フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 志摩半島ツーリング(R260~帰路編) | トップページ | ラストツーは丹後半島周回(中編) »

2011年9月29日 (木)

ラストツーは丹後半島周回(前編)

ゼファーの引き取り日が9月24日となり、23日にラストツーリングに出かけられるようになった。

前日の予報では関西全域が晴れの見込みだったので、但馬コースタルロードへ行こうと考えていたのだが、当日の朝の予報では、なんと兵庫北部に大雨警報。京都北部にも大雨注意報。どちらも降水確率は高くないのだが、一時的に激しく降る可能性ありということらしい。

曽爾高原方面行きへの変更も考えたが、結局、さすがに警報が出ている但馬地方はあきらめ、その手前の京都北部・丹後半島へと向かう。もし雨が降り出しそうになったら、そこで引き返せばよいだろうと。

出発は、8時すぎ。すでにETCははずしてしまっているので、今回は、京都縦貫道は使わず、ずっとR9を利用。福知山の市街地を抜け、R175を経て、府道9号線で大江山の峠越え。一部一車線の区間もあるが、おおむね二車線の交通量少ない快走ワインディングロード。

台風が雨を降らせたあとで、空気が澄んで眺めがよいだろうと思い、宮津に出たあと、大内峠一字観公園へと向かう。

▼一字観公園から天橋立を見おろす(12時前)

1154

雲が多いがやはり空気は澄んで、天橋立がくっきり見える。

▼一字観公園キャンプ場

1157

キャンプ場は綺麗に整備されていて、宿泊用のコテージもある。

このあと、丹後縦貫林道に入り、

▼板列(いたなみ)展望台近くにて(12:10ごろ)

1211

このころちょっと雲行きがあやしくなってきたのだが、府道53号まで丹後縦貫林道を進んでから、引き返そうかと、先へ進む。

1214

(↓)北の方は雲が厚くなってきた

1216

(↓)東の方には晴れ間が広がり、まだ大丈夫かと

1217

このあとまもなくポツポツし始め、府道53号にでるのはあきらめ引き返す。が、そのときはすでに雨に囲まれている状態になっていた。雨雲は直線的に進むが、こちらは、くねくねみちを行かなくてはならない。囲まれた雨から抜け出ることはできず、雨は本降りとなっていった。

宮津の市街地を抜けようかという辺りで、雨は激しさを増してきたので、北近畿丹後鉄道の高架下(→Yahoo地図)で一時雨宿り。

10分くらいでちょっと小降りになったところで、府道9号をちょっと先へ進み、コンビニの軒下に停車。そこでトイレ休憩&昼ご飯。他にも2台のバイクがこのコンビニで雨宿りしていた。

ちょっと時間がかかるだろうと思っていたが、ゆっくりと肉まんを食べて、コーヒーをのみ終えようかとするころには、北の空に晴れ間が見えてきた。

13111

まだ雨は上がっていなかったが、外に出て空模様を眺めようとコンビニをでると、「ケンとメリーのスカイライン」。この車、発売時期は1972 - 1977年だから、およそ35年ほど前の車。バイクだとZ2がほぼ同時期。Z2同様、中古車市場でもいまだに少ないながら流通している模様。

13112

めったにないシャッターチャンスということで失礼して写真を1枚。といっても自分は3代目ハコスカと10代目34スカイラインしか、かっこいいとは思わないんですが。。。(^^;) まぁ記念にということで。

このあと、13時を過ぎたころ、すーっと雨は上がってくれた。ただし帰る方向はまだ雨雲が広がっている。一方、丹後半島方面はすっきり晴れている。ということは、またもどって、丹後半島周回をせねばなるまいということで、再出発。

以下、続く。。。

« 志摩半島ツーリング(R260~帰路編) | トップページ | ラストツーは丹後半島周回(中編) »

ツーリング2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 志摩半島ツーリング(R260~帰路編) | トップページ | ラストツーは丹後半島周回(中編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □