フォト

ブログ集Link

  • にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

■ □ ■

PR

  • ツーリングマップル

サイト内検索


無料ブログはココログ

« 四国山岳高原ツーリング初日その3(瓶ヶ森林道編) | トップページ | 四国山岳高原ツーリング2日目その2(大川嶺~笠取山方面編) »

2010年8月25日 (水)

四国山岳高原ツーリング2日目その1(東温市の棚田~面河渓編)

宿に荷物を置いたまま、早朝5時出発。

石鎚スカイラインに向かうが、通行時間は7時からということで、R494を北へ走りに向かう。ここは、ツーリングマップルで「山中のハードな峠越え」「コーナー連続 練習と思って頑張ろう」と紹介されている道。早朝なので対向車はほんの2~3台。マイペースで快走。東温(とうおん)市に入り、くねくね道を抜けようとするあたりで、見下ろすと棚田が目に入る。

0542

さらに進むと、一帯に棚田が広がる。

0604 0605

見渡す限り棚田っといった感じ。周囲の山も素敵な風景。

0621

宿の朝食が7時からということで、来た道を引き返す。「白猪(しろいのしし)の滝」「唐岬(からかい)の滝」といった表示が気にかかるが、今回下調べしてなかったため、素通り。後で調べると、どちらもわりと大きな滝。写真で見る限り、唐岬の滝は、かなり素敵な滝のよう。この近くにある「滑川(なめがわ)渓谷」も魅力的なようで、また機会を見つけて来ることにしよう。

宿の手前で少し雨に降られるが、服を少し湿らせる程度で、7時すぎに宿に戻り、朝食をいただく。

朝食後も、荷物はそのままにして、面河渓散策に出かける。宿から「本流ルート」、「鉄砲石川ルート」という2ルートがあったが、今回は「本流ルート」へ。

▼面河渓本流ルート散策道

07541 07542

0807 

▼水呑み獅子

0828

▼虎ヶ滝とその近辺

0810 0812

虎ヶ滝の手前で遊歩道は通行止め。滝の姿がはっきり見えない。。。少しでも近づこうと岩場へ降りるが、それでもまだ距離がある。

0809 0815

ここまでが限界ということで引き返そうとするが、濡れた岩場で滑りやすく、降りてきた道をもどれない。。。もしツルッと滑ると川まで落ちてずぶ濡れは必至。こっち行ったり、あっち行ったり、10分弱の試行錯誤の末、水がちょろちょろ流れ落ちてくるところが段差があり、足場を作りやすかったので、そこを上がって、事なきを得る。ツーリングに愛用のブーツは防水なので、靴の中を濡らすこともなかった。

虎ヶ滝が終点となるので、ここで、引き返す。朝の緑が綺麗な散策道だった。

0831 0845

9時前に宿にもどり整理して、9時過ぎ宿を出発。大川嶺方面へと向かう。

以下、続く。。。

« 四国山岳高原ツーリング初日その3(瓶ヶ森林道編) | トップページ | 四国山岳高原ツーリング2日目その2(大川嶺~笠取山方面編) »

宿泊ツーリング(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国山岳高原ツーリング初日その3(瓶ヶ森林道編) | トップページ | 四国山岳高原ツーリング2日目その2(大川嶺~笠取山方面編) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

▼▽

バックナンバー2014

バックナンバー2013

バックナンバー2012

バックナンバー2011

バックナンバー2010

バックナンバー2009

□ ■ □