フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(祇王寺~滝口寺編)

祇王寺にもどったのは9時5分。。。すでに多くの方が、拝観されていた。といっても混雑するほどではなく、ゆっくりと紅葉を味わうことができる。

0832_2 0910

0911 0917

09231 09232

0924 0938

30分ほど滞在した後、お隣の滝口寺へ。

こちらを訪れる方はごくわずか。すぐ近くなのだが、こちらはもう紅葉の見頃はすぎ、色鮮やかなのは入って正面のところのみ。

0937 0929

0936 0930

本堂の周りはすでにほぼ落葉していた。祇王寺と滝口寺、お隣さんなのでセットで回りたいところだが、見頃の時期が違うのが難しいところ。

滝口寺は10分ほどの滞在で、北嵯峨の外れにある直指庵へと向かう。

嵐山~嵯峨野~大野ダムツー(嵐山~嵯峨野編)

11月27日(土)、京都の紅葉巡りツーリング。天候晴。朝7時40分出発。

嵐山~嵯峨野(祇王寺、滝口寺、直指庵、広沢池)~周山街道~府道12号(石田屋住宅、大原神社、大野ダム)~大江山(二瀬川渓谷)と紅葉巡りを何回かに分けてツーレポ予定。

まずは、嵐山~嵯峨野散策編。

8時過ぎに嵐山到着。すでに交通量もけっこうあり、観光客も出てきている。11月19日に訪れたときよりも紅葉が進んで見頃を迎えている。

0817

0821

嵯峨野の祇王寺へ向かう途中、落柿舎(→Yahoo地図)をながめる。

0824

8時30分に祇王寺到着。

0832

ここもすでに観光客がちらほら。拝観時間は9時からで、少し時間があるので、バイクを停め(祇王寺には数台分の無料の駐車場有り)、周辺散策。

▼博物館さがの人形の家(→Yahoo地図

0844

▼後亀山天皇嵯峨小倉陵前の道にて(→Yahoo地図

0855

0856

9時近くになったので、祇王寺へともどる。

以下、祇王寺編へ続く。。。

2010年11月28日 (日)

京都 嵯峨野の直指庵の紅葉

11月27日(土)、京都 嵯峨野の直指庵(じきしあん)へ(→Yahoo地図)。

穴場的な存在で、それほど混雑なく、紅葉を楽しめ、かなりおすすめ。こじんまりとしたところかと思っていたが、けっこう広かった。とりあえず写真1枚だけ紹介。別途ツーレポ予定。

1054

細い道を入り込んでいく必要があり、かなり場所がわかりづらいので、その点要注意。

2010年11月27日 (土)

京都 山科 毘沙門堂

11月24日(水)午前中、バイクで京都・山科の毘沙門堂へ。

8時30分の拝観開始に間に合うよう、7時35分頃家を出て、京都南~東間は高速利用。8時30分ちょっと前に到着。駐車場は、奥の方にある。手前側に月極駐車場があり、ちょっと紛らわしい。奥には臨時の駐車場もあり、車100台くらいは停められそう。駐車は無料。本堂と庭園は拝観料500円。その他の周辺は、拝観料なしで、紅葉を楽しめる。下の写真のうち、上の4枚は自由に出入りできる敷地で撮ったもの。

0859 0852_2

0909 1043

1020 1022

1003 1053

曇りがちで、たまに晴れ間が出るといった感じで、あまり色鮮やかには撮れなかった。

見て回っていると、あっという間に2時間30分が過ぎ、昼から勤務のため帰宅。

2010年11月26日 (金)

11月21日青蓮院のライトアップ

11月21日夜、京都・青蓮院の紅葉ライトアップへ。バイクではなく阪急電車で河原町に出て、そこから歩き。

八坂神社から知恩院前を通る。

▼満月とライトアップされた知恩院山門

1916

19時半ごろ、青蓮院に到着すると、入場を待つ人の列が。最後尾について、15分ほどで入場。待ちながらも、ライトアップされた楠の大木を眺めることができるので、退屈はしない。

▼青蓮院

2035

1937 1956

青蓮院というだけあって、青を基調としたライトアップ。まず殿舎内を巡ったあと、庭園に出る。

1959_2  2007

2008

竹のライトアップも幻想的。写真はあまりうまく撮れなかったが。。。

2014

2023 2029

滞在時間1時間ほど。人は多いことは多いがそんなに混雑感はなかった。ライトアップされた光景を撮るのにフラッシュをばちばち焚くのはやめてほしい。たぶん自動で光ってしまうのでしょうね。。。

桜も紅葉も自然光の下で見るのが、はるかに素晴らしい。ライトアップは、幻想的な雰囲気を味わう場としてわりきって楽しむのがよい。

11月21日井手町の地蔵禅院にて

この日は、井手町でバレー。試合の合間に抜け出して、地蔵禅院(→Yahoo地図)を訪問。小さなお寺で、前も来ようとしたのだが、そのときは入り口がわからず行き着けなかった。「あいべい」というドッグラン&カフェ のあるところから入ると、入り口は狭くわかりづらいが、すぐに広めの車道になり、10数台の駐車スペースがあるところに行き着き、その先に地蔵禅院があった。

ここは、南山城平野を一望できる高台にあり、枝垂れ桜では、少し名の知られた所。京都府のHPによると、円山公園ののしだれ桜は、ここから枝分けされたものらしい。

枝垂れ桜は、花が咲いていなくてもしっかりとした存在感がある。

1243 1245

こじんまりとしたところなのだが、そこに密集した紅葉が素晴らしい。高台からの眺めも良く、かなりおすすめスポット。1時前後に訪れたのだが、地元の方っぽい方が一組おられただけ。

1249 1250

12511_2 12512

1253

帰り際の夕暮れ時、16時半~17時の間に再度訪問。今度は、訪問者は自分一人だけ。。。

1632 1640

1653

これでも、けっこう味のある風景だが、空がさらに赤く焼けていれば、もっと素敵な光景を眺めることができただろう。それはまた、今度のお楽しみということで。井手町にはちょくちょく来るので、その機会はそう遠くないだろう。また紹介します。

11月21日宇治川ラインにて

11月21日(日)朝8時30分頃、バイクで井手町へお出かけの途中、宇治川ライン(府道3号)へ立ち寄る。

府道3号から、さらに川沿いの道に入って、川面を眺めると、蒸気霧が発生している。写真にもしっかり映っている。

0837

0840

0845

天瀬ダムの手前(下流寄り)、白虹橋(はっこうばし)付近に雰囲気のある建物が。これまで気に留めたことはなかったが、この日は強い存在感。赤レンガに這うツタが紅葉し、そこに朝陽があたっている(→Yahoo地図)。

0852

(↑)光の加減でかすれているが、右側の奥が天ヶ瀬ダム。一組だけ、三脚を立て、カメラを向けている方がいらっしゃった。

0857

0858_3   

これを書きながら調べていると、京都の近代建築文化財で、「旧・宇治川電気志津川発電所(現・ニュージェック水理実験所)」 という建物らしい。

その後、府道にもどり、東側に目を向けると、蒸気霧から発達したと思われる雲が出現。

0902

宵待橋に近づくにつれ、辺りは薄暗くなり、すっかり曇り空になっていく。その後、宇治田原町に入り、府道62号を南下して行くにつれ、また晴れ間にもどって行った。

2010年11月25日 (木)

京都 大原 三千院プチツー(帰路R477の紅葉編)

帰りは市街地の混雑を避けるため&走りも少し楽しむため、R477~周山街道回りで帰路へ。

R367の西側を併走する道を北へ走っていると、立派に紅葉した木が。停車して近寄ると、「古知谷阿弥陀寺(こちだにあみだじ)」。ここも紅葉の名所のよう。駐車場でだけちょっと撮影。

▼古知谷阿弥陀寺駐車場にて

1058

電線が映り込んでしまうのが、ちょっとザンネン。。。

▼R477(百井峠越え)にて

1111

百井峠越え3度目で、初めてバイクとすれちがう。

▼R477(花脊山の家スポーツゾーン付近)にて(→Yahoo地図

1132 1137

ここはかなりの絶景スポット。

11351_2 11352

▼R477(花脊小中学校前)にて

1144

▼大布施トンネル先の橋上にて

1151 11511

長い間工事中だったのが、9月13日に開通した模様。真新しいトンネル&橋。

▼R477(上黒田公民館と春日神社の間の小さな公園)にて(→Yahoo地図

1157_2 1158

光の加減がいい感じだったためか、ここがこの日の紅葉で一番印象的だった。

引き続きR477を走っていると、左手の奥の方に、素敵な色具合に紅葉したところが目に入る。お寺かなと思って、R477を少し外れて立ち寄ってみる。

1217

門前でヘルメットを被ったまま、写真を撮ろうと構えていると、「どちらさんですか」と尋ねられ、もしかしてここはお寺ではなく、古風なお店か何かかなと思い、逆に「ここはどういうところですか」と尋ね返す。すると、「私のおウチ」とのこと。。。 「すごく素敵なところですね。写真を撮らせてもらってよいですか」とお断りして撮ったのが上の写真。こんなところで生活を営むとはなんと優雅な。かやぶき屋根の家なので、手入れが大変という面はあるでしょうが。民家なので、詳しい場所を紹介できないのがザンネン。お礼の挨拶をして、R477へともどる。

昼から用事があるため、このあとはR477~R162(周山街道)と急ぎ気味に走り抜ける。神護寺あたりは、局地的にかなり混雑していたが、それ以外はかなり快適走行。

R477の花脊~京北町の区間は、まるで紅葉特集の写真集の中に入りこんで、バイクを走らせているような感じで、次々と紅葉が目に飛び込み、その度バイクを停めては紅葉を味わうという、かなり充実したプチツー区間。

名の知れたお寺巡りもよいが、バイク乗りとしては、混雑のない山間部を走りながら、紅葉した風景を楽しむというのが本来の姿かな、と思えたプチツーリングでありました。

13時30分頃帰宅。走行距離80kmほど。

2010年11月23日 (火)

京都 大原 三千院プチツー(周辺散策編)

10時過ぎに三千院を出てから、30分間ほど、三千院前の実光院、勝林院、宝泉院に通じる道を散策。拝観はせず通りを眺めていただけだが、こちらの方が、紅葉自体は見応えあり。

▼三千院前の通りにて

1017

1018_2

1022

1027

1029

1033

▼駐車場から北西方向の山を眺める

1042

10時40分頃大原を離れ、R477にて帰路に向かう。この帰路でも一杯紅葉を味わうが、それは続編にて。

2010年11月21日 (日)

京都 大原 三千院プチツー(本編)

11月20日(土)京都 大原 三千院へ。京都に住んで四半世紀。初めての三千院。

拝観が8時30分なので、それに間に合うよう出発。五条通りから堀川通りに入って北上。賀茂川沿いを走り、市原バイパスから府道40号で大原へ。朝早めなので渋滞もなく、いいペースで走れたのだが、少し遅れて、8時35分ごろ到着。すぐ手前の駐車場を利用。自動車は400円、バイクは200円。拝観料700円。境内には、すでに多くの訪問者が。。。

▼魚山橋付近~山門

0835 1038

0836 1035

▼境内にて

0852 0859

0901 0903

0915 0929

0952 0955

「見頃」ということで訪問したのだが、紅葉の鮮やかさは今ひとつ。。。苔はしっとりとしていい感じ。少なくとも今年に関しては、紅葉それ自体を味わうということではなく、苔をひきたてる一素材というくらいの心づもりで訪れた方がよいかも。。。

1時間30分ほどで三千院境内を出て、周辺を散策。紅葉はこちらの方が良い感じ。

以下、レポート続く。。。

2010年11月20日 (土)

二尊院(京都・嵯峨)の紅葉

11月20日朝、嵐山を離れ、バイクで5分ほどで嵯峨に位置する二尊院の駐車場に到着。拝観料500円。駐車はバイクも車も無料。スペースは広くなく、車数台程度。平日のこの時間だと車の駐車スペースにも空きがあった。

開場の9時すぐに入りたかったのだが、嵐山に寄ったっこともあり、到着は9時25分となってしまった。まだそれほど訪問者は多くない。

1010 1005

0936 0939

0940 0941

0942 0951

0958 1004

滞在時間は50分ほど。出勤をずらしての訪問であまり時間に余裕がなく、慌ただしく回らざるをえなかったのが残念。こういうところは、ゆっくりと回って、ときおりどこかで腰を落ち着けるなどして、じっくりと味わいながら、時間を過ごしたいものだ。

紅葉の嵐山

本日11月19日(金)、出勤時間をずらして、バイクで朝の二尊院へ。天候晴。

府道132号線(上野橋)で桂川を渡っていると、嵐山方面に低い雲がかかっている。これは亀岡では雲海だな、嵐山でもいい光景が見られるな、時間が早ければもっと厚い雲だったろうな、と思いながら、桂川沿いを北上。

二尊院訪問の前に少し嵐山に立ち寄ることに。

▼四条通を越えた辺りで、遠目の嵐山方面

0904

9時10分頃嵐山に到着。すでに観光客はけっこう多い。

0911

0914

0915

0916

0917

嵐山メインだったら、朝8時より前に訪れたほうがよいと思われる。今回は二尊院がメインなので、渡月橋付近に10分ほど滞在しただけで、嵐山を離れ、二尊院へと向かった。

2010年11月18日 (木)

2度目の金蔵寺(京都・西山)の紅葉

11月16日(火)朝、晴れ間が広がっていたので、勤務時間をずらして、 出勤前に金蔵寺(こんぞうじ)訪問。

9時前にバイクで到着したのだが、手前で10台前後のタクシーとすれ違う。道に慣れたタクシーはけっこう飛ばして下りてくるので要注意。自分より前に数十名のカメラ愛好家グループの方々が到着した模様。せっかくの平日の朝なのだが、前回訪れた土曜の昼よりも混雑気味。。。 タイミングが悪かった。。。

ちょうど1時間滞在して、晴れの日の紅葉を味わいながら、写真撮影。

0901_2 0903

09111_2 09112

0914 0915

0912 0936_2

0939_2 0921

0926 0927

0943 0955_2

左上の濃い赤を見たまんまに写し、紹介したいのだが、これが難しい。何気なく撮ったのがうまく写ることはあっても、うまくとろうとすると満足のいくようなものは撮れない。。。

2010年11月14日 (日)

出石城跡付近の紅葉

ドウダンツツジを見たあと、出石で昼食。その後、紅葉する出石城跡付近を散策。

城跡西側駐車場は満車に近い状態。こちらは定番のツーリング(昼食)スポットということもあり、城跡正面近辺にはバイクがたくさん停められていた。

1240

1306

1314

13181

13182

城跡の東側に隣接する諸杉(もろすぎ)神社のイチョウとその落ち葉も綺麗だった。

13301_2

13302

終日曇りの予報だったが、昼過ぎから次第に晴れ間も広がり、小春日和の中、紅葉を楽しむことができた。

安国寺(兵庫県但東町)のドウダンツツジ

本日11月14日(日)、ドウダンツツジを見に、兵庫県豊岡市但東町にある安国寺へ(→Yahoo地図)。

ここは去年から気になっていたところ。一人ではないので、バイクではなく、車にて。R426から県道252号に入る。しばらく南下すると沿道にたくさんの駐車列(ツーリングバイクは見かけず)。無料駐車場もあるが、そんなに広くない。自分たちが11時すぎに着いたときは、空いていたので、駐車場を利用。そこから徒歩3分ほど。

期待通りの美しさ。

1125

天候が曇りで、写真では十分にこの美しさを紹介しきれていないのが残念。。。

2010年11月13日 (土)

京都・金蔵寺の紅葉

今日11月13日(土)、京都の金蔵寺へ。

金蔵寺は京都といっても京都盆地ではなく西山の山の中(→Yahoo地図)。京都からだと府道733号を大阪方面へ。家からバイクで30分ほどの距離。紅葉が見頃で、思ってた以上に、良い所だった。晴予報だったのに、終始曇りで晴れ間がなく、写真映りが今イチなのが残念。

お布施200円。駐車場は無料。

府道733号はほぼ1車線の山道(落石・落ち葉は少ない)。府道733号から分かれて金蔵寺へ入る道(200~300mくらい)は、車とのすれ違いも困難で坂もかなり急。足つきの悪いバイクだとちょっときついかも。。。 そういった山の中なので、観光客もそれほど多くなく、かなりおすすめの紅葉スポット。

1346

1455

1355

1353_2

1354_5

14231

1423

1412_2

1446

次はぜひ晴れた日に訪れたい。

2010年11月12日 (金)

北近畿ツーリングその4(上山高原編)

15時45分、シワガラの滝駐車場を離れ、海上林道を先へと進んでいく。落石や落ち葉は少なく、1車線強の路面はよく整備されている。ただし少ないながら対向車には要注意。

高原に近づくにつれ、紅葉の度合いも増していく。

1548

1551 1553

高原にはススキ野が広がる。

1603 1616

少し日が傾いてくる時間帯で、バイクを囲むススキに光が差し込みいい感じ。

1612

ススキと紅葉の共演。

16211 16212

高原には、立派な避難小屋とキャンプができる広場があり、テントが1つはられていた。

そこからもう少し進んだところに池(ショウブ池 )があり、水面に紅葉が映りこんでいた。水面まで下りていけるようだが、草を掻き分けていかなければならない感じだったので、上から眺めるにとどめた。

▼ショウブ池(16:10ごろ)

1611

この池の辺りで引き返し帰路へ。R9に出たあと、ひたすらR9を走りつづけ、丹波インターから京都縦貫道に入って20時に帰宅。

行きはいろいろ寄り道・回り道しながらで、家を出てからシワガラの滝駐車場まで8時間もかかってしまったが、直行すると3時間半の距離。次こちらへ来るときは、寄り道を少なめにして、じっくりと滝めぐりをしよう。冬は雪深くなる地域なので、雪が降る前に来れなければ、来年4月か5月以降となるだろう。

走行距離約490km。

2010年11月11日 (木)

北近畿ツーリングその3(シワガラの滝編)

R9を5kmほど西進した後、県道262号を2kmほど南下すると、「上山高原」という案内標識が出ており、そこで大きく右折(→mapion地図)して、海上(うみかみ)林道へ入る。道なりに5kmほど林道を進み、シワガラの滝入り口駐車場(→mapion地図)に到着。

シワガラの滝は一般的な知名度は高くないが、滝好きの中では、熱烈なファンが多く、紹介サイトもたくさんある。その存在を知って以来、単独で行くのはどうかと躊躇していたが、単独で行ってきたというレポートをネットでちらほら見かけたこともあって、今回上山高原行きと絡めて、訪れることにした。

▼駐車場手前の風景

1437_2

▼シワガラの滝駐車場(14:40ごろ)

1543

しばらくは整備された登山道を進む

1531

10分ほど進むと開けた景色のよい所に出る

15291 15292

その後、クサリ場を下りるようなところもあるが、さらに10分ほどで、沢へ到着。

15182 15181

ここから100mは岩や水の浅いところを探りながら、上流へ進んで行く。

1515 1500

このあたりかなと思ったが、まだ先があるようで、下の岩を越えていかないといけないもよう。なんとかへばりついてクリア。

1514

これを越えるともうすぐ。

1513

洞窟内に落ちる、滝が少し見えてきた。

1503 1504

今回長靴を用意していなかったので、残念ながら洞窟内から滝を眺めることはできなかった。また、コンパクトデジカメ&自分の技量では、ぶれぎみで、あまりいい写真が撮れなかった。これまた残念。

1509_2 

10分ほどの滞在後、駐車場までもどってくると、汗でTシャツがびしょびしょ。まるで真夏にスポーツしたよう。替えのシャツを用意していなかったので、Tシャツを脱ぎ、ここからは、長袖シャツと冬用ジャケットという装備。日が落ちた後どうなるか不安があったが、冬用ジャケットのおかげでさほど寒い思いをすることはなかった。

次の機会には、長靴(&着替えのシャツ)を用意して、洞窟内からもじっくりシワガラの滝を味わってみたい。また、県道262号を直進した先の畑ヶ平林道沿いに猿壺の滝という、これまた滝好きの間では有名な滝があるので、そのうちこちらも訪れようと考えている(もし同行してみようかな、という方いらっしゃればご一報ください)。

以下、ツーリングレポートはその4(上山高原編)に続く。。。

 

 

   

2010年11月 9日 (火)

北近畿ツーリングその2(日本海岸編)

丹波インターで下りた後、久しぶりにR173を走る。交通量が少なく快走。その後、府道9号で大江山を越えていこうか、ちょっと迷う。こちらも深い霧が予想され、雲海も期待できたが、また寄り道すると、元の目的地のシワガラの滝行きは難しくなるかと思い、R175~R178と由良川沿いを北上し、日本海側を西進するルートを選択。

▼由良川河口にて(10:40ごろ)

1037 1041

▼奈具(なぐ)海岸 汐汲み浜にて(11時ごろ)

1103 1104_2

写真左は百人一首の歌碑。

その後、天橋立~久美浜・小天橋~城崎を経て、竹野海岸へ。

▼竹野海岸にて(12:45ごろ)

1247 1249_2

青く透き通った海が非常に美しい。

ここから但馬コースタルロード~R178を走り抜け、余部鉄橋跡にて停車。

▼余部鉄橋跡(13:30ごろ)

1331

鉄橋はすでに解体工事を終えており、駅寄りの3本の橋脚は解体されないまま、保存されている。(→今年5月の現役時代の余部鉄橋はこちら

さらにR178を西進した後、県道47号~R9を経て、シワガラの滝&上山高原へと向かう。

以下、続く。。。

2010年11月 8日 (月)

北近畿ツーリングその1(亀岡の雲海編)

11月5日(土)、朝7時30分出発。天候晴。目的地は、兵庫県新温泉町のシワガラの滝&上山高原。ルートははっきり決めないまま、とりあえず京都縦貫道へ。

京都縦貫道へ入るとすぐに、向かう方向に、低い雲の固まりが出現。新老ノ坂トンネルを抜けると深い霧(=丹波霧)。視界不良好。これは雲海が期待できるなと、篠インターで降りて(ホントは亀岡インターで降りた方がよい)、亀岡の雲海スポットに寄り道することに。ヘルメットのシールドには曇り止めを行っていないので、外側には水滴がつき、内側は息でくもり、非常に見づらい。

R423から京都縦貫道京都方面沿いの側道に入り、1車線強のくねくね道を上がって竜ケ尾山(たつがおやま)山頂にある亀岡カントリークラブ横のパラグライダーのスタート台へ向かう。次第に霧がうすくなり、太陽の光も差し込んでくるようになる。

0829 0901

道沿いではところどころ綺麗な紅葉も見られる。

0900

8時30分すぎに、亀岡CC横に到着。幻想的な雲海の世界が広がる。先客は1名。三脚&一眼レフの本格派。こちらは、コンパクトデジカメを取り出して、隣で撮影開始。

0840 08411 08412

しばらくすると先客さんが帰られたので、バイクを移動して記念撮影。

0847

パラグライダーのスタート台を含めて撮るとこんな感じ(↓)

0844

ちなみにうっすらもやがかかった程度の時(10/23 7:35撮影)の景色は(↓)

10230735

けっこう長くいたよう気もしたが、15分程度の滞在で、山を下りる。

▼途中にある休憩地は、深い霧の中。

0907

このあと、亀岡インターで、京都縦貫道に入り直し、丹波インターへと進む。

以下、続く。。。

※上山高原は、かなり紅葉が進んでいて、ススキ野原も広がっている。にもかかわらず、京阪神からは交通の便があまりよくないためか、訪れる人も車もバイクも少ない。混雑が好きでないが季節の風景を楽しみたいライダーには、この時期、おすすめのツーリングスポット。

2010年11月 7日 (日)

亀岡の雲海

11月5日(土)、ツーリング途中、亀岡の霧が濃かったので、雲海を期待して、亀岡カントリークラブ横(→Yahoo地図)の雲海スポットへ。見事な雲海でした。

0835

自宅から1時間以内で、しかもそんなに早起きしなくても、こんな素敵な光景が楽しめるとは。上の写真は、8時35分撮影。おそらくもう少し遅い時間でも十分見ることができたのではないかと。亀岡市のサービスとして、早朝の雲海情報を提供してもらえれば、晴れの日は早起きしてスタンバイしておいて、通勤前でも見に行きたいところ。日の出頃の様子もぜひ見てみたいので。そのためには、ヘルメットの曇り止めをしっかりしておかないといけないが。。。

なお、兵庫の竹田城跡は、360度の雲海が楽しめるが、亀岡のこのスポットでは、一方向を見下ろすだけになるのがちょっと残念。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □