フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 金蔵寺の紅 | トップページ | 紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(後編) »

2012年11月 8日 (木)

紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(前編)

11月3日(土)、奥琵琶湖へ行こうと思っていたのが、北部は曇りがちで降水確率もやや高めということで、ツーリング先を近畿南部へ変更。

高野龍神スカイラインを走り抜けて、できれば奇絶峡まで、と思っていたのが、前回7月15日にアジサイの時期に来たとき同様、護摩壇山止まり(^^;)

とりあえず今回は「前編」ということで、出発から高野龍神スカイラインに出るまでの道のりのレポートになります。

そもそも出発が遅めの8時ごろ。京奈和とR24で奈良を通過し、橋本インター~R370で九度山へ。九度山入ったころは交通量少なめ。ここで、丹生川沿いの県道102号へ入って玉川峡へ。県道102号は、ぜひにとオススメするほどではないが、まぁ一度走ってみてもいいんじゃない、といった感じの道。

(↓)県道102号にて。おおむね一車線。

1107

R371に出たところでUターン。ここまで来たらR371から高野山に上がった方がもちろん早いのだが、古沢厳島神社のイチョウの木を見に行きたかったもので。。。 こんな寄り道していたら、奇絶峡までたどり着けるワケないか。。。(^^;)

トイレ休憩と昼ご飯を兼ねて、「さえもん」というところに入った。県道102号には公衆トイレが2~3ヶ所あった。寒くなってきたころのツーリング時はトイレが近くなるので助かる。

▼「さえもん」さん(11:30ごろ)

1131

ここで、きつねうどん(520円)をいただく。ちょっと高いが、人里離れたところなので、納得済み。

▼木炭を焼き上げる窯

1132

「さえもん」さんでは木炭が販売されていて、上の窯が使われているという説明書きがあった。

途中、葵茶屋キャンプ場というのがあり、この辺り、もみじが綺麗だった。

▼葵茶屋キャンプ場にて(11:40ごろ)

1141

夏限定なのか、キャンプ場は閉鎖されており、近くまでは寄れず。。。

R370にもどって、古沢厳島(こさわいつくしま)神社へ。

▼古沢厳島神社のイチョウ(12時過ぎ→たぶんこの辺り

1205_2

黄葉はまだだった。。。

1204

R370にもどり高野山へ。徐々に交通量が多くなってきた。

前に車がつまったところで停車。

(↓)見上げて、写真を撮る(12:30ごろ)

1228

停車中、途切れることなくドンドン車が上がってくる。間を空けてと思っていたが、あきらめて、車の後ろについて走り出す。そしてやがて大渋滞。

大門到着が13時10分なので、古沢厳島神社から1時間もかかった。
先のカーブミラーを凝視して、反対車線から車が来てないことを確認してところどころ追い越ししかけながらなので、車だともっと時間がかかっただろう。
地図を見ると、南海高野線沿いを走って、高野山に抜ける道路もあるようなので、峡路だろうがバイクなら大丈夫だろうから、今度渋滞にはまったら、そちらを試してみよう。
朝早く出て、混まないうちにR370のワインディングを走り抜けるのが理想なのだが。。。

(↓)大門の南の道に見えた紅葉(13:10)

1310

渋滞に疲れたので大門から、南の町道(高野町道、内子谷線)へ進んだ。こちら一転して、快走。紅葉も見所多し。

ちょっと行くと、綺麗に色づいているところが見えたので、Uターンしてもどって、横道に入って停車(13:20ごろ)。車来ないだろうと思って停めたが、ダンプが2台ほど通過した(この道、一般車両は通行禁止だったかも)。

1317_2

1320

▼高野町道にて

1332_2 

1340

▼R371との合流地点(14時ごろ)

1402

1404   

▼R371(龍神街道)にて(14:15ごろ)

1414

このあと、高野龍神スカイラインに抜ける林道に入る。この道、一車線の舗装林道で、落ち葉が多かった。一ヶ所、土砂が道を被っているところがあったので要注意。道を走りながらだと眺めは良くないのだが、バイクを停めて、ちょっと歩いて、見通しのよいところに出れば、眺望を楽しめそうな雰囲気はあった。が、実際のところは未確認。

14時30分頃、林道を抜けて、高野龍神スカイラインに出る。

以下、後編へ続く。。。

« 金蔵寺の紅 | トップページ | 紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(後編) »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金蔵寺の紅 | トップページ | 紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(後編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □