フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(前編:待ち合わせで合流まで) | トップページ | 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(後編1:津山城) »

2012年12月16日 (日)

初めてのデュアルツーリング--岡山へ(中編:菩提寺の銀杏)

11月25日(日)、「初めてのデュアルツーリング--岡山へ」レポートの続き。。。

安富パーキングを待ち合わせ時間の8時30分に出発。今回のツーリングの一番の目的地、奈義町の菩提寺まで、こちらが先に走ることとなる。

実は、このとき自分のバイク(SV1000)にちょっとした異変があった。エンジン停止後、今回の同行者cocoaさんと会話しているとき、右のマフラーからうっすら煙(水蒸気?)が出続けていた。
このため、次の休憩ポイント、楢原パーキングまではスピード控えめで、ほぼ走行車線を走行で追い越しは数えるほど。高速道路では、普段でもまめにバックミラーで後方チェックしているので、2台で走ってもそれほど変わることはなく走行。

楢原パーキングで停車時、マフラーの状態をチェックしたが、煙は出ておらず、正常な状態にもどっていたので、その後は特に気にせず、走行を継続できた。楢原パーキングでは、菩提寺までの経路を確認するくらいで、短時間の休憩で、再出発。すぐ先の美作インターで中国道を降りて、岡山県道51号を北上。R53に入った後、左折して、町道へと進んだ。この町道、しばらくは快適2車線道で、その後、高度を上げていくと、やや狭くなった区間もあったが、菩提寺までは、おおむね快走。

その途中、左コーナーの先を見下ろすと、雲海が広がっているのが見え、予定外の停車。

▼奈義町で見た雲海(9:50ごろ)

09521

09522

(↑)周辺の風景。この辺りは雲海が出ていなくても眺めが良さそう。

0954

(↑)道路脇に停車したBMW F650GSとSV1000。cocoaさんのF650GSのトップケースがいい感じ。シャープなバイクにまるまるっとしたトップケースというパターンをしばしば見かけるため、トップケースにはいい印象がほとんどないのだが、このトップケースはバイクのデザインをくずしてなくて好印象。
なお、このコーナーの先に、平坦で道幅が広くなっているところがあるので、雲海見るときにはそちらに停車することをオススメします。
自分では、ここも平坦に見えて停めたのだが、実際には少々傾斜があるところだったので、複数台で走っていて停める場所としては不適切だったかなと反省。

予想外の雲海を堪能した後、再出発。ここから菩提寺までは10分もないくらいで、到着。駐車場には20台ほどの乗用車が停められ、観光バスも1台見かけた。未舗装だったので慎重に場所を選んでバイクを停める。

▼菩提寺にて(10:00~10:40)

1037_2

銀杏の木を目指し歩き始めると、黒猫が参道の真ん中でくつろいでいた。 

1008

菩提寺の大銀杏は、常緑樹に囲まれ、緑の林の中で、黄色く輝いていた。

1011_2

去年、とくに京都・樒原の四所神社の銀杏(→今年の訪問レポート)に出会ってから、銀杏に惹かれるようになり、次のシーズンには、この菩提寺の銀杏を見に行こうと計画していたのいだが、その期待に応える見事な大銀杏だった。

1016_2

銀杏までの間に、綺麗に紅葉する木が数本あった。

1034

お堂にも上がらせていただき、40分ほどの滞在後、昼食場所として考えていた、美咲町のお蕎麦屋さんに向かって出発。

以下、後編に続く。。。

【アップ済みの関連記事】

« 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(前編:待ち合わせで合流まで) | トップページ | 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(後編1:津山城) »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(前編:待ち合わせで合流まで) | トップページ | 初めてのデュアルツーリング--岡山へ(後編1:津山城) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □