フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
  • にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
  • にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
  • にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

twitter

バイクブログ


その他Link

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

ツーリング2010年

2010年12月27日 (月)

滋賀アセボ峠~三筋の滝ツーリング

本日12月27日(月)、仕事休みのため、滋賀県のアセボ峠(県道53号)へ。今回はツーリングというよりも、バイクの走り具合を確かめるのがメイン。

というのも、週末にフロントフォークのオーバーホール&WMのWXフロントフォークスプリングに交換、ステムベアリングの交換と、総額約5万円の費用をかけてカスタム&メンテナンスをした成果を確かめたかったという事情。

ハンドルの動きが軽く、非常になめらか。とくに左、右とコーナーが連続するようなところで、前輪の動きがひらりひらりと軽快。加えて、コーナーで旋回中の安心感、安定感も増したよう。。。に思う。ザンネンながら、そもそも自分の技術が未熟ゆえ、マシンの能力が十分把握できていないため、この点は、自信を持って断言できない。。。(^^;)

アセボ峠を1.5往復したあと、三筋の滝へ向かう。途中、大戸川沿いの県道16号線を走っていると、大きな岩の間を川の水が流れているのが目に入る。バイクを止めて、下へ降りて近くで見られないかと探索してみるが、難しそう。ロープがガードレールから下にたらされていたが、古く色褪せていて強度に不安があったので、トライせず。やむなくちょっと離れて、見通しのよい位置からの写真のみ(↓)。

▼大戸川にて(→たぶんこの辺り

1408

その後、県道12号線に入って、三筋の滝へ。

▼三筋の滝(→Yahoo地図

14342 14341

その名のとおり、三本の筋となって、滝が流れ落ちている。

14321_2 14322

滝の下流の崖を見上げると、なんと、つららが。土曜日の兵庫県ドライブに続いて、思わぬところでつらら発見。

なお、滝壺まで降りるには、下の写真のような、未整備のところを、木の幹や根などをつかみながら進んで行かなければならないので、要注意。

1447_2

続いて滝の上流側に回ってみる。

14531 14532

よく見ると、三つの筋となった滝の流れの間に草が生えていて、その草についた水しぶきが凍りついている。

14533

17時前に帰宅。ちょうど西山に日が沈み、夕焼けきれいだった。

1651

走行距離約185km。燃費19km/l。

今回は、ネックウォーマーを首につけていたので、首筋は寒くなかった。が、足先と指先には厳しい寒さ。特に指は感覚がなくなってくるので、指の暖をとるための休憩が必要となった。次は、靴下2枚、手にはインナーグローブを装着することにしよう。それと革パンツの下にタイツをはいたのだが、徐々にタイツが上へずれて、靴下との隙間ができて、そこから冷気が入ってきた。この点は、タイツよりもレッグウォーマー(インナータイプ)の方が、ずれにくくてよかった。

積算走行距離が約69700km。年内に7万km到達するか。。。 29~30日に京都南部以南で雨・雪が降らなければ、到達する見込み。

2010年12月18日 (土)

保津峡~平の沢池プチツー

本日12月18日(土)、昼の3時間ほど、京都市嵐山・保津峡~亀岡市平の沢池を回るプチツーへ。天候曇り時々晴。

今回は、嵐山周りでの六丁峠~保津峡越え。こちら周りはゼファーでは初めてかも。こちらからだと六丁峠の狭い急坂が下りになるため、亀岡R477周りで嵐山に向けるよりも若干峠越えの難易度は低くなる。

▼峠頂上付近を過ぎたあたりで、保津川を見下ろす(14:15ごろ)

1416_2

落合橋の先のトンネルを越えたあたり(→Yahoo地図)に、ちょっとしたスペースがあり、そこにバイクを止める(14:25ごろ)。

1423

ここから、川に下りることができる。きちんと整備された道ではないので、すべりにくい靴を履いていれば、だが。。。

1428 1442

バイクにもどり、トロッコ列車の保津峡駅へ。タイミング良くトロッコ列車が駅に到着したので、出発を見送った(15:00ごろ)。

1457 1459

その後、R477から、亀岡の水鳥の道へ(→Yahoo地図 15:30ごろ)。鴨をはじめ水鳥が多数。

▼平の沢池(中池)

1533 1541

▼平の沢池(下池)

1539 1540

今回はちょっと早めに来てしまったが、ここはいい夕焼けスポットかも。次は、夕焼けどきに訪れてみよう。

この辺りの農村風景はけっこうお気に入りスポット。

1543

先の交差点を左折して、府道25号線へ。1kmほど行ったところに出雲大神宮があり、紅葉した木が目に留まったので、Uターン。

▼出雲大神宮にて(15:45ごろ)

1549 1548

その後、府道402号からR9に出て、16:45ごろ帰宅。

途中、西山方向の夕焼け(16:30ごろ)。

1628

走行距離70km。

明日19日の近畿の朝は、冷え込み&すっきり晴れそう&風も弱そうで、各地で雲海が見られるかも。

2010年12月14日 (火)

志摩半島R260ツーリング

12月12日(日)朝9時出発。

今回は寄り道せず、パールロードを走ってから、という気持ちを押し込めて、最初の目的地、英虞湾を見下ろす横山展望台(→Yahoo地図)へ1直線。。。のつもりが、行きすぎて、賢島へ行き着いてしまった。。。経路は、名神~新名神~伊勢自動車道~県道32号線~R167。「横山展望台」という案内板が出てるはずだったのだが、見落としてしまったよう。

▼賢島クルーズ船乗り場近くにて(11:45ごろ)

1146_2

県道17号線を通って、R167にもどり、今度は案内を見落とさず、近鉄の志摩横山駅近くの交差点で左折して、横山展望台へ。駐車場から少し歩くが、車いす用に整備された遊歩道があり、景色を眺めながら、歩いて行けるので退屈しない。

▼横山展望台からの絶景(12:15ごろ)

1215

舞鶴五老岳公園からの舞鶴湾の眺めも良かったが(→ツーレポはこちら)、それを上回る絶景。ずっと奥行きがあり壮大。ただ昼間は逆光になってしまい写真映りがイマイチになってしまうのだけが難点。10時より前か、15時以降の時間帯がよさそう。

横山展望台からもう少し歩いたところに、パノラマ展望台、見晴展望台、あご湾展望台と設けられており、こちらもおすすめ。とくに見晴展望台では、北側にも展望が開け、志摩半島を360度ぐるっと見渡すことができる。また付近では、紅葉も見られた。

▼パノラマ展望台にて(12:20ごろ)

1223

▼見晴展望台下にて(12:25ごろ)

1225

▼横山展望台駐車場にて(12:45ごろ)

1244_2

このあと、南へ降りて、県道17号線に出て、西進し、浜島漁港へたどり着く(13:30)。突き当たったところ(→Yahoo地図)で下の写真のような光景が。。。 島へ歩いて行けそうということで、バイクをおいて、歩を進める。

1330

島の名は、矢取島というらしい。突堤を歩いて上陸。

尖って突き出た岩が気になるが、残念ながらここから先へは進めなかった。奥に見えているのは先志摩半島。

1324

下の写真の奥に見えるのは、先志摩半島の先端の御座岬(先志摩半島のツーレポはこちら)。

1326

島には灯台があるのだが、上がる道筋がわからなかった。大潮の頃(満月、新月の頃)の干潮時には、もしかしたら、海沿いに島の裏側まで行けるかも。。。

このあと、R260で海岸線を走る。狭い道もあるが、整備中で2車線化を進めているもよう。パールロードほど走りやすい道ではないが、変化があり、眺めもよいので、自分的にはけっこう好きな道。

▼R260沿いにて

1403

紀勢自動車道に入るには、県道68号を通るのが近道で、多くの車がこちらに進んだ分、ここから先のR260は交通量がかなり少なくなった。R42に出たところのコンビニで遅めの昼食(15時ごろ)。ここからR42を北へ進んで、紀勢自動車道に入り、新名神~名神を経て帰宅。途中、伊勢関インター付近で事故渋滞があった。新名神に入り、山間部となり日が落ちると、かなり体が冷えてきて、土山SAで小休憩(16:40~50ごろ)。そこから先は寒さで震えることもなく、無事帰宅。

帰宅時間はちょうど18時。走行距離は約480km。燃費は20.2kmと、快走区間が多かったためか最近ではまずまず。

2010年12月 3日 (金)

京都 笠置山~奈良 吉野ツーリング(吉野編)

11月30日ツーレポ続き。

府道4号~R369を南下して、針テラスにて昼食休憩。平日なのでバイクは数台程度。

引き続きR369~R370と南下したあと、R169を吉野川沿いに西へ進んでいると、何やらインパクトのあるものが目に飛び込んでくる。バイクを降りて近づくと、ど迫力。「雷神~雲のバイクに乗ってやって来た~」という西村公泉さん制作の作品(→Yahoo地図)。味噌・醤油作りの「梅谷醸造元」の前に展示されている。

▼雷神~雲のバイクに乗ってやって来た~(13時20分ごろ)

1317 1320

吉野に到着後、奥千本にある西行庵を訪問。金峯神社前に駐車スペースがあり、そこから山道を徒歩で20~30分程度。

▼西行庵(14:20ごろ)

1420

紅葉はすでに終わっていたが、訪問客はぼつぼつおられた。滞在は数分程度で、金峰山寺へ向かう。

来た道をもどらなくてはならなかったのだが、間違えて、川上村方面へと進んでしまう。そのおかげで(?)、素敵なやまなみの風景を一枚。

1459

来た道を引き返し、上千本を経て、金峯山寺のある中千本へ。どこにバイクをとめようかと少しうろつき、結局金峯山寺すぐ近くの食堂の駐車場に停めさせていただいた。

▼金峯山寺(15:40~16:20ごろ)

1611 1619

蔵王権現像は、思っていたよりも大きく、3体も並んでおり、凄い形相で、色鮮やかでもあり、迫力満点。拝観料は1000円とちょっと高めだが、一見の価値、大あり。この日は平日で、しかも遅めだったためか参拝者は少なめで、ゆったり落ち着いて拝観することができた。撮影禁止なので写真で紹介できないのがザンネン。代わりにチラシを掲載しておきます。

Zaougongen

こちらに産経ニュースの紹介記事。6年ぶりの公開ということで、今回見逃すと(公開は12月9日まで)、次の機会は数年後(もしくはそれ以上?)になってしまうかも。。。

バイクを停めさせていただいた食堂兼売店にて、柿の葉寿司を購入したあと、帰路へ。

▼下千本の紅葉(16:30ごろ)

1626 1628

色鮮やかという感じではなかったが、しっとりと落ち着いた紅葉であった。

その後R169~R24~京奈和自動車道を経て、19時帰宅。

走行距離200km。8時30分発19時着の割には、走行距離はかなり控えめ。。。その分、笠置山、奥千本(西行庵)と歩いた時間はかなり長めという、ハイキング寄りのツーリングとなった。

2010年12月 2日 (木)

京都 笠置山~奈良 吉野ツーリング(笠置山編)

11月30日(火)、時間調整のため仕事はお休みのため、奈良吉野へ出かける。天候晴のち曇り。一番の目的は、金峯山寺(きんぷさんじ)で特別開帳(12月9日まで)されている蔵王権現像。8時30分出発。

まずは、宇治川ライン~府道62号経由で、R163へ。

▼府道62号沿いにある茶畑

0958

山城地域の茶畑は、曲線美が素敵なところが多く、ここもそう。

その後、笠置大橋を渡り、笠置山に立ち寄る。府道4号から笠置山に登る道は、細い急坂、急カーブ。対抗車が来るとバイクでもすれ違い困難な箇所もあるので要注意。10時30分ごろ駐車場に到着。バイクは200円。

笠置山といえば、案内ネコ「笠やん」がいたところだが、笠置寺山門手前で、たまたまネコが出迎えてくれた。

1037

残念ながらお出迎えだけで、案内はしてくれなかったが。。。

▼笠置寺の本尊、弥勒磨崖仏(みろくまがいぶつ)

1042

戦火のため、今見られるのは巨大な光背のみ。

磨崖仏前のお堂の中に「笠やん」の遺影がおかれていた。

1044

ぜひ笠やんの存命中に訪問したかったものだ。そのころ(1990~1994年)といえば、わが家でもちょうどネコと同居しはじめたころ。ただ、今のようにバイクでどこでも気軽に出かけるという生活スタイルでなかったので、ちょっと遠い話題という感じだった。

その後、ぐるっと行場巡り。

1048

登っていくと展望が開けた。

1052

▼笠置山もみじ公園

1103 1104

全体的には見頃はちょっと過ぎていたようだが、一部鮮やかなところも残っていた。

ぐるっと巡ってもどってきたところでも紅葉を楽しむ。

1127 1128

1129

11時40分ごろ笠置山を離れ、奈良吉野へ向かう。

以下、吉野編へ続く。。。

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(広沢池~大江山編)

11月27日(土)ツーレポ続き。今回は完結編。

直指庵を出て、広沢池へ。この日はいい雲が出ていて気分良し。

▼広沢池にて(11:30ごろ)

1133 1135

このあと、周山街道を走り、久しぶりに美山道の駅にてトイレ&昼食休憩。駐車中のバイクは10数台。その後、府道12号で由良川沿いを走る。

▼大野ダム手前にて(1時前)

1249 1256

川面に紅葉と雲が映り込みいい感じ。

前から気になっていたが、通り過ぎていた石田家住宅(重要文化財)に立ち寄ってみる。

▼石田家住宅(13時すぎ →Yahoo地図

1307

今回は上から眺めるだけにとどめる。石田家住宅の手前に大原神社があり、紅葉が美しい。うれしい発見。

▼大原神社(13時すぎ)

1311 1312

▼大野ダム周辺(13:40ごろ)

1342

その後、R27~府道9号で大江山スキー場へ。

▼大江山スキー場(15時前)

1454

ここでトイレ休憩。トイレのある建物の裏手に回ると、宮津湾が見下ろせることを発見。

折り返して帰路につく。

▼二瀬川渓谷(15時すぎ)

1507

▼道路案内標識とトンビ(大雲橋南側交差点付近にて)

1528

カラスがとまっているのはよく見かけるが、トンビは珍しかったので、記念に1枚。

ほぼ来た道をもどって、18時すぎに帰宅。山間部の気温は昼でも10度を超えず7度程度。冬装備をしていても、まだ体が慣れていないせいか、かなり冷たく感じた。この日は、京都では珍しく、すれ違いの際に挨拶してくれるライダーが多かった。

走行距離約300km。燃費18km/l弱。ここのところ燃費が悪くなっている。。。

2010年12月 1日 (水)

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(直指庵編)

直指庵(じきしあん)へは10時前に到着。祇王寺からバイクで約15分。隣に有料駐車場あり。

新聞や雑誌、ネットの紅葉特集でもとりあげられることは少ないところだが、訪問客は少なくはなかった。「庵」という割には広いので混雑はしない。その広い敷地全体が色鮮やか。

1024 1026

10281 10282

1039 1042

1047 1048

1104 1109

写真で紹介するよりもずっと素敵な空間。お堂に座って、落ち着いて紅葉を味わうこともできる。1時間半近く滞在。

この後、広沢の池を通って、周山街道から府道12号へと進んで行く。

以下、続く。。。

2010年11月30日 (火)

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(祇王寺~滝口寺編)

祇王寺にもどったのは9時5分。。。すでに多くの方が、拝観されていた。といっても混雑するほどではなく、ゆっくりと紅葉を味わうことができる。

0832_2 0910

0911 0917

09231 09232

0924 0938

30分ほど滞在した後、お隣の滝口寺へ。

こちらを訪れる方はごくわずか。すぐ近くなのだが、こちらはもう紅葉の見頃はすぎ、色鮮やかなのは入って正面のところのみ。

0937 0929

0936 0930

本堂の周りはすでにほぼ落葉していた。祇王寺と滝口寺、お隣さんなのでセットで回りたいところだが、見頃の時期が違うのが難しいところ。

滝口寺は10分ほどの滞在で、北嵯峨の外れにある直指庵へと向かう。

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(嵐山~嵯峨野編)

11月27日(土)、京都の紅葉巡りツーリング。天候晴。朝7時40分出発。

嵐山~嵯峨野(祇王寺、滝口寺、直指庵、広沢池)~周山街道~府道12号(石田屋住宅、大原神社、大野ダム)~大江山(二瀬川渓谷)と紅葉巡りを何回かに分けてツーレポ予定。

まずは、嵐山~嵯峨野散策編。

8時過ぎに嵐山到着。すでに交通量もけっこうあり、観光客も出てきている。11月19日に訪れたときよりも紅葉が進んで見頃を迎えている。

0817

0821

嵯峨野の祇王寺へ向かう途中、落柿舎(→Yahoo地図)をながめる。

0824

8時30分に祇王寺到着。

0832

ここもすでに観光客がちらほら。拝観時間は9時からで、少し時間があるので、バイクを停め(祇王寺には数台分の無料の駐車場有り)、周辺散策。

▼博物館さがの人形の家(→Yahoo地図

0844

▼後亀山天皇嵯峨小倉陵前の道にて(→Yahoo地図

0855

0856

9時近くになったので、祇王寺へともどる。

以下、祇王寺編へ続く。。。

2010年11月25日 (木)

京都 大原 三千院プチツー(帰路R477の紅葉編)

帰りは市街地の混雑を避けるため&走りも少し楽しむため、R477~周山街道回りで帰路へ。

R367の西側を併走する道を北へ走っていると、立派に紅葉した木が。停車して近寄ると、「古知谷阿弥陀寺(こちだにあみだじ)」。ここも紅葉の名所のよう。駐車場でだけちょっと撮影。

▼古知谷阿弥陀寺駐車場にて

1058

電線が映り込んでしまうのが、ちょっとザンネン。。。

▼R477(百井峠越え)にて

1111

百井峠越え3度目で、初めてバイクとすれちがう。

▼R477(花脊山の家スポーツゾーン付近)にて(→Yahoo地図

1132 1137

ここはかなりの絶景スポット。

11351_2 11352

▼R477(花脊小中学校前)にて

1144

▼大布施トンネル先の橋上にて

1151 11511

長い間工事中だったのが、9月13日に開通した模様。真新しいトンネル&橋。

▼R477(上黒田公民館と春日神社の間の小さな公園)にて(→Yahoo地図

1157_2 1158

光の加減がいい感じだったためか、ここがこの日の紅葉で一番印象的だった。

引き続きR477を走っていると、左手の奥の方に、素敵な色具合に紅葉したところが目に入る。お寺かなと思って、R477を少し外れて立ち寄ってみる。

1217

門前でヘルメットを被ったまま、写真を撮ろうと構えていると、「どちらさんですか」と尋ねられ、もしかしてここはお寺ではなく、古風なお店か何かかなと思い、逆に「ここはどういうところですか」と尋ね返す。すると、「私のおウチ」とのこと。。。 「すごく素敵なところですね。写真を撮らせてもらってよいですか」とお断りして撮ったのが上の写真。こんなところで生活を営むとはなんと優雅な。かやぶき屋根の家なので、手入れが大変という面はあるでしょうが。民家なので、詳しい場所を紹介できないのがザンネン。お礼の挨拶をして、R477へともどる。

昼から用事があるため、このあとはR477~R162(周山街道)と急ぎ気味に走り抜ける。神護寺あたりは、局地的にかなり混雑していたが、それ以外はかなり快適走行。

R477の花脊~京北町の区間は、まるで紅葉特集の写真集の中に入りこんで、バイクを走らせているような感じで、次々と紅葉が目に飛び込み、その度バイクを停めては紅葉を味わうという、かなり充実したプチツー区間。

名の知れたお寺巡りもよいが、バイク乗りとしては、混雑のない山間部を走りながら、紅葉した風景を楽しむというのが本来の姿かな、と思えたプチツーリングでありました。

13時30分頃帰宅。走行距離80kmほど。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-Ad.-