フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 信州高見石ツーリング1(初日出発編) | トップページ | 信州高見石ツーリング3(初日鉢伏高原スカイライン編) »

2012年10月17日 (水)

信州高見石ツーリング2(初日高ボッチ高原編)

10月13~14日、信州高見石ツーリングレポートの続き。。。

R20~高ボッチ高原までの道は、高ボッチスカイラインとなっているが、それほど走って楽しい道でもないし、展望の良い所も多くない。前を乗用車が走り、道をゆずってくれない。。。プレートを見たら大阪ナンバー(^^;) 追い抜けるほどの道幅ではないので、間隔を空けてのんびり走行。途中5台ほどのバイクのグループとすれ違った。それぞれと会釈で挨拶。

高ボッチ高原には10時10分の到着。第1駐車場でトイレ休憩後、第2駐車場へ進む。

▼高ボッチ高原第2駐車場にて(10:20ごろ)

1024

(↓)眼下に松本盆地が広がり、正面に穂高岳、その右にとんがった槍ヶ岳。

1025 

ここにバイクを置き、高ボッチ山に登る。登ると行ってもほんの数分。

(↓)ススキ野原の中の散策路を行く

1044

(↓)ススキ野原の向こう、左手に御嶽山、中央に鉢盛山(手前にあるので見た目一番高く見える)、その右手に乗鞍岳

1057

▼高ボッチ山山頂(10:50ごろ)

1052

(↑)奥の左手に蓼科山、正面に八ヶ岳

(↓)山頂から少し進んで見下ろすと、諏訪湖。
左手にうっすら富士山が見え、中央から右手に鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、北岳、仙丈ケ岳と続く

1046

(↓)高ボッチ山から第2駐車場方面を見下ろす

1059

手前のバイクがSV。到着時はバイクは自分だけだったが、ちょっと立ってもう1台バイクがやってきた。奥がそのバイク。ガイドに導かれたツアーらしき集団(平均年齢高め)が何組か。

ツーレポから話はそれるが、登山前に静的ストレッチをしている集団が。。。スポーツする者でもいまだに運動前に静的ストレッチ主体の方を見かけるが、これから体を動かす、というときは、動的ストレッチ(ラジオ体操のように、強い負荷はかけずに動きのあるストレッチ)を推奨します。静的ストレッチは、運動後(登山後)、体を休めるとき。

約1時間の滞在後、高ボッチを離れ、11時10分ごろ、鉢伏山スカイラインへと進む。

以下、鉢伏山編へ続く。。。 

« 信州高見石ツーリング1(初日出発編) | トップページ | 信州高見石ツーリング3(初日鉢伏高原スカイライン編) »

宿泊ツーリング(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信州高見石ツーリング1(初日出発編) | トップページ | 信州高見石ツーリング3(初日鉢伏高原スカイライン編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □