フォト

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

京都/泉涌寺雲龍院の双龍風雷図

先月、京都市東山区にある泉涌寺の雲龍院で、双龍風雷図を見てきた。

この絵は、水墨画家・堂野夢酔(どうのむすい)氏の筆により2010年に納められた襖絵で、3月18日まで特別公開中。

▼襖絵の左側、風神と龍

1523

1532

▼襖絵の右側、龍と雷神

1530

上の双龍風雷図(そうりゅうふうらいず)以外にも、受付を入った正面に、龍の絵が掲げられている。

1553

2012年2月18日 (土)

雪の金閣寺

今日は京都の市街地も積雪。雪の金閣寺を撮りに34スカイラインでお出かけ。バイクは雪でちょっと不安だし、雪融け水をはねてどろどろになるのもいやなので。。。

10時すぎに金閣寺の駐車場に到着したときは、満車状態。ただ駐車場から出て行く車もけっこうあったので、それほど待つことなく、駐車できた。

雪の金閣寺をいろんな角度から撮ってみた。

1025

1026

1031

1037

1103

見て回っている内にまた雪が降り出した。

(↓)雪降る中の夕佳亭(せっかてい)

1114

(↓)雪が積もりいい感じの万両(たぶん。。。)

1128

(↓)帰りに嵐山にも寄ってみた。ここも雪化粧。

1216

嵐山に着いたときは晴れてたのが、ほんの5分ほどすると、激しく雪が降ってきて、嵐山を離れた。

和歌山県/加太~磯ノ浦ツーリング(後編)

和歌山県/加太~磯ノ浦ツーリングレポート続き。。。

加太から少し戻って、城ヶ崎へ。東伊豆の城ケ崎(→2010年ドライブレポート)とは規模が全く違うが独特な地形で、これはこれで楽しめた。

▼加太の城ヶ崎(12:40~13:00ごろ)

1303 1241

1242 1243

遊歩道と展望台は整備されているのだが、駐車場がないのが残念。自転車や原付、オフロード車なら、遊歩道を進んで行くこともできるが。。。

この後、海岸線を走って、田倉崎へ。

▼田倉崎の灯台と友ケ島の眺め(13:25ごろ→Yahoo地図

13241 13242

次に磯ノ浦へ向かう。

海岸線を通り抜けられるかと思ったら、ゲートがあって入れない。「自然の郷」という別荘地となっていて、部外者の入場は制限されているもよう。やむなく、いったん加太港までもどって、県道7号線で磯ノ浦へ。磯ノ浦へ入る道は狭くわかりずらい。うろうろしながら、下の写真の駐車場のある場所(→Yahoo地図)へたどり着く。

1357

が、ここから磯ノ浦の浜までは遠そうなので、またもどってうろうろしながら、なんとか磯ノ浦海水浴場の駐車場へ到着。有料駐車場で、夏場は料金をとられるのだろうが、この時期はだれもいない。

▼磯ノ浦海水浴場(14:05~14:30)

1412

自分が浜へ降りたときには、この広くて綺麗な浜に誰もいなかった。完全に独占状態。ほとんどゴミなど落ちてなく、遠浅の美しい浜。冬でもサーフィンしている人がいるかなと思ったが、なし。一つの足跡もない浜を歩いていると、潮干狩りをする方や家族連れの方などちらほらと現れた。

14102 14103

ちょうど潮が引いたときだったのか遠浅の浜の良さが引き立っていた。

(↓)浅い水溜まりに、空と雲が映り込んでいい感じ

1416 1419

光が当たってきらきらと光輝いていた(↑)

(↓)犬を連れた家族連れが浜の風景に合う

1426

(↓)人の姿の小ささで、浜の奥行きがわかってもらええるかと。

1427

30分近くのんびりした後、帰路へ。県道7号~65号と来た道を戻る。その後、バイパスではなく旧R26~府道63号で海岸線を走り、堺泉北有料道路~近畿道~第二京阪というルートで、18時前には帰宅。

走行距離約280km。燃費14.7km/l。高速走行の割合が多かったが、燃費イマイチ(^^;)

峠道などなく走りを楽しめるルートではないが、友ケ島~淡路島の眺めや、磯や浜の景観を楽しむにはおすすめできるツーリングコースでありました。

2012年2月15日 (水)

和歌山県/加太~磯ノ浦ツーリング(前編)

2月12日(日)晴。朝9時すぎ出発。SV1000に乗り、久しぶりに和歌山方面へ。

大山崎インターから京滋バイパス経由で第2京阪~近畿道~阪和道というルート。岸和田SAにて休憩し、冷えた手を温める。この日インナー手袋が一つ見あたらず、一方にしかはめられなかった。普段は効果があるかどうかイマイチわからないインナー手袋だが、やはりこの時期は、手袋2重にしないと辛いのを実感。。。(^^;)

岸和田SAにはかなりの台数のバイクが停められていた。ハーレ軍団多数。暖かい時期でもツーリングバイクに占めるアメリカンの割合は高いが、冬はさらに高くなるような気がする。メットもフルフェイスでないのに。。。

手の感覚が戻ってきたところで、再出発。泉南インターで降りて、第二阪和道へ。バイパスが淡輪まで延びていたので、みさき公園まであっという間。去年の3月に箱の浦~淡輪間が開通したらしく、夏の海水浴シーズンの渋滞もいくらか緩和されただろう。

みさき公園前を通過し、少しいったところで右折し、海岸線に出る。

▼みさき公園裏の海岸線(11時ごろ→この辺り

1103

左奥に見えているのは、多奈川発電所。

しばらくこの海岸線を走った後、府道65号線を西へと進み、トットパーク小島にてトイレ休憩。

▼トットパーク小島(11:40ごろ)

1149 1136

海釣り公園になっていて、先の釣りスペースは有料だが、途中までは自由に行き来できる。 ちょっとここでのんびりしようということで、たこ焼きを買って、座って食べる。他にも数名ライダーが立ち寄っていた。

15分ほどの滞在後、引き続き府道65号線を進む。残念ながら、大川峠の道は、自転車のみ通行可で、自動車・バイクは通行禁止。大川トンネルを通過したあと、きれいで曲がった道に惹かれて、「休暇村紀州加太」へ寄ってみる。なかなかの眺め。

▼休暇村紀州加太にて(12:00ごろ→Yahoo地図

12031

(↑)友ケ島から淡路島を一望できる

(↓)真ん中左寄りにうっすら見えているのはたぶん沼島。ここへもそのうち行ってみようと思っている

12032 12033_2

左手を見ると加太港~有田方面を見通せる(↑)

65号線に戻って、加太の海水浴場へ。

▼加太海水浴場(12:15)

1216

子どものころ一度だけ来たことがある。それほど大きい浜ではないが、海の青は美しかった。

(↓)沖の方には、友ケ島、その奥に淡路島が見える

1222 1221

この後、少し戻って、城ケ崎の磯を訪れるだが、それは、後編ということで。

以下、続く。。。

2012年2月12日 (日)

和歌山県磯ノ浦

今日2月12日(日)、SV1000にて、和歌山県北部にある磯ノ浦へ。高校の同級生がサーフィンしにいく浜として昔から知っていたが、自分が行くのははじめて。

思っていたよりずっと広くて綺麗な浜でした。大阪の近場にこんな素敵な浜があったとは。。。

1425

1410

1411 

別途ツーリングレポート予定。。。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □