フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング後編(刈込池~帰路編) »

2012年11月 1日 (木)

舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング中編(刈込池トレッキング)

10月27日、「舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング」レポートの続き。。。

前後2回のレポートと考えていたが、長くなりそうなので、刈込池編を2回に分けます。

8時30分に舞鶴の五老岳を離れ、福井の刈込池へ向かう。当日朝、急遽訪問先を舞鶴に換えたときは、その後丹後半島に向かおうと漠然と考えていたのだが、時間的にまだ早いし、この日を逃すと次いつ刈込池に行けるかわからない、ということで、元の予定通り刈込池へ。

R27~舞鶴若狭自動車道(舞鶴東~小浜)~R27~北陸自動車道(敦賀~今庄)と進む。知らない間に(^^;)、小浜西から小浜まで舞鶴道が延びていた。2011年7月供用開始とのこと。まだ1年ちょっとで道はとても綺麗。交通量も少なく気持ちよく走った。

今庄インターで出てから、給油のためGSを探すがナイ。しばらくR365を北へ。これが結果オーライ。すぐあったら、その後R476までもどって、大野市へ向かうつもりをしていたが、あとで地図を見ると、R476は途中で切れている。未開通区間があるらしい(^^;)

給油のためけっこう北へ進んだので、県道202号~201号経由でR476へ進む。県道201号はワインディングを楽しめる区間があり。R476はゼファーで逆向きに一度走ったことがあるが、大野市との境の峠は、峡路で落ち葉が多く慎重走行。

その後R158~県道173号へ。県道173号に入ったのは12時過ぎとなっていて、刈込池へ向かう車と、帰ってくる車で、ちょくちょく停滞。ところどころすれ違い困難の区間もあるため。しかもこの道、両サイドに見えにくい溝があり、対向車を避けようとうっかり端に寄せると脱輪の危険大。実際に、帰りの車が1台、左前輪を溝に落として、動けなくなっていた。。。

その後も自分の直前の車が、対向車に道をゆずろうとゆっくりバック。見てると左後輪のタイヤが半分溝にかかった状態に。。。慌ててホーンを鳴らすと、そこで止まったので、運転席の横にバイクをつけ、落ちかけていることを知らせる。あと50cmバックしていたらこの車も脱輪していただろう。

鳩ヶ湯温泉のところで、そこから先の通行規制をしていたが、バイクはスルー。

その先にサコサガ滝があり、写真を撮る車が何台か止まっており、自分もバイクを停める。

▼サコサガ滝(12:40ごろ→この辺り

1241

写真を撮っていると、一時強く風が吹き、落ち葉が舞った。

1243_3

刈込池手前の駐車場には13時ごろの到着。ここでも行きと帰りの車で停滞していたが、かいくぐって、一番奥の駐車場まで進んで、車のおけない空きスペースにバイクを停める。他に2台停車中のバイクを見かけた。

荷物を整理してトレッキング準備。といってもバイク用冬ジャケットに革パンツのままなので、全然トレッキングの身なりではないのだが。。。

池への道を少し入ったところに、大きな栗の木があった。

1306_2

このあと、川があり、橋を渡ると、一気に急勾配となる()。階段が整備されていて、登りやすくはなっていてカメラ片手でも登っていけるが、急勾配が長ーく続くので、かなりきつい。2週前の高見石登山よりずっときつかった。

(※)橋の手前で左へ行くルートもある。こちらのルートだと距離は長くなるが、急勾配の区間は短めで、体力的には少し楽

(↓)こんな感じの階段が数百段(!)

1329_2

写真ではふつう、勾配は伝わりづらいわけで、写真でも見てとれるくらいということは、いかに勾配がきついか。。。

黄葉・紅葉を味わい、写真を撮りながらなので、ちょくちょく足を止めて上がって行くのだがそれでも息が切れ、足は重くなる。

1308_2

黄色を基調とた紅葉が山道を彩る。
これがなければ途中で引き返してしまいたくなるところ(^^;)

1323

1324

池の手前では、勾配はゆるくなり、平坦な道となる。

1339

13時45分、最寄りの駐車場から約40分で刈込池に到着。多くの方が池の周りに座って、お弁当を食べていた。

1345

以下、紅葉の刈込池&帰路編に続く。。。 

« 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング後編(刈込池~帰路編) »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング後編(刈込池~帰路編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □