フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 赤目四十八滝ドライブ | トップページ | 琵琶湖菜の花ツーリング »

2012年1月15日 (日)

三重県英虞湾夕焼けドライブ

1月8日(日)、英虞湾に沈む夕日&夕焼けを見に、スカイラインでドライブ。夕日の美しい冬の時期は、バイクだと帰りの高速で凍えてしまうので、車でお出かけ。

行きは京奈和以外は下道で。前日にR369を走ったので、この日は、R163経由で府道82号のワインディングを走る。府道82号はこの日も交通量は少なく対向車には1台も出くわず、スカイラインでも快走していたのだが、途中鹿に遭遇した。角の生えた大きなオスの鹿で、今後バイクで走るときは要注意。

その後、県道80号からR368に入り、道の駅御杖でトイレ休憩。バイクが2~3台止まっていた。前日はほとんどバイクを見かけなかったが、この日はけっこうツーリングバイクと遭遇。

引き続きR368を走り、途中、道の駅茶倉にて昼食。けっこう周辺の景色が良かった。

▼道の駅茶倉にて(13:00~13:20ごろ)

1322 1315

その後R42に出て交通量が増えて前がふさがりがちになったところで、県道38号に入り快走。再び、R42に合流したあと、県道68号~R260で熊野灘へ。

熊野灘の景色を楽しみながら、R260を走り、去年の5月にゼファーで立ち寄った南島大橋と中の磯展望台を再訪(→去年5月のツーレポはこちら)。

▼中の磯展望台にて(14:50ごろ)

1447_2

またR260にもどって東進し、2010年12月以来となる、横山展望所へ(→そのときのツーレポはこちら)。

▼横山展望所にて(15:50)

1550_2

いつか、この風景が夕焼けに染まるのも見てみたい。南向きなのできれいに染まるかどうかは不明。。。 ここでのんびりしていると、今回の一番の目的地、桐垣(きりがき)展望台からのぞむ夕日に間に合わなくなるので、今回は短めに切り上げて、ともやま公園・桐垣展望台へ向かう。

R260は信号も車も多く渋滞気味だったので、一本西寄りの道を走ってみたのだが、こちらは信号も車も少なく、しかも2車線道で、快走。今度バイクで来たときもこちらの道を走ることにしよう。

桐垣展望台に到着したのは16時半。すでに車が5台ほどとバイクが1台停車中で、夕日に備えていた。その後も車は増えて10台以上となり、バイクもあとから3台ほど到着。夕日が沈むころには、30~40名くらいになっていた。

▼桐垣展望台にて(16:30~17:40)

(↓)到着時、うっすらと焼け始めていた

1629

(↓)16:54

1654

(↓)16:57 

1657

英虞湾の向こうのやまなみが美しい

(↓)16:58

1658

沈みかけたところで、望遠でよってみた

(↓)16:59

1659

みるみると沈んでいき、1分後には完全に隠れてしまった。

(↓)17:00

17001

(↓)同時刻、振り返ると満月

17002

(↓)17:19

1719

かなり人が少なくなってきたところで、スカイラインと夕焼け

(↓)17:37

1737

17時30分ごろが夕焼けが一番綺麗な時間帯。このときには、展望台には2人しか残っていなかったが。。。 もう一人はバイク(たぶんホンダのPS250)で来られていて、話しかけようかどうか迷ったが、結局会話せずじまい。他の方と会話しているのを横で聞いていると、この冬の時期にもかかわらず東京から来たということだった。冬にロングツーリングとはスゴイ。冬つらいのはなんといっても足先、指先で、車種的にハンドカバーしても違和感なく、足にも直接風が当たらないので、耐えられないことはないかな(?)

17時40分に桐垣展望台を離れ、パールロードを経由して、あとは高速を使って21時前に帰宅。

行きは下道中心で、 寄り道&休憩しながらで6時間以上かかったが、帰りは高速中心で3時間ちょっと。バイクで帰るときと違って日が沈んでからの帰路となったためか、関~亀山インターの渋滞区間も、ちょうど通過時に渋滞が解消するタイミングで、ほぼ渋滞に巻き込まれずに帰ってくることができた。

« 赤目四十八滝ドライブ | トップページ | 琵琶湖菜の花ツーリング »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

この時期はやはり日が落ちるのが早いですね。

冬のツーリングは空が澄んでいるので、思わず写真を撮りたくなる風景がいっぱいですね。
湾沿いを走られたようですが、凍結とか大丈夫でしたか?

三重県の中南部の湾岸は温暖なので、凍結とかは大丈夫でしたよ。バイクもけっこう走っていました。ただ、自分の場合、今回は夕日を見て、日が暮れてからの帰宅になるので、車で出かけることにしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤目四十八滝ドライブ | トップページ | 琵琶湖菜の花ツーリング »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □