フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

南禅寺

11月29日(木)朝。

初めての南禅寺。

0904

0907

0911

0912

1003

1020

1023

1028

南禅寺は門を入った左手に駐輪場有り。大型バイクも大丈夫そう。
傾斜があるので、後ろ向きに停めないと帰りに大変かも。。。

南禅寺の塔頭.、高徳庵

11月29日(木)朝。

南禅寺境内を歩いていてたどり着いた、高徳庵。

0942

縁結びの松

0934

0926

0938

境内奥にひっそりとあり、落ち着ける場所。

南禅寺の塔頭.、天授庵

11月29日(木)朝。

南禅寺を一通り回って、帰ろうかなとしていたところ、ふと引き寄せられた。

1040

1042

1048

11111

11112

1056

1104

1059

1116

池の周りは散り進んでいたが、それでも最後に一番の充実感を得た。

2012年11月29日 (木)

真如堂--本堂裏は今まさに見頃

11月28日(水)、今年2度目の真如堂。

一週間前に訪れたときは青が目立った本堂裏手が、今、色とりどりの紅葉が味わえる。まだこれから一週間は楽しめそう。

赤門前

1103

そして本堂の裏手

1018

1017

1022

1024

1028

1035

三重の塔周辺は見頃を過ぎて、訪問者が少なくなっており、おススメの紅葉スポット。

紅葉の東福寺

11月28日(水)、2度目の東福寺。前回(11月13日)とはまた違った光景。

8時30分の開場前、通天橋をのぞむ

0828

まだ誰もいない通天橋

0824

平日の朝でも数百人がチケット前に並ぶ

そして、通天橋から眺める

0843

通天橋で見入る人々

0859

落ち紅葉と影

0912

経蔵前にて

0921

この黄色に見惚れる。。。

0925

0935

帰りに空を見上げる

0938_2

   

2012年11月28日 (水)

天龍寺の紅葉、ここが見所

11月27日(火)

嵐山を背景とした庭園。言わずとしれた人気スポット。

0917

自分にとっての見所はこちら---散り紅葉と苔とツツジ

0923

0924

0938

0948

0931

平日の午前中、訪問者は少なくはないが、混雑というほどでもない。

1001

天龍寺にはバイクの駐輪場有り(無料)。大型も駐車可。ただ砂利なので止め方に気をつけないと、出るとき苦労します。

嵐山にかかる虹

11月27日(火)嵐山に向かう途中、桂川の土手から嵐山方面にうっすらと虹が見えました。

0844

ほんの一瞬のできごと。

嵐山に着くと、紅葉が見頃を迎えておりました。

0858

厭離庵--赤の世界

11月27日(火)、嵯峨野にある赤の世界、厭離庵がちょうど見頃。

1024

1028

1029

1030

1033

1039

1102 

1043

狭い路地を入って行くところなので、駐輪場はナシ。

2012年11月25日 (日)

菩提寺の大銀杏(岡山県最大の巨樹)

今日、岡山県奈義町の菩提寺へ。銀杏は見頃を迎えております。

1009

巨大ですが、まだ枝振りに力強さがあり、素敵でした。

1013

奥にもう一本銀杏の木があり、落ち葉がいい感じでした。

1014

SV1000にてお出かけ。ツーリングレポートを別途アップ予定。

2012年11月24日 (土)

宇治川ライン

宇治川ラインは、夏の豪雨後の通行止めは、11月24日現在、解除されていますが、宵待橋を滋賀県方面に越えてからは、何カ所も片側通行規制がされており、走りを楽しめる感じではないです。けっこうバイクは走っておりましたが、皆さん同じ感想を持たれたことでしょう(^^;)

川沿いの紅葉はまずまず味わえます。

0931

0935

0937

地蔵禅院の紅葉

枝垂れ桜で有名な、京都府井手町の地蔵禅院。

紅葉も綺麗です。

1504

1506

2012年11月24日午後。

和束町の正法寺の紅葉

京都府の南部、和束町にある正法寺(→地図)。

Yahoo紅葉特集では「色あせ始め」となっているが、まだまだ素敵な紅葉が味わえます。

1108

1112

1146

訪れる人はまばらで、ゆっくりと紅葉を楽しめました。

近くを通る予定がある場合は、ぜひ立ち寄ることをおすすめします。

常龍寺の大イチョウ(近畿最大)

11月23日、丹波市青垣町大名草にある常龍寺の大イチョウを訪ねる。
近畿最大のイチョウの古木とのこと。

▼常龍寺参道にて

1420

▼常龍寺境内にて

1413_2

1415

イチョウの大木は、境内にあると思っていたのだが見あたらない。イチョウの木はあったが、それほど大きな木ではなかった。参拝に来られていた方に尋ねると、境内下にある山道に入って数十分歩いて登って行かなくてはならないとのこと。

▼イチョウの木へ至る山道にて

1533

1434

1436

1km弱。自分の足で15分。平均的な方で20~25分くらいかかるかと。

歩いて最初に目に入るイチョウの木は大きいことは大きいが近畿最大かというと疑問符。
近づくと奥に巨大なイチョウの木が。こちらは感動もの。

▼大イチョウ

1442

14442

14441

裏手に回って見たイチョウ。隣のイチョウとの間に橋が架かっているかのよう。

1449

上の方はけっこう黄葉が進んでいたが、中央から下はまだ青が優勢だった。
見頃はもうちょっと先になる模様。

2012年11月22日 (木)

真如堂(洛東の紅葉の名所)

11月21日(水)朝の真如堂(京都市左京区)。

境内は出入り自由。本堂と庭園のみ有料(500円)。紅葉の名所だけに、平日朝9時前からけっこうな人。曇りがちだったのが残念。。。

1036

▼庭園にて

1004

1014

1016

▼境内にて

0908

0924_2

0941 1037

1043 1045 

1027

この時期、駐車場は使用不可。
バイクは(自転車も)駐輪OKです。駐輪入り口はこちら(→地図)。
ただ、大型バイクはどうなのか、未確認。駐輪スペース的に原付以外は想定外かも。。。

見頃近づく西本願寺の銀杏

11月21日(水)昼。ほぼ黄色くなっていました。

1334

もう見頃といってもいいのかもしれませんが、まだ少し青が残っています。

1346

西本願寺の北東角にある太鼓楼

1356

新撰組が一時期ここに屯所をおいたと掲示板あり。楼の右奥、赤く色づいているのは、たぶんトウカエデ。

2012年11月21日 (水)

神が宿る銀杏--京都樒原の四所神社

11月20日(火)。京都市右京区樒原の四所神社(原神社)の神木となっている銀杏。
見頃の終盤でしょうか。今年は見頃はじめの時期に訪ねようと思っていたのだが。。。

09531

09532

09533

自分にとってこの銀杏の存在感は格別。

0932

周辺の風景もよい。

0949

1005

境内。

09371

09372

前に棚田が広がる。

1002

遠景。

1000

丹波国分寺の銀杏は色づきはじめ、旧河原家住宅の銀杏は見頃までもう少し、といった感じでした。

▼去年の樒原レポート。。。

2012年11月20日 (火)

金蔵寺の紅葉が見頃

11月19日(月)、金蔵寺の紅葉がちょうど見頃。

11月に入って3度目の訪問。

山門前はすでに散り進んでいたが、境内は全体に素敵に紅葉しておりました。
次の三連休までもつかどうか。。。

09292

上の写真、中央左の紅がまだ健在でした。前回訪問から12日も経っているのに。

0941

0848

下の方の紅が、美しくなっておりました。

0845

お堂の前は、黄葉。

0858

0936

09291

本堂へ上がる階段の途中で見上げると。。。

0859

本堂前。

0901

苔の上の散り紅葉。

0910

今回惹かれたのは、イチョウの黄と竹の緑のコントラスト 

0948

0951

この12日の間に、イチョウの大木はすっかり黄色くなっておりました。

8時30分に到着したときは、三脚をもった方お一方のみ。初めてだったようで、感動しておられました。この方は他の方のカメラ位置も気にかけながら位置取りされる、良い方でした。
静寂の中で紅葉を味わうには、8時開門から9時ごろまでがおすすめ。それでも、日によっては、アマチュアカメラマンの集団がどっと来られることもあるかもしれませんが。。。 

2012年11月19日 (月)

イチョウとカエデを間違えてた(^^;)

「智積院は紅葉見頃--四色に色づく銀杏など」というタイトルで記事を書きましたが、四色に色づいているのは、銀杏ではなくカエデ(たぶん、カエデの中でもトウカエデという種類)でした。。。

気になってネットで探っていましたが、赤く色づくイチョウというのは一切見あたらない。それで、今日昼休みに確かめに行ってみたところ、違ってました。

14071

14072

どうみてもイチョウの葉とは違う。帰って調べたところ、葉や樹形から見て、どうやらカエデの一種、トウカエデと判明。

まだ青葉のころ遠目に見たときに、銀杏の木と思い込んでしまって、その後なんの疑いも持たず今日まできてしまいました。いやあ、お恥ずかしい。。。

今後も、間違いに気づいた読者の方がいらっしゃいましたら、ぜひご指摘いただけると助かります。

そのトウカエデの木の現状はこちら。青や緑はなくなり、ほぼ全体がオレンジ色になっていました。

1408 

青蓮寺ダム周辺で見た夕焼け

11月18日(日)、16時35分前後。三重県青蓮寺ダム近くにて。

16341

16342

1639

1643

香落渓移動中は曇っていたのだが、思いがけず素敵な夕焼けに出会えて良かった。

2012年11月18日 (日)

素晴らしき紅葉の談山神社

本日SV1000にて、談山神社へ

0949

0957

1128

ツーリングレポートは後日。。。

2012年11月17日 (土)

「ドライブウェイ」的県道40号、奥伊吹ツーリング

11月10日(土)、滋賀県の北東部の紅葉と黄葉をめぐるツーリングへ。

【アップ済みの関連記事】

※今回のタイトル、「ドライブウェイ」的としてみたが、「奥伊吹ドライブウェイ」というのは存在しない。伊吹山ドライブウェイ(有料)と、奥琵琶湖パークウェイ(無料、一部一方通行規制有り)を混同して、「奥伊吹ドライブウェイ」という表現を見かけるが、実在はしない。

が、姉川沿い、奥伊吹スキー場までの滋賀県道40号は、2車線ワインディング区間が多く、路面状態も比較的よく、またこの時期、山々の紅葉の眺めも素敵で、風景&ワインディング好きの近畿のライダーにはツーリング先としてぜひおすすめしたいコースなので、括弧付きで「ドライブウェイ」と呼んでみたということなので、ご注意ください。
ところどころ集落があり、生活道でもあるので、TPOはわきまえて。

まだ暗い中、起床して、明るくなってきた6時30分頃の出発。最初の訪問先は、滋賀県湖東三山のひとつ西明寺。

宇治川ライン(10月1日に通行止めが解除された模様)~アセボ峠といったワインディングを走ってから訪れたいところだが、混雑するかな、と思い、8時の開門ごろに到着するよう、京都南~信楽までは高速を利用。その後はひたすらR307を北上。R307はけっこう交通量が多く、ペースが上がらない。

何カ所か道路沿いにコスモス畑があり、停車。

▼R307沿いのコスモス畑(7:50)

0750

西明寺には、8時10分頃の到着。駐車場はまだガラガラだった。

(↓)駐車場の隅に停車

0811_2

▼湖東三山のひとつ、西明寺にて(8:10~10:00)

0947

(↑)受付近くにて。グラデーションが綺麗だった

(↓)二天門にて

0826_2 0827_2

0922

(↓)二天門に向かって右手、コケが綺麗な一角が。。。

0916

0923

このお寺は紅葉だけでなく苔も見所のひとつ。苔好きの方は、この二天門門横の一角を見落とされないように。

2時間ほどの滞在後、西明寺を離れ、次の訪問地、醒井へ。

R307~R8~R21とほぼ国道を行く。

醒井には、30分ほどで到着。お目当ては、了徳寺のオハツキイチョウ。お寺の駐車場は見あたらなかったが、ちょっと行った先に観光客用の駐車場が用意されていたので、そこにバイクを停める。車20台ほど停められるスペースに、車3台とバイク1台のみ。
醒井は梅花藻で有名なところで、そのシーズン(夏)には、にぎわうのだろう。

▼醒井にて(10:40~12:10)

了徳寺に向かうのだが、この地区をながれる地蔵川の風景に惹かれて、とりあえず写真を1枚。

1044

そして了徳寺

1049

うーん、なぜかあまり感動がない、というのが正直なところ(^^;)。
きっとイチョウの木との相性みたいなものがあるのでしょう。

その後、地蔵川沿いを歩く。この通りは昔の中山道とのこと。

1119

夏に梅のような花を咲かせる藻の緑が綺麗。そして川にかかる橋に風情がある。

1129

歩いているとお腹が減ってきたので、食事処を探すが、見あたらず、和cafeたち季(→HP)で、ケーキセットをいただく。自分としてはツーリングではかつねなかったパターン(^^;)

1153

1139 1144

コーヒーもケーキも美味しくいただいた。なにより店の雰囲気がよい。まだ昼前で、自分一人だったので、遠慮なく店内写真も撮ってみた。

食事後、また素敵な町並みを見ながら駐車場にもどる。醒井渓谷にも足をのばそうかと考えていたのだが、ここで1時間半も時間を費やしたので、それはあきらめた。

ここ醒井はかなりオススメのお立ち寄りスポット。近くに来たらまた訪ねることになるだろう。

12時過ぎになって、次の訪問地、天川命神社に向け出発。

R21を少し東へ進んで左折。県道19号を北上。正面に伊吹山がそびえる。

(↓)伊吹山とSV1000(12:30ごろ)

1227

このとき西の空の雲がいい感じ。

12272

R365を超えて進むと、道の駅「伊吹の里」があった。そこを左折しなければいけなかったのだが、ツーリングマップルには「坂浅東部広域農道」とあったので、道路標示があるだろうとアテにしていたのだが、なかったので直進してしまった。ツーリングマップルには、その交差点にちゃんと道の駅「伊吹の里」の記載もあるので、そちらも目印の一つにしとけばミスすることはなかったのだが。

でもこれは結果オーライ。数分行っても「広域農道」表示がなかったので、間違いには気づいたのだが、姉川沿いの景色も道路も良かったので、そのまま走ってみることにした。進むに連れさらに景色は良くなり、結局終点の奥伊吹スキー場まで行き着いた。

▼奥伊吹にて(12:30~14:30)

1254

(↑)スキー場の手前左手の駐車場にて(13時前)

帰り道、県道40号からちょっとはずれ集落の道を通り、このまま進むとはずれていくな、というところで停車。そこからの三方に見える山の風景が素敵だった。

(↓)甲津原集落にて(13:50ごろ)

13461

1347

13462

たぶん場所はこの辺り(→地図)かと。

1353

(↑)滋賀県道40号線
写真で見ると路面少々ひびわれてますな。。。景色を見ながらで、あまり飛ばさなかったので、走っているときは、気にならなかったのだが。

行くとき目に留まっていた、イチョウに寄ってみた。

(↓) 白山神社のイチョウ(14:20ごろ)

1423_2

写真手前の木もイチョウでこちらはまだ黄緑色だった。場所はこの辺り(→地図)。

この近くの曲谷の集落にも白山神社があり、こちらにも乳イチョウとして知られたイチョウの木があるようだ。
さらに、上板並の集落にも、樹齢3~400年以上のイチョウの木があるらしい。
また来年ぜひ訪れたい。

2時間もの寄り道、というか、結局今回のツーリングのタイトルとした、奥伊吹訪問からもどり、道の駅「伊吹の里」交差点で、広域農道に入る。

その後の経路は定かではないが、いったんR365に出て、給油&コンビニでトイレ休憩兼軽食後、高月町の町道に入り、天川命神社には15時20分の到着。

▼天川命神社にて(15:20~15:40→地図

1527_2

奥にもう一本イチョウの木があり、さらに黄色く色づいた別の大木もあり、境内はまさに黄色の世界。

水車があり、水路には大きなコイがいたり、ここも素敵な町並み。ここは、雨森芳州の出身地ということを今この記事書きながら調べていて判明。近くに芳州庵というのがあるのは調査済みだったが、雨森芳州の「芳州」だったのか(^^;)

1528_2

20分ほどの滞在後、天川命神社を離れた。

時間があれば、鶏足寺~余呉湖~奥琵琶湖パークウェイ~マキノのメタセコイアと考えていたのだが、とりあえず鶏足寺と余呉湖はパス。

R365~R8~R303~県道557号と進み、奥琵琶湖パークウェイもあきらめ、梅津大崎方面へ向かう。湖岸の桜が紅葉していた。

梅津大崎を過ぎたところで、冬空のような雲と沈み行く夕日が目に留まりバイクを停める。

▼琵琶湖岸、梅津大崎近くにて(16:30ごろ)

1632

16時30分でもう日が沈みかける季節となってしまった。

R161に出たあと、メタセコイア並木にも寄り道したが、まだ緑で、素通りして、R161にもどり、京都まで南下。R161はかなり混んでいて、クラッチ操作がつらくなってきた。

京都東で名神に入り損ねて(直進方向がR1、左方向が名神で、前の車が左方向に行くのでついていったら、さらにその左に側道があり、こちらは一般道で、車につられてそちらに進んでしまった。。。^^;)、入り直そうと思ったが、この辺、道が入り組んでわかりづらいので、結局、R1から外環状経由で、高速使わず19時前に帰宅。

走行距離308km。燃費15.5km/l。積算距離48,445km。

7時前に出発し、19時帰宅と12時間以上のツーリングにもかかわらず、走行距離は300kmちょっととこれまでになく少なめ。
奥琵琶湖パークウェイに行けず、ワインディングの走り足りなさ感はあったが、それ以上に、西明寺、醒ヶ井、奥伊吹、天川命神社といずれも今回初めての訪問だったがそれぞれに良いところで、充実度の高いツーリングとなった。

横行渓谷

11月16日(金)。

山の眺めは素晴らしかった。

1418

1425

1532

が、渓谷沿いの紅葉はもう終わっていました。

1438

ほとんど散ってしまっていました。

1436

1441

天滝入り口の紅葉がかなり素敵

11月16日(金)、午後4時ごろ。

兵庫県道48号線から天滝方面へ入る三叉路にある神社の敷地。
傾いた光が射し込み、素晴らしい光景。

1548

1551

1552

1554

1603

1607

神社の名は、三宮神社(養父市大屋町筏)かと。。。
日が傾いた時間帯が特にオススメ。

ツーリングレポートは別途アップ予定。

2012年11月16日 (金)

安国寺のドウダンツツジ

本日11~12時の訪問。SV1000にて。平日ですが、けっこうな人でした。

1144

1108

1158

堂の裏に回って。。。

1137

1119

1124

未舗装の駐車場あり。空いていたが、車は多数路上に駐車。バイクもちらほら。

次の機会には、時間帯を変えて訪ねてみよう。

西本願寺のイチョウと菊

11月15日(水)昼。

西本願寺の大イチョウ、ようやく少し色づいてきた。

1336

1337

この2~3日天気が変。

1338

1401

(↓)これは、北側の駐車場の中にあるイチョウ

1405

日光を浴びているが背景は曇り。

(↓)一般開放されていない敷地の紅葉が気になる。。。

1403

境内では、菊の優秀作品が展示されている

1351

1353

   

清滝、渡猿橋から下流方面

11月15日(水)朝。

朱い渡猿橋から下流方向にあるもう一つの橋とその周辺が、清滝の中でも絶景ポイント。

1033

(↑)下流から渡猿橋方面の眺め

(↓)渡猿橋から下流方向にかかる橋からの眺め

1034

逆光でうまく撮れなかった。時間を変えてまた訪れたい。。。

1045

これまで訪れたどこの風景にも負けない紅葉が、自宅から1時間圏内にあったとは。。。

1046

10492

1049

1051

ここへはこの時期、毎年のように訪れることになるだろう。

清滝、金鈴橋の上流河原の紅葉

11月15日(水)朝。

金鈴橋から、高雄へ向かう散策路を歩き出す。

0943

が、散策路では、上の写真のような風景が続き、しばらく紅葉が楽しめそうにない。
河原の方に目をやると、綺麗に紅葉したところが目に入る。
降りられないかと見回すと、整備されているワケではないが、河原へ降りる通路らしきものがあったので、降りて見た。

0950

しばらく、河原の紅葉独り占め。

0956

散り紅葉が積もっていた。水分を含みしっとり。

1007

1008_3

(↓)上流方向の風景

1011

(↓)下流(金鈴橋)方向

1014 

河原を歩いて、金鈴橋まで行くことは不可。
上流方向をどこまで遡上できるかは未確認。

渡猿橋から下流は次の記事にて。。。

2012年11月15日 (木)

清滝、金鈴橋付近の紅葉

京都市右京区の清滝。愛宕山登山の入り口。愛宕山には一度だけ登ったことがあり、そのときを含め、何度か来たことがあるが、紅葉の時期は初めて。

有料駐車場があり、入ろうとすると、「バイク・自転車は受け入れしていない」という看板が。。。 やむをえず、邪魔にならなさそうなところにバイク(アドレス125)を停めて、周辺を散策。

この記事含めて、三つに分けて紹介します。

  • 金鈴橋付近
  • 金鈴橋の上流河原
  • 渡猿橋から下流

まずは愛宕山登山の入り口、金鈴橋とその付近から。

(↓)金鈴橋

0925

1026

(↓)下流から見た金鈴橋 

1028

(↓)愛宕山登山道入り口付近

0938

0924

(↓)金鈴橋の上流側

1025 

残りは後日。。。

2012年11月14日 (水)

今日の嵐山

まだ見頃とはいえないが、かなり色づいてきた。
秋の嵐山の雰囲気を味わえるくらいにはなったかと。

0906

今日は嵐山は通過しただけだったが、清涼寺前の鳥居(愛宕神社の鳥居)横(→mapion地図)に素敵に紅葉する木が一本あった。

0913

0914_2

一本立ちで存在感のある木に出会うと、どうしてもバイク(今日はアドレス125)を停めずにはいられない。 

智積院で見たカラスの行水

1429

14311

14312

水に体をつからせてはいないので、正確には水浴びでしょうか。。。

このカラス、水浴びの前には、カマキリを捕って食べてたり、水浴びの後には、金堂前の真っ赤に紅葉した木に止まったりして、楽しませてくれました。

2012年11月13日 (火)

東福寺通天橋の紅葉

今日、11月13日(火)の東福寺。見頃まで後もう少しといった感じでしょうか。
初めての訪問なので、ピーク時にどんな感じになるのか、わかってないもので。。。

1030

0913

0914

0911

0922

0925

0926

0937

駐輪場の場所を確認(南西角)。自転車と原付バイクは駐輪OKな模様。

2012年11月12日 (月)

今熊野観音寺の紅葉

京都東山区、泉涌寺手前の今熊野観音寺。紅葉情報で「見頃」となっていたので出かけて見た。

0930

0939

0948

1002

1006

1034

1035

まだ青葉も多いので1週間~10日後にはまた違った味わいを楽しめるだろう。 

智積院は紅葉見頃--四色に色づくカエデなど

京都東山の智積院。今ちょうど紅葉の見頃。
色とりどりの紅葉が味わえる。色づきが早いのは、若い木が多いからか。。。

枝垂れ桜の葉が淡いオレンジに色づいていた。

1357

紅、オレンジ、黄、緑と四色のイチョウ に色づく木(※イチョウではなくカエデ、たぶんトウカエデででした。^^;)。

1436

金堂前は真っ赤 

1405

1433

1425

1435

1450

時代劇のロケが行われていた。この秋の観光シーズンの真っ昼間にロケが行われているとは。。。 訪れる人はまばらなので、ゆったりと紅葉を味わえる。

※当初この記事のタイトルを「智積院は紅葉見頃--四色に色づく銀杏など」としてましたが、気になって調べたところ赤く色づく銀杏はどこにもなくて、ちゃんと葉の形を確かめたら、カエデ--おそらくトウカエデ--でした。お詫びして訂正します

2012年11月11日 (日)

高月町、天川命神社のイチョウ

今、この天川命神社(あまかわのみこと)は黄色の世界。

1521

神社の周辺に水路が張り巡らされ、コイが泳ぎ、素敵な町並みだった。
お気に入りスポットになりました。

2012年11月10日 (土)

奥伊吹の紅葉が見頃

この3年半、近畿のツーリングスポットはかなり回ったけど、まだ知らぬ絶景スポットがあった。ワインディングも楽しめる。それは滋賀県道40号。奥伊吹スキー場に至る道。交通量も多くない。ただ、ドリフトを楽しむ車の排気音がやかましい(^^;)

(↓)奥伊吹スキー場

1311

(↓)スキー場手前の駐車場

1315

(↓)滋賀県道40号にて

1353_2

1401

(↓)白山神社のイチョウ。ちょうど今黄葉が見頃。

1419

醒ヶ井の了徳寺オハツキイチョウと地蔵川

滋賀県米原市の醒井にある了徳寺のオハツキイチョウ。

1046

見頃までもうちょっと、といった感じでしょうか。

了徳寺のある醒井宿は梅花藻で有名。夏に花を咲かせる。

1118

花を咲かせなくとも、藻だけでも見とれてしまう。

そのちょっと上流、源流近く、川に映り込む青もみじも美しい。

1133

ここもツーリングレポートで、別途アップ予定。。。

湖東三山、西明寺の紅葉

Yahoo紅葉情報で見頃となっていたので、行ってきました、湖東三山の一つ西明寺。見頃になりかけ、といった感じでしょうか。自分は十分楽しめました。

0833

0910

0927_2

0941

8時開門に行ったのでまだ人は少なめ。10時に出るころでも、駐車場にはまだ余裕があり、混雑というほどではなかった。

ツーリングレポートは別途アップ予定。。。 

2012年11月 9日 (金)

京都御苑・凝華洞跡のイチョウなど

11月8日(木)昼、凝華洞跡のイチョウの様子を見に行った。

(↓)清水谷家の椋

1359

(↓)凝華洞跡のイチョウ

1406_2

全体的には紅葉はまだまだだが、とろどころ色づいている。

1404

ふと目を惹かれて。。。

1412   

向日市ふれあい広場の紅葉

向日市体育館~温水プールにかけて、桜その他の紅葉が今見頃。

0850

0908

0912

0919_3 

0917

名所めぐりもよいが、自分のお気に入りスポットを見つけるのも楽しい。

紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(後編)

11月3日(土)、高野龍神スカイラインツーリングレポート続き。。。

九度山~高野山まではひどい渋滞だったが、高野龍神スカイラインは交通量はそれほど多くなく、マイペースで走れた。
ただ、左カーブ手前で、対向車線のバイクが前の車の追い越しで、車線をわって走ってくるので要注意。センター寄りに走っていればニアミス状態。こちらがコーナリングワークを楽しみに来ている四輪でそれなりのスピードを出していると、対向のバイクも冷や汗をかくだろう。

14時50分、護摩壇山の駐車場に到着。車で溢れ、バイクはその合間に停められていた。自分も空きスペースを見つけ停車。

護摩山スカイタワー下の黄葉にひかれて、寄っていくとその先に、山道があったので、今回初めて、護摩壇山の山頂に登ってみた。500mとあったし、なだらかに見えたので、すぐだろうと思っていたが、甘かった。。。(^^;)。
山頂に近づくにつれ、傾斜がきつめになっていき、先が遠く感じられる。
のんびり上がって行けばなんてことないが、最初、早足で登っていったため、息が切れる。
長く感じられたが、今これ書きながら確かめると500mを6分で登ったもよう。このペースならそりゃ疲れるか。。。

▼護摩壇山の山頂

1508

息を切らせて登ったわりには、展望は微妙。。。まぁ、バイクにまたがってばかりではなく、足腰鍛えるには、良い運動ではある。

帰り老夫婦が前を歩いていた。

1510

山頂付近は、紅葉はほとんど風で落とされてしまっていた。

1511

▼護摩山スカイタワーの周りの黄葉

1519_2 1522_2

1520_2

この鮮やかな黄葉をぜひ味わってほしいが、今週末にはもう散り進んでいるかもしれない。

15時半、護摩壇山を離れ、帰路へ。

▼高野龍神スカイライン(護摩壇山~高野山区間)にて

1532_2

1534

1537

何カ所か、景色が良く、スペースのあるところで停車。

1538

1540

九度山方面は帰りも混んでいるかもと思い、R371経由で橋本へ。

橋本インターで京奈和自動車道(無料区間)に入り、往路と同じ道のりで京都へもどる。途中、五條~大和郡山は長~い渋滞があり、護摩壇山から京都まで、寄り道&休憩なしで4時間かかってしまった。

前回のオイル交換から4,000kmを超えてしまっていたので、帰りにショップに寄ってオイル交換後(フィルターも交換しないといけないのに忘れてしまった)、20時過ぎに帰宅。

走行距離328km。
燃費は、行きの渋滞にはまるまでが、16.5km/lくらい。その後渋滞~高野龍神スカイライン~帰路が、13km/lくらい。1回目の給油の時、セルフではなく、いっぱいまで入れてくれなかったので、その辺差し引きして、かなりアバウトな値。
給油なしで京都まで帰れるだろうと思っていたら、奈良市を通行中、給油後まだ150kmほどで警告灯が点灯してビックリ(過去最短)。渋滞&林道&ワインディング&渋滞と続いたので、仕方ないか。。。 トータルでは14.6km/lだったので、ちょっと悪かったかな、といった感じ。
積算距離は48,137km。5万kmが見えてきた。

2012年11月 8日 (木)

紅葉の高野龍神スカイラインツーリング(前編)

11月3日(土)、奥琵琶湖へ行こうと思っていたのが、北部は曇りがちで降水確率もやや高めということで、ツーリング先を近畿南部へ変更。

高野龍神スカイラインを走り抜けて、できれば奇絶峡まで、と思っていたのが、前回7月15日にアジサイの時期に来たとき同様、護摩壇山止まり(^^;)

とりあえず今回は「前編」ということで、出発から高野龍神スカイラインに出るまでの道のりのレポートになります。

そもそも出発が遅めの8時ごろ。京奈和とR24で奈良を通過し、橋本インター~R370で九度山へ。九度山入ったころは交通量少なめ。ここで、丹生川沿いの県道102号へ入って玉川峡へ。県道102号は、ぜひにとオススメするほどではないが、まぁ一度走ってみてもいいんじゃない、といった感じの道。

(↓)県道102号にて。おおむね一車線。

1107

R371に出たところでUターン。ここまで来たらR371から高野山に上がった方がもちろん早いのだが、古沢厳島神社のイチョウの木を見に行きたかったもので。。。 こんな寄り道していたら、奇絶峡までたどり着けるワケないか。。。(^^;)

トイレ休憩と昼ご飯を兼ねて、「さえもん」というところに入った。県道102号には公衆トイレが2~3ヶ所あった。寒くなってきたころのツーリング時はトイレが近くなるので助かる。

▼「さえもん」さん(11:30ごろ)

1131

ここで、きつねうどん(520円)をいただく。ちょっと高いが、人里離れたところなので、納得済み。

▼木炭を焼き上げる窯

1132

「さえもん」さんでは木炭が販売されていて、上の窯が使われているという説明書きがあった。

途中、葵茶屋キャンプ場というのがあり、この辺り、もみじが綺麗だった。

▼葵茶屋キャンプ場にて(11:40ごろ)

1141

夏限定なのか、キャンプ場は閉鎖されており、近くまでは寄れず。。。

R370にもどって、古沢厳島(こさわいつくしま)神社へ。

▼古沢厳島神社のイチョウ(12時過ぎ→たぶんこの辺り

1205_2

黄葉はまだだった。。。

1204

R370にもどり高野山へ。徐々に交通量が多くなってきた。

前に車がつまったところで停車。

(↓)見上げて、写真を撮る(12:30ごろ)

1228

停車中、途切れることなくドンドン車が上がってくる。間を空けてと思っていたが、あきらめて、車の後ろについて走り出す。そしてやがて大渋滞。

大門到着が13時10分なので、古沢厳島神社から1時間もかかった。
先のカーブミラーを凝視して、反対車線から車が来てないことを確認してところどころ追い越ししかけながらなので、車だともっと時間がかかっただろう。
地図を見ると、南海高野線沿いを走って、高野山に抜ける道路もあるようなので、峡路だろうがバイクなら大丈夫だろうから、今度渋滞にはまったら、そちらを試してみよう。
朝早く出て、混まないうちにR370のワインディングを走り抜けるのが理想なのだが。。。

(↓)大門の南の道に見えた紅葉(13:10)

1310

渋滞に疲れたので大門から、南の町道(高野町道、内子谷線)へ進んだ。こちら一転して、快走。紅葉も見所多し。

ちょっと行くと、綺麗に色づいているところが見えたので、Uターンしてもどって、横道に入って停車(13:20ごろ)。車来ないだろうと思って停めたが、ダンプが2台ほど通過した(この道、一般車両は通行禁止だったかも)。

1317_2

1320

▼高野町道にて

1332_2 

1340

▼R371との合流地点(14時ごろ)

1402

1404   

▼R371(龍神街道)にて(14:15ごろ)

1414

このあと、高野龍神スカイラインに抜ける林道に入る。この道、一車線の舗装林道で、落ち葉が多かった。一ヶ所、土砂が道を被っているところがあったので要注意。道を走りながらだと眺めは良くないのだが、バイクを停めて、ちょっと歩いて、見通しのよいところに出れば、眺望を楽しめそうな雰囲気はあった。が、実際のところは未確認。

14時30分頃、林道を抜けて、高野龍神スカイラインに出る。

以下、後編へ続く。。。

金蔵寺の紅

2012年11月7日の金蔵寺(京都市西京区)。

0916

この一角は今が見頃かと。

0914

0917

0919

0923

0924

少しはここの紅を伝えられたでしょうか。

色づきは進んではいるが、大イチョウはまだまだ青く、全体的な見頃はまだ遠そう。

9時過ぎ到着で、自分より先の参拝者がお一方だけいらっしゃった。 

2012年11月 6日 (火)

鴨川・川端通りのイチョウと桜

今日、昼休みにアドレス125でぶらっと。。。

1301

1308

1309

1312

1313

2012年11月 5日 (月)

京都 高雄山 神護寺

11月4日(日)の神護寺。見頃までもう少し。

1343

(↑)参道

1342

(↑)中腹にある茶屋 

1301

(↑)山門

1336

(↑)宝蔵

1330

(↑)鐘楼前

1329

(↑)明王堂

1317

(↑)本堂前の階段

1315

(↑)本堂前

1327

(↑)毘沙門堂前

1334

参拝者は、少なくはないが、混雑というほどでもなかった 

紅葉の色づき進む嵐山高雄パークウエイ

11月4日(日)、HR34スカイラインにて、嵐山高雄パークウエイへ。けっこう色づいてきているが、まだ紅葉の見頃まではないため、通行量はそれほど多くない。

普通車の通行量は1150円。ETCカードの提示か、ホームページのクーポンを印刷して提示で1000円に割引(いつも後から思い出す。。。^^;)

土日祝は、二輪通行禁止で、まだSVでは走ったことがない。そのうち、勤務時間ずらして、午前中にでも、走りに行かねば。。。

▼小倉山展望台にて

1117_2

11361

(↑)愛宕山

(↓)トンビ

11362

▼保津峡展望台からパークウエイを撮る 

1146

▼せせらぎガーデン駐車場にて

1219_3

1220

上の写真の紅葉した木の下で、一組の家族連れが、年賀状写真に使うかも、と言いながら子どもの写真を撮っていて、 子どもがいいポーズを取ってくれず、満足行く写真が撮れないようで、10分くらい粘っていました(^^;)

その後、高雄口ゲート前の駐車場に車を停めて、神護寺へ。それは別記事にて。。。

2012年11月 3日 (土)

銀杏色づく龍谷大学大宮学舎

10月31日の訪問。
龍谷大学の大宮学舎には需要文化財指定されている建物がたくさんあり、雰囲気のある美しいキャンパス。

▼北黌(=北側の校舎)(需要文化財)

14472

14471

▼正門横のイチョウ(京都市の指定保存樹)

1442

▼西本願寺唐門(国宝)

1449

国宝指定されている西本願寺唐門は大宮学舎のすぐ北隣。

なお、西本願寺境内の大イチョウはまだ青々としている。

紅葉が彩る高野龍神スカイライン

本日、高野龍神スカイラインへ。

行きの九度山、帰りの五條~大和郡山間は、渋滞がきつかった。

▼高野龍神スカイラインにて

1530

1544

▼護摩山スカイタワーのタワー下周辺の黄葉

1500

1517

素敵に黄葉していたのに、護摩山への訪問者には、あんまり見向きされていなかった。。。
駐車場は車は満車状態。バイクも多いことは多いが車の多さが際立つ。

▼町道内子谷線(大門から南下する2車線道)にて

1337

1352

こちら交通量少なくマイペースでワインディングも紅葉も楽しめる。

なお、高野龍神スカイライン(厳密にはスカイラインの先になるのかも。。。)では今年4月バイクの転倒による死亡事故が2件発生したらしい。龍神村宮代という場所とのことで、護摩山からずっと先、R425との分岐近くと思われる。
今日もバイク事故かどうかは不明だが、救急車を2台見かけた。
死亡事故現場は、道路にデコボコがあるという住民の談話があるので、特にコーナリング手前、コーナリング中は、進路の路面状態をしっかりと見極めないと危ない。

ツーリングレポートは別途アップ予定。   

2012年11月 2日 (金)

洛西の古刹、金蔵寺の今

11月に入って、どんな感じになっているか、出勤前に寄ってみた。

まだ全然かな、と思って階段を上がっていくと、赤いところも見えてきた。
シーズンには入ってないので、境内には自分一人だけ。

0954

最近イノシシが多く、苔を荒らされているとのこと。

0910

0925

0943_2

0918

やっぱり綺麗に撮れない深い赤。。。
今日望遠持って行ってなかったので、次は望遠で寄ってみよう。

0917

この部分は、あと1週間くらいでちょうど見頃かも。
全体的にはもうちょっと先。
イチョウの大木はまだ青々としていた。

0956

舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング後編(刈込池~帰路編)

10月27日、「舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング」レポートの続き。。。

13時45分に刈込池に到り着き、急坂を登ってきた疲労感が吹き飛ぶような絶景を楽しむ。

▼刈込池にて(13:45~14:50)

1350

池の周りにはアマチュアカメラマン多数。その中に混じって写真を撮る。

1356

1355

1359

1417

池の周りを一周できるかと思っていたが、下の辺りで行き止まりで、半周しかできない模様。光が差し込んでいい感じだった。こちらまで来て、池と反対の方を向いて写真を撮っているのは自分だけだったが(^^;)

1421_2  1422_2

引き返しながら、さらに写真を撮る。

1441

滑りやすいところがあって、ずるっとこけてしまった。もうちょっとで近くの人を巻き込むところだった。。。

1444

一時間ほどの滞在後、なだらかな方のルートで駐車場へ向かう。

▼刈込池から駐車場まで(14:50~15:30)

1459_2

紅葉を味わいながら、のんびりと歩く。

1515

山の紅葉は変化に富んで飽きることがない。

1517

途中からはほぼ平坦な道のりが長く続き、土壁が見えてきた。

15261

下の説明によると、かつての大崩落の跡らしい。

15262

長く感じたが、行きと同じく約40分で駐車場へもどってきた。

もどってくるとバイクにかんざしが。。。(^^)

1535

隣に停めてあった車の方もちょっと前に、山からもどってきたところらしく、池はどうでしたか、山も紅葉が綺麗でしたよと、しばし会話を交わす。その方は、車からガスコンロを取り出して、ラーメンを食べる支度をしながらで、こちらは、汗をかいたTシャツを着替え、胸部プロテクターを装着し、バイクに乗って帰る準備をしながら。

挨拶を交わし、バイクにまたがり帰路へ。

下の駐車場の手前に、綺麗に紅葉した木があり、停車。

1548

この後は、トイレと給油以外はノーストップ。R158に出て、東へ進み、九頭竜湖畔のワインディングを走り抜ける。途中、片側車線規制の信号で停車中のバイク2台に追いつき、ちょっと距離をおきながら、白鳥西インターまでその後を走る。ほぼ同じペースでいい感じ。

白鳥西インターからは、京都南まで自動車道で、20時前に帰宅。刈込池を離れてから雲が多くなっていたが、日が落ちた後も気温はあまり下がらず、冬用グラブに換える必要もなく、帰ってくることができた。

舞鶴の海上の雲海と、刈込池の池に映る紅葉。二つの絶景を楽しむことができた充実の日帰りツーリングとなった。これで、高見石、大台ヶ原、そしてこの日の刈込池と、3週続けて、ツーリング&トレッキングとなった。

走行距離592km。燃費は16.6km/lと自分のSV1000としては良好。積算距離は47,809kmとなった。

8月半ばのタイヤ交換から6,000km近く(この2ヶ月は月2500kmペースで走っている。。。^^;)になるが、タイヤの溝はまだけっこう残っている。パイロットロード2に換えて、もしかしたら1万km前後までいけるかも。この間、自動車道での長距離移動が多めとなり、これまでよりはタイヤの負担が少ない、という面もあるかも。タイヤはいくらか長持ちしても、高速料金の負担がグーンと増えているではないか。。。

2012年11月 1日 (木)

舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング中編(刈込池トレッキング)

10月27日、「舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング」レポートの続き。。。

前後2回のレポートと考えていたが、長くなりそうなので、刈込池編を2回に分けます。

8時30分に舞鶴の五老岳を離れ、福井の刈込池へ向かう。当日朝、急遽訪問先を舞鶴に換えたときは、その後丹後半島に向かおうと漠然と考えていたのだが、時間的にまだ早いし、この日を逃すと次いつ刈込池に行けるかわからない、ということで、元の予定通り刈込池へ。

R27~舞鶴若狭自動車道(舞鶴東~小浜)~R27~北陸自動車道(敦賀~今庄)と進む。知らない間に(^^;)、小浜西から小浜まで舞鶴道が延びていた。2011年7月供用開始とのこと。まだ1年ちょっとで道はとても綺麗。交通量も少なく気持ちよく走った。

今庄インターで出てから、給油のためGSを探すがナイ。しばらくR365を北へ。これが結果オーライ。すぐあったら、その後R476までもどって、大野市へ向かうつもりをしていたが、あとで地図を見ると、R476は途中で切れている。未開通区間があるらしい(^^;)

給油のためけっこう北へ進んだので、県道202号~201号経由でR476へ進む。県道201号はワインディングを楽しめる区間があり。R476はゼファーで逆向きに一度走ったことがあるが、大野市との境の峠は、峡路で落ち葉が多く慎重走行。

その後R158~県道173号へ。県道173号に入ったのは12時過ぎとなっていて、刈込池へ向かう車と、帰ってくる車で、ちょくちょく停滞。ところどころすれ違い困難の区間もあるため。しかもこの道、両サイドに見えにくい溝があり、対向車を避けようとうっかり端に寄せると脱輪の危険大。実際に、帰りの車が1台、左前輪を溝に落として、動けなくなっていた。。。

その後も自分の直前の車が、対向車に道をゆずろうとゆっくりバック。見てると左後輪のタイヤが半分溝にかかった状態に。。。慌ててホーンを鳴らすと、そこで止まったので、運転席の横にバイクをつけ、落ちかけていることを知らせる。あと50cmバックしていたらこの車も脱輪していただろう。

鳩ヶ湯温泉のところで、そこから先の通行規制をしていたが、バイクはスルー。

その先にサコサガ滝があり、写真を撮る車が何台か止まっており、自分もバイクを停める。

▼サコサガ滝(12:40ごろ→この辺り

1241

写真を撮っていると、一時強く風が吹き、落ち葉が舞った。

1243_3

刈込池手前の駐車場には13時ごろの到着。ここでも行きと帰りの車で停滞していたが、かいくぐって、一番奥の駐車場まで進んで、車のおけない空きスペースにバイクを停める。他に2台停車中のバイクを見かけた。

荷物を整理してトレッキング準備。といってもバイク用冬ジャケットに革パンツのままなので、全然トレッキングの身なりではないのだが。。。

池への道を少し入ったところに、大きな栗の木があった。

1306_2

このあと、川があり、橋を渡ると、一気に急勾配となる()。階段が整備されていて、登りやすくはなっていてカメラ片手でも登っていけるが、急勾配が長ーく続くので、かなりきつい。2週前の高見石登山よりずっときつかった。

(※)橋の手前で左へ行くルートもある。こちらのルートだと距離は長くなるが、急勾配の区間は短めで、体力的には少し楽

(↓)こんな感じの階段が数百段(!)

1329_2

写真ではふつう、勾配は伝わりづらいわけで、写真でも見てとれるくらいということは、いかに勾配がきついか。。。

黄葉・紅葉を味わい、写真を撮りながらなので、ちょくちょく足を止めて上がって行くのだがそれでも息が切れ、足は重くなる。

1308_2

黄色を基調とた紅葉が山道を彩る。
これがなければ途中で引き返してしまいたくなるところ(^^;)

1323

1324

池の手前では、勾配はゆるくなり、平坦な道となる。

1339

13時45分、最寄りの駐車場から約40分で刈込池に到着。多くの方が池の周りに座って、お弁当を食べていた。

1345

以下、紅葉の刈込池&帰路編に続く。。。 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □