フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

御所の梅

今日、御所の梅を見に行ってきました。

1413_4260

1431_4277

1436_4278

全体的にはまだまだで、何本か咲いている木もある、という感じでしたが、カメラを手にした方が多くいらっしゃいました。

三重県鬼ヶ城ツーリング(後編)

2月23日(土)鬼ヶ城ツーリングレポートの続き。。。

鬼ヶ城では、13時40分到着で15時30分出発と、2時間近い滞在となった。合わせて獅子岩も訪ねてみたいところだが、ここで帰路につくことにした。

帰りは、R42ではなく、海岸沿いのR311。交通量は少ないが、一部1車線区間もある入り組んだ道。帰路を急ぎながらもあえてこちらのコースを選択し、景観を楽しみながら、ライディングも楽しみ、ほぼノンストップ走行。

1回だけ、九鬼を越えて、海岸線を離れ、山間部へ上がって行くところで、素敵な眺めが目に入り、UターンしてSVを停車。

▼R311にて(16:35ごろ)

1634_4251

(↓)この眺めが目に留まり、バイクを停車

1634_4250

九鬼の集落は一度ゆっくり訪ねたいと思ってはいるのだが、いつも通過するのみ。。。

ここからまたノンストップで、マンボウの道の駅にてトイレ休憩。
行きはR42メインで、鬼ヶ城まで1時間半だったが、帰りR311ルートでは2時間弱かかった。

▼道の駅「紀伊長島マンボウ」にて(17:25ごろ)

1725_4256

小腹がすいたので、1月の訪問時同様にマンボウの唐揚げをいただく。

このあとは、紀勢道~伊勢道と進むのだが、かなり冷えてきた。指先ではなく、体全体に冷気がしみてくる感じ。給油も兼ねて、18時半ごろに安濃SAで休憩。ホットコーヒーを飲み、暖房のきいたスペースで体を暖める。

ここでこれだけ冷えたら、新名神ではどうなるかと先行き不安だったが、この日はむしろ新名神に入って寒さが和らぐ感じ。恒例の亀山での渋滞もなく(亀山から先の東名阪道はかなり渋滞していた模様)、20時前に無事帰宅。

走行距離509km。燃費16.2km。積算距離52,494km。 

2013年2月26日 (火)

三重県鬼ヶ城ツーリング(中編)

2月23日(土)鬼ヶ城ツーリングレポートの続き。。。

全面復旧した、鬼ヶ城の遊歩道を西口から進む。最初は、階段で坂を上がっていく。坂を上がりきるとそこは別世界。これまで見たことのない光景。

1351_4052

岩が覆いかぶさってきて、平衡感覚がおかしくなる。
海も入れておかないと、後から見ても写真の縦横がよくわからなくなったりする。
海を入れて水平を意識するが、どうも不思議と狂う。ブログに掲載する際、けっこう角度補正しないといけなかったり。。。(^^;)

1427_4126

岩にいろいろ呼び名がつけらているが、たくさんあるので割愛。

1518_4226_2

西口からしばらくは自分一人だけ。
適当なところで、座り込んで、道の駅で買っておいた、いなり&巻き寿司弁当を食す。
とんびが飛んでいるので、要注意。隙を見せると取られてしまう。

1401_4063

見上げると雲が太陽を隠し、いい雰囲気。
海には漁船。この漁船、先ほどバイクを停めた漁港に向かっていた模様。

1404_4072

1525_4241

遊歩道を進む。

1427_4127_2

途中、暑くなり汗ばんできたので、ジャケットの下のセーターを脱ぐ。バイクをおいて遊歩道に向かう身支度の時に、その下のヒートテックを脱いでおけば良かった。。。ちょっと汗で濡らしてしまった。。。
なお、写真の並びは、行きと帰りに撮ったのが混ざって、記憶も定かではないので、でたらめです。

1519_4229

よくこんなところに遊歩道を通したものだ。

1504_4198_2

ちょっと遊歩道をはずれて海岸線近くまで降りてみたり。

1418_4106

上の写真の岩の割れ目は、写真の左奥さらに深くまで切れ込んでいた。

1411_4094

何カ所か、ちょろちょろと水が流れているところあり。

1時間ちょっとかかって、東口へたどり着く。
下の写真の辺りまで来ると観光の方、多数。10人くらいのマスツーの一団ともすれ違う。

1450_4172

帰り道、見上げると岩壁に、遊歩道の手すりと思われるものが一つ突き刺さっていた。なぜあそこにあんな風にあるのかは不明(下の写真中央)。

1509_4206_2   

帰りは30分ほどで戻ってきた。
写真の奥の船は先ほど見かけた漁船(たぶん)。

1531_4246

荷物を整理し、散策モードから、バイク乗りモードに切り替えて、15時30分過ぎ帰路に。

以下、もうちょっと続きます。。。

三重県鬼ヶ城ツーリング(前編)

2月23日(土)晴。日帰り圏で最も晴れ間が期待できそうなところ、ということで、三重県南部へ。1月の楯ケ崎ドライブの際、鬼ヶ城遊歩道が全面開通になっていた情報を仕入れていたこともあり、鬼ヶ城に向けて、SV1000にて9時出発。

鬼ヶ城は、2010年の元日にスカイラインでドライブ訪問して以来、2度目だが、このときは、通行止めで、遊歩道の途中までしか行けなかった。そのときのレポートはこちら

京都南で名神に入り、新名神~伊勢道~紀勢道といつものコース。新名神は路面がドライで、風もそれほど強くなく、この時期としては快適走行。バイクは対向車線に1台見かけただけ。

紀勢道の奥伊勢パーキングでこの日初めてのトイレ休憩。

▼奥伊勢パーキングにて(10:45ごろ)

1050_3998

バイク駐輪場には、バイクの死亡事故多発への注意喚起の現場写真。

1051_4002

到着時、バイクは自分だけで、伊勢道~紀勢道でもバイクは見かけなかったが、出発しようとしているときに、2台、そしてまた2台とバイクが到着。

最出発して、終点の紀勢大内山インターで出る。来月(3月24日予定)の紀伊長島インターまでの延伸に向けて、着々と準備されている模様。

紀勢大内山インターからは、県道68号~R260というルート。R42より交通量が少なく、ワインディングを楽しめるということで、こちらのルート選択なのだが、この日はけっこう交通量が多かった。

ようやく、ワインディングを楽しめるか、というところで、どうもコーナリング中にヘルメットがぐらつく感がして停車。ついでに写真を1枚。

▼R260、天海橋にて(11:15ごろ)

1117_4003

ヘルメットではなく、眼鏡がフィットしてなくて、コーナーの際ぐらついていた模様。かけ直して再出発。

この後、2年ぶりに、神武台の展望所に寄ってみた(→そのときのツーレポ)。R260を右折したところに、駐車場があり、そこから5分ほど、小山を登る。

▼神武台展望所にて(11:30ごろ)

1130_4008

設置された展望台の前、海側に木があるため、海側の眺望は、台の上からよりも、下からのほうが良好。

1134_4013

(↓)望遠で寄ってみた

1138_4016

カヤックでこの辺りを周遊してみたい。。。 一度も乗ったことないけど。。。(^^;)

R260を西へと進む。

▼R260の路上からの眺め(11:45ごろ)

1147_4026

しばらくワインディング区間を快走した後、県道766号に入り、先月夕焼けを眺めたところを再訪(→そのときのレポートはこちら)。

▼長島港にて(12時ごろ)

1159_4028

前回出会った、ネコちゃんにまた会えるかと思ったが、今回は姿を見せず。。。ザンネン。

この後、R42に出て、少しもどって、道の駅「紀伊長島マンボウ」にてトイレ休憩&昼食用のいなり&巻き寿司セットを購入。短い休憩で再出発。

R42を南下(一部、紀勢道の無料区間--海山IC~尾鷲北IC--を利用)して、13時30分頃に、鬼ヶ城へ到着。うっかり、東側の入り口を通りすぎて、トンネルに入ってしまったので、鬼ヶ城西口に回ってバイクを停める。

こちら小さな漁港となっており、車10台ほどの駐車スペース有り。主に釣り人が利用している模様。R42からは、いったん右折して、ぐるっと回ってR42下を通り抜ける必要があり、ちょっとわかりづらいが、ちゃんと公衆トイレも用意されている。

▼鬼ヶ城西口の漁港にて(13:35ごろ.→Yahoo地図

1336_4034

向かいの浜は七里御浜(しちりみはま)。

ここにバイクを置いて、身支度をして、鬼ヶ城遊歩道へ。

以下、後編へ続きます。。。

2013年2月24日 (日)

鬼ヶ城(三重県熊野市)

通行止めとなっていた鬼ヶ城遊歩道が去年4月に全面通行可能となった、ということを先日知り、2月23日(土)、SVで行ってきました。

1510_4210

1511_4213

1416_4101

写真を撮りながらの往復で、所要時間1時間45分。

端から端まで往復する訪問者は、それほど多くない模様。。。
鬼ヶ城センター(東口)から入って、途中で引き返すという方が多数派でしょうか。
西口方面にも見所がたくさんあるのに、もったいない(^^;)

ちょっと入り方がわかりづらいけど西口にも車を停めるスペースがあるので、西からと東から2回に分けて訪問するというのもよいかも。

ツーリングレポートはまた別途アップ予定。

2013年2月23日 (土)

智積院の梅(京都・東山区)

2月21日(木)、お昼休みに抜け出して、智積院へ。

133000872

満開とまではいきませんが、春を感じさせるには、十分なくらいに咲いておりました。

133200873

133800877

今にも咲き出しそうな、つぼみがいい感じ。

134000879

2013年2月20日 (水)

レッドバロンさんに誠実な対応をお薦めします

菊とカタナと大和の心 ~GSX1100Sの時々日記~』というブログの下記記事を拝見しました。

経営規模が大きくなると、いろいろとミスや不祥事が発生することもあるかと思います。
そうした問題を発生させないよう努めると同時に、発生したときに誠実に対応することが大切ではないかと。。。

記事を読む限りでは、レッドバロンさんは誠実な対応を欠いていると判断せざるをえません。

今からでも態度を改め、

  • お客さんのバイクを壊してしまったこと
  • 壊した経過をごまかし、隠蔽しようとしたこと

について謝罪し、誠実な対応をとることをお薦めします。

2013年2月19日 (火)

スカイラインで嵐山~嵯峨野ぶらり

2月16日(土)、車でぶらっと嵐山方面へ。

▼雪がちらつく嵐山

1120_3860

1122_3862

右側の雲が雪をちらつかせておりました。

写真とは関係ないですが、吉兆の嵐山本店の駐輪場にはたいていバイクが停まってますね。ツーリングで来て、 吉兆で食事なのか? ただどうも遠方からでもなさそうで、店員さん? どうでもいいことだけど、ちょっとした疑問。

峡路を通り抜けて、嵯峨野へ移動。冬で観光客が少なめなので。

▼嵯峨野の竹林にて

1201_3880

1200_3879

1206_3892 1206_3893

竹林から御髪(みかみ)神社に降りてきたころ、雪が激しく降り出す

1222_3902

急ぎ、祇王寺へ移動したのは、先にアップ済み(→こちら

▼祇王寺にて

1231_3911

祇王寺は、小さいながら無料の駐車場があって、拝観料も300円ということで、バイクでも車でも気軽に立ち寄れるお気に入りスポット。 この日は、ネコさんに会えなかったのがザンネン。出歩くには寒すぎたのでしょう。。。

2013年2月18日 (月)

寒い。。。月ヶ瀬ショートツーリング

17日(日)、前日よりは気温が上がるという天気予報を信じて、SV1000でお出かけ。淡路島へと思っていたのだが、どんよりと曇っているので、淡路島は断念。のんびりと10時出発。月ヶ瀬へ向かった。

出かけたときの気温は2度。朝の最低気温はマイナス2度だった模様。この冬、京都の最低気温タイ。。。 このときはまだ、気温は順調に上がっていくものと思っていた。

R24~R163~府道82号で月ヶ瀬へ。府道82号は何度も走っているがこの日初めて、前をバイクが走っていた。いくらか距離をおいて、後を走った。

途中、この冬、ポリエチレン手袋をインナーに使うようになって、初めて指先が冷たくなった。活躍してきたポリエチレン手袋だったが、気温2度以下の1時間半超えの連続走行には耐えられないことが判明(^^;) 試しにふつうの薄手のインナー手袋に替えてみたが、ポリエチレン手袋のほうが防寒性能が高いことを再確認。

12時前に月ヶ瀬到着。いつものように、八幡橋を渡ったところで停車。

月ヶ瀬の梅はまだつぼみ。

1151_3992_2

この後、府道82号を一往復してから、R25~奈良県道80号(西進)~R369で針テラスへ。気温は一段と下がった感じ。路肩に雪も残っている。針テラスで気温を確かめたら1度。寒いはずや(^^;)

それでも針テラスにはそれなりの台数のバイクが停車中。背の高~い外国人ライダーさんや、新型Ninja250を見かけた。自分的には旧型のほうが好きかなーと思っていたが実物を見ると新型もかなりいけてました。

針テラスにて、うどんで体を暖めて、帰路に。R369~R24と下道ルートで、16時前帰宅。

走行距離207km。燃費13.2km/l。積算距離51,985km。

府道82号を寒い中1往復半走った影響か、針での1回目給油までの燃費は12.6km/l。トリップメーターが170kmになる前に、警告灯が点灯してしまった(^^;)

結局この日の京都の最高気温は4度。この冬2番目の冷え込み。。。 天気予報って、この何十年かで精度上がっているのか、ふと疑問が。

先週辺りからマスツーも多く見かけるようになってきた。みなさんもきっと寒い思いをしたことでしょう。

2013年2月17日 (日)

雪の祇王寺

2月16日(土)、バイクででかけようかと思っていたら、雪がちらついていたので、車でぶらっと嵐山~嵯峨野へ。一時、激しく雪が降り出し、積もる勢いだったので、急ぎ祇王寺に向かう。

1231_3908

到着したときはすっかり雪景色。

1238_3929

すぐに雪は止み、青空に。

1242_3940

緑と白と影を味わう

1243_3943

1243_3947

1245_3954

1246_3956

日射しを浴びて、雪はみるみる溶けていく

1302_3981

花は傘で守られていた   

2013年2月14日 (木)

中宮寺の半跏思惟像

2月9日(土)、前の週に続いて、奈良の中宮寺へ。今回はバイクではなく車でお出かけ。

法隆寺の南大門前の通りのお店の駐車場に停車。到着がちょうどお昼だったので、そこで食事(そうすると駐車場代金無料)。

食後、車をそのまま置いて、法隆寺の南大門へ。

▼南大門近辺にて

1535_3804

(↑)すぐ前のお店

(↓)南大門向かって右側の風景

1533_3801

(↓)南大門を入ったところ

1532_3800

中門前を右折して、なにはさておき中宮寺へ向かう。
途中、バイク(ホンダのCB)が止まっていた。400かな、と思って寄って確かめたら1300と書いてあった。思ってたよりコンパクト。グレー/黒の車体で引き締まって見えたのでしょう。ウチのSVと比べると50kgも重いのだが、そんな重さは感じさせず、好印象。

で、中宮寺へ。前の週は固く閉ざされていた門。この日は、まばらながらも人の出入りがあった。

1337_3733

▼中宮寺本堂

1331_3723

ここも堂内は撮影不可。堂内には10数名の参拝者が、仏像の前で静かに座っておられた。

▼中宮寺の半跏思惟像

Bodhisattva_chuguji_3

[原典]昭和17年6月25日発行「上代の彫刻,朝日新聞社」(作者:小川晴暘)

素敵な仏像。写真で前もって見ていたのと、ほぼ同じ印象。堂内だとより黒が強い感じ。

広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像を初めて目にしたときほどの衝撃はない(→そのときのレポート)。やはり自分にとっては、広隆寺の半跏思惟像は、琴線に触れる特別な存在なのでしょう。

その後、法隆寺の東院(夢殿)、西院(五重塔、金堂、大講堂)、大宝蔵院と巡る。

1357_3749

(↓)中門の金剛力士像

1405_3757

内側から寄ってみた。

(↓)大宝蔵院近くにて

1430_3772

(↓)西院出口付近にて

1524_3782

すごく存在感のある木。引き寄せられて、撮る。

法隆寺の仏像の中で、印象に残ったのは、金堂の釈迦三尊像と大宝蔵院の百済観音像。いずれも飛鳥時代の仏像。

帰り、R24は渋滞とあったので、県道9号を北上したが、こちらもけっこう混んでおり、所要時間はそれほど変わらなかったのではと思われる。。。

2013年2月10日 (日)

今日の夕日と八幡の流れ橋

この三連休バイクに乗れないかと思っていましたが、今日の夕方少し時間が空いたので、ぶらっとSVで出かけました。

どこに行こうかはっきり決めずに出かけてたのだが、夕焼けが綺麗になりそうだったので、八幡の流れ橋に向かった。

1720_3805

夕暮れ前の流れ橋

1722_3808

復旧工事が始まっており、流れ落ちた橋の一部は回収され土手に積み上げられておりました。

1722_3810

工事中のため、立入禁止となっており、川に降りられなかったため、土手に上がり、夕日を眺める。期待通りの綺麗な夕日&夕焼けでした。

1726_3819

走行距離は30kmほど。

▽過去の関連記事

2013年2月 8日 (金)

吉野節分会「鬼もーウチ」ツーリング(後編)

2月3日節分の日のツーリングレポートの続き。。。

12時過ぎに金峯山寺に戻ってきて、しばらくすると、蔵王堂からホラ貝を吹きながら、修験僧と鬼の行列が蔵王堂の正面階段前に移動してきた。
そして、鬼が踊り始める。その後、弓打ちなどの儀式が行われ、護摩が焚かれ、また鬼が踊り出す。(この辺りは、こちらのレポート、「鬼も内」--吉野の金峯山寺の節分会、も参照ください)

▼金峯山寺にて(12:00~13:30)

1302_3569

1301_3567

13時になり、また行列になって、蔵王堂すぐ前の豆まき会場に移動。

1305_3583

「福はーウチ、鬼もーウチ」の豆まきが始まる。

15分ほどで豆まきが終わった後、また駐車場まで歩いて戻る。入り口付近にカワサキのバイク(ZRXだったかな。。。)が1台停められていた。この日数少ない、吉野でのバイク仲間。ライダーの姿は見えなかったが。

この日の次の目的地は、中宮寺。中宮寺に直行してしまうと、走り足りなさが残ってしまうので、七曲坂をバイクで降りて、県道37号のワインディングを走り、上千本まで一往復。

▼県道37号にて(14:00~14:30ごろ)

1420_3656

4月になると、正面の山は桜の花でおおわれる。

交通量の少ない(上の写真を撮っているときパトカーが1台通り過ぎていったが。。。)ワインディングロードを走った後、来た道(R169~R370~R369)をもどり、針インターで名阪国道に入り、そのまま西名阪自動車道へと進み、法隆寺インターで降りる。針インター以西の自動車道を走るのはこれが初めて。

そこから県道5号を北上して、15時50分くらいに中宮寺へ到着。早くても16時までは開いているだろうと思って、法隆寺東院前を通って中宮寺に向かうのだが、人の気配はなく、門が閉ざされている(^^;) 開場は16時までだが、入場はさらにその15分前までとのこと。県道37号を往復していなければ、間に合っていたのだが。。。 でもまぁ中ではゆっくりと仏像(広隆寺と並んで有名な半跏思惟像)を味わいたいので、また次の機会に訪ねようと切り替えて、法隆寺の境内をしばらく散策。

▼法隆寺にて(16:00~16:30)

1602_3663

(↑)東院前

(↓) 東院と金堂を結ぶ通路

1632_3697

(↓)中門と五重塔

1617_3676

徐々に日が傾きつつあり、いい感じになってきていたところで、帰路へ。この日は暖かかったとはいえ、冬場、日が落ちた時間帯はあまりバイクで走りたくないもので。。。 県道9号~249号~R24~京奈和と進む。R24はひどい渋滞。こういうときは県道9号を走った方がよいのだろうか。。。 あまり遠くに行かない冬期は、もうちょっと奈良の市街地を走って抜け道などを頭に入れたいところ。

京奈和を抜けて、大久保バイパス(R24)を走っている頃、空が綺麗に焼けていた。眺めながら走って、京滋バイパスの手前でバイクを停める。

▼夕焼け(17:35ごろ)

1736_3698

その後、京滋バイパスの側道を通って、18時過ぎ帰宅。

走行距離251km。燃費14.8km/l。積算距離51,749km。

2013年2月 6日 (水)

吉野節分会「鬼もーウチ」ツーリング(前編)

2月3日(日)節分の日、晴。吉野へ。前日ほどではないが、暖かく、出発の8時の時点で、すでに8度。

京奈和~R369で奈良入り。いつもなら県道47号に入るところを、日当たりのよくない山間部は避けて、遠回りにはなるが、ずーっとR369で針テラスへ。ここでトイレ休憩。冬だが、気温も上がっているので、けっこうなバイクの数。

引き続きR369~R370~R169と国道メインに進み、久しぶり(2010年11月以来)に、雲のバイクに乗る雷神さんの前で停車。

▼「雷神~雲のバイクに乗ってやって来た~」(10:30ごろ)

1035_3347

このあと、吉野川を渡り、県道37号~15号と進む。県道15号に入ると、けっこうな交通量。心配していた残雪はなく、路面もドライ。前を大型バスがゆっくり走行し、その後をしばらく奈良ナンバーのバイクに続いて走る。吉野山観光駐車場で停車。桜の時期以外は無料。すでにけっこうな数の車が停車中。その時点ではバイクは自分のSVのみ。

金峯山寺までバイクで行って、交通の邪魔にならない停車場所も心得てはいるが、この日は、金峯山寺までの参道(800m程度)を歩いてみることにした。

▼冬の下千本--七曲坂

1355_3649

▼金峯山寺への参道にて

1111_3351

金峯山寺へは10分ほどで到着。

▼蔵王堂

1121_3361

蔵王堂の中は満員。護摩が焚かれ、太鼓の音が響き、般若心経を唱える声で埋め尽くされる。初めて見る光景。その中を鬼が歩き回る。自分も般若心経を覚えていて、その中に混ざって唱えるならば、ある種の高揚感を味わったことだろう。残念ながら、「色即是空、空即是色」くらいしか知らないので、しばらく冷静に状況を観察したあと、一旦金峯山寺を離れる。

中千本の方へ少し上がって行くと東南院の多宝塔が見えたので訪ねてみた。

▼東南院の多宝塔

1145_3384_2

多宝塔の中のお座布団の上に、ネコさんが鎮座されていて、自分的には絶好のシャッターチャンスだったのだが、自分よりホンのちょっと前に参拝した方(下の写真、左下の方)が、無造作に近づいたので、ネコさんは、座布団から離れてしまった。。。ザンネン。。。

1145_3383

座布団から離れ、近くでたたずむネコさん

1159_3395

しばらく近辺を歩く。歩いているときにオフロードバイクが1台通り過ぎていった。停車場所を探しているふうだった。

1325_3638

12時から節分会の行事は、堂内から蔵王堂前に移って行われるので、それにあわせて、金峯山寺にもどることにした。

以下、後編へ続く。。。

▽アップ済みの関連記事

2013年2月 3日 (日)

「鬼も内」--吉野の金峯山寺の節分会

今日節分の日、バイク(SV1000)にて吉野の金峯山寺へ。

ここは「鬼は外」ではなくて、「鬼も内」という珍しい節分とのことで、出かけてみた。節分の行事に出かけるのは、初めての経験。

1117_3357

1134_3371

堂の中は撮影禁止とのことで、堂の外から中の様子を撮らせていただいた。
堂の中に鬼がおり、火が焚かれている。

12時過ぎから蔵王堂前にて鬼踊り

1223_3425

その後、火がつけられ燻りだし

1243_3480

燃え上がり

1252_3548

また鬼が踊り出す

1249_3532

13時から豆まき--「福は内、鬼も内」

1311_3619

豆まきの間も、火は燃え続ける

1309_3599

豆まきは15分ほどで終了

1316_3634_2

別途ツーリングレポートとしてアップ予定。。。

2013年2月 2日 (土)

舞鶴五老ヶ岳の夕日

▼17時20分

1720_3309

▼17時23分

1723_3322

▼17時29分

1729_3338

駐車場には車4~5台ほどと少なめ。バイクはナシ。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □