フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 福井の紅葉の名所、刈込池 | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) »

2012年10月30日 (火)

紅葉の大台ヶ原ツーリング

10月20日(土)、SV1000にて大台ヶ原へ。

のんびりと、9時前出発。この日はバイクが多く、前後にバイクがある状態で走ることが多かった。

いつものようにR24~京奈和~県道754号~R369(東進)~県道47号~県道80号~R369(南進)というルート。

R24を走っていると前にハーレ(スポーツスター系)の女性ライダー。わりといいペース。車の流れの関係で、京奈和手前でこちらが追い抜き、京奈和ではこのハーレがずっと後を走る(京奈和には追い越し区間がないので、最初がそうだと最後までそうなる)。京奈和の出口で分かれた。自動車道は基本退屈なので、前後にバイクが走っていると、退屈さが紛れてよい。

R369(東進中)では、前をSS系のバイク。遅い車が前にいて、この方はその後ろについていた。こちらは適度に距離を空け、ワインディングを楽しむ。県道47号方面へ右折することろで分かれた。

その後、10時ごろに、針テラス入り口をちょっと過ぎたところにあるJAのGSで早めの給油。大台ヶ原手前のSAはこの日休業だった。大台ヶ原に行くときは、早めに満タンにして、大台ヶ原を行き帰りする状態にしておくことをオススメ。なお、このGSにある空気入れは、針テラスに近くバイクが多いからか、空気入れの先の方がゴム管になっていて、バイクには非常に使い勝手の良いものだった。ここのところ寒くなって空気圧が下がり気味なので、適正に充填。

この後、おそらく針テラスから出てきたのであろう、4~5台のゼファー集団が後ろについた。追い越し可の区間で、前の車を追い越していくと、この集団も同じペースでついてくる。その後も後続の様子、ペースを気にしながら走っていると(相手の方がペースが速ければ左に寄って道をゆずる用意はアリ。。。)、県道218号への右折ポイントを見逃してしまった。
それは前にも経験済みで慣れっこ(^^;)なので、Uターンせず、そのまま直進し、県道28号を南下し、R166を西進して、ルートを戻した。
ゼファー集団はその後もR369を直進していったので、曽爾高原へ向かったのではと思われる。

R166から高見川沿いを走る県道16号(伊勢街道)へ。「下中黒」というところに公衆トイレがありそこで、トイレ休憩時に、川に下りて渓流を眺める。

▼高見川「下中黒」付近にて(11:10ごろ)

1112

このあと、県道262号を経てR369へ。交通量はけっこう多く、マイペースでは走れない。いつものように「杉の湯」にて停車。早めの昼食をとる。バイクは7台ほどだったかな。

大台ヶ原ドライブウェイの入り口は長らく通行止めで、これまでは、新伯母峯トンネルをこえて、迂回路を経由しなければならなかったが、7月20日に全線開通となっていたので、今回は、トンネル手前で右折して、大台ヶ原ドライブウェイ(県道40号)へ。

。。。ただ、大台ヶ原ドライブウェイは 、しばらくは面白みのない道で展望も開けず、どちらかというと迂回路の方が、退屈せずによいと思う。今回は、久しぶりに復旧したということもあり、また新伯母峯トンネルが片側車線規制されていたこともあったので、迂回路は利用せず、入り口からドライブウェイを利用した。

出発が遅かったので、車が多く、また下りてくる車もあり、気持ちよくは走れない。途中までは紅葉も全然で、まだ早かったのかとも思ったが、高度を上げて行くに連れ、ドライブウェイ沿いの紅葉も楽しめるようになってきた。

▼大台ヶ原ドライブウェイにて(12:10~13:20)

1224

1250

上の写真を撮るのにバイクを停めて、ちょっと歩いてもどってきたら、GTRが停車中でちょうど発車するところ。滅多にない機会ということで、慌てて1枚(↓)。見づらいが写真右端がSV1000。 

1255

1259

1310

ドライブウェイの途中で4~5回バイクを停めて、紅葉を眺めたので、終点駐車場に到着するのに1時間以上かかってしまった。駐車場到着は13時20分。

駐車場は満杯で車はたくさん溢れ出していたが、バイクの駐輪スペースにはまだいくらか余裕があった。SV1000を停めて、周りを見ると、いろんな車種のバイクが停められている中、キラッと光る赤いバイクが。。。

1324

上の写真の右上の赤いバイク。初めてショップ以外で見たSV1000S。後期型の黒フレーム、引き締まって見えていい感じでした。自分が大台ヶ原(東大台)を半周して帰ってきた後もまだ停車中だったので、このSV1000Sの方は、東大台一周コースを行かれたと思われる。

▼大台ヶ原(東大台)散策路にて(13:25~15:40)

1326_2

(↑)日出ヶ岳へ向かう散策路の入り口付近にて(13:25)

1335

1413

(↑)日出ヶ岳の頂上展望台にて(14:10ごろ)
このころには雲が多くなってきていたのがザンネン。。。

1434

(↑)日出ヶ岳から正木峠へ向かう(14:30ごろ)。整備された木製階段の周りには真っ赤なツツジ。

(↓)正木ヶ原にて(14:35~40ごろ)

1437_2

この日のカメラは、ミラーレスのSONY NEX-C3。スイングパノラマという機能があり、これで撮ってみた。シャッターボタンを押しながら、右から左へカメラを動かしていくと、連写され、自動で1枚の写真に仕上げてくれる。違和感ない仕上がりになっているかと。こういう景色を撮るときには重宝する機能。

1447

1451

尾鷲辻から先(牛石ヶ原~大蛇嵓)へは進まず、右折して駐車場に向かった。この先は、少々退屈な道となるが、ときおり苔を味わいながら、15時40分に駐車場へ戻ってきた。

1531

時間がもう少し早ければ、下北山村までのワインディングロードを楽しみたいところだったが、すでに16時前で、17時半には暗くなるので、帰路につくことにした。

ドゥカティともう1台のお二方がドライブウェイを先に下りていったが、前を行く車でつかえていて追いつき、R169に出てからもしばらくその後についた。

が、車のペースに耐えられず離脱して、寄り道。東吉野へ抜ける道があり、ちょっと入ってみた。滝が見えたところで停車(16:40ごろ→たぶん、この辺り)。

1639

この先も舗装道が続いていたが寂しそうな感じだったので、ここで引き返す。

R169にもどったあと、また車でつかえて、川の向こう岸を走るR169の旧道を行こうとするが、通行止めとなっていた(^^;)。去年、R169が通行止めとなっていたときには、こちらが迂回路として利用されていたのに。。。
引き返すと、かなり前にパスしたバスが前を走り、後続車をせき止めている。おとなしくその後に続き、県道262号に入ってからは、県道16号~R166~県道218号~R369といつもの帰り道を快走。すっかり暗くなってきてからは、来た道を安全運転で戻り、大台ヶ原の駐車場を出て3時間半ほど、19時20分ごろ帰宅。

走行距離322km。燃費15.1km/l。積算距離47,217km。

今年5月5日の大台ヶ原ツーリング時に大蛇嵓方面を半周したので、今回の分とあわせて、東大台を一周。そのうち機会があれば、堂倉滝(大杉谷)方面にも行ってみたいが、こちらは気軽に行けそうな感じではない。。。

« 福井の紅葉の名所、刈込池 | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福井の紅葉の名所、刈込池 | トップページ | 舞鶴と刈込池、二つの絶景ツーリング前編(舞鶴五老岳の雲海編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □