フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

高野龍神スカイラインツーリング(後編--千早赤阪村の棚田)

7月15日(日)高野龍神スカイラインツーリング続き。。。

玉川峡を離れ、R310のワインディング~千早赤阪村の棚田へ。R310は一部通行止めとなっており、迂回路を通って、峠付近のワインディングロードへ進む。ここへは3年前にゼファーで、高野龍神スカイラインを訪れたときに往路で通過した道。そのとき同様、この峠をホームグラウンドにしているような数台のバイク集団が、峠のトンネル付近にバイクを停めていた。

交通量は少なく路面状態は良好。なおかつこの日は眺望もよく、素敵なツーリングロードであった。トンネル手前の辺りから、奈良盆地の南部(五條市)を見渡せるのだが、ツーリングをしていて盆地がこんなにすっきり見通せる機会はそんなに多くない。

▼R310にて---金剛トンネル手前奈良側(17:50ごろ)

1750

17512 17511

峠を下って、府道214号との三叉路があり、そちらへ向かったのだが、途中で2輪通行禁止の標識。どうも、三叉路入り口にも2輪通行禁止の標識があったもよう(未確認)。Uターンして、R310へ引き返す。

少し南へ行ったところで右折して、府道211号(南河内グリーンロード)へ。南河内グリーンロードを進むと、府道705号に出たところで、右折して千早城跡方面へ進んでみた。 なかなかの快走路。府道214号との交差点(三叉路)を過ぎた辺りで、目的地の棚田は逆方向と気づき(予想はしていたが、気持ちの良い道なのでこれはこれでOK)、Uターン。そのうち、この先の道を進んで金剛山ロープウェイに乗って金剛山を訪問してみることにしよう。

府道705号を北西方面にもどって、しばらく行くと、道路沿いに棚田が見えてきた。千早赤阪村の村立中学校のあるところで左折し、中学校の敷地の中の道(→mapion地図)を通り抜けていく。

すると下の写真のような棚田地区へと出る。

▼府道705号沿いの棚田(→この辺り

1831

道路沿いにも素敵な棚田が広がっているのだが、下赤坂の棚田のメインは中学校裏手のこちら(→mapion地図)。車数台停められる駐車場もあり。3台ほどの先客がおられた。

▼下赤坂の棚田(18:30~19:00)

1839

駐車場付近から見おろす風景は、素晴らしい。この曲線美は、これまで見てきた棚田の中でも最も美しいかも。

1841

1842

1848

1854

田植えの前後の時期は、田にはられた水面が夕焼けで赤く染まり、多くの写真好きが集まるらしい、来年は、ぜひそのころに訪れてみたい。 ただ、緑色鮮やかなこの時期も曲線美がくっきりとしてこれはこれで素晴らしい。秋の収穫時にもまた違った風景が楽しめるだろう。

30分ほどこの景観を堪能した後、R309~近畿道~第2京阪と進み、20時15分頃帰宅。

走行距離322km。燃費は高野龍神スカイライン前後の下道区間が、13.0km/l。トータルは14.7kmと思ったほど悪くはなかった。積算距離は40,488km。 

2012年7月26日 (木)

高野龍神スカイラインツーリング(中編-玉川峡)

7月15日(日)高野龍神スカイラインツーリング続き。。。

雲行きが怪しくなった高野龍神スカイラインを早めに切り上げ、R371で玉川峡谷沿いを走る。ここへは一年ぶり(→そのときのツーレポはこちら)。

しばらくはあまり見通しの良くない一車線林道で高度を下げていき、10分ほどで、丹生川沿いの道となる。

前回とは、走行方向は逆向きだが、けっこう同じようなポイントで停まり、同じような写真を何枚か撮っている(^^;)。紅葉の時期に訪ねたいと思いながら、同じ季節の再訪となった。

▼玉川峡にて(16:20~17:10)

1626 16281

16282

交通量は多くないが停車して写真を撮っていると、何台か車やバイクが横を走り抜けていく。この渓谷美を味わうことなく通り過ぎるのはもったいないなぁと思いながら、道路の端に寄ってそれを見送る。

1643

1703 1704

進んでは停まり、また進んでは停まりしながら、玉川峡をのんびり楽しんだ後、京奈和道で橋本インター~五条インター区間を快走し、その後、出発時の目的地であった、R310のワインディング~千早赤阪村の棚田へと向かう。

以下、後編へ続く。。。

2012年7月25日 (水)

高野龍神スカイラインツーリング(前編)

7月15日(日)晴。2009年にゼファーで訪れて以来、3年ぶりとなる高野龍神スカイラインへ。

ちょっと遅めの10時ごろの出発。出発時は、和歌山方面の天候が微妙な感じの予報だったため、R310の峠を走って、大阪の千早赤阪村にある下赤阪の棚田を訪問と考えていたのだが、晴れ間が広がっていたため、これなら、まだSVでは訪れていない高野龍神スカイラインへ行っても大丈夫だろうということで、行き先変更。

京奈和~R24~奈良県道35号~R309~R370~R24~R370というルートで九度山へ。交通量は比較的少なく、2~3台の車に道をゆずっていただき、2~3台の車は数少ない追い越しポイントでパスしながら、R370~R480と高野山へ至る道をおおむねマイペースで走っていくことができた。

さすがに高野山手前では、前に何台か車が連なってしまい、その後について、14時すぎに、金剛峯寺大門に到着。

▼金剛峯寺大門(14:10~14:15)

1417

同じころ、ロードバイクのおじさんグループも到着され、記念写真を1枚撮ってさしあげた。

その後、高野山はスルーして、高野龍神スカイラインへ。こちらも交通量は少なく、マイペース走。

道沿いにあじさいの花が咲くのが見え、花園あじさい園の駐車場にバイクを停める。雲に変化がありながら、空気は澄み遠くまで見通しよく、素敵な景色が広がる。

▼花園あじさい園にて---往路(14:45~15:05)

14471

14472

1450_2 1505

(↑)見落とされがちだが、ドライブインと反対側の道路下にも、あじさいが広がっている

トイレ&今年初ソフトクリームをいただくなど20分ほどの休憩後、護摩壇山に向け再出発。途中、交互通行の信号があり、その先頭でバイク(ブラックバードかな?)とならぶが、その後のコーナーで、スーッと先に行ってしまわれた(^^;)

15分ほどで、護摩壇山の駐車場に到着。バイクは10台ほど。トライアンフのスピードトリプルが停車中で、その横にスペースがあったので、お隣に停車。写真で見た感じは、ストリートトリプルの方が好みなのだが、スピードトリプルもけっこういけてる。

▼護摩壇山の駐車場にて(15:20~15:30)

1521

1525

護摩壇山が近づくにつれ、雲行きが怪しくなり、ポツポツとしてきていた。このため、自分的にはここから南の中低速コーナーが連続する区間が、走りがいがあって好きなのだが(一方、護摩壇山までの区間と違って景色はあまり楽しめなくなる) 、残念ながらここで折り返すことに。

(↓)護摩壇山とあじさい園の間の区間にて、下の写真中央の厚みのある雲が気になり、路肩にバイクを寄せて停車。少し歩いてもどって、写真を撮る。

1543

(↓)バイクを停めた辺りのワインディングロード

1542

雲が動き、また違った眺めを楽しもうということで、再び、あじさい園駐車場にて停車。

▼あじさい園駐車場にて---帰路(15:50~16:00)

1551

1553

1554

1555

(↑)上の軽自動車、いつから放置されているのでしょう。。。

この後、高野山までもどり、帰りはR371で玉川峡に寄っていくことに。

これで車(スカイライン)で一回、ゼファーで一回、SVで一回と3度目の高野龍神スカイラインになるが、今回が走って一番楽しめたように思う。

前にゼファーで走ったときは、高野山~護摩壇山までの区間は直線と高速コーナーばかりという印象で、しばらく遠のいていたのだが、中速コーナーもけっこうあり、道路幅も広めで走りやすく、かなりの好印象に変わり、次また遠からず走りにこよう、という感じになった。

ただ、護摩壇山からの帰路、道路に目立たない(景色に見とれて見落としていただけかも。。。^^;)ギャップがあり、バイクが少々はねることがあったので、くれぐれも要注意。

ここ高野龍神スカイラインへは、時間に余裕をもたせて訪ねるようにし、1往復目は景色を楽しみながら、路面状態を確認し、次の一往復では走りを楽しむという感じがよいのでしょうね。次はそうしよう。

以下、高野龍神スカイラインツーリングレポート(中編)へ続く。。。 

2012年7月21日 (土)

愛知ツーリングその3(阿寺の七滝編)

6月23日、愛知ツーリングレポート続き。。。最終編

東栄町にある蔦の渕・煮渕訪問後、向かったのは阿寺の七滝。R473を少し西にもどった後、R151を南へ。R151は快走2車線道で交通量も少なめだった。

鳳来寺山パークウェイ(=県道524号.時間があれば寄りたかった道だが、この時点ですでに17時を過ぎていたため今回は見送り。。。)への入り口を過ぎ、2kmほどいったところで、県道439経由で県道442号へと進むのだが、地図をよく確かめないまま、この辺りをうろうろ走ってしまった。

なんとか県道442号へ入り、川沿いの舗装林道を5kmほど進んで、17時30分頃に阿寺の七滝駐車場に到着。そこから滝への遊歩道へ。駐車はフリーのようだが、遊歩道の入り口に協力金の箱が置かれていた。

渓谷沿いの遊歩道を10~15分ほど歩くと、阿寺の七滝へ到着。

▼阿寺の七滝(17:30~18:20→mapion地図

滝壺からは、滝の上部は見えづらく、滝の中段辺りまで、階段が設置されている。そこから撮ったのが左下の写真。

1753_2 1800

滝壺の手前は、滝見の広場として整備されていた。

1801

時間が遅いので、自分一人だけか、と思っていたら、その後も二組ほど訪問される方がおられた。

15分ほど滝見後、また遊歩道を戻って、帰路へ。

県道442号をもどり、R151を南西へ進む。途中ひどい渋滞。なんと、ダンプが電柱柱を倒して道路から飛び出していた! そのため一車線規制の交互通行。ぎりぎり二車線なので、する抜けもできず。。。

なんとか渋滞を抜け、豊川インターで東名へ。東名に入ると、進路方向に素敵な夕焼け空が広がる。美合パーキングに入って、写真撮影。このときには残念ながら、素敵さは半減していた。。。

▼東名高速の美合パーキングにて(19:30ごろ)

1936

その後、伊勢湾岸~新名神~名神を経て21時30分ごろ帰宅。

走行距離537km。 燃費16.4km。積算走行距離40,033km。

今回のツーリングで、SV1000の積算距離が4万kmを突破(自分はその4分の1弱)。

2012年7月15日 (日)

高野龍神スカイラインの紫陽花は今が満開

今日、天気予報と違って晴れ間が広がっていたので、高野龍神スカイラインへ。

途中の紫陽花園の紫陽花が満開でした。

1503_3

1552

休みの晴れの割には、バイクはそんなに多くなかったかな。

ツーリングレポートは別途アップ予定。。。 

2012年7月14日 (土)

祇園祭

今日は電車でお出かけ。基本曇り空だったのが、一時晴れ間が出て、よかった。

1448_3 1506_2 1554_3

長刀鉾の横の歩道は大渋滞。小さなお子さん連れは要注意!

1459_2

1620_4

2012年7月13日 (金)

阿蘇ライダーハウスのある内牧温泉が大雨で大変な状況

2年前の阿蘇ツーリングでお世話になった阿蘇ライダーハウスのある内牧温泉が、今回の大雨で大変な被害を受けているようだ。

ちょっと気になって、阿蘇ライダーハウスのHPをのぞいてみたのだが、ブログにて内牧地区の写真が掲載されているので、詳しくはそちらをごらんください。

阿蘇ライダーハウスの宿泊室は2Fにあるので大丈夫かなと思うのだが、1Fの駐輪場は水に浸かったもよう。。。

愛知ツーリングその2(「奥三河のナイアガラ」編)

6月23日、愛知ツーリングレポート続き。。。

14時40分、四谷の千枚田を離れ、東栄町にある蔦の渕(つたのふち)・煮渕(にえぶち)へと向かう。

県道32号線を北東へ進み、R473へ出る。ちょっとワインディングを楽しもうかと、本来右折すべきところを左折(地図で見るとまがりくねっていたので)。が、それほど楽しい道ではなく、Uターン。R473を東へと進み、東栄町へ。

(↓)東栄町の役場前に、鬼がいたので停車して、記念写真(15:20ごろ)

1523

ここから、蔦の渕まではすぐ近く。案内にしたがって、こちら(→mapion地図)からアプローチ。遊歩道を少し歩いて川まで階段を降りていったが、この日は、雨の後で水量が多いためか、そこからは長靴でもない限り先へ進めない。遠目に眺めるのみ。。。 水量が少なければ、川に降りて、蔦の渕近くへ寄れるのだろうが、そのときは、迫力ある蔦の渕を楽しめないだろう。。。

とりあえずもどって、川の対岸に見えた、滝見台へと回る(→mapion地図)。R473沿いにある、とうえい温泉の駐車場にバイクを停めて、川の方へ出る。幅70m、落差10mの絶景。

▼蔦の渕(別名:奥三河のナイアガラ。15:40~15:50)

1546

水量が少ないときの写真を見ると、ちょっと貧相に見えたが、この日は水量多く、なかなかの迫力。雨が続いた後の晴れ間を狙って来たかいがあった。

15431

15432

10分ほどこの景観を楽しんだ後、R473をさらに東へと進み、煮渕へ。

▼煮渕(16:10~16:30→mapion地図

1614

こちらもこの日、豊富な水量のおかげで、激しい流れ。。。

1617 1624_2

1627 

16282 1630

16281

(ふだん、写真の加工・修正は必要最小限にしておりますが、この煮渕の写真については、臨場感を出すため、コントラストをかなり強めるなど手を加えております。。。)

自分以外にも車で写真を撮りに来られている方が一人おられた。20分ほど滞在後、R473を引き返し、愛知県で唯一滝百選に選ばれている、阿寺の七滝へと向かう。

以下、阿寺の七滝編へ続く。。。 

2012年7月11日 (水)

愛知ツーリングその1(四谷の千枚田編)

6月23日(土)晴、久しぶりに愛知へ。SVでは初かな。。。? 朝9時ごろ出発。

京都南で名神に入り、新名神~湾岸を経て、東海環状自動車道の豊田松平ICで降りて、R301を東進。R407~県道363号と進み、三河湖(ダム湖)へ。

▼羽布ダムと周辺の風景(12:30ごろ)

12331 12332

ダム湖を囲む道路で、ワインディングを楽しめるかと思ったが、県道363号はそれほど楽しい道ではなかった。加えて、県道35号へ抜けようと考えていたのが、途中で通行止めの表示。もっと早く通知しといてくれよー、と思いながら、引き返す。後続のバイクと車、各1台、通行止めの表示を気にせず先へ進むが、バイクはすぐ引き返してきた(車のその後は不明)。

再び羽布ダム横を通り、手作り工房「山遊里」というところに寄って、昼食。おろしそばをいただく。

その後、R473~R420~R257から、県道32号へ進み、四谷(よつや)の千枚田へ。

▼四谷の千枚田(14:00~14:40→mapion地図

1401

奥まで一望できる壮大な景観。千枚田というにふさわしい規模。

1403_2 1433_2

1412

14361 14362

バイクを停め、棚田の中を歩いているときに、カエルをびっくりさせてしまった。カエルはあわてて、飛び乗り、右上の写真の状態のように、しばらく留まっていたが、なんとか乗り越え、田んぼの中でじっとしていた。

40分ほどの滞在後、四谷の千枚田を離れ、東栄町の蔦の渕(別名:奥三河のナイアガラ)、さらに煮え渕へと向かう。

以下続く。。。 

2012年7月10日 (火)

新緑の金蔵寺

6月2日(土)、長谷の棚田に行く前に寄った京都西山の金蔵寺。

紅葉の時期には写真愛好家でにぎわうが、この時期は誰もいない。

0929_2

0936

0938

0939

0945

(↑)秋には、この緑が深い紅に変わる。

0948

▼過去の金蔵寺レポート

2012年7月 8日 (日)

京都府下標高第5位、地蔵山(。。。たぶん)にかかる雲

今日、19時ごろ。山の頂上に夕焼けがかった雲がかかっていた。

南丹市の府道50号上、この辺り(→Yahoo地図)からの眺めだったので、たぶん、位置関係からみて、正面右手が地蔵山、その左奥が竜ヶ岳ではないかと。

1903

地蔵山標高は948m。京都市最高峰と紹介されていることをたびたび見かける愛宕山は標高924m(京都府下第10位にも入っていない。。。京都市街地から見える範囲での「最高峰」ということか。。。)。京都の市街地からは、地蔵山は愛宕山の裏に位置して見えないため、存在感は薄いが、標高は愛宕山より24m高い。南丹市側のこちらの位置からだと愛宕山が裏手になるため、地蔵山よりも標高の低い愛宕山は全く見えない。

なお、愛宕山、地蔵山、竜ヶ岳を合わせて愛宕三山というらしい。

いずれにせよ、梅雨の晴れ間の夕暮れ時の素敵な風景でありました。

2012年7月 7日 (土)

今日の嵐山---嵐山羅漢など

今日は雲の変化に富み、ときおり晴れ間も見られる天気でした。

嵐山にちょっと立ち寄ってみました。

1349

1350

1352

嵐山羅漢では、オレンジ色の花が綺麗に咲いており、ちょこっと紫陽花も見られました。

1358_2

1359

2012年7月 4日 (水)

三室戸寺の紫陽花

7月1日(日)、善峯寺のあと、三室戸寺へ。15時半ごろに駐車場到着で、帰る車が多く、駐車場は待たずに入れた。

1543

1546

1550

1555

1557_2 

1604

善峰寺は、山の斜面全体を覆う紫陽花が圧巻。こちら三室戸寺は、ツツジの緑が紫陽花の優雅さを引き立てていた。

2012年7月 1日 (日)

京都西山・善峯寺の紫陽花

7月1日(日)、京都洛西の善峯寺へ。何度も来ているが、紫陽花の時期は初めて。

午前中は雨だったが、善峯寺に着いたころはちょうど雨が上がっていた。雨上がりの新緑と紫陽花、ちょうどよいタイミングの訪問となった。

1331 1338_2

(↓)この眺めに、多くの訪問者が、「すごーい」と感嘆の声を上げていた

1344

1345

1400

1403 1436

1422

1415 1424

このあと、三室戸寺へ向かったのだが、それはまた後日、別レポートにて。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □