フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 月ヶ瀬は梅と桜、そして紅葉も味わえる | トップページ | 京都 住蓮山 安楽寺 »

2012年12月 3日 (月)

兵庫横行渓谷ツーリング

11月16日(金)、休みをとって、SV1000にて安国寺~出石~横行渓谷をめぐるツーリングへ。

【アップ済みの関連記事】

出発は8時40分。

京都縦貫道を千代川インターで降りて、そこから福知山まではR9。福知山からR426で兵庫県但東町入り。

▼R426にて(10:40ごろ)

1040

大型車に前をふさがれ&景色の良いところで停車。
車が途切れて、前が空いたところで再出発。

R426から兵庫県道252号に入って1km弱、ちょうど11時に安国寺に到着。252号沿いには路上駐車の車がずらっとならび、車から降りた方々が車道を歩いている。その横を徐行運転で進み、ぬかるんだ、未舗装の駐車場にバイクを停める。そこから安国寺までは徒歩2分ほど。
ここへは2年前に車で来て以来(→そのときの記事)、2度目。

▼安国寺にて(11:00~12:10→Yahoo地図

1144

安国寺の本堂に着いて、ちょっとしたら、ドウダンツツジの前の部屋から訪問者を一時退出させての撮影タイム。確か30分に一度くらいの間隔で、撮影タイムが設けられていたかと。。。
ドウダンツツジの赤が部屋の畳も赤く染めておりました。

(↓)本堂前にて

1117 1210_2

帰りの駐車場。バイクがもう1台停められていた(↑)
もう1台、県道沿いにも停まっていた。

1時間ちょっとの滞在後、R426を西に進んで出石入り。どうも一人の時は皿そばを食べる気がしないので、昼食は、県道2号沿いのドライブインにて、暖かいにしんそば(専門店では、皿そばオンリーというところが多いが、こちらは暖かい蕎麦もあり)。平日だがちょうどお昼時だったので、けっこう混んでいた。

昼食後、ちょっとだけ出石城跡に立ち寄る。

▼出石城跡前にて(13時すぎ)

1305 1312

諸杉神社と稲荷神社前をぶらっとしたのみ。

この後、県道2号(西進)~R312(南進)~R9~県道6号~48号と進んで、横行渓谷入り。
ここへは去年の8月以来2度目(→そのときのレポート)。氷ノ山の紅葉が見頃ということで、横行渓谷沿いの紅葉を期待しての訪問だったが、残念ながら渓谷沿いは落葉が進んでいて、見所は少なかった。
まぁ渓谷自体を楽しめるので、来て損をすることはないのだが。。。

▼横行林道にて(14:00~15:40)

1426

この時期、林道はどこでもそうだが、落ち葉が多く滑りやすくなっているので、走行は要注意。

1442

1503

林道は、晴れていても路面はウェットなことが多々あるのでその点も要注意&バイクの汚れは不可避。

1534

予定より時間が遅くなっていたので、横行林道途中で引き返す。

この後、若杉の不動滝なども訪問したかったのだが、今回はあきらめて帰路へ。県道48号を東へ進んでいくと、傾き始めた日光を浴びた美しい紅葉が目に飛び込み、バイクを停める。そこは天滝入り口の三叉路にある三宮神社。

▼三宮神社にて(15:45~16:15)

1551

1613

この時期、日が落ちると急に冷え込んでくるので、帰りを急いでいるにもかかわらず、30分も滞在してしまった。

その後、県道6号~R9~R427(遠阪峠)~北近畿豊岡道~舞鶴道(丹南篠山口IC)~R372~府道73号~京都縦貫道を経て、19時過ぎに帰宅。天滝口から給油以外ノーストップでほぼ3時間。

北近畿豊岡道の八鹿・和田山間(無料区間)が11月24日開通したようなので、今後こちらを使い、そのまま、遠阪峠のワインディングをあきらめ有料の遠阪トンネルを走リ抜ければ、かなり時間は短縮されるだろう。

走行距離335km。燃費16.0km。積算距離48,780km

« 月ヶ瀬は梅と桜、そして紅葉も味わえる | トップページ | 京都 住蓮山 安楽寺 »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月ヶ瀬は梅と桜、そして紅葉も味わえる | トップページ | 京都 住蓮山 安楽寺 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □