フォト

■ □ ■ 


PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 白馬で雲海に出会う | トップページ | 白馬/長野北部一泊ツーリング(2日目早朝) »

2011年6月27日 (月)

白馬/長野北部一泊ツーリング(初日)

6月18日(土)~19日(日)、高速上限1000円最終日ということで、高速を利用した長距離ツーリング決行。

天候が微妙だったので、行き先決定は前日金曜日。秋吉台あたりを考えていたのだが、西の方は、天気予報がよくない。石川~新潟・長野あたりは、比較的天気がよさそうということで、新潟回りで長野へ行くことに(石川-能登半島は2年前に訪問済みだったので(→そのときのツーレポはこちら)。昼休み中に、ネットで屋根付きのバイク置き場のある白馬の宿を探して予約。

18日は5時起き、6時出発。京都南インターで名神入り。東海北陸道経由で北陸道に入り、生まれて初めての新潟入り。途中名神で一度、東海北陸道でも一度雨に降られ、それぞれ、進行方向の雲行き怪しそうだったので、降られる手前で、カッパ着用。このときはわりと短時間で雨は止んだ。

▼飛騨白川パーキングにて(10時前)

0959

新潟に入ってからは、本降りといった感じになり、カッパを着ていててもちょっと辛い感じになったので、蓮台寺パーキングで雨宿り。ちょうどラーメン屋さんがあったので昼食をとる。食べてるうちに小雨となり、食べ終わってちょっとテレビを見ていたら、雨は上がってくれたので、再出発。新潟県内を名立谷浜(なだちたにはま)インターまで進んで北陸道を出る。インターを出てからは、R8の海岸線を走って、親不知まで引き返す。

▼名立谷浜インター出てすぐの田園風景(13時ごろ)

1309_2

うっすら海が見えているのだが、曇り空と一体化して写真ではわかりづらい。。。

▼能生(のう)の弁天岩(13時半ごろ→Yahoo地図

1334

▼親不知海水浴場にて(14:15ごろ→Yahoo地図

1425

▼親不知の海岸線(14時半ごろ)

(↓)西側から眺める

1435 1449

「天険断崖黎明」という名の展望所より(↑)(Yahoo地図

このあと、R8を東へ引き返し、R148を南下。「小滝川ヒスイ峡○○km」という表示があったので、そちらを訪ねてみることに。県道483号からさらに舗装林道に入るのだが、通行止めということで、高浪の池回りで行くことに。

▼高浪の池(15時半ごろ→Yahoo地図

1536 1543

(↑左上)の写真の奥の山は、明星山(みょうじょうさん)。池の周辺は整備され、キャンプ場やグラウンドゴルフ場などがある。

1549

池に映り込む緑も美しい。

さらに林道を進み、小滝川ヒスイ峡へ到着。

▼小滝川ヒスイ峡(16時ごろ→Yahoo地図

1611

(↓)ヒスイ峡へといたる林道にて

1623

林道を引き返し県道483号に出て、南へ進み、またR148にもどりさらに南下。道路沿いにローソン(小谷店)があったので、翌日の朝食用のパンを購入(朝早く出る予定なので、いつものことながら素泊まりで宿の朝食はとらない)。

※こういうときのレシートを取っておくと、ブログを書くときの確かな記録(場所・時間)として重宝する

▼北安曇(あづみ)郡、小谷村の風景(17時ごろ→Yahoo地図

17071 17072

引き続き国道を南下した後、県道433号に入って、栂池高原(つがいけこうげん)方面へ向かう。途中、牛方宿というのがあって、停車。

▼牛方宿(うしかたやど 17:20ごろ→Yahoo地図

1727 1731

牛方宿とは、昔、塩を運ぶ牛と牛方(牛を扱う人)の宿。現存するのはこの1件だけで、有料施設(入場料一般300円)として公開されいている。開館時間は9時から16時30分までで、残念ながらすでに閉館していた。

▼栂池高原手前にて

1738

▼栂池高原スキー場(17時半ごろ)

1744

▼白馬村落倉の風切地蔵(17:40ごろ→Yahoo地図

1753

この地域を風水害矢や冷害から守っているという言い伝えがあるらしい。

県道433号を南へ進み、またR148に出る。川の上流方向を見通せる橋があったので、バイクを停めて橋の真ん中あたりまで歩いてみる。

▼白馬の平川橋にて(18時ごろ→Yahoo地図

1811

晴れていれば、白馬の山々が見渡せると思われるのだが。。。

この後、暗くなる前に宿の位置を確認したあと、夕食を取るために白馬の駅前へ。途中、見通しのよいところで停車。

▼白馬の水田と山々の風景(18時半ごろ→Yahoo地図

1838_2

上の写真中央右よりにあるのが、長野オリンピックで使われたジャンプ台。 

▼白馬駅にて(19時ごろ)

1908

駅前で夕食を取り、宿(ミーティアさん→HP)へ向かう。お風呂に入り、テレビで翌日の天気を確かめる。午前中は晴で、午後から曇りという感じだったので、午前の晴れの時間帯を長く楽しむため、4時半起き、夜明けとともに出発することに決める。また日曜も北寄りのほうが天気がよさそうということで、当初は、中央道で帰るつもりをしていたのを、帰りも新潟から北陸道で帰ることにして翌日のルートを再検討。だいたいのルートを決めたあと、ビールを飲んで、22時には就寝。

以下、2日目ツーレポに続く。。。

« 白馬で雲海に出会う | トップページ | 白馬/長野北部一泊ツーリング(2日目早朝) »

宿泊ツーリング(2011年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬で雲海に出会う | トップページ | 白馬/長野北部一泊ツーリング(2日目早朝) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

□ ■ □