フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 鈴鹿スカイライン開通 | トップページ | 紅葉の大台ヶ原ツーリング(後編) »

2011年10月26日 (水)

紅葉の大台ヶ原ツーリング(前編)

10月23日(日)ちょっと遅めの9時出発。

もともと大台ヶ原へ行きたかったのだが、天気予報はイマイチ。近畿圏では三重県が一番天気がよさそうなので、家を出るときは、尾鷲方面へと考えていた。でも午前中曇り予報の京都でどんどん晴れ間が広がってきていたので、これなら奈良方面も好天になるかもと、バイクに乗ったときには、大台ヶ原へ行き先を定める。

ルートは京奈和~R369~奈良県道218号~R166~県道219号~県道135号~R370~県道16号~県道262号~R169。

▼県道262号からR169へ合流する手前にて(11:20ごろ)

1121

R169を南下して、「道の駅杉の湯」で昼休憩と考えていたのだが、その手前で渋滞。何事かと思って、車の横を通ってスルーと前に出ると、土砂崩れのため通行止め。ダム湖の対岸が迂回路となっており、交互通行とのこと。エンジンを切りしばらく待つ。

3分ほどで反対側からの車が途切れ、こちら側からの通行に切り替わる。交互通行中で、のんびり出来ないので写真は撮らなかったが、かなり大規模な土砂崩れ。ダム湖にもかなりの土砂が流れ込んでいた。復旧にかなり時間がかかるのでは。。。

反対側から少しもどることで、「道の駅杉の湯」へは行くことが出来るのだが、そのままR169を南下。交互通行で長い間待たされた後の、先頭にいたので、遅い車で詰まることなく、大台ヶ原までマイペースで快走。

現在、R169からの大台ヶ原ドライブウェイ入り口は閉鎖中のため、新伯母峰トンネルを抜け、しばらく進んで、Uターンして、大台ヶ原ドライブウェイへの進入路へ(→Yahoo地図)。入ってすぐは未舗装の道で、これが大台ヶ原ドライブウェイまで続くのかと心配したが、100mほどだけ。あとは1~1.5車線の舗装林道。ところどころ落ち葉が多いところもあるが、路面状態は比較的良好。

この林道を進むと、すぐに紅葉の世界が広がり出す。

1202

大台ヶ原ドライブウェイへ出るとさらに紅葉が深まっていく。降りてくるバイク数台とすれ違い、また紅葉を眺めながらコーナーでのんびり走行していると、2台のバイクが追い抜いていった。

1213_2

天気予報があまりよくなかったためか、大台ヶ原ドライブウェイの交通量は多くない。のんびりと紅葉をあじわうことができた。

1222 1226

1227 1233

1235 1238

1244 1259

1307 1314

ちょっと行っては停まって写真、というのを何度か繰り返して、13時半ごろにドライブウェイ終点駐車場に到着。駐車場はけっこう車が多かったが、満杯で溢れるというほどではなかった。

1309

駐車場の入り口付近の駐輪区域にバイクを停めて、食堂で昼食。バイクは10台ほど停車中。

大台ヶ原は午前中は天気が良かったようなのだが、次第に雲がおおくなってきていた。4月にゼファーで来たときは日出ヶ岳まで歩いたので、今回は大蛇嵓(だいじゃぐら) 方面へ行くつもりをしていたのだが、展望はあまり期待できなさそうなので、無理せずシオカラ谷までと決めて、「自然観察路」を歩き出す。

以下、後編へ続く。。。 

« 鈴鹿スカイライン開通 | トップページ | 紅葉の大台ヶ原ツーリング(後編) »

ツーリング2011年」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

もう紅葉が始まっているんですね~。

落ち葉のシーズンの山間道は、風で溜まった
落ち葉が怖かったりしますよね。(^_^;)

今の季節はノンビリ風景を楽しみたいですよね!

大台ケ原の紅葉は、平地より1ヶ月早いようです。
よい景色に出会ったとき、車だと駐車できずに通り過ぎざるをえないことが多いですが、バイクだと、停車場所を見つけやすいのがいいところですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿スカイライン開通 | トップページ | 紅葉の大台ヶ原ツーリング(後編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □