フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 信州高見石ツーリング2(初日高ボッチ高原編) | トップページ | 信州高見石ツーリング4(初日ビーナスライン編) »

2012年10月18日 (木)

信州高見石ツーリング3(初日鉢伏高原スカイライン編)

10月13~14日、信州高見石ツーリングレポートの続き。。。その3

鉢伏高原スカイラインは走りを楽しむ道ではなく、ゆっくり走って、ときどきバイクを停めて、眺めを楽しむ道。

▼鉢伏高原スカイラインにて(11:20ごろ)

1118

高ボッチから10分ほどで、鉢伏山の駐車場に到着。駐車場は未舗装で、特に入り口付近が荒れ気味なので、注意深く進入。こちらの駐車場は有料で車は500円、バイクは200円。
鉢伏高原スカイラインを走っただけでも楽しめたので、駐車場には入らず、ここで引き返そうかともちらっと思ったが、それはあまりにもったいない選択。高ボッチと鉢伏山はぜひセットで楽しむことをオススメ。

▼鉢伏山にて(11:25~12:30)

1211

(↑)入り口は荒れているが、駐車場の中は浅い砂利で平坦

(↓)レンゲツツジの紅葉がチラホラと見られる、景色の良いなだらかな山道を登っていく。

1206

(↓)山頂付近

1154

15分ほどで山頂にある展望台へ到着

(↓)展望台からの眺め

1142

左手に八ヶ岳、中央左寄りにうっすら富士山が顔を出し、右手に南アルプス。右手前に諏訪湖も見える。

(↓)望遠で富士山に寄ってみた

1148

この日、雲海に浮かぶ富士山が素敵だったと、高ボッチ高原で出会った方(関東方面から車で来られた方)が言っていた。その名残がまだ見て取れた。

なぜか、高ボッチ(1,665m)よりも、こちら鉢伏山(1,928m)からの方が、北アルプスが近く感じられた。高度が上がったからだろうか?

(↓)穂高岳(望遠にて)

11471

(↓)槍ヶ岳(望遠にて)

11472

穂高~槍ヶ岳の稜線はしびれますねー。。。

(↓)槍ヶ岳から北へ上がるほど、雲が多くなっていた

1143

山頂展望台で、外国人の男女二人組に写真を撮ってと依頼され、富士山方面を背景に1枚。あれが富士山ですよーと伝えたら、女性の方は「富士山に登ったことがある」とのこと。その女性はアメリカからで、男性の方は「スコットランド出身で、今は諏訪市に住んでいる」という話だった。
ソロツーだとツーリング中、会話を交わすことは少ない、というか、お店以外ではほとんどないということもあったが、今回はちょこちょこと機会があった。

(↓)帰り、先を行く二人。

1155

帰りに駐車場辺りでまた声かけて、メールででも写真送りましょうかと伝えようかと思いながら撮ったのだが、別ルートの方へ進んで行ったので、その後、顔を合わすことはなかった。ということで、せっかく撮ったので無断掲載(^^;) もしお知り合いの方、これ見られたら、一報ください。

朝食取ったのが5時すぎだったので、このころにはかなり空腹状態。ここへ着いて駐車場代払うときに、「何か食べる物はおいてますか」と聞くと、カップラーメンくらいかなという返事。帰りにお願いするかも、と伝えておくと、駐車場にもどってきたとき、コンビニで買ったおにぎりならあるよ、とわざわざ声をかけてくださって、おにぎり二つとインスタントのお味噌汁をいただく。ここは山荘になっており、宿泊も可能な模様。でも最近はお客が少ないので、宿泊以外の食べ物は用意していない、とのことだった。

昼食も含めて1時間強の滞在後、鉢伏山を離れる。   

▼帰りの鉢伏高原スカイラインにて

1232

(↓)スカイラインの途中からも、うっすらと富士山が見えた

1245

鉢伏山は、6月末ごろレンゲツツジが綺麗に咲くそうで、機会があればまたその頃訪れたい。

このあと、高ボッチへもどる途中に、崖の湯温泉~松本市に降りる林道があったのでそちらへ向かった。

以下、ビーナスライン~蓼科スカイライン編へ続く。。。 

« 信州高見石ツーリング2(初日高ボッチ高原編) | トップページ | 信州高見石ツーリング4(初日ビーナスライン編) »

宿泊ツーリング(2012年)」カテゴリの記事

コメント

高ボッチ高原(変な名前)も鉢伏山も、素晴らしい眺望ですね。
あ~、行きたいなあ。今年はもう寒いだろうから、来年の計画に入れておきます。

高ボッチ&鉢伏山はそれほどでもありませんでしたが、その後ビーナスラインを北上して高度が上がっていくと、かなり冷たくなっていきました。
冬用グラブをもっていってなかったら、美ヶ原まではいかずに途中で引き返していたでしょう(^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信州高見石ツーリング2(初日高ボッチ高原編) | トップページ | 信州高見石ツーリング4(初日ビーナスライン編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □