フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 鈴鹿スカイライン~御在所岳ツーリング | トップページ | 但馬コースタルロード~但馬御火浦ツーリング(丹後編) »

2012年5月30日 (水)

大台ヶ原ツーリング

大台ヶ原ツーリングレポート、まだ速報(→こちら)しか書いてなかったのを思い出しました(^^;)

ゴールデンウィーク中の5月5日(土)、大台ヶ原へ。最近では早めの8時出発。途中までは、いつものように、R369~県道47号~県道80号~R369~県道218号というコース。ここから今回変化をつけて、県道135号を通って、R370へ。久しぶりに、R370でトンネルを抜けたところで、吉野川が眼下に広がる光景を味わう。

そこからは県道16号~262号経由で、R169へ。去年土砂崩れで通行止め&迂回路となっていた道の駅「杉の湯 川上」辺りの区間は、復旧していた。ここの道の駅によって、トイレ休憩&早めの昼食(いつものように うどん)。ゴールデンウィーク中ということもあってトイレ側の駐車場は満杯で、道路向かいの駐車場がバイク用の駐輪場とされていた。10台近いバイクが停められていた。

大台ヶ原の駐車場へは、11時30分頃ごろ到着。駐車場中央手前辺りのバイク置き場に停車。10数台のバイクが停まっていた。

1401_2

去年、日出ヶ岳とシオカラ谷は訪問しているので、今回は大蛇嵓(だいじゃぐら)目指して、登山道(散策路)を歩き出す。

今回は中道を通り、大蛇嵓への最短ルートからはずれて、正木ヶ原に寄ってみた。

▼正木ヶ原付近(12:10ごろ)

1211 1224

来た道をもどって、大蛇嵓へと向かう。

▼牛石ヶ原付近(12:30ごろ)

1229 1230

(↑)神武天皇と八咫烏(やたがらす)の像

ちょうど昼時だったので、たくさんのハイカーがこのあたりで昼食をとっていた。

1231_2

▼大蛇嵓(12:40~12:55)

(↓)鎖をたよりに、この岩を下りてきた

1253_2

(↓)突き出た岩の先端から、先を見おろす。カメラを撮るのに両手を離すのがちょっとコワイ。。。

1255

(↓)右手に見える大断崖

12530

(↓)正面のずっと先に見える、中の滝(中央右)と西の滝(中央左下)

1242

15分ほどの滞在後、シオカラ谷経由で駐車場へともどる。

(↓)途中鹿の群れに遭遇。少し離れたところから望遠にて。

1311 1313

大蛇嵓から1時間ほどで、駐車場にもどってくることができた。シオカラ谷経由のコースはけっこうアップダウンがあり、ちょっときつい。その分、変化に富み、途中の景観も楽しめる。

(↓)駐車場にもどって見上げると、三角の形の雲が。

1415_2

大台ヶ原ドライブウェイを下り降りて、前回に続いて、滝と渓谷を見に、R169に出る手前で、バイクを停める。今回は先客グループがおり、大きなカメラと三脚で、写真を撮られていた。ちょうど入れ違いとなった。

1455 1457

このあと、給油も兼ねて、下北山村までバイクを走らせる。大台ヶ原から先は交通量も減り、ツーリングに最適。給油後、下北山村スポーツ公園で小休憩。

▼下北山村スポーツ公園にて(15:40~15:55)

1536_3

桜の葉の濃い緑と池の周りのツツジがきれいだった。

1539 1552 

ここには宿泊施設があり、1泊2千円のライダーハウスプランというのもあるのですね。

昼食が早かったので、近くのコンビニでパンを買って軽く腹ごしらえしたあと、帰路に着いた。

県道47号からR369に入って、さぁワインディングを楽しもうかと走っていたら、4~5台のSS系のバイク軍団がすぐに後ろに迫ってきた。カーブが続いたので、しばらくそのまま走ったが、ピターッと後ろに張り付いて、明らかにこちらよりコーナリングスピードが速いという感じだったので、直線になったところで道をゆずると、各々きちんと挨拶をされたあと、みるみるうちに遠ざかっていったのでありました。その後、自分は前が車でつかえてしまったので、のんびり走行に切り替え(^^;)

帰宅まであと30分という辺りで、雷がピカピカし始め、次第に雨が降り出したので、バイクを停めて、念のため用意していたカッパを着て、19時15分に帰宅。

走行距離370km。燃費は16.3km/l。

« 鈴鹿スカイライン~御在所岳ツーリング | トップページ | 但馬コースタルロード~但馬御火浦ツーリング(丹後編) »

ツーリング2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿スカイライン~御在所岳ツーリング | トップページ | 但馬コースタルロード~但馬御火浦ツーリング(丹後編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □