9253

▼教会と寺院の見える風景(13:20~13:25)

1325_9263

教会から数分歩いたところに寺院があり、教会まで見通せる

1325_9265

教会に歩いてもどり、帰り際、教会裏手にバイクを停めて。

1338_9273_2

ここですでに時間は13時40分。フェリーが19時50分発で、余裕を持って乗船手続きの目安の1時間前の18時50分には到着しておきたいところ。佐賀のいろは島方面へも寄りたかったが、そんな余裕はないどころか、福岡市近辺通過の際に渋滞しているかもしれないので、平戸でゆっくり昼ご飯を食べるのもあきらめ、コンビニおにぎりで済ませて、平戸大橋を渡り、R204を南下。

佐々インターにて西九州自動車道に入り、さらに長崎自動車道~九州自動車道をひた走る。快走ペースで走っていると、追い越し車線をふさぐバイク3台、さらにその前スカイライン(たぶんV36で親近感なし。^^;) 1台。

やむなく走行車線から追い抜こうとする(追い越しではない)。すると、バイク3台、さらにスカイラインもスピードアップ。お互い自分のペースで走ったらええやん。。。こっちは、フェリーの時間があるので急いでるだけなのに。。。 走行車線がつまり追い抜けないまま、しばらく併走。またペースは落ち気味。さっきのペースで走れよ。。。

3車線になり、車がまばらになったところで、また追い抜きをかける。3台のウチ、1台(たぶんハーレのVRSC系)がまた猛然とスピードアップ。でもその先のインターで降りるようで、おとなしい走行になったところで、抜き去る。こちら、速く走るのが偉いとかいう価値観もってないので、勝負しないでほしい。周囲に気配りしながら、自分のペースで走りましょう。急いでいるバイクや車があれば、車種や性別・年齢など気にせず、道をゆずりましょう。

そんなこともありながら、九州1日目朝のような渋滞もなく、いいペースで走ってこれ、時間的に余裕ができたので、関門海峡に寄ってみた(これは一応計画通り)。

一旦関門海峡を渡り、下関インターで出て、すぐ、関門トンネルで引き返す。関門トンネル入り口はけっこう渋滞していたのだが、事情がわからず、すり抜け走行をして、ずっこしてしまった。自然渋滞ではなく、料金所での渋滞なので、結果、割り込みになってしまったので、この場でお詫び申し上げます(もう遅いけど。。。気持ちだけ)。

で、有料の関門トンネルを初めてくぐり抜け、めかり公園~めかりパーキングへ。ここで早めに夕食を取ることに。和布刈(めかり)ちゃんらーという、うどんスープ風味のラーメンをいただいた。

▼めかりパーキングにて(17:50ごろ) 

1755_9280

▼和布刈神社近くにて(18:10ごろ)

1810_9290

この後、県道72号~25号を進み、途中、翌日の朝食用のパンなど購入のためコンビニに寄りながら、新門司港の名門大洋フェリー乗り場へ18時40分ごろ到着。

到着時バイクは他に1台のみ。みんな、遅く、乗船間際に来るのかと思いながら乗船手続きを済ませてもどってくると、先に停車中のバイクはなく、乗船待ちバイクは自分のSVだけ。

1849_9294

すでに乗船は始まっていた模様。15分ほど待たされて乗船。

乗船すると、すでに1列分は一杯で、自分は2列目の半ば辺り。

1913_9297

結局その後、到着したバイクは1台だけだった。みんな乗船開始予定時間より早く来て、先に乗船していたのであった。。。大阪南港では、ほぼ予定時間に乗船開始だったのに、こちら新門司港では、予定時間より早めの乗船開始だった(いつもなのかどうかは不明)。

来たとき同様、「特別2等洋室A」で、自分の寝台場所にまず荷物を置き、ライダーモードからリラックスモードへ着替え。

▼新門司港を離れる名門大洋フェリー(19時前)

1957_9302

港を照らす明かりが映り込み、いい感じだった。

その後、ぶらぶらしていると、フェリーの大画面テレビで、韓流歴史ドラマ「トンイ」が放送中だったので、先客のおばさんと二人で、 トンイ鑑賞。トンイはBSですでに全話見ているのだが、2回目見ても面白い。

終了後、寝台にもどって、ビールをのんで、就寝。

以下、最終編に続きます。。。

 

 

« 葛城山のツツジ見頃 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(最終日編) »

宿泊ツーリング(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 葛城山のツツジ見頃 | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(最終日編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □