フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州2日目の前編-川内峠&大バエ灯台) »

2013年5月15日 (水)

平戸~生月島ツーリング(九州1日目の後編)

4月26日~4月29日、平戸~生月島ツーリングレポート、九州1日目の後編。

▽関連記事

14時50分ごろ、西海橋公園を離れ、九十九島方面へと向かう。R202~R205を経て、佐世保大塔インターにて西九州自動車道へ入る。で、ウチにある2009年版ツーリングマップルでは、佐世保みなとインターが最終地点なので、そこで降りるつもりをしていたのだが、先が伸びているらしい。
とりあえず次の佐世保中央インターまで進み、まだ先があるようだが、いったん高速を出て、九十九島方面との位置関係を確認。まだ自動車道を利用した方がよさそうということで、西九州自動車道(無料区間)に入り直し、佐々インターまで進み、そこから県道227号~18号と、九十九の島々を眺めながらバイクを走らせる。

事前の予定では、冷水岳展望台に寄るつもりだったのだが、走っている途中に、長串山公園に変換がかかり、冷水岳展望台の入り口はスルーして、長串山公園へと向かう。

ちょうど16時ごろに、長串山公園に到着。

▼長串山公園にて(16:00~16:45)

1639_8869

冷水岳の展望台がツツジの名所とのことで、訪問予定にしていたのだが、こちらもちょうどツツジが見頃で、しばらく広大な敷地を散策。

1601_8823 1602_8826

1623_8850 1627_8855

1629_8861 1640_8870

まだまともな昼食をとっておらず、たこ焼きの屋台が出ていたので、ツツジを眺めながら、たこ焼きを食べる。

45分ほどの滞在後、県道18号へともどり、R204で平戸へと向かう。
17時すぎに、平戸大橋を渡り、いよいよ今回のツーリングのメイン平戸入り。R383から市道へと入り、川内峠へ。

▼川内峠にて(17:25~17:30)

1725_8877

1729_8882

小高くなっているところがあり、どうしようかちょっと迷う。同じころもう一人ライダーが到着していたので、上からの眺めがどんな感じか、伺おうと訪ねたが、その方も初めてとのこと。
で、その方は登って行かれたが、自分は、翌日朝またここへ来るつもりをしていたので、短い滞在にとどめ、県道19号線に出て、夕焼けスポットをもとめて、西側の海岸線へと進む。

▼春日の棚田(17:50ごろ)

1749_8889

1750_8892

3月4月の田植え時期は、棚田見学の車の進入禁止という看板が出ていて、バイクを停めて写真を撮ってよいものか迷いながらも、夕暮れの時間帯で、交通量もほとんどないので、ちょっとの間だけバイクを停めて、写真を撮らせていただく。

さらに県道19号を南へと進んでいく。この辺り、平地は少なく、海岸線に棚田の風景が続く。

1757_8894

1806_8900

棚田を眺めていると地元の農家の方が車でやって来られ、「この辺は何もないでしょう」と話しかけてこられたので、「いえ、棚田の景色が美しいです」と応える。棚田に流す水の状態を確認するために回っているらしい。今は、ポンプでため池まで水をくみ上げ、そこから棚田に水を流している、とのことだった。

1809_8903

人津久、根獅子の浜に近づいてきたので、翌日の訪問予定であったが、ここまできたなら、ということで、寄ってみることに。

▼根獅子の浜にて(18:20~18:35)

1823_8913

1833_8929

1834_8931

ここで写真を撮っているときは、知らなかったのだが、下の写真の中央の石は、 「昇天石」といい、江戸時代の初期に、この地方のキリシタンがこの石の上で処刑された、という歴史があるらしい。
翌日来たときは、潮が満ちていて見られなかったのだが、今、これ書きながら写真を確かめていて、たまたま撮っていたものがあった。
このころのキリシタン弾圧はすさまじいものだったようだ。

1830_8925

ちょっと北へもどったところにも浜(人津久の浜)があり、そちらへ移動。

▼人津久の浜にて(18:35~18:40)

1837_8933

1840_8938

日が沈むまでもう少し時間があるなと思って、県道19号を北へバイクを走らせもどって行くのだが、このあとすぐに、太陽は、水平線上の分厚い雲に隠れてしまった。水辺線に沈む太陽はなかなか見られない。

1845_8942

(↑)この棚田は、海に背を向けるような感じの地形になっている

このあと、生月大橋を渡り、生月島サンセットウェイまで少し足をのばし、鷹ノ巣トンネルを抜けたところまで行って、引き返した。

▼生月大橋(19:20ごろ)

1919_8952

上の写真中央右寄りの明かりは、イカ釣り漁船のもの

▼平戸大橋(20時ごろ)

1958_8955

20時すぎにこの日宿泊するサムソンホテルに到着。他にバイク2台が停まっていた。けっこう立派なホテルなのだが、一般の客室の他に、カプセル形式のものがある。
他のビジネスホテル含めて、満室状態でちょっと焦ったのだが(ゴールデンウィーク中なので、当たり前.^^;)、ここのカプセル形式はまだ空きがあったので、急ぎネット予約したという経緯。3000円と格安で、当日もまだ空きがあったので、天気予報をチェックしながら、直前に行き先を最終決定するライダーにとっては、ありがたい存在。

チェックイン後、ホテル内の回転寿司で夕食。少しくつろいだあと、温泉に入り、この日も缶ビールを飲んで、早めに就寝。

以下、九州2日目に続きます。。。

« 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州2日目の前編-川内峠&大バエ灯台) »

宿泊ツーリング(2013年)」カテゴリの記事

コメント

8年前に、妻と旅行に行った時とルートが重なって
おり、とても懐かしく見させて頂きました。
僕の場合、現地の旨いもん食べ物ツアーみたいに
なってしまうのですが(苦笑)

手元にKSR110が届きました。
今日はいきなりの雨、今日はほとんど乗れずじま
いて、少々悶々としております(苦笑)
とりあえずバイクと乗り手(笑)の慣らし運転兼ねて
(リターン式変速機に四苦八苦・・・普通のクラッチ
付きならすんなり乗れるのですが・・・)

通勤だけじゃなく、プチツーリングも楽しみたいです!!

懐かしんでいただけて幸いです。
KSR110ってノークラだったのですね。
ぜひプチツーリングも楽しんでください。KSR110だと知らない狭い道でも、とりあえず行けるところまで、突き進んで行けそうですね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平戸~生月島ツーリング(九州1日目の前編) | トップページ | 平戸~生月島ツーリング(九州2日目の前編-川内峠&大バエ灯台) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □