フォト

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

保津峡-京都府道50号沿いの紅葉

嵯峨から亀岡、南丹市へと抜ける道、京都府道50号線。ここは、眺望良く、変化に富んだ一車線林道。

26日樒原のイチョウを見る前に、ここを通り抜け、嵯峨のお寺の紅葉とはまた違った、自然の紅葉を味わった。

1231

1241

1252

1316

1331

1343

オートバイよりも、自転車が多く走っていた。ただ自転車のみなさんは、勾配のきつい林道走行で、あまり紅葉を楽しむ余裕はなさそうに見えました(^^;)

2011年11月27日 (日)

黄色の世界--京都の嵯峨樒原の大イチョウ

11月26日、宝筐院~厭離庵~祇王寺~化野念仏寺と回ったが、何といっても強烈な印象を受けたのが、嵯峨樒原の四所神社(別名、原神社)の神木となっている大銀杏とそのまわりの黄葉。

1348

イチョウの木の隣に別の大木が並び立ち、からみあって、すごい迫力。

1411

府道50号線沿いにあるので、場所はわかりやすい(→Yahoo地図)。

1419

今後この時期に毎年訪れることになるだろう。

2011年11月23日 (水)

京都/岩戸落葉神社の大イチョウ

R162を走っていて、ふと目に止まった岩戸落葉神社のイチョウの木。

自分は偶然見つけたのだが、ちょっと知られたイチョウの木のようで、カメラ好きの方が、途切れることなく、訪れて、写真を撮っておりました。

1044

1048

1050

11121

11122

場所はこちら(→Yahoo地図) イチョウ好きにはオススメです。 

京都/西明寺の紅葉

本日、バイクで高雄へ(ツーレポとしては別途アップ予定)。

とりあえず西明寺の写真を何枚か。

0859_2

0901

0914

0933

0946

0947

ちょうど見頃でしょうか。。。 前日の天気予報と違って、日が射してくれてよかった。 

2011年11月21日 (月)

与謝野町の慈徳院と丹波市の石龕寺

11月20日(日)車で、京都府与謝野町の慈徳院と、兵庫県丹波市の石龕寺へ。とりあえず、写真を何枚かアップしておきます。

▼慈徳院(京都/与謝野町)

1200

1139

▼石龕寺(兵庫/丹波市)

1501

1503

1509

どちらも少なくとも次の休日の23日までは紅葉を楽しめそう。

慈徳院は京都新聞で紹介記事が掲載されていたが、訪問客はちらほら。無料駐車場あり。

石龕寺は、紅葉の名所で、20日はもみじ祭りが開催されていた。団体等、訪問客多数。当日は、混雑回避のためか自家用車は、用意された農協の駐車場等に停めて、石龕寺まではバスでピストン輸送。バイクの扱いは不明。何台か、石龕寺の駐車場に停車されていたので、もしかしたら、バイクは、通行OKだったのかも。。。(未確認) 23日にバイクで訪問予定の方はあらかじめ確認しておいた方がよいかも。

後日、もうちょっとそれぞれの紹介写真を掲載予定。

2011年11月20日 (日)

京都/高桐院の紅葉

11月19日(土)、大徳寺の高桐院へ。雨でも楽しめる紅葉はどこか、とネットで調べて、高桐院が2位にランクインしていたので、それを参考に訪ねてみた。

苔の庭園があり、建物の中から、庭園を眺めることができるので、確かに雨の日でも、紅葉を楽しめた。

明日も天候は微妙なようなので、とりあえず3枚だけ写真をアップしておきます。参考になれば、ということで。

1550

1607_2

1631

大徳寺にも有料駐車場があるようだが、入り口がわからず、今宮神社横の有料駐車場を利用。普通車最初の60分100円とリーズナブル。

宇津峡-美山町石田家住宅ツーリング

11月12日(土)、8時半出発。とりあえずの目的地は高山寺。

いつものように嵐山に立ち寄る。

▼嵐山にて(9時すぎ)

0906

9時半ごろ高山寺に到着。この時期、観光目的で駐車の場合は有料でバイクは200円。

▼高山寺にて(9時30分~10時)

0942

(↑)開山堂付近はいくらか紅葉していたが。。。

(↓)他はまだまだこれから

0947

高山寺も石水院以外はふだんは無料なのだが、この時期は有料(石水院は普段と同じく別料金が必要)。6月の新緑の時期に訪問したときの記事は→こちら

期待していたほど紅葉していなかったので、早めに切り上げ、周山街道を北へ向かう。

粟尾峠を越えた後、前から気になっていたこちらの川沿いの道へ進んでみる(→Yahoo地図)。

(↓)川辺のススキを見かけて停車(10:50ごろ)

1051

しばらく進むとR477に出て、そこから宇津峡公園(→Yahoo地図)に向かった。

▼宇津峡公園にて(11:10ごろ)

1113

ここから桂川沿いの南側の道を進む。ここは今年1月ゼファーで来て、雪が積もっていて冷や汗をかいたところ。

▼宇津峡公園の先にて

1122

今回は川辺のススキ草原を見つけて停車。水面に映り込む空と雲が美しく、15分ほど写真を撮りながら眺めていた。

1136_2

1142

その後、府道50号を西へ進み、府民の森ひよしに寄ってみた。

▼府民の森ひよしにて(12時ごろ)

1201 1209

綺麗に整備されていて、駐車場も広くトイレもあった。この辺りだと日吉ダムで多くバイクが停まっていることが多いが、こちらを待ち合わせor休憩場所にしてもよいのでは、と感じた。自分はソロツーしかしないんで関係ないんだけど。。。(^^;)

ここから、府道50号~19号~R162~府道12号と進み、大原神社の紅葉を伺いに寄ってみた。大原神社の先に石田家住宅があり、もうちょっと先に進むと、柿の実をつけた紅葉する柿の木がありそこで停車(→ちず丸

今年は柿が豊作で、どこも柿の木が目立っていて、写真を撮っておこうと思いながらまだ撮ってなかった。

1307

1314

その後、道をもどって石田家住宅(江戸時代初期からの農民家→HP)へ。これまで来たときは閉まっていたのだが、今日は中へ入ることが出来た。11月一杯の土日は管理の人がいて、開けているらしい。

▼美山の石田家住宅にて(13:15~13:55ごろ)

1317 1318

1341 1343

1348 1351 

入場料はないが、寄付金箱は置かれていた。

その後また少しもどって、大原神社で停車。

▼美山の大原神社前にて(14時ごろ)

1359 1404

このあと、府道12号をさらに西へ進み、大野ダムにちょっと寄った後、R27に出て、安栖里方面まで進んだ。前に訪問したところを反対側から眺めようと府道59号に入る。

適当に府道59号から北側へ入り込んでいると、阿上三所神社というのがあり、そこで停車(→京都府・市町村共同統合型地理システム)。

▼阿上三所(あじょうさんしょ)神社

14331 14332

阿上三所神社はこのあたりに3ヶ所あり、ここはその中の坂原地区の神社。藤の木と樫の木が存在感があった。

この後、また一旦府道59号に降りて、また別の所から北に入って、南側を見通せるところで停車。こんころには残念ながら雲が広がり、青空が消えてしまっていた。

▼安栖里の集落を眺める(14:40ごろ) 

1438

ここから帰路へ。R27~R9~京都縦貫道を経て、16時半頃に帰宅。

走行距離185km。燃費は14.8km/lとちょっと悪め。

2011年11月14日 (月)

嵯峨野の紅葉

滝口寺の紅葉が見頃を迎えつつあるということで、13日(日)、嵯峨野の紅葉の名所をいくつか回ってきた。

▼鳥居元(平野屋さん付近)

0831

0833

▼落柿舎

0846

▼滝口寺

0854

0855

0858

0859

0904

0914

0915

0921

今日でも十分紅葉を味わえたが、次の週末がピークかな。。。

▼祇王寺

(↓)部分的に色づいているが、紅葉はまだこれから

0954_2

(↓)嵯峨菊

1007_2

0927

(↓)紅葉なしでも苔だけで楽しめる

0931

(↓)敷地の外、オレンジと緑のコントラストが綺麗

0938

(↓)ところどころ色づきが進んでいる

10021

10022

去年、祇王寺・滝口寺を訪れたときの記事は→こちら

2011年11月13日 (日)

高山寺/宇津峡/美山町大原神社の紅葉

今日(12日)の京都新聞朝刊で、高雄の紅葉が「見頃」となっていたのを見て、高山寺へ。。。

同じ高雄でも、神護寺は、ボチボチ見頃に入ろうかという状況だそうだが、高山寺はまだ色づきはじめ(^^;)

▼高山寺にて

0958

(↑)駐車場近くにて

(↓)開山堂付近-この辺りは紅葉が進んでいた

0942

高山寺は短めに切り上げ、バイクで北部へ移動。

名所にこだわらなければ、ところどころできれいな紅葉が見られる

▼周山町の小さな公園(遊び場)にて

1035

1038

▼宇津峡公園にて

1108

(↓)宇津峡公園から川沿いを南下した辺り 

11431

川に映り込んだ空と雲が非常に美しかった。対岸はススキ野原

11432

(↓)世木ダム付近にて

1148

▼府民の森ひよし にて

1203

▼美山町石田家住宅の先にて

1304

柿の木がきれいに紅葉していた

1305

▼美山町の大原神社にて

1359

少し色づいてきたか、といった感じ

1404

(※このブログのTOP画像は、去年の大原神社の紅葉)

(↓)大原神社に入る道にあるケヤキも色づいていた

1409

▼大野ダムにて

1416

ここも色づきつつある、といった感じ。上の写真は比較的紅葉の進んだ木。

新聞のようなマスメディアよりも、信頼できそうなブログを見つけ、直前にチェックするのが、最新の紅葉情報を得るのに得策。。。 次はそうしよう。

。。。ツーレポは別途アップ予定

2011年11月 6日 (日)

京都・佐々里峠プチツーリング

11月3日(木/休)、出発が13時すぎのため、近場へということで、京都市左京区と美山町の境にある佐々里峠へ。

嵐山経由で行ったのだが、嵐山の紅葉はまだまだなのに、交通はかなり混雑気味。寄らずにスルーして、周山街道へ。周山街道も交通量多し。

前が詰まっていたので、栗尾峠で停車。

▼栗尾峠にて(14:10ごろ→Yahoo地図

1411

少し間があいたかな、というタイミングで再出発。

峠を下りたところで右折してR477へ。こちらは交通量少なく快走。左京区花脊で左折して府道38号を北上。

▼花脊山村都市交流の森の手前付近にて

1441

しばらく進むとポツポツ小雨が降り出してきた。昼から天気回復で晴れてくるはずなのに。。。カッパも持ってきていないので、走り続ける。

▼府道110号との分岐付近にて

1454_2 1458

峠に近づいていくと、川沿いの平坦な道から、 くねくねと曲がる上り坂となっていく。それに連れ、木々の色づきも目立ってくる。いつの間にか雨も止み、路面もウェットからドライへ。

1504

1510

1518 1521

東の空を見ると、11月にふさわしくない、積乱雲が(!) これがさきほどポツポツ降らせていたのか。。。

1525

紅葉のきれいなところを見つけては停車。停車中つぎつぎとバイクが通り過ぎていった。

1526

1531

15時半すぎ、佐々里峠に到着(→Yahoo地図)。

1536

峠付近には駐車スペースがあり、車が数台止められていた。

峠を越え、美山町に入った下りの道周辺も美しく紅葉し、走っていて爽快。

1540

1541

1544

1547 

佐々里峠を左京区側から越えるのは今回が初めて。前に美山町側から来たときは、深い霧の中で、景色は何も見えずあまり印象に残っていなかったのだが、今回は、晴れて紅葉も進んでいる時期で、半日ツーながら、充実したツーリングとなった。

その後、かやぶきの里を抜け、府道19号~25号~R9を経て、18時前帰宅。それと知らず通り過ぎたのだが、この日かやぶきの里では、日が落ちてから、ライトアップイベントがあった模様。駐車場がけっこう一杯になっていたのはそのためか。知っていれば、予定に組み込んだのに。。。ザンネン。

走行距離約160km。燃費15.3km/l。市街地&一車線林道を走ったためか、今回は燃費悪化。

2011年11月 3日 (木)

京都・佐々里峠の紅葉

本日京都市左京区の北にある佐々里峠へ。

1542

色づきが進んでいるかなと思って行ってみたのだが、見頃を迎えていた。

バイクも多数走っていた。

この週末、美山を訪ねようと考えられている方は、この佐々里峠をコースに組み込むことをお薦めします。

後日、別途ツーリングレポート掲載予定。

砥峰高原~山田の棚田ツーリング

10月29日(土)、砥峰高原~一宮町の山田地区にある棚田をめぐるツーリングへ、8時すぎ出発。

最初の目的地は、糸井渓谷だったのだが、結局そちらまで足をのばせなかった。。。

経路は、京都縦貫道(千代川インター)~府道73号~R372~R173~県道702号~県道36号。

県道36号(西脇篠山線)は以前、西から走ったことがあり印象がよかったので、今回東から走ってみた。おおむね一車線強の道だが、交通量少なく、よいペースで走ることが出来る。

▼県道36号、黒石ダム湖にて(9:45ごろ→ちず丸

0945

その後、R427~県道8号~R312~県道39号と進む。ホントはR312を北上するのではなく、県道8号をもっと西まで進み、峰山高原まわりで砥峰高原へと考えていたのだが、R312に入ってしまったためコース変更。

11時15分頃、砥峰高原に到着。車は多く、道路沿いにバイクも10台ほど停められていた。高原近くまでは、よく晴れていたのだが、高原付近はけっこう雲が多くなっていたのが残念。

▼砥峰高原にて(11:15~11:45ごろ)

1125

1141

1143 1134

赤とんぼがわりと無警戒で寄って撮らせてくれた(↑)

砥峰高原は今回で2度目。1度目のレポートは→こちら

このあと、県道39号をそのまま走って福知渓谷沿いを走り県道6号に出るつもりをしていたのだが、道を間違え、未舗装の道へと進んでしまった。

※その後の調べによると、県道39号は、砥峰高原から先は現在不通となっているらしい

進んでしまったのはこちらの道(→ちず丸)。最初は平坦でわりと走りやすかったのだが、しだいに砂が深めになるなど、オンロードバイクには厳しい道のりとなっていく(^^;) オフ車とは3台くらいすれ違った。眺めのよいところもあったが、眺めを楽しむ余裕はない。やっと舗装道になったかと安心するとまたすぐに未舗装となってがっくりしたり、荒れ気味のところは、両足ベタつきで、歩くほどのスピードでなんとかクリアしたり。。。

1234

とくにこちら(→ちず丸)に入ってから走りぬくくなった。上の写真は走りやすくなったところで余裕がでたので停車して、風景を少々味わう。

ようやく舗装道となったところに、「岡の泉」という湧き水がでる場所があった。

▼名水「岡の泉」(12:45ごろ)

1244

このあたりから、ようやく林道出口の集落も見えてくるようになった。

1245

集落まで降りてくると、棚田が広がっており、そこにコスモスの花が咲いていた。苦労して未舗装の道を走り抜けてきたご褒美のよう。

▼一宮町山田地区の棚田とコスモス(12:55~13:05→ちず丸

12542 12541

1255

1302 1303

一時間ほどロスしてしまったため、この日の糸井渓谷行きはあきらめ、ここから帰路につくことした。

県道8号を西進~R29北上~県道6号北上~R429東進。R429は途中ワインディング区間があったのだが、そこにはスピード抑制のため、コーナー手前にでっぱりが設置され、気持ちよく走れないようになっていた。。。

このあとR312北上し、多々良木ダム湖岸道を走りに寄ってみた。一往復して、またR312もどる。山頂の竹田城跡が遠望できたので、バイクを停車。

▼竹田城跡をのぞむ(14:20ごろ)

1422

遠阪峠(R427)を越え、県道7号~285号~138号~69号を経て、県道709号で三春峠越え。県道709号はそれほど走って楽しい道ではなかったが、ツーリングマップルに「峠付近は眺め良好」とあるとおり、 峠前後でところどころ眺めのよいところはあった。

その後、R9~京都縦貫道を経て、18時前に帰宅。

走行距離356km。燃費15.6km/l。積算距離31581km。

紅葉の大台ヶ原ツーリング(後編)

10月23日(日)大台ヶ原ツーリングレポート続き。。。

13時40分頃、駐車場から、シオカラ谷に向かって歩き出す。

1355

しばらくはなだらかな道なのだが、次第に谷に向かって下りがきつくなっていく。まばらに紅葉する木があるが、立ち止まって見とれるほどのものではない。

30分ほどでシオカラ谷に到着。

1414

吊り橋を渡ったところから、川へ降りていくことができた。

1418

石の上を歩いて、少し上流方向へ進んでみる。

1421

1435

1440

吊り橋へ戻ってきたころ、少し晴れ間が広がり光が射し込んできた。

1441

14431 

14432

シオカラ谷に30分ほど滞在したあと、引き返す。

日光に照らされた分、行きよりも帰りの方が少し紅葉を楽しめた。

1454

1457

帰りはきつめの登りになるため、40分ほどかかった。

駐車場に着くと、登山客を運んできたバスの運転手さんに声をかけられる。ふだん、スズキのGSX1400に乗っているとのこと。すると、さらに昔Z2に乗っていたというおじさんも現れ話に加わる。

束の間のバイク談義の後、帰路へ。

1535

R169へ出る、手前のカーブの奥に渓谷が垣間見えたので、バイクを停車。案内板などはなく、ちゃんとした進入路もないが、奥へいけそう、ということで行ってみた。

素敵な渓谷が広がる。

1556

そして左手に滝が現れた(→ちず丸)。

1557_2

落差30~40mくらいはありそうなので、名のある滝だと思われるが、名は不明。

左手の滝からの流れと、奥からの川の流れが合流し、いい感じ。

1601

1559

この後、R169に出て、北上。ほぼ来た道をもどって、19時すぎ帰宅。

走行距離327km。燃費は15.7km/lとまた少し改善。

この日のツーリングで、SV1000が少し馴染んできたように思えた。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □